【最新】iPhoneを安く買う方法まとめ

iPhoneの他社乗り換えキャンペーン。Apple以外で狙うならココ(iPhone 15、iPhone 14など)

ゴリラ

iPhoneを乗り換えの割引で買いたいんだけど、どこがお得?

最近のiPhoneは価格が高くなったこともあり、キャリアの乗り換えキャンペーンをうまく使って購入したいですね。

この記事では最新の情報をもとにiPhone歴14年の筆者が「僕だったらこうやってゲットする」という方法を提案します。

正直な結論
  • 最新のiPhone:楽天モバイル、その他の大手キャリアで
  • 型落ちiPhone・SE・中古:使い方や目的によって変わる
  • 乗り換え先を決める前に「最新のiPhoneか、それ以外か」、「2年で機種変更するか、それ以上使うか」の2点を決めておくと良い

※ 正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。
※この記事の更新日は冒頭に記載のとおりです。最新の情報は各社公式サイトおよびオンラインショップでご確認ください。

スマホの機種変更・契約は、頭金なし、来店なし、待ち時間なし、勧誘なしのオンラインショップがお得で便利です。

 

iPhoneを乗り換えキャンペーンで買う際に知っておきたいこと

キャンペーンを使って少しでもお得に購入するために、最低限知っておきたいことだけ、サクッとお伝えしていきます。

「乗り換え契約」の割引上限は23年12月から4.4万円まで引き上げ

2023年12月にスマホの割引に関するルールが改正され、スマホの契約に紐づく割引は税込4.4万円までになりました。

参照 スマホ割引4万円規制がスタート。12月27日から何がどう変わったかわかりやすく紹介

2024年4月現在、例えばドコモiPhone 15上限MAXの4.4万円割引を行っています。

▼各社の乗り換え割引CP▼

「一括1円」はなくなった

上記のとおり、2023年末から割引規制が改定されたことで、最低でも6万円はするiPhoneは「一括1円!」のような極端な価格での販売ができなくなりました。

「乗り換え」で最新のiPhoneが買えるのは大手キャリアだけ

2024年現在、最新のiPhone(iPhone 15)を新品で購入できるキャリアは大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイル)の4社に限られています。

逆に言えば、旧モデル(型落ち)やSE、中古でも良ければ、購入先の選択肢が広がります。

事前に整理しておきたい2つの質問

ベストな乗り換え先は、その人の契約状況やiPhoneの使い方によって変わります。

そこで、以下の2つの質問への答えを考えてみてください。比較的、スムーズに自分に合ったところを見つけられるようになります。

  1. 購入するiPhoneの機種
    「最新」か「型落ち・SE・中古」か
  2. 新しいiPhoneの利用予定期間
    「2年の可能性が高い」か「できるだけ長く使いたい」か

2つの質問への答えを考えたら、乗り換え先を見ていきましょう!

以下では「最新iPhone」「型落ち・SE・中古iPhone」の順番に紹介します。

最新のiPhone(iPhone 15)を乗り換えキャンペーンで安く買う方法

先述のとおり、最新のiPhoneが欲しいなら、大手キャリアの4社の中から選ぶ必要があります。

最新のiPhone 15シリーズの価格は以下のとおり。

 

スクロールできます→

iPhone 15

iPhone 15128GB256GB512GB
ドコモ149,490円
(75,570円)
172,040円
(86,240円)
212,300円
(106,700円)
au
※24年4月改定
145,640円
(76,820円)
(38,240円)
166,780円
(87,630円)
206,930円
(107,985円)
ソフトバンク
※24年1月改定
145,440円
(74,640円)

142,920円
(21,996円/1年)
(62,304円/2年)
166,320円
(85,920円)
(44,820円/1年)
(85,320円/2年)
206,640円
(107,160円)
(55,620円/1年)
(105,960円/2年)
楽天モバイル
※24年2月改定
140,800円
(70,392円)

131,800円
(65,880円)
161,800円
(80,800円)

153,800円
(76,896円)
199,800円
(99,888円)

187,800円
(93,888円)
Apple124,800円
(83,199円)
139,800円
(93,199円)
169,800円
(113,199円)

iPhone 15 Plus

iPhone 15 Plus128GB256GB512GB
ドコモ168,740円
(85,580円)
190,080円
(96,360円)
230,890円
(116,050円)
au163,490円
(85,790円)
184,850円
(96,830円)
225,360円
(117,415円)
ソフトバンク163,440円
(84,000円)
184,320円
(95,520円)
224,640円
(117,000円)
楽天モバイル
※24年2月改定
156,800円
(78,384円)

146,800円
(73,392円)
178,800円
(89,400円)

167,800円
(83,880円)
218,900円
(109,440円)

204,800円
(102,384円)
Apple139,800円
(93,199円)
154,800円
(103,200円)
184,800円
(123,199円)

iPhone 15 Pro

iPhone 15 Pro128GB256GB512GB1TB
ドコモ192,060円
(97,020円)
218,790円
(110,550円)
255,090円
(131,010円)
291,830円
(158,510円)
au185,860円
(99,705円)
211,930円
(112,930円)
248,560円
(131,560円)
285,420円
(150,420円)
ソフトバンク185,760円
(96,120円)
211,680円
(109,200円)
248,400円
(130,680円)
285,120円
(150,360円)
楽天モバイル
※24年2月改定
179,800円
(89,880円)

174,700円
(87,336円)
205,800円
(102,888円)

192,800円
(96,384円)
240,900円
(120,432円)

225,800円
(112,896円)
276,800円
(138,384円)

259,800円
(129,888円)
Apple159,800円
(106,533円)
174,800円
(116,533円)
204,800円
(136,533円)
234,800円
(156,533円)

iPhone 15 Pro Max

iPhone 15
Pro Max
256GB512GB1TB
ドコモ236,940円
(119,460円)
273,680円
(145,640円)
305,910円
(169,950円)
au230,360円
(122,360円)
267,100円
(141,105円)
303,850円
(159,850円)
ソフトバンク229,680円
(120,840円)
266,400円
(140,400円)
293,040円
(155,040円)
楽天モバイル
※24年2月改定
224,800円
(112,392円)

210,800円
(105,384円)
260,800円
(130,392円)

244,800円
(122,400円)
288,800円
(144,384円)

276,800円
(138,384円)
Apple189,800円
(126,533円)
219,800円
(146,533円)
249,800円
(166,533円)

※カッコ内は各社のプログラムを使ったときの、実質の負担額

 

最新のiPhoneを買うなら、以下の優先順位で検討するのがおすすめです。

  1. 楽天モバイル
  2. その他の大手キャリア

優先度① 楽天モバイル

楽天モバイル 2024年4月iPhoneキャンペーン

楽天モバイル
  • お得度:★★★
  • こんな人におすすめ
    • 基本的にすべての人
    • まだ楽天モバイルを契約したことがない人
    • 買い切りたい人(2年以上、長く使いたい人)
    • 維持費込みで安くしたい人
  • こんな人には微妙
    • メイン端末を乗り換えようと思っている人

真っ先に検討したいのが楽天モバイルです。

  • 4キャリアの中では一括価格が最も安い
  • さらにポイント還元・割引がある
  • 維持費が安い
  • 2年間、半額の負担で使えるプログラムもある

価格は先に見たとおり、4キャリアの中で最安。さらに、楽天回線を購入するとポイントの還元・割引があります。

楽天モバイル 還元の内訳

スクロールできます→

キャンペーン乗り換え契約新規契約
①楽天モバイル
を初めて契約
6,000ポイント2,000ポイント
②対象端末購入iPhone:最大2万円還元
Android:最大6,000ポイント
対象iPhone
対象Android
③対象iPhone
購入でさらに
6,000ポイント
端末詳細
三木谷さんの紹介ページ
から申し込みで
解説記事
最大1.4万ポイント
※①③との併用は不可
※2回線目OK
最大7,000ポイント
①③との併用は不可
※2回線目OK
合計最大3.4万円還元最大2.8万円還元

端末を買い切りたい人も、2年間使って返したい人も、すべての人がお得に購入できます。

楽天モバイルのiPhoneを見てみる

MEMO

2024/04/03現在、iPhone 15(128GB)に限っては、他キャリアで購入した方が安いことがあります。

楽天モバイルは「新規契約」もおすすめ

ゴリラ

でも、楽天モバイルに乗り換えるのはな〜。電波が微妙なんでしょ?

楽天モバイルへのプラチナバンド割り当てが決まりましたが、サービス開始は2026年3月と、少し先の話。現時点で他社よりも繋がりづらいのは事実です。

僕も現時点でメイン回線を移すのは厳しいと思っています。

そこでおすすめなのが、楽天モバイルを新規契約する方法です。

2024年4月現在、新規契約でもポイント還元・割引を受けられます。

楽天モバイル 還元の内訳

スクロールできます→

キャンペーン乗り換え契約新規契約
①楽天モバイル
を初めて契約
6,000ポイント2,000ポイント
②対象端末購入iPhone:最大2万円還元
Android:最大6,000ポイント
対象iPhone
対象Android
③対象iPhone
購入でさらに
6,000ポイント
端末詳細
三木谷さんの紹介ページ
から申し込みで
解説記事
最大1.4万ポイント
※①③との併用は不可
※2回線目OK
最大7,000ポイント
①③との併用は不可
※2回線目OK
合計最大3.4万円還元最大2.8万円還元

維持費も1,078円〜なんで、仮に半年くらい契約し続けるとしても、それ以上のポイント・割引を受けられるということですね。

優先度② その他の大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)

au Online Shop

その他の大手キャリア
  • お得度:★★☆
  • こんな人におすすめ
    • 向こう2年で次の機種に買い換える予定の人
    • iPhone 15(128GB)を購入する人
    • 22歳以下(学割期間中は)
  • こんな人には微妙
    • 維持費込みで安く収めたい人

その他の大手キャリア(auドコモソフトバンク)のiPhoneは、元々の価格が高めに設定されており、どうしても優先度が下がります。

しかし、条件さえ合えば、そこまで悪い選択でもありません。

  • 乗り換えで最大4.4万円の還元がある(一部端末のみ)
  • 22歳以下ならさらに割引(学割)を受けられる(学割期間中のみ)
  • 返却プログラムがわりと優秀

2024年4月現在、各社では乗り換え割引・学割を行っています。

▼乗り換えで受けられる割引▼

▼学割▼

2年で返すなら悪くない選択|プログラムがわりと優秀

3キャリアは2年での返却を条件に、端末の支払いの一部を免除してくれるプログラムを行っています。

先に見た料金表を再掲します。カッコ内の金額が、2年間の負担額です。

 

スクロールできます→

iPhone 15

iPhone 15128GB256GB512GB
ドコモ149,490円
(75,570円)
172,040円
(86,240円)
212,300円
(106,700円)
au
※24年4月改定
145,640円
(76,820円)
(38,240円)
166,780円
(87,630円)
206,930円
(107,985円)
ソフトバンク
※24年1月改定
145,440円
(74,640円)

142,920円
(21,996円/1年)
(62,304円/2年)
166,320円
(85,920円)
(44,820円/1年)
(85,320円/2年)
206,640円
(107,160円)
(55,620円/1年)
(105,960円/2年)
楽天モバイル
※24年2月改定
140,800円
(70,392円)

131,800円
(65,880円)
161,800円
(80,800円)

153,800円
(76,896円)
199,800円
(99,888円)

187,800円
(93,888円)
Apple124,800円
(83,199円)
139,800円
(93,199円)
169,800円
(113,199円)

iPhone 15 Plus

iPhone 15 Plus128GB256GB512GB
ドコモ168,740円
(85,580円)
190,080円
(96,360円)
230,890円
(116,050円)
au163,490円
(85,790円)
184,850円
(96,830円)
225,360円
(117,415円)
ソフトバンク163,440円
(84,000円)
184,320円
(95,520円)
224,640円
(117,000円)
楽天モバイル
※24年2月改定
156,800円
(78,384円)

146,800円
(73,392円)
178,800円
(89,400円)

167,800円
(83,880円)
218,900円
(109,440円)

204,800円
(102,384円)
Apple139,800円
(93,199円)
154,800円
(103,200円)
184,800円
(123,199円)

iPhone 15 Pro

iPhone 15 Pro128GB256GB512GB1TB
ドコモ192,060円
(97,020円)
218,790円
(110,550円)
255,090円
(131,010円)
291,830円
(158,510円)
au185,860円
(99,705円)
211,930円
(112,930円)
248,560円
(131,560円)
285,420円
(150,420円)
ソフトバンク185,760円
(96,120円)
211,680円
(109,200円)
248,400円
(130,680円)
285,120円
(150,360円)
楽天モバイル
※24年2月改定
179,800円
(89,880円)

174,700円
(87,336円)
205,800円
(102,888円)

192,800円
(96,384円)
240,900円
(120,432円)

225,800円
(112,896円)
276,800円
(138,384円)

259,800円
(129,888円)
Apple159,800円
(106,533円)
174,800円
(116,533円)
204,800円
(136,533円)
234,800円
(156,533円)

iPhone 15 Pro Max

iPhone 15
Pro Max
256GB512GB1TB
ドコモ236,940円
(119,460円)
273,680円
(145,640円)
305,910円
(169,950円)
au230,360円
(122,360円)
267,100円
(141,105円)
303,850円
(159,850円)
ソフトバンク229,680円
(120,840円)
266,400円
(140,400円)
293,040円
(155,040円)
楽天モバイル
※24年2月改定
224,800円
(112,392円)

210,800円
(105,384円)
260,800円
(130,392円)

244,800円
(122,400円)
288,800円
(144,384円)

276,800円
(138,384円)
Apple189,800円
(126,533円)
219,800円
(146,533円)
249,800円
(166,533円)

※カッコ内は各社のプログラムを使ったときの、実質の負担額

 

ここからさらに、上記の乗り換え割引が使えます。

例えば「乗り換え」かつ「プログラム」を使うと、ソフトバンクのiPhone 15(128GB)は1年間12円ドコモ2年間31,570円という格安価格で「レンタル」できます。

▼iPhone 15(128GB)最大割引後の価格▼

  • ドコモ:105,490円(2年返却で31,570円)
  • au:140,140円(2年返却で32,740円)
  • ソフトバンク:120,936円(1年返却で12円、2年 返却で40,320円)
  • 参考:楽天モバイル:98,800円(2年返却で実質46,200円)

2年で買い替えていくと決めているなら、楽天モバイル以外の大手キャリアもふつうにアリです。

ゴリラ

ただ、3キャリアのプラン料金は楽天モバイルより割高だから注意な。

家電量販店で最新のiPhoneを買うのは微妙

繰り返しになりますが、2023年12月以降、家電量販店でも「一括1円」というような販売ができなくなりました。

規制以降は各社の公式オンラインショップと同程度の割引しかおこなっていません。

店舗へ足を運ぶ労力や、店頭でかかる事務手数料・頭金まで考えると、最新のiPhoneを買うなら各社のオンラインショップを使う方がコスパが良いです。

最新のiPhoneまとめ
  • まずは楽天モバイルを検討(価格、還元、維持費、どれをとってもお得)
  • 2年で買い換えるなら他の3社ドコモauソフトバンク)で購入プログラムに加入するのもアリ
  • 家電量販店では最新のiPhoneは格安で買えなくなった

型落ち・SE・中古iPhoneを乗り換えキャンペーンで安く買う方法

iPhone SE (第3世代)

最新ではない型落ちiPhone、廉価モデルのiPhone SE、中古のiPhoneでも良いなら、選択肢はグッと広がります。

旧モデルのiPhone 14・13シリーズ、iPhone SE(第3世代)の最新の価格は以下のとおり。

スクロールできます→

iPhone 14

iPhone 14128GB256GB512GB
ドコモ
※24年2月改定
134,266円
(31,834円)

124,465円
(22,033円)
161,480円
(81,680円)
201,740円
(102,140円)
au
※24年4月改定
129,990円
(24,090円)

127,900円
(44,047円)
終売
161,770円
(82,570円)
終売
201,925円
(102,925円)
ソフトバンク
※24年2月改定
137,520円
(31,824円)
127,440円
(22,008円)
終売終売
楽天モバイル131,800円
(65,880円)

120,910円
(60,432円)
135,900円
(67,944円)
165,900円
(82,944円)
mineo122,760円138,072円168,696円
Apple
※23年9月改定
119,800円
112,800円
134,800円
127,800円
164,800円
157,800円

iPhone 14 Plus

iPhone 14 Plus128GB256GB512GB
ドコモ158,180円
(79,220円)
179,520円
(90,000円)
220,330円
(111,250円)
au終売
158,490円
(80,730円)
終売
179,850円
(91,770円)
終売
220,355円
(112,355円)
ソフトバンク
※23年12月改定
158,400円
(82,440円)

149,760円
(44,160円)
179,280円
(93,720円)

167,760円
(51,480円)
220,320円
(115,920円)

202,320円
(65,400円)
楽天モバイル148,800円
(74,400円)

135,900円
(67,944円)
164,800円
(82,392円)

150,900円
(75,432円)
197,800円
(98,880円)

180,900円
(90,432円)
Apple
※23年9月改定
134,800円
124,800円
149,800円
139,800円
179,800円
169,800円

iPhone 14 Pro

iPhone 14 Pro128GB256GB512GB1TB
ドコモ174,130円
(87,370円)
198,880円
(99,880円)
238,480円
(120,400円)
275,220円
(139,260円)
au終売
175,860円
(89,700円)
終売
201,925円
(102,925円)
終売
238,555円
(121,555円)
終売
275,415円
(140,415円)
ソフトバンク
※23年12月改定
175,680円
(90,960円)

173,520円
(53,760円)
201,600円
(104,040円)

190,800円
(60,840円)
238,320円
(125,400円)

226,080円
(75,120円)
275,040円
(145,080円)

261,360円
(89,400円)
楽天モバイル
楽天市場店で販売
164,800円
(82,392円)

150,900円
(75,432円)
181,800円
(90,888円)

165,900円
(82,944円)
214,800円
(107,400円)

195,900円
(97,944円)
247,800円
(123,888円)

225,900円
(112,944円)
Apple
※9/13終売
149,800円164,800円194,800円224,800円

iPhone 14 Pro Max

iPhone 14
Pro Max
128GB256GB512GB1TB
ドコモ201,850円
(101,890円)
220,330円
(111,250円)
257,070円
(129,990円)
289,300円
(144,940円)
au終売
201,925円
(102,925円)
終売
220,355円
(112,355円)
終売
257,100円
(131,100円)
終売
293,845円
(149,845円)
ソフトバンク
※23年12月改定
201,600円
(106,200円)

191,520円
(61,080円)
220,320円
(115,920円)

208,800円
(68,040円)
257,040円
(135,480円)

244,080円
(82,320円)
281,520円
(149,040円)

279,360円
(96,600円)
楽天モバイル
楽天市場店で販売
181,800円
(90,888円)

165,900円
(82,944円)
197,800円
(98,880円)

180,900円
(90,432円)
230,800円
(115,392円)

210,900円
(105,432円)
263,800円
(131,880円)

240,900円
(120,432円)
Apple
※9/13終売
164,800円179,800円209,800円239,800円

※カッコ内は各社のプログラムを使ったときの、実質の負担額

スクロールできます→

iPhone 13 mini

iPhone 13
mini
128GB256GB512GB
ドコモ116,710円
(58,630円)

94,710円
(36,630円)
140,800円
(72,160円)
176,660円
(89,540円)
au終売
109,755円
(56,235円)
終売
127,110円
(65,550円)
終売
162,165円
(84,525円)
ソフトバンク116,640円
(32,088円)

99,360円
(26,784円)
134,640円
(41,040円)

120,240円
(32,280円)
169,920円
(51,120円)

160,560円
(48,600円)
楽天モバイル終売
93,900円
(46,944円)
終売
108,900円
(54,432円)
終売
138,900円
(69,432円)
Apple
※9/13終売
92,800円107,800円137,800円

iPhone 13

iPhone 13128GB256GB512GB
ドコモ
※24年1月改定
127,710円
(61,710円)

110,209円
(22,033円)
158,180円
(82,940円)
199,430円
(103,070円)
au
※23年9月改定
終売
127,495円
(54,395円)
(41,562円)
終売
144,870円
(73,830円)
終売
179,700円
(92,460円)
ソフトバンク138,240円
(42,720円)

115,200円
(30,240円)
終売終売
楽天モバイル
※24年2月改定
108,900円
(54,432円)

108,700円
(54,336円)
123,900円
(61,944円)
153,910円
(76,944円)
UQモバイル114,720円--
ワイモバイル115,200円131,040円161,280円
Apple
※9/13終売
115,610円--

iPhone 13 Pro

iPhone 13
Pro
128GB256GB512GB1TB
ドコモ172,810円
(89,650円)
195,030円
(101,310円)
232,650円
(120,450円)
267,410円
(139,370円)
au
9/16値下げ
終売
145,040円
(78,200円)
終売
160,040円
(86,480円)
終売
190,060円
(102,580円)
終売
220,075円
(118,795円)
ソフトバンク
7/13改定
終売
169,920円
(51,120円)
終売
187,200円
(56,160円)
終売
222,480円
(66,960円)
終売
257,760円
(77,760円)
楽天モバイル
楽天市場店で販売
終売
144,800円
(72,384円)

135,000円
終売
159,800円
(79,896円)

150,000円
終売
189,800円
(94,896円)

180,000円
終売
219,800円
(109,896円)

209,000円
Apple
終売
----

iPhone 13 Pro Max

iPhone 13
Pro Max
128GB256GB512GB1TB
ドコモ197,230円
(102,190円)
214,610円
(110,330円)
248,160円
(129,360円)
275,550円
(142,230円)
au
9/16値下げ
終売
160,040円
(86,480円)
終売
175,055円
(94,415円)
終売
205,070円
(110,630円)
終売
235,085円
(126,845円)
ソフトバンク
7/13改定
終売
187,200円
(56,160円)
終売
205,200円
(61,920円)
終売
240,480円
(72,720円)
終売
275,760円
(82,800円)
楽天モバイル
※楽天市場店で販売
終売
159,800円
(79,896円)

150,000円
終売
174,810円
(87,384円)

159,000円
終売
204,800円
(102,384円)

195,000円
終売
234,800円
(117,384円)

225,000円
Apple
終売
----

※カッコ内は各社のプログラムを使ったときの、実質の負担額

スクロールできます→

iPhone SE
(第3世代)
64GB128GB256GB
ドコモ
24年1月改定
73,370円
(37,730円)
(22,154円)
82,280円
(42,680円)
104,500円
(53,020円)
au
23年12月改定
70,935円
(38,295円)
(22,047円)
82,190円
(44,390円)
(26,600円)
103,415円
(55,775円)
ソフトバンク73,440円
(22,008円)
81,360円
(26,784円)
99,360円
(52,560円)
楽天モバイル62,800円
(31,392円)
69,800円
(34,896円)
84,800円
(42,384円)
UQモバイル70,935円82,190円103,415円
ワイモバイル73,440円81,360円99,360円
Apple公式62,800円69,800円84,800円

※カッコ内は各社のプログラムを使ったときの、実質の負担額
※23年12月から楽天モバイルのiPhone SE(第3世代)は買い替え超トクプログラムの対象外に

 

最新ではないiPhoneの場合は、目的や使い方によって、おすすめの購入先が変わります。

とりあえず万人が検討:楽天モバイル

楽天モバイル 2024年4月iPhoneキャンペーン

また楽天モバイルかよ、と思われるかもしれませんが、実際にお得なので取り上げざるを得ません。

楽天モバイルでは型落ちiPhone(iPhone 14・13)でもポイント還元・割引を受けられます。

楽天モバイル 還元の内訳

スクロールできます→

キャンペーン乗り換え契約新規契約
①楽天モバイル
を初めて契約
6,000ポイント2,000ポイント
②対象端末購入iPhone:最大2万円還元
Android:最大6,000ポイント
対象iPhone
対象Android
③対象iPhone
購入でさらに
6,000ポイント
端末詳細
三木谷さんの紹介ページ
から申し込みで
解説記事
最大1.4万ポイント
※①③との併用は不可
※2回線目OK
最大7,000ポイント
①③との併用は不可
※2回線目OK
合計最大3.4万円還元最大2.8万円還元

基本的に最新のiPhoneのときと考え方は同じ。

端末価格が安く、維持費も抑えられ、さらに返却プログラムもあるため、欲しいiPhoneが楽天モバイルにあるなら、最優先で検討したいです。

「買い切り」「2年で返却」どちらでも最安レベルです。

楽天モバイルのiPhoneを見てみる

2年で買い換える予定:その他の大手キャリア

こちらも最新のiPhoneのときと考え方は同じ。

  • 乗り換えで最大4.4万円の還元
  • 22歳以下ならさらに割引(学割期間中のみ)
  • 返却プログラムの条件が良い

とくに22歳以下だったり、2年できっちり買い替えていくつもりなら、ドコモ、au、ソフトバンクへの乗り換えを選択肢に入れても良いでしょう。

ただし、大手キャリアの旧モデルは品薄になりがちです。在庫は要チェックです。

ドコモオンラインショップ

auオンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

中古でもOK:大手キャリア・サブブランドのCertified

au Certifiedここまでは基本的に新品のiPhoneを購入する前提でした。

しかし最近は「乗り換えで、中古の安いiPhoneを買う」という選択肢も生まれています。

各キャリアのCertified(認定中古品)を乗り換えで買うメリットは、

  • 品質が担保されている
  • 新品より圧倒的に安い
  • キャリアの「最大2.2万円割引」も受けられる

またCertifiedは、ワイモバイルやUQモバイルでも販売されています。維持費まで含めてがっつり抑えたいなら、狙い目です。

ワイモバイル 認定中古品

僕も2023年にワイモバイルで「大当たり」のiPhoneを引きました……!

ただし、各社ともCertifiedは2年後に返却するプログラムには入れません。

維持費まで抑えたい:サブブランド、格安SIM

IIJmio

乗り換えでiPhoneを買う場合、端末価格だけでなく、毎月のランニングコストも忘れてはいけません。

トータルで負担を抑えるために、プラン料金が安い大手のサブブランド、格安SIMを狙うという考え方も賢明です。

正直なところ、格安SIMにはド派手な割引はありませんし、返却プログラムも使えません。

しかし、IIJmiomineo あたりは、格安SIMの中でもかなり頑張っている方だと思うので、覗いてみても良いでしょう。

乗り換えでiPhoneを買うときの個人的なアドバイス

「維持費までしっかり考えておく」。これに尽きます。

乗り換えでお得なキャンペーンを打ち出せるのは、資金力がある大手キャリアが中心です。

しかし、iPhoneをお得に買うために、本来は不要な割高なプランを払っていては本末転倒です。

個人的には何が何でもお得な割引を狙うのではなく、ほどほどにお得なiPhoneを、安く維持できるところで買うのが、最も賢い方法だと考えています。

検討の際に、少しでもこの記事の考え方が参考になればうれしいです!

↑最新のiPhoneをお得に買う方法を復習する

↑旧モデル(型落ち)iPhone、SEをお得に買う方法を復習する

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

  1. 事務手数料、頭金がかからない(auは手数料かかります)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. オプション不要・しつこい営業がない
  4. 来店不要・待ち時間がない

金銭的メリット(事務手数料、頭金)だけでなく精神的なメリット(待ち時間・勧誘なし)も大きく、おすすめ。

また、各社が直営する公式オンラインショップなので安心して契約できます。

少しでもお得にかしこく契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップを使ってみてください。

こんな記事もおすすめ

コメントを残す