このサイトについて

【2021年】ドコモの新料金プランはどうなってる?プラン変更の注意点は?【やさしく解説】

ゴリラ

ドコモの2021年のいちばん新しいプランをサクッと教えて〜!

「古いプランで契約中だけど、最新プランに変更したい」
「新しくドコモで契約したい」

など、ドコモの新プランを詳しく知りたい方も多いのでは。

値下げ競争の引き金となった「ahamo」や、2021年4月開始の「ギガホ プレミア」など続々新プランが登場しています。

お得な気はするけれど、実際どんな感じかハッキリわからず、なかなか新プランへ飛び込めずにいる方もいるかと思います。

そこで、この記事では、

  • ドコモの最新プランがどうなってるのか?
  • 安く利用する方法はあるのか?
  • 新プランへ変更するときの注意点

など、分かりやすく解説していきます。

ちなみにめちゃざっくりの料金のまとめだけ載せると以下です。

↓左右にスクロールできます!

プラン名料金特徴
5Gギガホプレミア
7,315円
データ使い放題
ギガホプレミア7,205円
5Gギガライト
3,465円~
6,765円
使った分だけお支払い
ギガライト
ahamo2,970円20GBのオンライン専用プラン
ケータイプラン1,320円ケータイ向けプラン
データ容量は100MB
データプラス1,100円タブレット向けプラン
スマホとデータ通信をシェア
キッズケータイプラン550円キッズケータイ向けプラン
格安料金が魅力

ドコモではいちばん新しいプランがお得な可能性が高いので、まだ最新プランに変更していない人は、ぜひ一度目を通してみてください。

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ちなみに…

ドコモで契約するなら、

  • 事務手数料(3,300円)なし
  • オプションなし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

ドコモオンラインショップがおすすめです。

 

ちなみに、他社からahamoへの乗り換えを考えている人は、いったんはドコモに乗り換えた方が、最大2.2万円お得に契約できる(スマホが買える)ので、わりとおすすめ!

 

送料も手数料も無料です

 


在庫は一覧ページでサクッと確認できます〜

\ドコモのiPhone 12は新規・乗り換えでお得!/

iPhone 12 パープル

 

ドコモなら他社からの乗り換えで22,000円の割引が受けられます!

 

さらに7月16日から新規でも20,000円分の還元が始まりました!(iPhone 12、miniのみ)

 

オンラインショップでは最新の入荷スケジュール(目安)も確認できます!

ドコモ本家のスマホプランは「ギガホ プレミア」「ギガライト」の2つ

ドコモ本家のスマホ向けプランは大容量のプランと7GBまでの小容量のプランの2種類。

また、それぞれ5G/4G用に分かれています。

▼ドコモの大容量プラン

 

◆5Gギガホ プレミア

5G対応のデータ使い放題プラン


◆ギガホ プレミア

4G対応の60GBが使える大容量プラン

↓左右にスクロールできます!

 5Gギガホ プレミアギガホ プレミア
割引なしの料金7,315円7,205円
みんなドコモ割
3回線以上
3回線以上:-1,100円
2回線:550円
ドコモ光セット割-1,100円
dカードお支払割
または 2年契約
-187円
割引全てありの料金4,928円4,818円

関連記事:「ギガホ プレミア」でココが変わった!|3つの変更点

▼ドコモの小容量プラン

 

◆5Gギガライト/ギガライト

使った分だけ料金を支払うプラン

↓左右にスクロールできます!

容量月額料金
~7GB6,765円
~5GB5,665円
~3GB4,565円
~1GB3,465円

関連記事:

5Gギガライト:「5Gギガライト」は5Gのお試しプランとしては◎

ギガライト:ギガライトとは?旧プランよりお得になるのか比較してみた

ちなみに5Gのスマホは5G用の、4Gスマホは4G用のプランに入ります。

5Gのスマホを買った人
⇒5Gギガホ プレミア・5Gギガライトの2択

 

4Gのスマホを買った人
⇒ギガホ プレミア・ギガライトの2択

プランの選び方としては、たくさん使う人は「ギガホ プレミア」、あまり使わない人は「ギガライト」という感じです。

もっと具体的に言うと「7GB以上使うか」が判断の基準となります。

MEMO
  • 7GB以上を使う月が多い
    ⇒5Gギガホ プレミア・ギガホ プレミア
  • そんなに使わない
    ⇒5Gギガライト・ギガライト

ギガホ プレミアには「3GB以下で1,650円」の割引あり

ギガホ プレミア(5G・4G)では、3GB以下の月は1,650円の割引があります。あまり通信しなかった月は自動で安くなります。

▼5G ギガホ プレミア▼

▼ギガホ プレミア▼

 

ただ、ギガライト(5G・4G)は3GB以下なら4,565円なので、ギガライトよりは割高です。

「今月はずっと海外にいて使わなかった」などの特殊な事情でない限り、この割引が活きてくることは少なそうです。

ギガライトには1GBの「上限設定オプション」を付けられる

ゴリラ

ギガライトがいいけど、使い過ぎで料金が上がるのがこわいな〜

という人のために5Gギガライト・ギガライトにはステップ1(〜1GB)以上はデータを使わないように設定できる「ギガプラン上限設定オプション」があります。

どうしても最安で使いたい人や、子どもにスマホを持たせるときなど、賢く使っていきたいですね。

安く使うには「家族割」と「固定回線とのセット割」がカギ

ドコモのスマホ向けプランでは、「家族割」と「固定回線とのセット割」の2つの割引が付くかどうかが、安く利用するための重要なポイントとなります。

▼ポイントとなる2つの割引

みんなドコモ割

ドコモの家族割。最大で毎月1,100円割引

 

ドコモ光セット割

固定回線とのセット割。最大で毎月1,100円割引

「みんなドコモ割」は可能な限り狙いたい

ドコモの家族割では、家族3人以上で、最大の割引額(毎月-1,100円)が適用されます。

▼みんなドコモ割

家族の人数割引額(月額)
3人以上-1,100円
2人-550円
1人割引なし
  • 三親等以内なら、同居・別居を問わず、「家族」とカウント
  • ギガホ プレミア(5G・4G)・ギガライト(5G・4G)が割引の対象
  • ただし、ahamo、ケータイプラン、キッズケータイプランも家族の頭数としてカウント

関連記事:「みんなドコモ割」の適用条件・対象プランを解説|家族割が付かないときの代替案も紹介

固定回線とのセット割引:家族4人で毎月4,400円割引

家族でドコモを契約するなら「固定回線もドコモにする」という選択肢は検討しておきたいところ。

固定回線とのセット割が適用されると、家族全員のスマホ代が最大1,100円割引になります。

▼ドコモ光セット割

◆ギガホ プレミア(5G・4G)

毎月1,100円割引

 

◆ギガライト(5G・4G)

 割引額
~7GB-1,100円
~5GB-1,100円
~3GB-550円
~1GB割引なし

家族4人で1,100円の割引となれば、月々4,400円の割引で、固定回線(ドコモ光)の料金の元がとれてしまいます。

地味に大きな節約が見込めるので、固定回線を他社で契約中なら、ドコモ光の利用も検討してみるのが良さそうです。

▼代理店経由の契約なら~2万円ほどのキャッシュバックがあります。

ここまでまとめ:割引フル適用で「5Gギガホ プレミア」は月額4,928円、「ギガライト」は月額2,178円

全ての割引が付くと、ギガホ プレミアは月額4,818円(5Gは4,928円)、ギガライトは月額2,178円で利用できます。

▼各プランの最安料金

 

5Gギガホ プレミア:月額4,928円(3GB~)
ギガホ プレミア:月額4,818円(3GB~)

 

5Gギガライト・ギガライト:月額2,178円


※みんなドコモ割、ドコモ光セット割、dカードお支払割

5Gギガホ プレミアがデータ使い放題なことを考えると、ここまで値引きを受けられるなら、格安SIMよりもお得感が出てきます。

ドコモをお得に利用していくなら、家族割や固定回線とのセット割をぜひ狙っていきたいですね。

オンライン専用の格安プラン「ahamo」

オンライン専用の格安プラン「ahamo」もスタートします。値下げ競争の引き金になった話題のプランです。

「ahamo」のプランの概要

月額2,970円で20GBが使えるプラン

  • 5分の無料通話が付いてる
  • 5Gで通信ができる
  • 20GBを使い切った後も最大1Mbpsで通信できる
  • 海外でもそのまま20GBが使える

2021年3月26日(金)に提供開始

ahamoは店舗・電話でのサポートはなしで、申し込みもオンラインのみです。

その分、誰でも月額2,970円で使えます。

au、ソフトバンクからも同じようなプランが登場していますが、「5分の無料通話が込み」「海外でもそのまま使える」などはahamoだけのメリットですね。

「店舗サポートなしでOK」「20GBで十分」ならahamoへ乗り換え

「店舗サポートが必要ない」「20GBで十分」という人は、ahamoへの乗り換えを検討しましょう。

「ギガホ プレミア(5G・4G)」「ギガホ(5G・4G)」から乗り換えれば、大幅に節約できます。

たとえば、5Gギガホ プレミアから乗り換えると、1,848~4,235円の節約になります。

  • 5Gギガホ プレミア:月額4,928~7,315円
  • ahamo:月額2,970円

⇒乗り換えで毎月1,958~4,345円の節約

「ギガライト(5G・4G)」で家族割がある人でも、3GB以上使うならahamoがお得です。(308~3,795円の節約)

ドコモ本家のプラン(ギガホ プレミア・ギガライトなど)からの変更なら、ahamo公式サイトからの簡単な手続きだけで移行できます。

送料も手数料も無料です

 


在庫は一覧ページでサクッと確認できます〜

ケータイからのスマホデビューなら「はじめてスマホプラン」も契約できる

ケータイからのスマホデビューの人なら「はじめてスマホプラン」も契約できます。

▼はじめてスマホプラン

 

「ケータイ⇒スマホ」のスマホデビューが対象

  • 料金は月額1078円(2年目以降も月額1,628円)
  • 1GB+5分間のかけ放題が使える

関連記事:ドコモ「はじめてスマホプラン」を解説|月額980円で使えるスマホデビュー向け優遇プラン

データ容量は1GBと少なめですが、月額1,078円と格安です。

スマホデビューの方の契約であれば、ギガライトと合わせてこっちもチェックですね。

ケータイ・タブレット向けのプランもある

ドコモではスマホ向けプランのほか、ケータイ向けのプラン、タブレット向けのプランも用意されています。

▼ドコモのケータイ・タブレット向けのプラン

 

◆ケータイプラン

ドコモのケータイ向けプラン。

音声通話・データ通信がコミコミで月額1,320円

関連記事:【比較】新プランのケータイプランは旧ガラケープランと比べて安い?買い替えしたらどうなるかを紹介!

 

◆キッズケータイプラン

キッズケータイ向けプラン。

データ通信不可で通話のみ利用可能。月額550円

関連記事:ドコモ「キッズケータイプラン」を分かりやすく解説|メリット・注意点・維持費を紹介

 

◆5Gデータプラス・データプラス

ギガホ プレミア・ギガライト(5G・4G)の通信量がシェアできるプラン。主にタブレットやルーターを使う人向け。月額1,100円

関連記事:ドコモのデータプラスの概要や注意点を解説!タブレットやiPadを長く使うならお得です

ケータイ、キッズケータイ、タブレット、それぞれ一つのプランしかないので、迷うことはないでしょう。

ケータイプランの容量は100MB|足りなければギガライトも検討

ケータイプランの容量は100MBと少なめです。ケータイでネットを使いまくったり、動画を見たりするのには不向きです。

データが足りないときは「1GB追加オプション(1回1,100円)」で追加していく感じです。

もし頻繁に足りなくなるのであれば、ギガライトを契約してしまうのも手です。ケータイでもギガライトの契約が可能です。

とくに家族割が適用できるのであれば、料金も+700円ほどで済みます。データ量が足りなければ、ケータイでもギガライトを検討してみると良いでしょう。

▼ケータイプラン、ギガライトの料金

 

  • ケータイプラン:月額1,320円
  • ギガライト:月額2,178円~

※みんなドコモ割適用時

データプラスはデータ量をシェアできる|割とお得

データプラスは、スマホのプランのデータ容量を、タブレットやルーターなどでシェアできるプランです。

5Gデータプラス・データプラスの2つがあり、スマホのプランが5Gなら「5Gデータプラス」、4Gなら「データプラス」となります。

また、例えば5Gのモバイルルーターでデータのシェアを受けたい場合は、5Gデータプラスの契約が必要です。

 シェアを受ける側ペアとなるプラン
5Gデータプラス5Gまたは4G
対応の端末
・5Gギガホ プレミア
・5Gギガホ
・5Gギガライト
・ギガホ プレミア
・ギガホ
・ギガライト
データプラス4G対応の端末

とくに、ギガホ プレミアなどの大容量プランとシェアすれば、シェアでたっぷり使えて月額1,100円と割とお得です。

格安SIMで運用するより安くつくケースも多いでしょう。

注意
ペアのプランが「5Gギガホ プレミア」「5Gギガホ」の場合、シェアできる上限は30GBとなる点は注意してください。

「データプラス」の契約を考えているなら、テザリングの利用も検討

「データプラス」を検討しているなら、テザリングで済ますという選択肢も考えてみると良いでしょう。

ドコモでは、テザリングは無料で利用できます。

テザリングは、スマホをWi-Fiルーターのように使って、スマホの電波を使って、タブレットなどで通信できる機能です。

テザリングが無料で使えるということは、わざわざお金を払って「データプラス」を契約しなくても、スマホのデータ通信がシェアできるということです。

したがって、データプラスを契約すべきなのは、

  • 「スマホがなくてもタブレット単体で通信したい」
  • 「テザリングの設定をしないで、気軽に通信したい」

という人です。

スマホを持ち歩くし、タブレットもたまにしか使わないならテザリングでも十分なはずです。

契約解除料1,000円・MNP転出手数料0円に引き下げ|気軽に契約できる

ここ数年で、他社への乗り換えにかかる費用は大幅に値下げされています。

2021年4月以降で乗り換えにかかる諸々の費用は以下の通り。(2019年10月1日以降に開始のプランの場合)

▼ドコモ⇒他社の乗り換えでかかる費用

 

  • 解約金:1,100円(2019年10月1日以降にリリースのプラン)
  • MNP転出手数料:0円(2021年4月からプラン問わず)

2019年10月1日以降のスマホ向けプランでは、契約解除料が1,100円に値下げされています。

データプラス・キッズケータイプランの2プランでは、2年契約自体が廃止され、契約解除料はいつでも0円です。

また2021年4月以降は、他社への乗り換えの際にかかるMNP転出手数料も「3,300円⇒0円」となります。

どんどん気軽に契約できるようになってきていますね。

まとめ:安く使いたい人もガッツリ使いたい人もドコモでOK

ドコモのプランでは、「家族割」や「固定回線とのセット割」をいかに適用させるかが安く利用するためカギです。

また店舗サポートなしでOKなら「ahamoに乗り換える」という選択肢も出てきています。

「ahamo」や「ギガホ プレミア」の登場で、安く使いたい人も、使い放題で使いたい人も、ドコモで全てOKな環境が整ってきています。

ぜひプランを見直しつつ、賢くドコモを使っていきましょう。


ゴリラ

この記事はこれで終わりなんですが、ドコモを契約する人・契約してる人向けに、ドコモを安く利用するワザ2つ紹介するよ
  1. ドコモオンラインショップ:契約時最大1万以上お得
  2. dカード GOLD:ドコモの利用料の10%が還元される

この2つを使ってない人は若干損してる可能性が高いので確認してみてください!

①契約はドコモオンラインショップがお得

ドコモで契約を検討しているのであれば、ドコモオンラインショップ(公式)がお得です。

  1. 事務手数料なし(2,200~3,300円お得
  2. 来店不要
  3. 待ち時間がない

同じ端末で同じ契約をするのでも、オンラインショップで手続きするだけで10,000円以上お得になるんですね。

お店に行く必要もなければ待ち時間もなく、かなりラクして契約できます^^

正直デメリットがないので、使う人がかなり増えているようです(たぶん将来的にデフォになる)

ちなみにahamoユーザーもオンラインショップでスマホが買えるようになりました!

送料も手数料も無料です

 


在庫は一覧ページでサクッと確認できます〜

②月1万円以上の人はdカード GOLDがお得

また、ドコモの利用料が毎月1万円以上の人はdカード GOLDを契約しておいた方がお得になります。

dカード GOLDは年会費が11,000円かかるんですが、ドコモの利用料の10%ポイント還元があり、家族で1万円/月以上使えば、元が取れちゃいます。

ゴリラ

家族で合わせて1万以上なら、わりと余裕だね!

さらに、ahamoユーザはデータ容量が20GB→25GBにアップします(2021年9月から)。

月額1万円以上かかっていて、dカード GOLD持っていないのはもったいないので早めにどうぞ^^

以上、ドコモの人におすすめしたい2つの節約技でした!楽して節約できるので、ぜひ試してみてください〜!

こんな記事もおすすめ

2321