【必読】iPhoneを安く買う方法

「AQUOS sense7」と「Xperia 10 IV」を6項目で比較。価格差と違い

ゴリラ

「AQUOS sense7」と「Xperia 10 IV」で迷ってる。どっちが良さそうかな?

中価格帯のスマホで比較対象になりやすい両機種。

「バッテリー持ちが良い」「とにかく軽い」など共通点が多い一方で、明確に違うところもあります。

本記事では、「AQUOS sense7」と「Xperia 10 IV」を6項目で比較します。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、以下の通り。

 

  • カメラ
    sense7は夜景Xperia 10 IVはズーム・超広角に強み
  • SoC
    どちらもSnapdragon 695 5G。普段使いならOK
  • バッテリー
    どちらも超優秀。軽いのに大容量バッテリー
  • ディスプレイ
    Xperia 10 IVは縦長ディスプレイで好みがわかれる
  • 生体認証
    sense7は指紋+顔認証、10 IVは指紋のみ
  • 価格
    sense7が1万円ほど安い

トータルで互角のスペックです。どうしても迷ったら、1万円安いAQUOS sense7がおすすめ

 

スマホの機種変更/乗り換え(MNP)は、頭金なし、来店なし、待ち時間なしのオンラインショップがお得です!

【スペック】一覧

スクロールできます→

AQUOS sense7Xperia 10 IV
サイズ縦:約152mm
幅:約70mm
厚み:8.0mm
縦:約153mm
幅:約67mm
厚み:8.3mm
重さ約158g約161g
CPU
Snapdragon 695 5GSnapdragon 695 5G
RAM6GB6GB
ストレージ128GB128GB
SDカード最大1TB最大1TB
ディスプレイ約約6.1インチ 有機EL
FHD+(1080 x 2432)
約6.0インチ 有機EL
FHD+(1080 x 2520)
リフレッシュレート最大60Hz最大60Hz
カメラ標準:5,030万画素
超広角:約800万画素
標準:1,200画素
超広角:800万画素
望遠:800万画素
バッテリー4,570mAh5,000mAh
生体認証顔認証
指紋認証
指紋認証
防水・防塵IPX5/IPX8・IP6XIPX5/IPX8・IP6X
イヤホンジャックありあり
スピーカーモノラルモノラル
価格ドコモ:54,230円
au:59,500円
楽天モバイル:49,980円
ドコモ :64,152円
au :69,985円
ソフトバンク :74,880円
楽天モバイル :59,800円
AQUOS sense7の解説記事
Xperia 10 IVの解説記事

【カメラ】夜景はsense7、ズーム・超広角はXperia 10 IV

スクロールできます→

AQUOS sense7Xperia 10 IV
標準:5,030万画素
超広角:約800万画素
標準:1,200万画素
超広角:800万画素
望遠:800万画素

AQUOS sense7は、これまでのシリーズからカメラが大幅に強化され、ミドルレンジを超えた撮影性能と言われています。

一方のXperia 10 IVも、前モデルから確実なマイナーアップデートを重ねています。

カメラの違いは、

  • AQUOS sense7
    「ふつうの撮影」「夜景」
    が強い
  • Xperia 10 IV
    「ズーム・超広角」
    がよりキレイ

という印象です。

AQUOS sense7は「ふつうの撮影」「夜景」が強い

AQUOS sense7のメインカメラには、66%大型化したイメージセンサーが搭載されました。

画素数は5,050万画素あり、クッキリ撮影できます。

特に夜景撮影の評判は高めです。

前モデル以前とはガラリと変わり、明るくてキレのある撮影ができるようになりました。

一方、Xperia 10 IVにもナイトモードがあります。街灯など明るい部分がやや白とびしますが、それなりにきれいに撮れます。

Xperia 10 IVは「ズーム撮影」で解像感を維持

Xperia 10 IVのズームは、望遠カメラのないsense7と比べ、より解像感を維持できます。

ズームは光学2倍に対応。デジタルズームを合わせた超解像ズームでは、最大10倍まで近寄ることができます。

以下、Xperia 10 IVのズームの作例です。5倍ぐらいまでなら実用的ですね。

等倍

2倍

 

5倍

10倍

一方のAQUOS sense7のズームは以下の通り。

望遠レンズがないので、全てデジタルズームです。2倍ぐらいまではキレイですが、8倍になると、さすがに粗いです。

等倍

2倍

4倍

8倍

「超広角」はXperia 10 IVの方が色味が自然

AQUOS sense7の超広角カメラは、メインカメラより画質が悪く、色味も変わってしまうところがあります。

一方、Xperia 10 IVの超広角は、メインカメラとさほど変わらず、違和感がありません。

▼AQUOS sense7の超広角

メイン

超広角

▼Xperia 10 IVの超広角

広角

超広角

【SoC】どちらも普段使いはOK

スクロールできます→

AQUOS
sense7
Xperia 10 IV
CPUチップSnapdragon 695 5GSnapdragon 695 5G
RAM / ROM6GB / 128GB6GB / 128GB
AnTuTu
ベンチマーク
(Ver.9)
39万点程度39万点程度

どちらもSoCには「Snapdragon 695 5G」を搭載。

普段使いに十分なミドルレンジの性能です。AnTuTuベンチマークは39万点程度。RAMはともに6GBです。

処理性能は同等ですね。

AQUOS sense7の原神での動作を、実機レビューで確認しています。

デフォルトの画質は「低」で、そのままならそれなりにプレイ可能です。ただし、快適とは言い難いレベル。

ゲームが快適に使える端末が欲しいとなると、やはりAQUOS R7Xperia 1 IVXperia 5 IVといったハイエンドなスマホを検討する必要があります。

【バッテリー】どちらも超優秀

バッテリーはどちらも超優秀です。

  • AQUOS sense7
    YouTubeの動画を5時間再生してバッテリー残量は78%実機レビュー
  • Xperia 10 IV
    丸一日(9時~23時)使って、バッテリー残量は64%実機レビュー

いずれも、ライトな使い方なら、2日以上は、バッテリーが持ってくれそうです。

評判も軒並み高いですね。

ちなみに、Xperia 10 IVは海外メディア(GSMArena)のバッテリーテストにおいて歴代5位(2023年1月現在)に食い込んでいます。

「バッテリー持ちが良い」と言われているiPhone 14 Pro Maxを突き放す結果を残しています。

  • Xperia 10 IV:163h
  • iPhone 14 Pro Max:121h

「軽量」かつ「大容量バッテリー」はスゴイ!

両機種ともに「軽量」かつ「大容量バッテリー」を実現しています。

  • AQUOS sense7:4,570mAh(重量は158g)
  • Xperia 10 IV: 5,000mAh(重量は161g)

Xperia 10 IVは、5,000mAh以上のバッテリーを搭載するスマホでは、世界最軽量とのこと。

AQUOS sense7も、おそらく4,500mAh以上では最軽量クラスです。

【ディスプレイ】どちらも60Hzの有機EL

スクロールできます→

AQUOS sense7Xperia 10 IV
約約6.1インチ 有機EL
FHD+(1080 x 2432)
約6.0インチ 有機EL
FHD+(1080 x 2520)

ディスプレイはどちらも有機ELです。解像度はフルHD+でふつうにキレイですね。

なお、リフレッシュレートは両機種とも60Hz。90Hzや120Hzに対応する機種が増えているので、ここは少し弱点。

Xperia 10 IVの賛否のある「縦長ディスプレイ」

Xperia 10 IVはタテヨコ比が21:9の縦長スリムなディスプレイを採用しています。

初めて使う際は、少し戸惑うかもしれません。

縦長ディスプレイのメリットは

  • Webページを一度にたくさん表示できる
  • 画面を分割してマルチタスクが快適
  • スリムで握りやすい

といったこと。

尖った個性だけに、ハマる人にハマります。

【生体認証】sense7は顔認証アリ。10 IVは電源ボタン一体型

生体認証はそれぞれ次の通りです。

  • AQUOS sense7
    指紋認証センサー+顔認証
  • Xperia 10 IV
    指紋認証センサー(電源ボタン一体型)

AQUOS sense7は、指紋・顔の両方が使えます。

顔認証は、マスクでも認証可能です。

AQUOS sense7の指紋認証センサーは電源ボタンと分離されていますが、指紋認証で画面オン+ロック解除が可能です。

一方、Xperia 10 IVは、電源ボタン一体型の指紋認証センサーのみで、顔認証はありません。

【価格】AQUOS sense7が1万円ほど安い

価格は以下。ストレージは全て128GB、カッコ内の金額は、各社のプログラムを利用したときの、2年間の実質負担額です。

いずれもAQUOS sense7の方が1万円ほど安いですね。

ソフトバンクではAQUOS sense7の取り扱いはなく、AQUOS sense7 plusのみの取り扱いです。

カラーは、ラベンダー、ライトカッパー、ブルー、ブラックの4色。ラベンダーはドコモオンラインショップ限定です。

Xperia 10 IVのカラーはブラック、 ホワイト、ミント、ラベンダーの4色。ラベンダーはドコモオンラインショップ限定です。

まとめ

比較のまとめは、あらためて以下の通りです。

  • カメラ
    sense7は夜景Xperia 10 IVはズーム・超広角に強み
  • SoC
    どちらもSnapdragon 695 5G。普段使いならOK
  • バッテリー
    どちらも超優秀。軽いのに大容量バッテリー
  • ディスプレイ
    Xperia 10 IVは縦長ディスプレイで好みがわかれる
  • 生体認証
    sense7は指紋+顔認証、10 IVは指紋のみ
  • 価格
    sense7が1万円ほど安い

どうしても迷ったら1万円ほど安いAQUOS sense7がおすすめです。

今年はカメラ性能がメジャーアップデートを果たしています。

電池持ち、軽さ、カメラ性能と魅力が多く、今年は特におすすめできます。

一方で、Xperia 10 IVも歴代スマホ5位のバッテリー持ち、世界最軽量を謳うなど、アピールポイントは多いです。

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下3点です。

  1. 事務手数料、頭金がかからない(auは手数料かかります)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. 来店不要・待ち時間がない

金銭的メリット(事務手数料、頭金)だけでなく精神的なメリット(来店・待ちなし)も大きておすすめ。

また、各社が直営する公式オンラインショップなので安心して契約できます。

少しでもお得にかしこく契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップを使ってみてください。

こんな記事もおすすめ