【最新】iPhoneを安く買う方法まとめ

スマホ割引4万円規制がスタート。12月27日から何がどう変わったかわかりやすく紹介

ゴリラ

年末からスマホの割引上限が変わったって聞いたゾ?具体的にどう変わったの?できるだけわかりやすく教えて!

正直な結論
  • キャリアが行える最大割引額が2.2万円→4.4万円に改定
  • 一括1円で買えるのは2.2万円以下の端末のみに
  • 白ロム割も禁止され4.4〜8.8万円の端末は、最大半額までしか割引されなくなった
  • 下取り額が高すぎることも規制の対象になるため、格安レンタルが難しくなった
  • その他、キャリアやメーカーのポイント還元も規制されるかも

正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。

スマホの機種変更・契約は、頭金なし、来店なし、待ち時間なし、勧誘なしのオンラインショップがお得で便利です。

 

 

auのスマホが、ガツンと安くなりました!すごい勢いで売れてます。早いもの勝ちです!

 

  • Pixel 8 128GB
    117,900円 → 93,600円実質47円/2年〜!)
  • Galaxy S22
    89,140円 → 58,400円実質47円/2年〜!)
  • iPhone SE 3
    2年負担額38,295円 → 22,047円実質47円/2年〜!)
  • iPhone 14 128GB
    2年負担額41,860円 → 24,090円実質2,090円/2年〜!)
  • Xiaomi 13T74,800円 → 65,000円 など

 

\在庫限り・端末のみでも買える/

最新の価格・他の端末を見てみる

スマホ割引規制(上限4万円)の概要

ゴリラ

そもそもなんで、割引の上限が変わったの?

最大の目的は1円などで販売される端末を規制することで、市場から転売ヤーを退場させることです。

現状、

  1. 通信契約に紐づく割引は上限2.2万円
  2. 誰でも受けられる割引(白ロム割)は上限なし

という条件で端末が販売されています。

「2」の白ロム割に上限がなく、家電量販店や一部キャリア公式の施策でも「一括1円」「実質24円」などの格安販売が横行しています。

白ロム割

 

例えばワイモバイルのこの端末は、のりかえで21,959円割引の他に、購入者なら誰でも3,960円の割引(白ロム割)を受けられ、結果1円の支払いで購入できました。

今回の規制は、この白ロム割まで含めて、上限を見直そう、というお話です。

最大4.4万円割引へ

mba_cap 407電気通信事業法第27条の3改正

出典:日々の生活をより豊かにするためのモバイル市場競争促進プラン|総務省

23年12月27日の「電気通信事業法第27条の3」の改正により、割引額は以下のように変わりました。

  • 4.4万円以下の端末は2.2万円まで割引可
  • 4.4〜8.8万円の端末は価格の半額まで割引可能最大4.4万円
  • 上記の割引には白ロム割やキャリアの「利益提供」が含まれる

割引規制で具体的にどうなる?

ゴリラ

ユーザーはお得になるの?損になるの?

今回の規制改定によって、具体的にどうなることが予想されるのか、確認していきましょう。

2.2万円以上の端末の「一括1円」がなくなる

そもそも今回の改定の目的が「転売ヤー排除」なので、もともと安い端末を除いて「一括1円」がなくなります。

改正後に「一括1円」で購入できるのは2.2万円以下の格安なエントリー端末のみとなります。

店舗独自の割引が少なくなる・なくなる

規制の対象にお店独自の割引(白ロム割)が含まれるようになったことで、これらの割引が減少、もしくはなくなってしまう可能性があります。

例えば、これまではできていた

  • 端末価格 6.6万円
  • キャリアの乗り換え割引:2.2万円
  • 店頭独自の割引:43,999円
    →一括1円

みたいなことができなくなり、上記の例なら6.6万円の半額=3.3万円が割引上限となります。

8万円以上の端末の「格安レンタル」がなくなる→1年レンタルの登場、端末代そのものの値下げも!

ソフトバンクauが中心に行っている「格安レンタル」もできなくなる可能性があります。

格安レンタルとは、元の価格が10万円を超えるような端末が、購入プログラムに加入することで、2年間、24円などで利用できる施策のことです。

 

例えばソフトバンクのXiaomi 13T Proは総額114,480円のところ、2年後に返却すれば22,008円、さらに他社からの乗り換えなら2年間24円で使えました。

上記の端末の例だと、もともと11.4万円のAndroidスマホが、2年後に9.2万円で買い取ってもらえることになります。

とくにiPhoneと比べてリセールバリューが低いAndroidがこれだけ高額で買い取ってもらえることは異常であり、一般的な買取額との差額がキャリアからの利益提供とみなされるようになりました。

結果、8万円を超えるAndroidスマホで、2年間の格安レンタルがしにくくなることが予想されました。

(2023年12月27日追記)

ソフトバンクは1年返却で最安12円で利用できる新トクするサポート(バリュー)」を、auドコモは端末価格そのものを引き下げることで、引き続き、格安でレンタルできる端末が残されました↓↓

 

2023年12月、auのスマホがどかっと安くなりました!すごい勢いで、はけてます。早いもの勝ちです!

 

  • Pixel 8 128GB
    117,900円 → 93,600円実質47円/2年〜!)
  • Galaxy S22
    89,140円 → 58,400円実質47円/2年〜!)
  • iPhone SE 3
    2年負担額38,295円 → 22,047円実質47円/2年〜!)
  • iPhone 14 128GB
    2年負担額41,860円 → 24,090円実質2,090円/2年〜!)
  • Xiaomi 13T74,800円 → 65,000円 など

 

最新の価格・他の端末を見てみる

キャリアの還元もなくなるかも

特にドコモやauで行われている以下のような、白ロム購入でも受けられるキャンペーンも規制の対象になる可能性が高いです。

12月20日時点で、すでに27日以降のキャンペーン終了、または還元額の改定がアナウンスされています。

少なくともこれまでよりも条件が良くなることはないでしょう。

メーカーによる特典施策はグレー

一方で展開が読みづらいのが、メーカーが行う施策です。

最近は「キャリアなどで端末を購入して応募するとポイント還元」のような施策が、スマホメーカー主催で行われています(実際はキャリア主導なのかも)。

こういった(知らんけどメーカーが勝手にやっている)施策が規制の対象になるかどうかは、始まってみなければわかりません。

今回の規制により、メーカーは高額な端末が売りづらくなります。ユーザーとしてもハイエンド端末が気軽に使えるこういった施策は残して欲しい……、というのが本音です。

まとめ

23年12月27日から施行された割引上限4.4万円規制によて変わったこと、今後の展開として考えられることをまとめておきます。

  • 一括1円で買えるのは2.2万円以下の端末のみに
  • 白ロム割も禁止され4〜8万円の端末は、最大半額までしか割引されなくなった
  • 下取り額が高すぎることも規制の対象になるため、格安レンタルも難しくなりそう
    →1円レンタルや元の価格の値下げで一部端末の格安レンタルが維持
  • その他、キャリアやメーカーのポイント還元も規制されるかも

正直、今後、ユーザーにとって条件が良くなる要素はありません。

欲しい端末が良い条件で購入できそうなら、早めに動くことをおすすめします。

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

  1. 事務手数料、頭金がかからない(auは手数料かかります)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. オプション不要・しつこい営業がない
  4. 来店不要・待ち時間がない

金銭的メリット(事務手数料、頭金)だけでなく精神的なメリット(待ち時間・勧誘なし)も大きく、おすすめ。

また、各社が直営する公式オンラインショップなので安心して契約できます。

少しでもお得にかしこく契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップを使ってみてください。

こんな記事もおすすめ