【特集】iPhone 13が発売!

【2021最新】ドコモのおすすめスマホを目的別に紹介【ランキングはしません】

ゴリラ

次の機種変更でどのスマホを選ぼうか迷ってる。後悔しないように自分に合ったものを選びたい。

機種変更のたびに「どのスマホを買うべきか」で悩んでしまう方、多いと思います。

けっこう大きな買い物だし、向こう2年は使うし、失敗したくない」というのが正直なところだと思います。

しかし、いざ公式サイトやレビューを見て自分なりに比較をしても、結局「ピンとこない」と感じることも多いはず。

そこで本記事では、目的別に「ドコモでおすすめのスマホ」をピックアップしました。

目的別に選ぶなら、おすすめは以下の6機種です。

ドコモのおすすめスマホ6選

コスパで選ぶなら「Xperia 10 III
ハイエンドが欲しいなら「Galaxy S21 5G
カメラにこだわるなら「Xperia 1 III
安さで選ぶなら「Xperia Ace II
iPhoneで選ぶなら「iPhone 13
2画面が使える「LG V60 ThinQ 5G

ユーザーの評判を交えつつ、正直なところをレビューします。

納得のいく機種変更に向けて、各スマホのメリットを詳しくチェックしていきましょう。

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ちなみに…

ドコモで契約するなら、

  • 事務手数料(3,300円)なし
  • オプションなし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

ドコモオンラインショップがおすすめです。

 

ちなみに、他社からahamoへの乗り換えを考えている人は、いったんはドコモに乗り換えた方が、最大2.2万円お得に契約できる(スマホが買える)ので、わりとおすすめ!

 

送料も手数料も無料です

商品の在庫は一覧ページでサクッと確認できます〜


\iPhone 13が発売/

 

ドコモでは9/24(金)にiPhone 13が発売しました!

 

iPhone 13 予約・購入ページ>

 

また最新の入荷スケジュールはこちらのページで公開されています!

コスパで選ぶなら「Xperia 10 III」

▼Xperia 10 IIIのおすすめポイント

  • バッテリー持ちがすごく良い
  • 普段使いにぴったりの全部盛り

価格:51,480円

価格が安めで、スペックもそこそこ良いスマホが欲しいなら、Xperia 10 IIIがおすすめ。

5万円台で購入できて、おサイフ、防水、イヤホンジャックなど基本機能は全部盛りです。

2~3日充電なしでいけるバッテリー持ちの良さも注目です。

バッテリー持ちがすごく良い

Xperia 10 IIIは、今のスマホとしてはコンパクトサイズながら、4,500mAhの大容量バッテリーを搭載しています。とにかく充電なしで電池が持ってくれます。

評判を見ても、「2~3日充電なしでも電池が持つ」という声も多いですね。

なお充電の機能には、Xperiaでおなじみの「いたわり充電」を搭載。

就寝中の充電時間を学習し、90%以上蓄電している状態での充電時間を短くして、バッテリー寿命を延ばしてくれる機能です。

とくに3年ほど後のバッテリーの消耗に差が出るようです。

長年使っても、バッテリーがヘタリが少ないのはうれしいポイントですね。

普段使いにぴったりの全部盛り|カラーも充実

バッテリー以外のところは、本当にふだん使いにぴったりで穴のないバランススマホという感じです。

基本的な機能は網羅してくれています。

▼Xperia 10 IIIの機能

  • おサイフケータイ
  • 防水・防塵
  • イヤホンジャック
  • 生体認証(側面に指紋認証センサー)

飛び抜けた機能こそないですが、とくに不便を感じるところがなく、長く使うスマホとしては安心ですね。

カラーは、以下の5色から選べます。

ポップなカラーリングは価格の安いモデルならではの魅力です。イエローはオンラインショップ限定カラーとなります。

解説ページ オンラインショップ

ハイエンドが欲しいなら「Galaxy S21 5G」

▼Galaxy S21 5Gのおすすめポイント

  • 10万円切りながら最高スペック
  • シンプルで個性的なデザイン

価格:99,792円

ハイエンドで選ぶなら、Galaxy S21 5Gがおすすめ。

カメラ・ディスプレイ・CPUはどれも一級品です。最高スペックながら、9万円台に抑えているのも魅力となります。

そのほか、カメラ周りの個性的な新デザインも注目です。

10万円切りながら最高スペック

Galaxy S21 5Gは、99,792円とハイエンドとしては安価なスマホながら、最高スペックを網羅しています。

▼Galaxy S21 5Gのスペック

  • カメラ:最大30倍の望遠、トリプルレンズなど
  • CPU:「Snapdragon 888」を搭載
  • ディスプレイ:最大120Hzのリフレッシュレート

カメラは最大30倍の望遠に対応。肉眼ではしっかり見えないところにまでズームインできます。

CPUは最新の「Snapdragon 888」を搭載。最新ゲームも超快適にプレイできます。

さらにディスプレイは最大120Hzの高速表示に対応しています。ここもかなりゲーム向きのスペックですね。

シンプルで個性的なデザイン

デザインが前モデルから一新され、他のスマホにない個性的なものになっています。

▼S21のデザインの特徴

  • カメラ周りの金属フレームで覆われたデザイン
  • ディスプレイの端がラウンド⇒フラットに変更
  • 背面素材がガラス⇒樹脂に変更

まず目につくのがカメラ周り。金属フレームでガードされ、側面のフレームと一体化したデザインとなっています。

ディスプレイは、端部の曲面がないフラットな形状に変更。実用性で考えるとコッチが使いやすいですね。

さらに背面素材は、ガラス⇒樹脂に変更されています。コストカットではあるのですが、指紋が付きにくく重量も軽くなるので、ここも実用性は◎ですね。

全体にシンプルかつ個性的で、実用性の高い洗練されたデザインになっています。

解説ページ オンラインショップ

カメラにこだわるなら「Xperia 1 III」

▼Xperia 1 IIIのおすすめポイント

  • ソニー渾身のカメラ
  • ディスプレイは4K&120Hzに対応

価格:154,440円

カメラにこだわりたいなら、Xperia 1 IIIがおすすめです。

ソニー独自の「Photography Pro」のアプリを使えば、一眼レフのような細かな調整をして撮影ができます。

ディスプレイは世界初の「4K&120Hz」に対応。15万円超のスマホとあって妥協のない仕上がりとなっています。

ソニー渾身のカメラ|Photography Pro・可変式の望遠レンズ

注目はやはりソニーのこだわりが詰まったカメラです。

カメラアプリには、独自の「Photography Pro」を搭載。

一眼レフのようにフォーカス、シャッタースピード、露出、ISO感度などの調整が可能です。

ふだん持ち歩くスマホで本格的な写真撮影が楽しめます。

その他のカメラの新要素として可変式望遠レンズを搭載。2つの望遠レンズ(2.9倍・4.4倍)を切り替えて使えます。

Galaxyのような数十倍の超高倍率こそありませんが、5倍以内のズームはすごくキレイに撮れます。

ディスプレイは4K&120Hzに対応

ディスプレイは前モデルに続き、4K解像度の超高精細なディスプレイを搭載。

スマホのディスプレイでは、バッテリー持ちを考えて解像度を抑えるケースもありますが、Xperia 1 IIIについてはぶっちぎりで良いものを搭載しています。

プラスして今回のXperia 1 IIIでは、最大120Hzのリフレッシュレートに対応しています。

少し前のスマホに比べると2倍のコマ数での表示が可能です。

ソニーによると4K解像度で120Hzのディスプレイを搭載したスマホは世界初とのことです。

ディスプレイのクオリティは、iPhoneやGalaxyのフラッグシップモデルと比べて頭一つ抜けています。

解説ページ オンラインショップ

安さで選ぶなら「Xperia Ace II」

▼Xperia Ace IIのおすすめポイント

  • 片手で扱えるコンパクトサイズ
  • ラジオ・指紋センサーと便利な機能

価格:22,000円

「できるだけ安く」と考えてスマホを探しているなら、Xperia Ace IIがおすすめです。

価格は2.2万円とドコモで最安クラスとなっています。

スペックは必要最低限ですが、超ライトユーザーであれば十分なもので、おサイフ・防水など基本機能も揃っています。

片手で扱えるコンパクトサイズ

片手でもラクに扱えるコンパクトなサイズ感がまず魅力です。現行のXperiaの中で一番小さいサイズとなっています。

背面はマットな質感の樹脂素材です。

手になじむ持ち心地で、ケースなしでも指紋がベタベタ付かないのは魅力です。

ラジオ・指紋センサーと便利な機能

機能として注目なのがラジオが聴けるということ。

購入を機に「ラジオを聴き始める」という楽しみ方ができるだけでなく、災害時の情報収集のツールとして役立ちます。

そのほか物理式の指紋センサーも便利です。本体側面のセンサーに触れると、ワンタッチでホーム画面が開きます。

もちろん、おサイフ・防水にも対応しています。

実用性の高い機能を取り揃えている点は、普段使いのスマホとしてはうれしいポイントですね。

解説ページ オンラインショップ

iPhoneで選ぶなら「iPhone 13」

▼iPhone 13のおすすめポイント

  • センサーシフト光学式手ぶれ補正/シネマティックモードを搭載
  • 豊富なカラーとMagsafeが楽しい

価格:111,672円〜

iPhoneを買うなら、おすすめはProではない通常モデルの「iPhone 13」です。

iPhone 13シリーズでは、スタンダードな13/miniでもカメラの性能が大幅に向上していて、ふだん使いであれば13で十分。コスパは高めです。

Proにはないポップなカラーバリエーションも注目です。

センサーシフト光学式手ぶれ補正/シネマティックモードを搭載

iPhone 13シリーズでは、Proだけでなく、すべてのモデルに「センサーシフト光学式手ぶれ補正」の機能がつきました。

センサーシフト光学式は、これまでの光学式と比べて、より手ぶれを抑えることに成功しています。

また、動画の新しい要素として「シネマティックモード」が搭載されました。

動画撮影で、フォーカス(ピント)を自動で切り替えてくれるもので、まるで映画のワンシーンのようなムービーが手軽に撮れます。

豊富な「カラー」と「Magsafe」が楽しい

カラーは新色にピンクが仲間入りしました。

これまで同様にProモデルと比べると、ポップなカラーで楽しい気持ちになれますね。

また今作でもボディの背面にMagsafeという磁石が付いています。

対応のケースや充電器などがピタッとくっつきます。

例えばカードケースを装着すれば、もはや財布いらずの生活が送れるかもしれません。

機種を買った後もアクセサリーで色々と楽しめそうですね。

解説ページ オンラインショップ

2画面が使える「LG V60 ThinQ 5G」

▼LG V60 ThinQ 5Gのおすすめポイント

  • 2画面でのマルチタスクでエンタメが捗る
  • オンラインショップで3.9万円割引を実施中

価格:オンライン限定割引で78,958円

LG V60 ThinQ 5Gは、手帳のように見開きで使える2画面スマホです。

少しキワモノ感はありますが、LGの2画面シリーズはユーザーの評判も良いです。

2画面でのマルチタスクで「エンタメ」が捗る

LG V60 ThinQ 5Gは、外付けディスプレイを取り付けることで、2画面化できる仕様です。

2画面を使えば「Youtubeを見ながらTwitter」など、マルチタスクが可能です。エンタメ用途で威力を発揮します。

コントローラーを表示してゲーム操作も可能です。これも2画面スマホならではですね。

オンラインショップで3.9万円割引を実施中

執筆時点ではドコモオンラインショップで、約3.9万円割引のキャンペーンを実施中です。

通常118,008円のところ、78,958円で購入できます。

2画面スマホでは「LG VELVET」がミドルレンジの廉価なモデルとして後から発売されていますが、こちらは70,488円です。

割引で、ハイエンドの「LG V60 ThinQ 5G」が同じ7万円台で購入できる状況になっています。

2画面スマホに興味があるなら、在庫があるうちにこちらの機種を購入してしまうのがオススメですね。

ゴリラ

ちなみにLGはスマホ事業を撤退することが決まったゾ。在庫のモデルを逃すと2画面スマホは今後手に入りにくいかも。

解説ページ オンラインショップ

5万円台以下のスマホをまとめました

ゴリラ

そこまでこだわりはないけど、失敗したくない!

という人向けに、ドコモで買えるスマホの中から、5万円台以下で買えるスマホに特化してピックアップしてみました。

こちらも参考にしてもらえるとうれしいです!

まとめ

ドコモのおすすめスマホ6機種を紹介しました。

目的別のおすすめスマホはあらためて以下。

▼ドコモのおすすめスマホ6選

コスパで選ぶなら「Xperia 10 III
ハイエンドが欲しいなら「Galaxy S21 5G
カメラにこだわるなら「Xperia 1 III
安さで選ぶなら「Xperia Ace II
iPhoneで選ぶなら「iPhone 12
2画面が使える「LG V60 ThinQ 5G

もし、どうしても迷ったら「Xperia 10 III」がオススメです。

ずば抜けたスペックはないですが、5万円台で購入できてスペックも機能も穴のない一台です。3年以上の長期でも安心して使えるクオリティです。

ぜひ参考に次のスマホを検討してみてくださいね。


ゴリラ

この記事はこれで終わりなんですが、ドコモを契約する人・契約してる人向けに、ドコモを安く利用するワザ2つ紹介するよ
  1. ドコモオンラインショップ:契約時最大1万以上お得
  2. dカード GOLD:ドコモの利用料の10%が還元される

この2つを使ってない人は若干損してる可能性が高いので確認してみてください!

①契約はドコモオンラインショップがお得

ドコモで契約を検討しているのであれば、ドコモオンラインショップ(公式)がお得です。

  1. 事務手数料なし(2,200~3,300円お得
  2. 来店不要
  3. 待ち時間がない

同じ端末で同じ契約をするのでも、オンラインショップで手続きするだけで10,000円以上お得になるんですね。

お店に行く必要もなければ待ち時間もなく、かなりラクして契約できます^^

正直デメリットがないので、使う人がかなり増えているようです(たぶん将来的にデフォになる)

ちなみにahamoユーザーもオンラインショップでスマホが買えるようになりました!

送料も手数料も無料です

 

在庫は一覧ページでサクッと確認できます〜

②月1万円以上の人はdカード GOLDがお得

また、ドコモの利用料が毎月1万円以上の人はdカード GOLDを契約しておいた方がお得になります。

dカード GOLDは年会費が11,000円かかるんですが、ドコモの利用料の10%ポイント還元があり、家族で1万円/月以上使えば、元が取れちゃいます。

ゴリラ

家族で合わせて1万以上なら、わりと余裕だね!

さらに、ahamoユーザはデータ容量が20GB→25GBにアップします(2021年9月から)。

月額1万円以上かかっていて、dカード GOLD持っていないのはもったいないので早めにどうぞ^^

以上、ドコモの人におすすめしたい2つの節約技でした!楽して節約できるので、ぜひ試してみてください〜!

こんな記事もおすすめ

6165