【値上げ後も】iPhoneを安く買う方法

ヨドバシカメラの機種変更、一括1円とかキャンペーンやってる?

ゴリラ

ヨドバシカメラでスマホの契約しようと思ってるんだ!キャンペーンとかってやってるのかな??

ヨドバシカメラのスマホのキャンペーンは、家電量販店の中でもお得なことで有名です。

本記事では、ヨドバシカメラのキャンペーンの近況や、お得に契約するために押さえておくべきポイントをまとめています。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、ヨドバシカメラでは一時期のような一括1円などの投げ売りキャンペーンは少なくなっているようです。

 

キャンペーン見かけたら要チェックです。

ゴリラ

この記事で紹介する口コミは少しまえのものもあるから、最新の口コミもチェックしてくれな!

スマホの機種変更/乗り換え(MNP)は、頭金なし、来店なし、待ち時間なしのオンラインショップがお得です!


楽天モバイルのiPhoneも値上げされましたが、7/22から再値下げされ、Apple公式と同じ価格に!さらに、新規でも最大2.4万ポイント還元のキャンペーン中です!


還元対象とポイント額をチェックする >


ちなみに最新の在庫、入荷待ち状況は在庫状況一覧ページで確認できます!

ヨドバシカメラのキャンペーン最新口コミ

ヨドバシカメラでも他の家電量販店と同様に、「一括1円」などのキャンペーンを行っていました。

ちなみに、2021年夏頃から家電量販店でたくさんみられるようになった「一括1円」の変遷は以下のとおり。

  • 2021年夏、一括1円でiPhone SE(第2世代)などが販売され始める
  • 2021年末〜22年3月にかけて、iPhoneを中心に価格崩壊
  • iPhone SE(第3世代)も発売当初から一括1円で売られる
  • 2022年3月、総務省が販売店の情報提供窓口に寄せられた通報状況を公開
  • 2022年4月〜、最新iPhoneの一括1円はなくなる
  • 2022年7月〜、iPhoneの販売価格が値上げ

2022年4月以降、キャンペーンは下火に

しかし2022年4月に入ってからは、「一括1円」といった、ほとんどタダで購入できるキャンペーンは少なくなっているようです。

とくにiPhoneの投げ売りについては、4月以降、激減しました。

2021年夏頃から見られるようになった、家電量販店の「一括1円」などのキャンペーンは、端末単体でも一定額の割引を受けられます。

しかし単体での販売ではお店側に利益がほとんどないため、何らかの理由で拒否されるケースが多く見られました(ヨドバシカメラがそうだった、というわけではありません)。

総務省もこういった事態に問題意識を持っており、今後は過剰な割引は少なくなっていくと予想されています。

参照:総務省情報提供窓口に寄せられている電気通信事業法第27条の3関係の通報の状況

機種変更のキャンペーンを狙う時のポイント

ヨドバシカメラで機種変更のキャンペーンを狙いたいと考えている人に向けて、特に押さえておきたいポイントをまとめました。

ポイントは以下の3点です。

機種変更のキャンペーンを狙う時のポイント
  • 「乗り換え」で安く買える
  • 週末に集中して実施されることが多い模様
  • キャンペーンには「一括」と「実質」がある

「乗り換え」で安く買える

キャンペーンで提示されている金額まで割引されるには、ほとんどの場合「他社からの乗り換え」が必要です。

例えば、いかのような感じです。

▼ヨドバシカメラ割引の内訳例▼

  • 本体価格:91,085円
  • ヨドバシカメラ特別値引き:-22,000円⇐auによる割引
  • 対象機種限定特典:49,285円⇐ヨドバシカメラによる割引
    一括19,800円

ちなみに「30歳以下」という条件が追加されることも多いです。できれば若い人に契約してもらいたいようですね。

「新規契約 または 乗り換え」「30歳以下の新規契約 または 乗り換え」といった形で、新規でも最大の割引が受けられるケースもあります。

ただ、とにかく「乗り換え」は優遇されます。

機種変更や、端末のみの購入でも一部の割引は受けられますが、提示されている金額までは下がりません。

キャンペーンは週末が多い模様

キャンペーンは週末に集中的に実施されることが多い模様です。

こちらのキャンペーンも、2月4日~7日と週末を含む期間で実施されています

キャンペーンには「一括」と「実質」がある

キャンペーンには「一括」と「実質」の2種類があります。違いを確認しておきましょう。

  • 一括○○円
    ⇒その金額で買えて、スマホは自分のものになる
  • 実質○○円
    ⇒2年後に返却して支払い免除を受けた時の最終的な負担額

「一括1円」「一括9,800円」などは、その金額でスマホが買えるという意味です。こちらはイメージしやすいはず。

一方、難しいのが「実質1円」「実質24円」などの方ですね。

例えば以下のツイートのPixel 6は「実質1円」です。最新機種は「実質」でのキャンペーンになることが多いです。

「実質」のキャンペーンはスマホの返却が必要

「実質24円」などのキャンペーンは、キャリアの返却型のプログラムを利用することで、その金額まで割引されるものです。

ドコモ、au、ソフトバンクでは、2年後にスマホを返却することで残りの分割払いが免除になるプログラムを提供しています。

▼プログラムは、2年後にスマホを返却することで残りの分割払いが免除になるというものです。カーリースと同じような仕組みですね。

▼ドコモ「いつでもカエドキプログラム」の場合▼

なので「実質」と書かれたキャンペーンを利用する場合は、最終的にはスマホの返却が必要となります。

店舗の割引、キャリアの割引、返却プログラムが全てコミコミで「実質負担額○○円」で利用できるわけです。

キャンペーンを見比べる際は「一括」と「実質」の違いは、ぜひ押さえておきましょう。

MEMO

ちなみに「返却しない」という選択もできます。その場合は、店舗の割引、キャリアの割引のみ適用です。

機種変更でもヨドバシのポイントが貯まる|ただし還元率は1%

ゴリラ

機種変更でもヨドバシカメラのポイントは貯まるの?

機種変更でも、一括購入であれば、ヨドバシゴールドポイントが貯まります。

ただしポイント還元率は、2022年現在は「1%」です。

以前は10%還元がありましたが、今では総務省による規制もあって、ヨドバシカメラだけでなく、どの家電量販店も軒並み1%まで還元率が引き下げられています。

以前、ヨドバシカメラで機種変更をして、たっぷりポイントがもらえた経験がある方もいるかもですが、今は状況が変わってしまっています。ちょっと残念ですね。

ヨドバシカメラの機種変更の「よくある疑問」

ヨドバシカメラの機種変更の「よくある疑問」について、まとめています。それぞれ見ていきましょう。

データ移行はどうすればよいの?

データ移行は自分で行う必要があります。家電量販店の方で、データ移行まではやってくれません。

各キャリアの店舗ならデータ移行してもらえるイメージの方もいるかもですが、実は今は有料(3千円ぐらい)になっています。

なので、無料で済ませるなら自分でデータ移行する必要があります。

とはいっても、データ移行も年々簡単になっていて、以前ほど手間ではありません。

こちらの記事で、データ移行の方法をまとめているのでぜひ参考にしてみてください。

機種変更は何時までやってる?

各店舗に受付時間を問い合わせるのが確実です。

ヨドバシカメラ店舗一覧(電話番号あり)

閉店間際には、機種変更の受付をしていないことも多いです。

ちなみにヨドバシカメラ八王子店のみ受付時間が明記されていました。乗り換えの受付は早く終わるようですね。

ヨドバシでの機種変更で必要なものは?

機種変更で必要なものは以下の通りです。

  • 本人確認書類
  • 利用中のスマホ
  • 必要な費用
    (事務手数料 3,300円+一括払いの場合は端末代)
  • 本人確認書類
  • クレジットカード or キャッシュカード
  • 必要な費用
    (事務手数料 3,300円+一括払いの場合は端末代)
  • 本人確認書類
  • クレジットカード or キャッシュカード
  • 必要な費用
    (事務手数料 3,300円+一括払いの場合は端末代)
  • MNP予約番号

他社から乗り換えをする場合は、契約中のキャリアで「MNP予約番号」を取得しておく必要があります。

ドコモ

  • My docomoから手続き
    – My docomoにログイン>「契約内容・手続き」>「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」>「お手続きする」>「解約お手続き」>注意事項の同意にチェックを入れて「次へ」>「手続きを完了する」
  • 電話窓口:0120-800-000
    – ドコモ携帯電話からは局番なしの151
    – 受付時間:9時~20時(年中無休)

 

au

  • My auから手続き
    – 受付時間:9時~20時(年中無休)
    – My auにログイン>「スマートフォン・携帯電話」>「ご契約内容/手続き」>「お問い合わせ/手続き」>「MNPご予約」
  • 電話窓口:0077-75470
    – 受付時間:9時~20時(年中無休)

 

ソフトバンク

  • My SoftBankから手続き
    – 受付時間:9時~20時(年中無休)
    – My SoftBankにログイン>「設定・申込」>「契約者情報の変更」>「番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き」>「番号ポータビリティ(MNP)予約(予約番号の発行)」
  • 電話窓口:0800-100-5533
    – ソフトバンク携帯電話からは*5533
    – 受付時間:9時~20時(年中無休)

 

楽天モバイル

  • my 楽天モバイルから手続き
    – my 楽天モバイルにログイン>右上の三本線メニューから「my楽天モバイル」>「契約プラン」>「各種手続き」>「他社への乗り換え(MNP予約番号取得)」

 

UQモバイル

  • 電話窓口:0120-929-818
    – 受付時間:9時~21時(年中無休)

 

ワイモバイル

  • My Y!mobileから手続き
    – 受付時間:9時~20時(年中無休)
    – My Y!mobileにログイン>「携帯電話番号ポータビリティ」から手続き
  • 電話窓口:0570-039-151
    – ワイモバイル携帯電話からは151
    – 受付時間:9時~20時(年中無休)

サクッと機種変更するなら「オンラインショップ」も注目

家電量販店以外で、賢く機種変更できる方法に挙げられるのが、各キャリアの「オンラインショップ」ですね。

  • 頭金が無料
  • 自宅でサクッと手続きできる
  • 来店不要・待ち時間がない

キャンペーンを見つけられたなら、家電量販店がお得なことも多いですが、時間を節約できるのは間違いなくオンラインショップです。

最新のiPhoneシリーズなど、量販店の安売りの対象になりにくい機種を購入する人も、オンラインショップで購入してしまう方がお得になるでしょう。

家電量販店と合わせて、オンラインショップも検討ですね。

その他の量販店の記事はこちら

こんな記事もおすすめ

123376