【最新】iPhoneを安く買う方法まとめ

【2023年版】大容量バッテリースマホ8選!Android&iPhone解説

ゴリラ

やっぱりスマホはバッテリーがデカい方がいいウホな!

「スマホを選ぶときはバッテリー重視!」という方は多いと思います。

どんなに画質がよかったり、カメラの性能が高くても、電池が切れたら何も使えなくなってしまいますからね。

そこでこの記事では、2023年版の大容量バッテリースマホを紹介します。

Androidスマホを8機種、iPhoneは最新iPhoneの連続利用時間を紹介します。

この記事を参考に、自分にピッタリの大容量バッテリースマホを見つけてくださいね。

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、スマホの電池持ちはバッテリー容量だけでは決まりません。ディスプレイやチップ性能も関係するので「連続待受時間」を参考にするのが最も現実的です。

正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。

スマホの機種変更・契約は、頭金なし、来店なし、待ち時間なし、勧誘なしのオンラインショップがお得で便利です。

 

大容量バッテリー=長時間使えるとは限らない

本記事では大容量バッテリーのスマホを紹介しますが、厳密には「連続待受時間の長さ」でランキングしています。

いくらバッテリー容量が大きくても、ディスプレイサイズが大きかったり、チップの処理性能が高いと、電池持ちは悪くなる傾向にあります。

特にハイエンドスマホ(ハイスペックスマホ)になると、CPUの処理性能が高い分、連続待受時間は少なくなりがちです。よって本記事も、ミドルレンジスマホやエントリーモデルのスマホが多いです。

「連続待受時間」も完全に信頼できるわけではない

とはいえ、メーカーのホームページに書かれている「連続待受時間」も手放しに信用できるわけではありません。

「連続待受時間」とは、満充電の状態で全く操作をせず(ディスプレイを点灯させず)、通信可能状態でいられる時間を測定しています。

各社の測定方法が同じとは限りませんし、本体の状態や気温で変動しやすい数字です。

【2023年版】大容量バッテリーAndroidスマホ8選!

ということでこちらが、2023年に購入可能なAndroidスマホのうち、連続待受時間の長い機種8選です。

▼大容量バッテリースマホの連続待受時間(バッテリー容量)▼

  • AQUOS sense 7:840時間(4,570mAh)
  • Redmi 9T:743時間(6,000mAh)
  • Xperia Ace Ⅲ:730時間(4500mAh)
  • Xperia 10 V:720時間(5,000mAh)
  • Redmi Note 11:695時間(5,000mAh)
  • Galaxy A54 5G:470時間(5,000mAh)
  • AQUOS R8 pro:470時間(5,000mAh)
  • ROG Phone 6:393時間(6,000mAh)

AQUOS sense 7:連続待ち受け840時間(4,570mAh)

堂々の第一位はAQUOS sense 7です。2022年11月発売の機種で、なんと最長840時間(35日間)の連続待ち受けができます。

実際にはそこまでは持ちませんが、口コミには「帰宅しても50%以上残ってる」との声があり、非常に頼りになります。

また、価格が5万円台で入手しやすい割に、前作からカメラ性能(特に夜景)が向上しています。

販売キャリア

Redmi 9T:連続待ち受け743時間(6,000mAh)

Redmi 9Tはなんと6,000mAhという大容量のバッテリーを搭載しています。ディスプレイが大きいため、連続待受時間は700時間台ですが、それでもかなり電池持ちがよいです。

エントリー機なのでCPU性能に不安があり、高画質のゲームには不向きですが、お手頃×大容量バッテリースマホをお探しの方はチェックしてみてください。

2021年発売と少し古い端末で、キャリアの販売は終了しています。

中古販売店「イオシス」で見てみる

Xperia Ace Ⅲ:連続待ち受け730時間(4,500mAh)

Xperia Ace IIIは2022年6月にソニーから発売したXperiaのエントリーモデル。

他の機種よりもかなりコンパクトで、片手でも快適に扱えるサイズです。

バッテリー容量は4,500mAhで、他の機種よりは少ないにもかかわらず待受時間が長いのは、本体サイズが小さいことが貢献していそうです。

本体がコンパクトな分、CPU性能やカメラ性能は控えめですが、価格、サイズ、バッテリー重視の方はチェックしてみてくださいね。

Xperia 10 V:連続待ち受け720時間(5,000mAh)

Xperia 10 Vは2023年7月に発売のソニーの中価格帯モデルです。

特段、フィーチャーされていませんが、地味に大容量のバッテリー(5,000mAh)を積んでいます。

ちなみに、同じバッテリー容量の前モデル「Xperia 10 IV」を実機レビューした際には100%の状態で1日利用して、約64%も残っていました。在庫があるなら、型落ちで安くなっている10 IVを狙うのもアリ。

Redmi Note 11:連続待ち受け695時間(5,000mAh)

Redmi Note 11は「Redmi 9T」よりはスペックが高いですが、それでも2万円台で購入できるコスパ重視のスマホです。

有機ELディスプレイかつデュアルスピーカー搭載で、スマホ単体での動画視聴でも満足度高く楽しめます。

カメラ性能など、正直微妙な点もいくつかありますが、コスパ重視で大容量バッテリースマホを探している方にはおすすめです。

AmazonなどでSIMフリー機を購入できます。

Galaxy A54 5G:連続待ち受け470時間(5,000mAh)

2023年7月に発売したGalaxy A54は、普段使いに余裕のあるスペックが魅力のミドルレンジモデル。

どうしても同時期に発売された神コスパモデル「Google Pixel 7a」と比較されがちですが、バッテリー容量は5,000mAhと、Pixel 7aを圧倒しています。

販売キャリア

AQUOS R8 pro:連続待ち受け470時間(5,000mAh)

AQUOS R8 pro

AQUOS R8 proは2023年7月に発売したAQUOSシリーズのフラッグシップモデルです。

1インチセンサーのカメラを搭載していることが特徴の本機。

ハイエンドモデルは画面が明るかったり、CPU性能が高かったりで連続待受時間は短くなりがちですが、シャープの技術が注ぎ込まれた結果、470時間とかなり健闘しています。

ちなみにproではない無印モデル「AQUOS R8」は4,570mAhとバッテリー容量は落ちるものの、連続待受時間550時間を実現しています。

販売キャリア

▼AQUOS R8 pro▼

▼AQUOS R8▼

ROG  Phone 6:連続待ち受け:393時間(6,000mAh)

ROG phone 6

ROG Phone 6は非常に高いCPU性能を持つゲーミングスマホです。

画面が綺麗で、ハイスピードで動く3Dゲームをスマホでプレイするには高い性能が必要で、同時にバッテリー消費が激しくなります

ROG Phone 6は6,000mAhという大きなバッテリーを搭載していますが、連続待受時間が393時間と控えめなのが、高いCPU性能を物語っています。

スマホで本気でゲームをする方で、大容量バッテリースマホを探している方におすすめです。

【2023年版】大容量バッテリーiPhoneはどれ?

iPhoneは、Apple公式からは「バッテリー容量」も「連続待受時間」も公表されていません。

ここでは公式が公開している「連続ビデオ再生時間」を見てみましょう。

▼各iPhoneの連続ビデオ再生時間▼

  • iPhone 14 Pro Max:29時間
  • iPhone 14 Pro:23時間
  • iPhone 14 Plus:26時間
  • iPhone 14:20時間
  • iPhone SE (第3世代):15時間
  • iPhone 13 Pro Max:28時間
  • iPhone 13 Pro:22時間
  • iPhone 13 mini:17時間
  • iPhone 13:19時間
  • iPhone 12:17時間
  • iPhone SE (第2世代):13時間

Androidスマホと単純に比較できないのは残念ですが、電池持ちのいいiPhoneをお探しの方は「〜〜Max」系のiPhoneがおすすめです。

「Max」系は本体が大きく、その分大きなバッテリーを搭載しているので、他のiPhoneよりも待受時間が長いです。

ちなみに非公式ではiPhone 14 Pro Maxの容量は4,323mAhと言われています。

まとめ

バッテリー容量の大きいスマホを紹介しましたが「スマホはバッテリーの大きさが全て!それ以外はどうでもいい!」という人はまずいないと思います。

使うアプリや電波状況、温度、バッテリーの劣化状況など、様々な要因で電池の減りは変わります。

もちろん他の条件が同じならバッテリー容量が大きい方が長く使えますが、バッテリーにだけフォーカスするのではなく、自分の目的に合ったスマホを選ぶのが良い、というのが個人的な結論です。

仮にバッテリー容量が少なくても、モバイルバッテリーを併用したりと、対策方法はあります。自分好みの機種を選んでくださいね!

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

  1. 事務手数料、頭金がかからない(auは手数料かかります)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. オプション不要・しつこい営業がない
  4. 来店不要・待ち時間がない

金銭的メリット(事務手数料、頭金)だけでなく精神的なメリット(待ち時間・勧誘なし)も大きく、おすすめ。

また、各社が直営する公式オンラインショップなので安心して契約できます。

少しでもお得にかしこく契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップを使ってみてください。

こんな記事もおすすめ