9/24(金)、iPhone 13が発売!

iPhoneの「クイックスタート」を解説|機種変更のデータ移行は直接転送できる

ゴリラ

iPhoneの機種変更は、クイックスタートで簡単にデータが移せるって聞いたけど、どうやってやれば良いの?

iPhone同士の機種変更は「クイックスタート」で直接データ転送できます。基本的に画面の指示通りでOKです。

ただ初めて使う機能となると、流れや注意点は押さえておきたいという方も多いはず。

そこでこの記事では、クイックスタートの手順と気をつけたいことをくわしく解説します。

初期設定をするタイミングで、ぜひ目を通してみてください。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、古いiPhoneの近くで、新しいiPhoneの初期設定を進めると、それぞれにクイックスタートが表示されます。

 

古いiPhoneのアニメを新しいiPhoneのカメラで読み取り、あとは、初期設定とデータ転送を進めればOK。

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ドコモ・au・ソフトバンクの機種変更/乗り換え(MNP)は、来店なし手数料なし待ち時間なしのオンラインショップがお得です!

 

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

クイックスタートの手順

クイックスタートの手順は以下の5ステップです。

クイックスタートの手順
  1. クイックスタートの画面まで進める
  2. 球体のアニメ―ションをカメラで読み取る
  3. Face IDやApple Payなどの設定を進める
  4. データの転送をする
  5. 再起動後にアプリがインストールされる

古いiPhoneのBluetoothがオンになっていることを確認してください。Bluetoothをデータ転送に使います(同じWiFi環境にあることは必須ではないようです。)。

① クイックスタートの画面まで進める

新iPhoneの電源をオンにして初期設定を開始します。

新iPhoneで言語設定を表示すると、旧iPhoneに「新しいiPhoneを設定」のクイックスタート画面が表示されます。

出典:Apple Japan 解説動画

② 球体のアニメ―ションをカメラで読み取る

新iPhoneでクイックスタートを「続ける」をタップすると、新iPhoneで青い球体のアニメーションが表示されます。

旧iPhoneはアニメーションを読み取るためのカメラモードに切り替わるので読み取ります。

出典:Apple Japan 解説動画

③ Face IDやApple Payなどの設定を進める

新iPhoneの方で、旧iPhoneで使っていたパスコードの入力を求められます。

さらに新iPhoneで、Face ID、Touch ID、Apple Payなど各種設定を進めていきます。

これらの設定はスキップしてあとから行うことも可能です。

④ データの転送をする

諸々の設定が完了すると、旧iPhone⇒新iPhoneのデータ転送の方法の選択画面が表示されます。

直接転送できる「iPhoneから転送」を選択しましょう。

出典:Apple Japan 解説動画

⑤ 再起動後にアプリがインストールされる

データ転送が完了すると、新iPhoneは再起動されます。

以上でクイックスタートの手続きは完了です。

再起動後にホーム画面を見ると、旧iPhoneで使っていたアプリの再インストールが行われています。

クイックスタートの注意点

クイックスタートの注意点としては以下の3つがあります。

クイックスタートの注意点
  • LINEやSuicaは別途で引き継ぎが必要
  • SIMカードの挿し替えも必要
  • iPhone 5以前はクイックスタートはできない

LINEやSuicaは別途で引き継ぎが必要

アプリ内のデータについては個別に引継ぎが必要です。

LINEのデータは、旧機種で「引き継ぎの許可」を設定の上、新機種でLINEをインストールして、引き継ぎしていきます。

 

Suicaも個別に引継ぎが必要です。Suicaは一つのiPhoneにしか登録できないので、以下の手順で引き継ぎます。

▼Suicaの引継ぎ方法

  1. 旧iPhoneのWalletアプリでSuicaを削除
  2. 新iPhoneでSuicaを登録

解説記事⇒【iPhone】モバイルSuicaの残高を残したまま引き継ぐ方法|旧端末がなくても解決できる!

そのほかゲームアプリも引き継ぎが必要になるので、個別に確認をしておきましょう。

機種変更時のアプリの引継ぎについては、下記の記事で詳しくまとめています。

正直スマホでは主要なアプリの引き継ぎ方法を解説しています(執筆時点約150アプリ)。

トップページの検索機能でアプリ名を検索して、目当ての引き継ぎ記事を見つけてみてください。

SIMカードの挿し替えも必要

これから新しいiPhoneを使うなら、古いiPhoneからSIMカードを抜いて、新しいiPhoneに挿し込むという作業も必要になります。

SIMカードは、契約中のキャリアを利用するための許可証・身分証のようなものです。通信や通話を使うには必須です。

iPhoneの側面にある小さな穴にピンを挿し込むことで、SIMカードの入ったトレイが引き出されます。

古いiPhoneのトレイから、新しいiPhoneのトレイにSIMを移し替えましょう。

契約先の携帯電話会社によっては、回線を掴むためのAPN設定(またはプロファイルのダウンロード)も必要です。

SIMカードの挿し替えやAPN設定も含め、契約先の公式ページやスタートガイドなどで確認しておきましょう。

▼APN設定についてはこちらの記事でも解説しています。

iCloudでデータ移行する方法|クイックスタートが使えない時はコッチ

以下のケースでは、クイックスタートは使えません。

  • 手元に古いiPhoneがない場合(すでに売却したなど)
  • iOS12.4に対応していない場合(iPhone 5以前)

すでに古いiPhoenを手放してしまい、手元にないという方もバックアップが取れていればiCloudから復元ができます。

また、クイックスタートに対応していないiPhone 5以前の機種も、iCloudから復元してデータを引き継げます。

iCloudからデータを引き継ぐ方法は、以下の通りです。

iCloudからデータを引き継ぐ手順
  1. 旧iPhoneでバックアップを取る
  2. 新iPhoneで「手動で設定を選択」
  3. 各種設定後に「データ移行」を実行する

手順をそれぞれ確認していきましょう。

① 旧iPhoneでバックアップを取る

まずは旧iPhoneのデータのバックアップが取れている必要があります。

旧iPhoneで「設定」>[自分の名前]>「iCloud」>「iCloudバックアップ」と進み、「今すぐバックアップを作成」をタップすると、手動でデータをバックアップできます。

手元に古いiPhoneがない場合については、自動バックアップでバックアップ済であれば、新iPhoneでデータを復元できます。

② 新iPhoneで「手動で設定を選択」

新iPhoneを電源オンにして初期設定を開始しましょう。言語設定をして、クイックスタートの画面まで進めます。

クイックスタートの画面で「手動で設定」があるので、こちらを選択。

出典:Apple Japan 解説動画

③ 各種設定後に「データ移行」を実行する

各種設定後、「Appとデータ」の画面が表示されます。

「iCloudバックアップから復元」をタップ⇒Apple IDでサインイン⇒復元するバックアップを選択 と進めていきます。

各種設定の後に、データの復元が開始されます。

古いiPhoneは下取りできる

古い方のiPhoneは、下取りが可能です。

Apple公式や、各キャリアで新しいiPhoneを買う時に、古いiPhoneを下取りしてもらえます。

▼たとえばiPhone XをApple公式で下取りすると、最大25,000円割引で新機種を購入できます。

Appleの下取りでは、下取り希望の上で新機種を購入し、後日届くメールから旧機種の回収日時を選択する流れです。

キャリアについては、機種変更の際に下取りを希望し、後日届く下取りキットで旧機種を返送します。

旧機種から新機種へのデータの移行については、下取りに出す前に済ませておきましょう。

古いiPhoneは中古で売却もできますが、下取りならサクッと回収してもらえるので、やはりラクですね。

キャリアの下取りは下記の記事で詳しく解説しています。

下取り、売却する前にすべきことは以下も参考にしてください。

まとめ

iPhone同士の機種変更では、クイックスタートで直接データ転送が可能です。少ない操作で簡単にデータ移行できます。

なお、LINEやSuicaなど個別に引き継ぎが必要なものもあるので、このあたりは確認が必要です。

ぜひクイックスタートを理解して、サクッと引き継ぎを済ませてしまいましょう。

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下3点です。

  1. 事務手数料がかからない(ドコモ、ソフトバンク)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. 来店不要・待ち時間がない

精神的メリット(来店なし・待ちなし)だけでなく、金銭的メリットも大きいので普通にお得です。

また、代理店ではなくドコモ・au・ソフトバンク直営の公式オンラインショップなので安心して契約できるのです。

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

少しでもお得に契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップでかしこく手続きしてみてください。

こんな記事もおすすめ

434