このサイトについて

AQUOS R7は弱点改善で「買い」の一台|1型センサー・ライカレンズの評判は?

ゴリラ

AQUOS R7が発売されたね。カメラが凄そうだけど、実際どうなのかな?

2022年7月15日、ドコモ、ソフトバンクからAQUOS R7が発売されました。

ギョロっとインパクトのある1インチの大型イメージセンサーのカメラを搭載した、AQUOSのフラッグシップです。

前作に続き、Leica(ライカ)監修のレンズも搭載し、独自路線を突き進んでいます。

20万円近いですが、その価値があるのか気になるところ。

本記事では、AQUOS R7のスペックをユーザーの評判を交えながら、正直に見ていきます。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、AQUOS R7では、カメラフォーカスの高速化、スピーカーなど、前作の弱点が改善

 

価格は18~19万円台と高価ですが、それに見合う納得感のある一台です。尖ったハイエンドが欲しい人におすすめ。

このスマホの評価
価格
(3.0)
スペック
(4.5)
カメラ
(4.5)
ディスプレイ
(4.0)
総合評価
(4.0)

 

AQUOS R7

  • 発売日:2022年7月15日
  • 価格(プログラム適用時):
    ドコモ 198,000円(114,840円)
    ソフトバンク 189,360円(94,680円)

ゴリラ

実際に端末を触ってみたレビューもしているから、そっちも参考にしてな!

ちなみに……

 

スマホの契約は来店不要、頭金なし、待ち時間なしのオンラインショップがお得です!

フラットデザインに変更|背面はマット調

AQUOS R7

まずはデザインから見ていきましょう。前作のAQUOS R6から、主に以下のように変更されています。

ディスプレイ・側面はフラットな形状

▼AQUOS R6

▼AQUOS R7

AQUOS R6の丸みのあるラウンドフォルムから、AQUOS R7ではフラットで角ばったフォルムに変更されました。

前作はラウンドゆえの誤タッチや操作性の悪さが、不満点の一つでした。

今回、フラットなディスプレイを採用することで、操作性は大きく改善されています。

背面はサラッとしたマット調

背面はエッチング処理を施した、サラサラのマット調仕上げです。指紋が付きにくく、高級感があります。

見た目は金属感がありますが、素材は「Gorilla Glass Victus」というガラス素材とのこと。

カメラは「1インチセンサー」「Leicaレンズ」を搭載

カメラには、新型の1インチ大型センサーと、前作から引き続きLeica(ライカ)監修のレンズを搭載しています。

他のスマホでは出せないような、自然で味わいのあるボケ感の写真が撮れるのが、このスマホの最大の強みですね。

フォーカスが合いやすくなった

前作のAQUOS R6では、カメラのフォーカスが合いにくいという不満が多くのユーザーから寄せられていました。

AQUOS R7では、ここがバッチリ改善されています。オートフォーカスの速度は2倍に高速化したとのこと。

バシャバシャ気軽に写真が撮れるようになりました。

接写がしやすくなった

AQUOS R6の弱点だった接写も、R7では改善されています。

高倍率のズームは強くない

ズームは最大6倍まで可能です。

ただし最大ズームに近づくと、ボヤっとして、やや厳しめになる様子。

AQUOS R7のカメラは、47MPの高画素センサーを活かし、

  • 低倍率時は4画素を1画素として扱う「高感度モード」
  • 高倍率時は1画素ずつ使って撮影する「高解像モード」

を切り替えて撮影する仕組みです。

ただ、望遠レンズが付いていないため、3倍くらいになると、どうしても解像度は下がってくるようです。

実際の作例は以下の記事をチェックして見てくださいね!

SoCは「Snapdragon 8 Gen 1」

SoC(System on a Chip)は現行最新クラスの「Snapdragon 8 Gen 1」を搭載しています。処理性能は圧倒的です。

操作がサクサクなのはもちろん、3Dの最新ゲームなども快適にプレイできます。

ちなみに、ディスプレイは黒画面の挿入による最大240Hz駆動に対応で、ヌルヌル滑らかな表示が可能です。

かなりゲーム向きの端末と言えます。

AnTuTuベンチマークスコアは70~80万点台です。同じSoCで、もっとスコアの出る機種もあることを考えると、発熱を抑えるために性能を制御をしているのかもしれません。

発熱は多少ある

ゲームや動画撮影などで負荷が大きい場面になると、多少の発熱はあるようです。ここは「Snapdragon 8 Gen 1」搭載機で共通する悩みですね。

弱点のステレオスピーカーの音質が改善

前作でイマイチな評価だったスピーカーが改善されました。

右と左でスピーカー配置を独立させ、音の混在を防ぐ構造に変更されています。

ユーザーの評価も改善が感じられるものとなっているようです。抜群とはいかないまでも十分な出来栄えのようですね。

AQUOS R7の価格は18~19万円台【高い】

ドコモソフトバンクから発売されています。価格は18~19万円台と高価です。

11万円台から購入できたAQUOS R6と比べると、かなり価格が上がっています。

ここまで高いとR6を中古で狙いたくなるところですが、R7で弱点が一気に改善されているので、奮発してR7が良いかなという感じです。

「18~19万円台はさすがにキツイ!でも欲しい」という方は、プログラムの利用も含めて検討ですね。

「AQUOS R7」と「AQUOS R6」の比較表

「AQUOS R7」と「AQUOS R6」のスペックの比較表と、変更点の一覧です。

スクロールできます→

 AQUOS R7AQUOS R6
サイズ縦:約161mm
幅:約77mm
厚み:約9.3mm
縦:約162mm
幅:約74mm
厚み:約9.5mm
重さ約208g約207g
CPUSnapdragon 8 Gen 1Snapdragon 888
RAM+ROM12GB+256GB
(microSDXC 最大1TB)
12GB+128GB
(microSDXC 最大1TB)
ディスプレイ約6.6インチ
Pro IGZO OLED
WUXGA+
(1,260 × 2,730)
約6.6インチ
Pro IGZO OLED
ワイドUXGA+
(1,260 × 2,730)
カメラ約4,720万画素
F値 1.9
約2,020万画素
F値 1.9
バッテリー容量5,000mAh5,000mAh
防水/防塵IPX5/IPX8/IP6XIPX5/IPX8/IP6X
生体認証指紋認証/顔認証指紋認証/顔認証

▼AQUOS R6からの変更点▼

  • フラットデザインに変更
  • 新型の1インチセンサーを搭載(4,720万画素)
  • フォーカスの速度・精度がアップ
  • SoCが最新にアップデート
  • スピーカーが改善
  • ミリ波に対応
  • ワイヤレス充電に対応
  • ストレージが128GB⇒256GBに増えた
  • 価格が大幅に上がった(+8万円程度

まとめ

AQUOS R7では、R6で弱点だったカメラフォーカス、スピーカーなどが改善され、一気に使いやすくなっています。

ユーザーの評判も高く、価格さえ受け入れられるなら、納得の一台と言えそうです。

価格で迷う方は、返却プログラムの利用も含めて検討してみるのがおすすめです。

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を考えているなら、オンラインショップがお得なので、最後にかんたんに説明しておきますね。

理由は以下3点です。

  1. 頭金・事務手数料がかからない
    (auは事務手数料はかかります)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. 来店不要・待ち時間がない

金銭的メリットだけでなく、精神的にも楽ちんで普通にお得です。

また、各社とも直営の公式オンラインショップなので安心して契約できます^^

少しでもお得に契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップでかしこく手続きしてみてください。

こんな記事もおすすめ

653