このサイトについて

ドコモ新プラン「ahamo」を分かりやすく解説|めちゃくちゃお得だが注意点もアリ

ゴリラ

ドコモから「ahamo(アハモ)」って新プランが出るみたいだけど、どんな感じ?けっこう話題になってるっぽいけど。

ドコモから月額2,980円で20GBが使える新プランが、2021年3月にスタートします。

急にとんでもなくお得なプランが出たので「価格競争の引き金になるのでは?」と話題になっています。

ドコモユーザーも、他社のユーザーも一度は利用を検討したいところですね。

本記事では、新プラン「ahamo」のサービス内容をくわしく紹介していきます。

また、ドコモの既存プランと異なるところも多く、いくつか注意点もあります。このあたりも解説していきます。

自分のケースではahamoで本当にお得になるのか、チェックしていきましょう。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、ahamoのプランは以下の通り。

▼ahamoのプラン内容

 

月額2,980円で20GBが使えるプラン

  • 5分の無料通話が付いてる
  • 5Gでの通信ができる
  • 20GBを使い切った後も最大1Mbpsで通信できる
  • 海外でもそのまま使える

ただし以下については注意が必要です。

▼ahamoの注意点

  • 申し込みはオンライン限定
  • キャリアメールの提供はなし
  • ドコモでの契約年数はリセットされる
  • 「3G回線」には非対応

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ちなみに…

ドコモで契約するなら、

  • 事務手数料(3,000円)なし
  • オプションなし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

ドコモオンラインショップがおすすめです。

 

最大10,000円分お得です

 

 

\ドコモでもiPhone 12が発売!/

 

スマホ最速のA14 Bionicチップ!デザインもフラット型が復活しました!

 

ドコモなら他社からの乗り換えで22,000円の割引を受けられます!

 

iPhone 12の最新の入荷スケジュールはオンラインショップで確認できます。

ドコモの新プラン「ahamo」はこんなプラン

ahamoのプラン内容はあらためて以下の通り。

「ahamo」はこんなプラン

月額2,980円で20GBが使えるプラン

  • 5分の無料通話が付いてる
  • 5Gでの通信ができる
  • 20GBを使い切った後も最大1Mbpsで通信できる
  • 海外でもそのまま20GBが使える

2021年3月にプラン提供開始

破格の料金設定ですね。格安SIM並みの料金を大手キャリアのドコモで打ち出してきました。

総務省の料金引き下げの要請で、au・ソフトバンクのサブブランドでも20GBのプランがリリース予定ですが、それと比べて1,000~1,500円も安く使えます。

プランを詳しく見ていきましょう。

5分の無料通話が付いている

ahamoには、5分の無料通話が付いています。

ドコモの他のプランだと月額700円(税抜)の「5分通話無料オプション」ですが、ahamoでは無料です。

さらに、ahamoでは+1,000円(税抜)で24時間国内通話が完全かけ放題の「かけ放題オプション」も追加できます。

通話料も安く抑えられそうです。

20GBを使い切った後も最大1Mbpsで通信できる

ahamoでは20GBを使い切った後も、最大1Mbpsで通信が可能です。(多くのプランでは最大200Kbpsに制限されます)

最大1Mbpsとなると、

  • Webページ・SNSの閲覧はストレスなし
  • 動画の再生も高画質以外はほぼOK

というレベル。

Youtubeもお昼時などは少しモタつくことがありますが、画質を落とすなど工夫しながら使えます。

Webページ・SNSの閲覧ぐらいしか使わない人だと、20GBの上限を超えてもわりと気付かないぐらいの十分な速度が出ます。

最大1Mbpsで通信できるのか、最大200Kbpsまで厳しく制限されるのか、この差は大きいですね。

海外でもそのまま20GBが使える

ahamoでは、海外82の国々と地域で、20GBのデータ容量がそのまま使えます。

▼ahamoが使える国

アイルランド/アゾレス諸島/アメリカ/アラスカ/アンドラ/イギリス/イスラエル/イタリア・バチカン/インドインドネシア/エクアドル/エジプト/エストニア/オーストラリアオーストリア/オマーン/オランダ/カタール/カナダ/カナリア諸島/韓国/カンボジア/キプロス/ギリシャ/グアム/クロアチア/サイパン/サウジアラビア/サンマリノ/シンガポールスイス/スウェーデン/スペイン/スペイン領北アフリカ/スロバキア/タイ/台湾/チェコ/中国/チリ/デンマーク/ドイツ/トルコ/ナウル/ニュージーランド/ノルウェー/米領バージン諸島/バチカン/アメリカ(ハワイ)/ハンガリー/バングラデシュ/フィジー/フィリピン/フィンランド/プエルトリコ/ブラジルフランス/ブルガリア/ブルネイ/ベトナム/ペルー/ベルギーポーランドポルトガル香港マカオ/マディラ諸島/マレーシア/南アフリカ/ミャンマー/メキシコ/モナコ/モロッコ/ヨルダン/ラオス/ラトビア/リトアニア/リヒテンシュタイン/ルーマニア/ルクセンブルク/レソト/ロシア

従来だと海外でスマホを使う場合、現地の空港やショップでSIMカードを購入したり、事前に海外で使えるWi-Fiルーターをレンタルしたりと何かと面倒でした。

海外でもスマホさえ持っていけば、そのまま通信できてしまうのはかなり便利ですね。

データローミングで高額請求が発生する心配がないのも安心です。

キャリアの海外通信オプションより超お得

ちなみに大手キャリアの海外での通信オプションは以下。

▼ドコモ「海外パケ・ホーダイ」
最大2,980円/日

 

▼au「世界データ定額」
490円/日~

国内プランのデータ容量を消費。海外150以上の国・地域で使える。

 

▼ソフトバンク「海外パケットし放題」
最大2,980円/日

ドコモ・ソフトバンクのオプションの料金は高額です。

25MBで料金が上限に達するので、ちょっと使うとすぐ到達という感じです。2,980円もかかります。

auの「世界データ定額」がけっこうお得ですが、ahamoならほぼ同じ内容がオプションなしで使えることになります。

「海外旅行では、キャリアの通信オプションを使う」という人には、メリットは大きそうですね。

【補足】ahamoはサブブランドの予定だったという噂

ちなみに「ahamoはもともとはサブブランドとして提供される予定だった」という噂があります。

以下が「サブブランドの予定だったのでは?」といわれる部分です。

▼ahamoがサブブランドの予定だった?と言われる点

  • ahamoのサイトが、ドコモ公式とは別にある
  • CMで「プランはたったひとつ」といってる
  • 発表会のスライドでのスマホの電波の表示が「docomo」ではなく「ahamo」
  • サービス開始当初はドコモユーザーもMNP手続きが必要

こうして見ると、急きょ、サブブランドから、メインのドコモの新プランに切り替えた可能性が高そうです。

いずれにしても、メインのドコモでahamoのような超優良プランが使えるのは、ユーザーとしてありがたい限りですね。

他社プランと比較⇒ahamoの優位性は「海外利用可」

3キャリアの新プランを比較してみましょう。

↓スマホは左右にスクロールできます!

 ドコモ
「ahamo」
au
「povo」
ソフトバンク
「SoftBank on LINE」
月額料金2,980円2,480円2,980円
データ量20GB20GB
20GB
通信4G/5G4G
※5Gは夏以降
4G/5G
無料通話5分まで
かけ放題
5分まで
かけ放題
備考海外でも
そのまま使える
トッピングあり
・24時間通信し放題(200円/回)
・5分までかけ放題(500円/月)
LINEは
ギガノーカウント

 

povoは無料通話が付かない分、ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアの中では最安。

シンプルに安く20GBの通信を使いたいならpovoがベストです。

ただ5分無料通話をトッピング(povoではオプションを「トッピング」と表現)すると、3者横並びの料金になります。

  • ahamoは海外でもそのまま使える
  • povoは5分無料通話(500円)、24時間通信し放題(200円/回)
  • ソフトバンクもLINEのカウントフリー

上のような違いがあり、ahamoは「海外でもそのまま利用できる」ことが大きなアドバンテージとなります。

あいにく、このご時世なので、「海外でも使える」というメリットを最大限受けることはできなさそうですが、将来的にはahamoの大きな武器になりそうです。

ざっくりのプランの選び方
  • 通話は不要⇒povo
  • 海外にもいくかも⇒ahamo
  • LINEをたくさん使う⇒SoftBank on LINE

ahamoの注意点|通常プランと一部異なる

ahamoは、ギガホ・ギガライトのような通常プランと異なるところがあります。いくつか注意点ありです。

ahamoの注意点
  • 申し込みはオンライン限定
  • キャリアメールの提供はなし
  • ドコモでの契約年数はリセットされる
  • 「3G回線」には非対応

ahamoの注意点をそれぞれ見ていきましょう。

申し込みはオンライン限定|店頭での対応はなし

ahamoの申し込みやサポートはWebまたは専用アプリのみです。店頭窓口での対応なしです。

「ニューノーマル時代を切り開いていくデジタルネイティブ世代にフィットした」という発表での文言の通り、積極的にオンラインを進めていくものになっています。

料金を下げるための、コスト低減の狙いもあるようですね。

「3G回線」には非対応

ahamoは国内では3G回線での通信には非対応です。

4Gがほとんどのエリアをカバーしている(人口カバー率99%です)ので基本は問題ないですが、山間部などごく一部の4Gがカバーしていないエリアでは通信できません。

とくに「登山をする」「田舎に住んでいる」「旅行によく行く」といった人は、少し不便を感じるかもです。

ちなみに、海外でのローミング時は3G回線が利用できます。

キャリアメールの提供はなし

ahamoでは、キャリアメールが使えません。

キャリアメールは、ドコモ、au、ソフトバンクで提供される携帯電話会社のメールサービスです。

以下のメールアドレスがキャリアメールになります。

▼大手キャリアのキャリアメール

  • ドコモ:~@docomo.ne.jp
  • au: ~@ezweb.ne.jp
  • ソフトバンク:~@softbank.ne.jp

「LINEしか使わないからOK」という人は問題なしですが、まだキャリアメールも使ってるという人は注意です。

乗り換え後はGmailやYahooメールなどのフリーメールを使うか、LINEで済ますなどの対策が必要になります。

今後もメールで連絡する必要がある人には事前に連絡をしておくなど準備をしておきましょう。

ドコモでの契約年数はリセットされる

ドコモのギガホ・ギガライトなどの既存プランから、ahamoに乗り換えると、ドコモでの契約年数はリセットされます。

つまり、dポイントクラブで「プラチナステージ」の人もプラチナではなくなるということです。

ちなみに、dポイントクラブのランクの決まり方は以下。15年以上ドコモを使ってる人はプラチナランクになります。

▼dポイントクラブのステージランクの決まり方

ステージドコモ回線
継続利用期間
dポイント獲得数
(6カ月間累計)
プラチナ15年以上or 10,000pt以上
4th10年以上or 3,000pt以上
3rd8年以上or 1,800pt以上
2nd4年以上or 600pt以上
1st4年未満and 600pt未満

プラチナステージの主な特典は以下です。

▼プラチナステージの主な特典

  1. プラチナクーポンの抽選に参加できる
  2. お誕生月に3,000ポイントが貰える
  3. d払いの還元率が1%アップ

プラチナランクになると、ローソン・ファミマのスイーツなどが当たるプラチナクーポンの抽選に参加できたり、お誕生月に3,000ポイントが貰えたりします。

プラチナランクがなくなるのは間違いなくデメリット。

ただahamoにすれば、毎月数千円の節約が見込めるので、乗り換えをやめるほどの理由にはならなそうですね。

【朗報】ahamoは「家族割のカウント対象」「ドコモ光とのペア設定可」

当初は「ahamoはドコモの家族割特典もドコモ光のセット割引も受けられない」ということだけが明らかになっていました。

そのため、ドコモを家族で契約している人がahamoに移った場合、残されたドコモの家族が損をする可能性があることがネックになっていました。

しかし、年が明けて全社の格安プランが発表された段階で、ドコモはahamoの家族割・ドコモ光の取り扱いについて、情報を更新しました。

  1. ファミリー割引申込みは可能(割引特典は対象外)
  2. みんなドコモ割は対象外だがカウント対象
  3. ドコモ光セット割は対象外だがペア設定は可能

ahamoの料金が2,980円よりも安くなることはありませんが、ドコモに残る家族にとってはうれしい内容です。

① ファミリー割引の申込みが可能(家族→ahamoへの通話が無料)

まず、ahamo回線の「ファミリー割引」への申込みが認められました。

ドコモのファミリー割引とは「家族間無料通話」のこと。

ahamoの回線がファミリー割引に申し込めることで、ドコモユーザーの家族からahamoへの通話が24時間無料になります。

ただし、ahamo回線自体は特典対象外なので、家族への通話も「5分まで無料、それ以上は有料」です。

② みんなドコモ割はカウント対象

「みんなドコモ割」はいわゆる「ドコモの家族割」のこと。

家族の回線数に応じて、回線ごとに割引を受けられます。

▼みんなドコモ割▼

  • 家族1人(1回線)…割引なし
  • 家族2人(2回線)…500円
  • 家族3人以上(3回線以上)…1,000円

今回、ahamoは「割引の対象外」ですが、カウント対象になります。

例えば家族3人でドコモを使っていて、1人がahamoに乗り換えた場合。

  • カウント対象なので、ドコモに残る2人は「3人以上」の1,000円の割引を受けられる
  • ahamoの回線は割引の対象外なので2,980円のまま

ということです(ややこしいですが、ついてこれてますか??)。

③ ドコモ光セット割のペア設定は可能

ドコモ光を契約していると、ファミリー割引グループ内の家族全員が「ドコモ光セット割」として、500〜1,000円の割引を受けられます。

ahamo回線は割引を受けることはできませんが、今回、ahamo回線とドコモ光をペア設定することは認められました。

つまり、ahamo回線ユーザーの名義でドコモ光を契約した場合、ドコモを利用している家族はドコモ光セット割を受けられるということです。

先行エントリーでdポイント3,000ptプレゼント

ahamoでは事前予約(先行エントリー)で、dポイントが貰えるキャンペーンがあります。

ahamoサービス開始前日までに、公式サイトから先行エントリーして契約するとdポイント3,000ポイントがプレゼントされます。

▼ポイント獲得手順

① ahamoサービス開始前日までにエントリー

② ahamoサービス開始日~2021年5月31日に契約

③ 契約後にエントリー時に記入した電話番号などをキャンペーンサイトで入力

④ 翌月15日頃にポイント進呈予定

もう契約することを決めている人は、忘れずにエントリーを済ませておきましょう。

まとめ

ahamoは、2,980円の格安の料金で、ドコモの高品質な通信が使える超優良プランです。

大手キャリアを使うなら、大多数の人はahamoへの乗り換えがお得になります。

強くおすすめできるプランですが、オンライン限定の受付であることや、3G回線が使えないなどは注意点です。

ココが気になるならギガホ・ギガライトなどの既存プランも選択肢になるでしょう。

ぜひ参考にahamoを検討してみてくださいね。


ゴリラ

この記事はこれで終わりなんですが、ドコモを契約する人・契約してる人向けに、ドコモを安く利用するワザ2つ紹介するよ
  1. ドコモオンラインショップ:契約時最大1万以上お得
  2. dカード GOLD:ドコモの利用料の10%が還元される

この2つを使ってない人は若干損してる可能性が高いので確認してみてください!

①契約はドコモオンラインショップがお得

ドコモで契約を検討しているのであれば、ドコモオンラインショップ(公式)がお得です。

  1. 事務手数料なし(2,000~3,000円お得
  2. 来店不要
  3. 待ち時間がない

同じ端末で同じ契約をするのでも、オンラインショップで手続きするだけで10,000円以上お得になるんですね。

お店に行く必要もなければ待ち時間もないので、かなり楽して契約できます。

デメリットがないので、最近は利用している人がかなり増えているようです(多分将来的にデフォになるはず)

お得かつ楽に手続きしたい人はぜひオンラインショップを使ってみてください。

 

最大10,000円分お得です

 

 

②月10,000円以上の人はdカード GOLDがお得

また、ドコモの利用料が10,000円以上の人はdカード GOLDを契約しておいた方がお得になります。

dカード GOLDは年会費が10,000円かかるんですが、ドコモの利用料の10%ポイント還元があるのでかなりお得なんですよね。

その損益分岐が10,000円/月以上なんですが、これは自分だけでなく、ドコモ光や家族の利用料も込みです。

ゴリラ

該当する人、結構いそうだね

月額10,000円以上かかっていてdカード GOLD持っていないのはもったいないので早めにどうぞ^^

以上、ドコモの人におすすめしたい2つの節約技でした!楽して節約できるので、ぜひ試してみてください〜!

こんな記事もおすすめ

524