このサイトについて

「ギガホ プレミア」でココが変わった!|3つの変更点とahamo・他社プランとの比較も

ゴリラ

ドコモの新プラン「ギガホ プレミア」ってどう?良さそうならプランの乗り換えも考えているけど。

ドコモでは、ahamoに続く新プランの第2弾として「ギガホ プレミア」が発表されました。2021年4月1日から始まります。

5G向けの料金が1,000円値下げされ、データ無制限で使えるようになるなど、料金もサービスも改良されています。

大容量プランを利用中・検討中なら、ギガホ プレミアは候補としてぜひ考えたいところですね。

本記事では、

  • 「ギガホ プレミアでココが変わった」というポイント
  • 他社プラン・ahamoとの比較

など解説します。

ギガホ プレミアは実際に自分にとってお得なのか、確認していきましょう。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、ギガホ プレミアでの旧プランからの変更点は3つ。

▼「ギガホ プレミア」の3つのポイント

  • 月額料金が安くなった
  • データ量が「無制限 or 60GB」に増量
  • 3GB以下で割引が付いた

プランとしては確実に進化していて、ふつうにお得です。

 

他社プランと比べると、auよりはお得、ソフトバンクと互角という状況。たっぷり使うならahamoよりもギガホ プレミアがおすすめです。

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ちなみに…

ドコモで契約するなら、

  • 事務手数料(3,000円)なし
  • オプションなし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

ドコモオンラインショップがおすすめです。

 

最大10,000円分お得です

 

 

\ドコモでもiPhone 12が発売!/

 

スマホ最速のA14 Bionicチップ!デザインもフラット型が復活しました!

 

ドコモなら他社からの乗り換えで22,000円の割引を受けられます!

 

「ギガホ プレミア」でココが変わった!|変更点は3つ

「ギガホ プレミア」の概要は以下の通り。

▼5Gギガホ プレミア

 

  • データ無制限で使える5Gプラン
  • 月額6,650円(最安で4,480円)

 

▼ギガホ プレミア

 

  • 毎月60GBが使える4Gプラン
  • 月額6,550円(最安で4,380円)

ギガホ プレミアの変更点は、あらためて以下の3点です。

「ギガホ プレミア」でココが変わった
  • 月額料金が安くなった
  • データ量が「無制限 or 60GB」に増量
  • 3GB以下で割引が付いた

一番の変更は、やはり「料金が下がった」というところ。

月額料金が値下げされただけでなく、3GB以下で割引が追加されています。

3つの変更点について詳しく見ていきましょう。

月額料金が安くなった

月額料金は、4G向けで600円値下げ、5G向けで1,000円値下げされています。

家族割引、光回線とのセット割引などの基本的な割引の仕組み・金額は変わりません。

これまでと条件が変わらなければ、単純に料金が安くなります。

▼「5Gギガホ」⇒「5Gギガホ プレミア」

↓スマホは左右にスクロールできます!

 5Gギガホ5Gギガホ プレミア
割引なしの料金7,650円6,650円
みんなドコモ割
3回線以上
-1,000円-1,000円
ドコモ光セット割-1,000円-1,000円
dカードお支払割
または 2年契約
-170円-170円
割引全てありの料金5,480円4,480円

 

▼「ギガホ」⇒「ギガホ プレミア」

↓スマホは左右にスクロールできます!

 ギガホギガホ プレミア
割引なしの料金7,150円6,550円
みんなドコモ割
3回線以上
-1,000円-1,000円
ドコモ光セット割-1,000円-1,000円
dカードお支払割
または 2年契約
-170円-170円
割引全てありの料金4,980円4,380円

 

※ギガホ割(6カ月間)適用中のみ、新プランよりギガホの方が安くなります。これについては後述します。

データ量が「無制限 or 60GB」に増量

データ量は以下のように増量されています。

▼5G向け

60GB⇒無制限

旧プラン 「ギガホ」:60GB

新プラン 「ギガホ プレミア」:無制限

 

▼4G向け

30GB⇒60GB

旧プラン 「ギガホ」:30GB

新プラン 「ギガホ プレミア」:60GB

とくに5Gギガホ プレミアは、データ制限がなく、データ使い放題のプランとなりました。

テザリングも制限がないので、WiMAXや固定回線の代わりに使うという選択肢も出てくるかと思います。

3GB以下で割引が付いた

使ったデータ量が3GB以下の月は1,500円の割引が付くようになりました。

3GB以下の月は1,500円割引

 

5Gギガホ プレミア

6,650円⇒5,050円(最安では4,480円⇒2,980円)

 

ギガホ プレミア

6,550円⇒5,050円(最安では4,380円⇒2,880円)

大容量を使う月もあるけど、使わない月はとことん使わないという人は、お得に利用することができます。

ギガホ プレミアの注意点|「データ量は実は増量されてない」など

かなりお得に使えるギガホ プレミアですが、注意点としては以下の3つが挙げられます。

ギガホ プレミアの注意点
  • 実質的には使えるデータ量は増えていない
  • 「期間限定の割引(ギガホ割)」は今回はなし
  • ギガを使わない人は相変わらず「ギガライト」がお得

それぞれ見ていきましょう。

実質的には使えるデータ量は増えていない

旧プランも実は、キャンペーンで4Gでは60GB、5Gは無制限で使えていました。

実際は使えるデータ量は増量されていないことになります。

そのキャンペーンが以下の通りです。

▼データ量無制限キャンペーン(5G向け)

 

▼ギガホ増量キャンペーン2(4G向け)

 

このキャンペーンは5Gギガホ・ギガホが始まった時から、終了時期未定でずっと適用されています。

つまり実質的には、5Gギガホはデータ無制限、ギガホは60GBのプランであり、新プランと同じデータ量が使えていたということです。

今回の変更は、あくまで料金の値下げに留まったと考えた方がいいでしょう。

「期間限定の割引(ギガホ割)」は今回はなし

旧プランのギガホ・5Gギガホでは、6カ月間の期間限定割引がありました。

▼ギガホ割・5Gギガホ割

最大6カ月間、毎月1,000円割引

「ギガホ プレミア」では、こうした期間限定の割引はありません。

そのため、4Gの「ギガホ割」適用中の人は、「ギガホ⇒ギガホ  プレミア」で料金がちょっと上がります。

基本、ギガホ プレミアにすれば料金は下がりますが、これが唯一の例外です。

少しでも料金を抑えたいなら、「ギガホ割」の適用終了までは待った方が良いでしょう。

ちなみに「5Gギガホ」の方は、「5Gギガホ割」の適用中でも、旧プランと新プランが同額となるので、即プラン変更をしてもOKです。

ギガを使わない人は「ギガライト」がお得

使うデータ量が常に少ない人は、相変わらずギガを使わない人向けのプラン「ギガライト」がお得です。

ギガライト / 5Gギガライト

※みんなドコモ割、ドコモ割光セット、2年契約適用時

ギガホ プレミアでは3GB以下の割引が追加されていますが、毎月ギガ数が少ないのであれば、相変わらずギガライトが安いです。

1~3GBなら月額2,480円~となり、ギガホ プレミアより少しお得です(ギガホ プレミアは月額2,880円~)

割引の付き方もギガホ プレミアと同じなので、家族割の人数などが変わらなければ単純に安くなります。

とくに1GB以下は1,980円~となり、ギガホ プレミアに比べて大幅に安くなります。

データ量をあまり使わない月が多いなら、ギガライトも選択肢に入りますね

MEMO

5Gギガライト・ギガライトでは、データ利用量の上限を1GBに設定できる「ギガプラン上限設定オプション」の提供が予定されています(2021年2月18日受付開始)。

 

上限を設定すれば、料金は常に最安のステップ1となり、事実上の1GBプランとして利用できます。

関連記事:ドコモ「ギガプラン上限設定オプション」を分かりやすく解説|注意点・スマホ側での制限方法も紹介

他社プランと比較|auよりお得・ソフトバンクと互角

ギガホ プレミアを他社の大容量プランと比較していきましょう。

比較はかなり複雑になりますが、2年トータルで見るとと分かりやすくなります。

5Gの大容量プランを2年間の料金の総額で比較すると、以下の通り。

▼5Gの大容量プランの料金比較(税込)

↓スマホは左右にスクロールできます!

家族割の人数ドコモ
「5Gギガホ プレミア」
au
「データMAX 5G」
ソフトバンク
「メリハリ無制限」
4人
144,672円150,744円144,672円
3人144,672円177,672円144,672円
2人157,872円190,872円157,872円
家族割なし171,072円204,072円173,712円

 

2年トータルではドコモ、ソフトバンクが安いですね。

家族割の人数によってはauに比べ3万円以上の差がつきます。

ただし、auも新プランが出れば再び横並びになるでしょう。全体的に料金が下がっているのはグッドですね。

ちなみにプランの内容は以下の通り。

ソフトバンクの新プランの登場でいよいよ全キャリアでデータ使い放題プランが出揃いました。

■ドコモ「5Gギガホ プレミア」

データ使い放題のプラン

(3G以下で割引、テザリングも無制限)

 

■au「データMAX 5G

データ使い放題のプラン

(2G以下で割引、テザリングは30GBまで)

 

■ソフトバンク「メリハリ無制限」

データ使い放題のプラン

(3G以下で割引、テザリングも無制限)

結論としては、今からキャリアを選んで、大容量プランを契約するのであればドコモでOKです。

料金もサービスも他社に比べ、互角以上です。

ちなみに4Gプランの2年間トータル金額の比較は以下。

▼4Gの大容量プランの料金比較(税込)

↓スマホは左右にスクロールできます!

家族割の人数ドコモ
「ギガホ プレミア」
au
「データMAX 4G LTE」
ソフトバンク
「メリハリ無制限」
4人
142,032円137,544円144,672円
3人142,032円164,472円144,672円
2人157,872円177,672円157,872円
家族割なし168,432円190,872円173,712円

※ソフトバンクは4G・5G共通プラン

こちらも家族割によっては、auと2万円以上の差がつきます。ただし家族割4人のケースだとわずかにauがお得になっています。

「テザリング」の違いも注目|ドコモは制限なし

テザリングの内容にも違いがあります。

テザリングはスマホをポケットWi-Fiのように使って、パソコンやタブレットなどで通信できる機能です。

せっかくデータ使い放題のプランを使うなら、テザリングをガンガン使うのがお得です。

テザリングを比較すると以下。

▼テザリングの比較(大容量プラン)

↓スマホは左右にスクロールできます!

 5Gギガホ プレミア
ギガホ プレミア
データMAX 5G
データMAX 4G LTE
メリハリ無制限
(5G・4G)
利用料金0円0円0円
データ量の制限使い放題30GBまで30GBまで

 

5Gギガホ プレミアなら、テザリングの料金が無料で、かつテザリングで使えるデータ量の制限がありません

auは30GBの制限があります。

ソフトバンクは以前は有料でしたが新プランのタイミングで無料になっています。制限は30GBです。

このあたりの違いも人によっては重要なポイントになるはずです。

「ahamo」とどっちが良い?⇒20GB以上使うかで決めればOK

ゴリラ

3月にスタートする「ahamo」とどっちにするか迷ってる。結局、どっちがお得なんだろう?

ドコモでは、2021年3月から新プラン「ahamo」もスタートします。

▼新プラン「ahamo

月額2,980円で20GBが使えるプラン

※5Gも使える

メリットの比較、最終的なプランの選び方を見ていきましょう。

【メリットの比較】ahamoは海外・無料通話に魅力

ahamoとメリットを比較しておきましょう。

▼ahamoのメリット

  • 月額料金が安い(2,980円で使える)
  • 海外でもそのまま使える
  • 無料通話が付いてくる(5分までのかけ放題)

 

▼ギガホ プレミアのメリット

  • データ使い放題(5G)or 60GB(4G)が使える
  • 割引がすべて付くならそこそこ安い

ahamoは、料金が安いのはもちろん、細かいサービスも充実しています。

海外でも20GBがそのまま使えたり、無料通話が付くなど、本来オプションとなるようなサービスがデフォで使える感じです。

対して、ギガホ プレミアは「データ使い放題(5G)or 60GB(4G)が使える」というところが、やはり大きなメリットです。

選び方は「20GB以上使うか」だけを見ればOK

どちらを選ぶかについては、結局はデータ量で選ぶのが良くて、

  • 20GBでおさまる「ahamo」
  • 20GB以上使うなら「ギガホ プレミア」

がおすすめです。

ギガホ プレミアで割引がたくさん付く人も、それによってお得度が逆転することはありません。

また3GB以内でおさまる月が多い人でも、ギガホ プレミアの最安が月額2,980円~なので、結局はahamoと同額です。

ahamoのオプションも魅力的ですが、データ量が足りないなら、ギガホ プレミアを選ぶ方が快適に使えるはず。

なので、基本的には20GB以上使うかどうかだけで決めればOKです。

もしそれでも迷ったらおすすめはahamoです。やはり20GBがこの価格で使えるのは割安感があります。

【補足】ahamoの注意点|ドコモでの契約年数はリセットなど

ちなみにahamoには以下の注意点があります。

▼ahamoの注意点

  • 申し込みはオンライン限定
  • 3G回線には非対応
    ※山間部で繋がりにくい可能性あり
  • キャリアメールはなし
  • ドコモでの契約年数はリセット
    ※dポイントクラブのプラチナステージはリセット

大きなデメリットはないのですが、このあたりがどうしても気になる人は、ギガホ プレミアを選びましょう。

ギガホ プレミアの評判は良好

ユーザーの間でのギガホ プレミアの評判は、わりと良好なようです。

今回のギガホ プレミアは純粋に料金が下がっていることもあり、プラスに捉えている人は多い様です。

データ使い放題で使える」「無制限に使えるテザリングが固定回線の代わりにもなる」というあたりは、やはりメリットを感じている人が多いようですね。

楽天アンリミットの1年間無料キャンペーン終了後の乗り換え先として検討する人も多そうですね。

まとめ

結論、ギガホ プレミアは普通にオススメできるお得な大容量プランです。

月額料金が安くなり、3GB以下で割引が付いたのが、今回の大きなポイントです。

他社プランと比べると、auよりお得、ソフトバンクと互角という状況。たっぷり使うならahamoよりもギガホ プレミアです。

とくにギガホ・5Gギガホを利用中なら、プラン変更を早めに済ませてしまうのがおすすめですね。


ゴリラ

この記事はこれで終わりなんですが、ドコモを契約する人・契約してる人向けに、ドコモを安く利用するワザ2つ紹介するよ
  1. ドコモオンラインショップ:契約時最大1万以上お得
  2. dカード GOLD:ドコモの利用料の10%が還元される

この2つを使ってない人は若干損してる可能性が高いので確認してみてください!

①契約はドコモオンラインショップがお得

ドコモで契約を検討しているのであれば、ドコモオンラインショップ(公式)がお得です。

  1. 事務手数料なし(2,000~3,000円お得
  2. 来店不要
  3. 待ち時間がない

同じ端末で同じ契約をするのでも、オンラインショップで手続きするだけで10,000円以上お得になるんですね。

お店に行く必要もなければ待ち時間もないので、かなり楽して契約できます。

デメリットがないので、最近は利用している人がかなり増えているようです(多分将来的にデフォになるはず)

お得かつ楽に手続きしたい人はぜひオンラインショップを使ってみてください。

 

最大10,000円分お得です

 

 

②月10,000円以上の人はdカード GOLDがお得

また、ドコモの利用料が10,000円以上の人はdカード GOLDを契約しておいた方がお得になります。

dカード GOLDは年会費が10,000円かかるんですが、ドコモの利用料の10%ポイント還元があるのでかなりお得なんですよね。

その損益分岐が10,000円/月以上なんですが、これは自分だけでなく、ドコモ光や家族の利用料も込みです。

ゴリラ

該当する人、結構いそうだね

月額10,000円以上かかっていてdカード GOLD持っていないのはもったいないので早めにどうぞ^^

以上、ドコモの人におすすめしたい2つの節約技でした!楽して節約できるので、ぜひ試してみてください〜!

こんな記事もおすすめ

136