【特集】iPhone 13が発売!

ヤマダデンキの機種変更で一括1円はある?スマホのキャンペーンの口コミを紹介

ゴリラ

ヤマダデンキでスマホを買い替えたいと思ってるんだけど、実際お得なのかな?キャンペーンとかってある?

ヤマダデンキでも店舗によっては一括1円のキャンペーンが実施されています。

執筆時点では、「iPhone SE(第二世代)」や「iPhone 12 mini」が投げ売り状態です。キャンペーンを上手く狙えるとお得に機種変更できそうです。

本記事では、

  • ヤマダデンキでのスマホのキャンペーン情報・口コミ
  • ヤマダデンキでスマホを買うメリット・デメリット

など解説していきます。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、ヤマダデンキではiPhoneの一括1円などのキャンペーンを実施中。ポイントが貯まる点なども注目です。

ドコモ・au・ソフトバンクの機種変更/乗り換え(MNP)は、来店なし手数料なし待ち時間なしのオンラインショップがお得です!

 

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

ヤマダデンキでもiPhoneの一括1円のキャンペーンあり

ヤマダデンキでも他の家電量販店と同様に、超特価のキャンペーンを随時実施中です。一括1円のキャンペーンもあります。

ヤマダデンキの公式Twitterでも、たまにキャンペーンを告知していますね。

公式で告知のキャンペーン以外にも、各店舗でキャンペーンが実施されています。執筆時点ではiPhone SEが熱いですね。

そのほか、iPhone 12 miniもキャンペーンが多いようです。人気が微妙だったので在庫が残っているようですね。

モノ自体は良いので、普通にお買い得です。

ちなみに割引の内訳はこんな感じ

ヤマダデンキでの割引の内訳を見ていきましょう。

ツイートを参考に、iPhone SE(第二世代)の割引の内訳を見てみると以下の通りです。

▼【一例】ヤマダデンキでのiPhone SE(第二世代)の割引▼

  • 本体価格:57,024円
  • 端末購入割引:-22,000円←キャリアの割引
  • 対象機種限定割引:-25,300円
  • ヤマダデンキ会員様限定割引:-9,723円

⇒割引後価格:1円

キャリアによる割引が2.2万円程度で、そこに対象機種限定割引、ヤマダデンキ会員様限定割引などがプラスされています。

キャリアによる2.2万円を超える割引は実は禁止されていますが、ヤマダデンキをはじめとする家電量販店では、キャリアの割引に各店舗の独自割引を上乗せして5万円超の値引きを実現しています。

(参照:電気通信事業法の一部を改正する法律の施行に伴う関係省令等の整備について|総務省

ゴリラ

要するに、店舗の独自割引の上乗せならOKという解釈なのね。

ちなみに回線契約なしでも、こうした特売のiPhone SEを購入することは可能です。ただし、キャリアの割引は適用されないため、価格は+2.2万円程度となります。

ただ、2.2万円でSIMフリーのiPhone SEが買えてしまうので、こちらも地味にお買い得だったりします(回線契約なしの購入は、店舗としては基本的に赤字になるようです)。

ヤマダデンキは頭金なしも多い|事務手数料3,300円はかかる

ゴリラ

頭金とか手数料とか、そのへんはヤマダデンキではどうなってるの?けっこうお金かかりそう?

スマホを家電量販店やキャリアショップで買おうとすると、頭金がかかることが多いです。機種代金に上乗せされるやつですね。

金額としては5,000〜15,000円程度で、けっこう馬鹿にならない額です。

ヤマダデンキは口コミを見ると、頭金なしの店舗はわりと多い模様です。頭金ありのところに比べると費用が抑えられます(店舗によっては頭金がかかる可能性もあります)。

一方で、事務手数料3,300円の支払いが必要なこと、時間がかかることは店舗で契約する以上、避けられないものです。

頭金も事務手数料も0円にして、時間も節約したい方は、キャリア公式のオンラインショップからの機種変更も検討しましょう。次項で詳しく解説していきます。

頭金も事務手数料も0円にするなら「オンラインショップ」から機種変更がおすすめ

各キャリアのオンラインショップから機種変更すれば、頭金も事務手数料も0円にできます。

またオンラインショップでも他社からの乗り換えであれば、各社2万円超の割引が適用されます。

ヤマダデンキでは「キャリアの割引+ヤマダデンキの割引」という形でしたが、オンラインショップでもキャリアの割引までは適用されます。

「iPhone SEが一括1円」などのキャンペーンが見つかればヤマダデンキがお得ですが、キャンペーンが見つからないならオンラインショップでサクッと買い替えが賢い方法です。

何よりオンラインショップなら、自宅でスマホをポチポチすれば機種変更できるので、来店するよりも圧倒的に楽ですね。

ショップや家電量販店のキャンペーンに目がいきがちですが、手間の少なさも含めたコスパで言えばオンラインショップもお得です。

賢く機種変更したい方は、こっちも合わせてチェックですね。

ヤマダデンキで機種変更するメリット

ヤマダデンキではキャンペーン以外にも、スマホの購入先に選ぶメリットがいくつかあります。それぞれ見ていきましょう。

ヤマダデンキで機種変更するメリット
  • キャリアをまとめて比較できる
  • ヤマダデンキのポイントが貯まる
  • その場でケースやフィルムなどを買える

①キャリアをまとめて比較できる

ヤマダデンキのスマホ売り場に行けば、たいていの場合、ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアの取り扱いがあります。

プラスして楽天モバイルやワイモバイル、UQモバイルを取り扱っているところも多いです。

大手キャリアのプランや実機をまとめてチェックできるのは、キャリアショップにないメリットです。

②ヤマダデンキのポイントが貯まる

ヤマダデンキでは、ポイントサービスに加入していると、家電の購入などで、10%還元でポイントが貯まります。1万円買えば、1,000円分のポイントが貰える計算です。

スマホの購入も、一括購入であればポイントの対象です。

ただしスマホの購入の場合、還元率は1%となります(総務省の規制の影響もあり、還元率が引き下げられています)。この点は要注意ですね。

なお、分割払いでの購入はポイント対象外となります。家電量販店でスマホを買うのであれば一括払いでポイントを狙っていくのがオススメです。

ちなみにポイントを使ってスマホの購入も可能です。余っているポイントがあれば、まとめて使うチャンスになるでしょう。

MEMO

ただし一括で購入する場合、キャリアが提供する購入プログラム(2年後に端末を返却して、一定額の支払いを免除)を受けられません。

③その場でケースやフィルムなどを買える

ヤマダデンキならスマホケースや保護フィルムも、その場で購入できます。機種変更したら「必ず買いに行く」という人も多いはず。

その場で機種変更もアクセサリーの購入も済むのは楽で良いですよね。実物を見ながらイメージに合うものを購入できます。

ヤマダデンキで機種変更するデメリット

ヤマダデンキで機種変更するデメリットも見ておきましょう。

ヤマダデンキで機種変更するデメリット
  • 事務手数料がかかる
  • 待ち時間がある・休日は混み合う
  • オプションや光回線の営業がある

ヤマダデンキでは契約の際に事務手数料3,300円がかかります。既に紹介の通りです。

そのほか、混み合うタイミングだと、待ち時間が長くなる可能性もあります。特に休日などは、時間に余裕をもって来店する必要があるでしょう。

ゴリラ

待つのもそうだけど、人が多いのはちょっと抵抗があるゾ。

また契約の際にオプションやセットで光回線などを勧められることも多いです。人によってはストレスに感じるかもしれませんね。営業を避けたい方もオンラインショップからの機種変更が楽ちんですね。

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下3点です。

  1. 事務手数料、頭金がかからない(auは手数料かかります)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. 来店不要・待ち時間がない

金銭的メリット(事務手数料、頭金)だけでなく精神的なメリット(来店・待ちなし)も大きておすすめ。

また、各社が直営する公式オンラインショップなので安心して契約できます。

少しでもお得にかしこく契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップを使ってみてください。

こんな記事もおすすめ

30756