【最新】iPhoneを安く買う方法まとめ

ジョーシンの機種変更、一括1円キャンペーンはある?キャンペーンの口コミ

ゴリラ

ジョーシンで機種変更ってお得なのかな?

この記事では、家電量販店「ジョーシン」のキャンペーンの口コミ、一括1円の動向、手続きで知っておきたい情報をまとめています。

正直な結論
  • 2023年12月現在もジョーシンのキャンペーンの口コミあり
  • ただし2023年末より規制が強化され、一括1円はかなり厳しくなる見込み
  • キャリア公式のプログラムにも期待したいところ

ゴリラ

この記事で紹介する口コミは、読むタイミングによっては少し前のものもあるから、最新の口コミもチェックしてくれな!

正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。

スマホの機種変更・契約は、頭金なし、来店なし、待ち時間なし、勧誘なしのオンラインショップがお得で便利です。

 

Xperia 1 IV

 

新規制により量販店の投げ売りは少なくなりましたが、auのスマホがかなり安くなりました

 

  • Pixel 8 128GB
    117,900円 → 93,600円実質47円/2年〜!)
  • Galaxy S22
    89,140円 → 58,400円実質47円/2年〜!)
  • iPhone SE 3
    2年負担額38,295円 → 22,047円実質47円/2年〜!)
  • iPhone 14 128GB
    2年負担額41,860円 → 24,090円実質2,090円/2年〜!)
  • Xiaomi 13T74,800円 → 65,000円 など

 

最新の価格・他の端末を見てみる

総務省による一括1円スマホ規制の動き(2023年12月27日〜)

mba_cap 407電気通信事業法第27条の3改正
出典:日々の生活をより豊かにするためのモバイル市場競争促進プラン|総務省

2021年頃から、家電量販店の一括1円販売の状況は、目まぐるしく変化してきました。

  • 2021年夏、一括1円でiPhone SE(第2世代)などが販売され始める
  • 2021年末〜22年3月にかけて、iPhoneを中心に価格崩壊
  • iPhone SE(第3世代)も発売当初から一括1円で売られる
  • 2022年3月、総務省が販売店の情報提供窓口に寄せられた通報状況を公開
  • 2022年4月〜、最新iPhoneの一括1円はなくなる
  • 2022年7月〜、iPhoneの販売価格が値上げ
  • 2022年11月、4キャリアが割引に規制を設けることを提案
  • 2023年2月、公正取引委員会が1円iPhoneなどは「不当廉売」の可能性があると結論
  • 2023年5月、有識者会議が通信とセット販売の端末の割引上限を4.4万円に緩和する案を提示
  • 2023年12月27日、端末の割引上限(白ロム割含む)を4.4万円に改定、施行

直近では、総務省の主導により、2023年12月27日から割引上限を原則4万円にする規制が始まりました。

端末の価格ごとの割引上限は以下のように改められました。
  • 4万円以下の端末:最大2.2万円
  • 4〜8万円の端末:端末価格の50%
  • 8万円以上の端末:最大4.4万円
この規制により、2.2万円以上の端末の「一括1円」販売はできなくなり、家電量販店の店頭からも姿を消しました。

残債免除による「実質1円/月」はまだある


ただし「実質1円/月」は残っています

ソフトバンクではMNP割引(約2.2万円)と購入プログラム(2年・1年レンタル)の併用で「実質1円/月」で利用できる端末が残っています。

▼実質1円/月(24円/2年)端末▼

▼実質1円/月(12円/1年)端末▼

新しいガイドラインでは、一般的な下取り額を超える分の残債免除は、割引と同じ扱いとなります。

なのでソフトバンクでは、一部の端末は1年で早めに回収することで、高い下取り額を維持しています。

またauは、元の販売価格を改定することで、割引上限に引っかからないように対応してきました。

↓主な価格改定端末
  • Pixel 8 128GB
    117,900円 → 93,600円実質47円/2年〜!)
  • Galaxy S22
    89,140円 → 58,400円実質47円/2年〜!)
  • iPhone SE 3
    2年負担額38,295円 → 22,047円実質47円/2年〜!)
  • iPhone 14 128GB
    2年負担額41,860円 → 24,090円実質2,090円/2年〜!)
  • Xiaomi 13T74,800円 → 65,000円 など
ソフトバンクau、いずれもキャリアのオンラインショップから、上記の価格で購入できます。

あえて家電量販店の店頭に足を運ぶ理由は少なくなりました。

ジョーシンの最新のキャンペーン状況

2023年12月現在は、まだギリギリでキャンペーンの口コミが見つかります(後述しますが2023年末頃から量販店の割引は大幅に規制される見込みです)。

iPhoneについては、SE(第3世代)やiPhone 13の口コミがチラホラあります。SEは一括キャンペーン、13は返却ありの2年レンタルです。

Androidも型落ちモデルを中心に見つけることができました。

「割引」がだめなら「プログラム」という手もある

ゴリラ

割引が厳しくなると、スマホを安く買うのは難しくなるのかな?

スマホを安く使う方法として、割引のほかに「購入プログラム」があります。

購入プログラムは、2年後の返却を前提として、負担額を大幅に軽減できる、というものです。

割引&プログラムをダブルで使うと、大幅に負担額が軽減できます。現状、スマホを安く買うならこれが最有力です。

例えば、2024年1月現在のiPhone 14(128GB)の価格は……

ジョーシンで機種変更するメリット5つ

一般的な「家電量販店のメリット」を享受できる感じです。

① キャリアが比較できる

ジョーシンなら、その場で一度にキャリアを比較できます。面倒なスマホ料金の見直しも、相談ベースで済ませることができます。

キャリアショップを一つずつ回るより、圧倒的に効率が良いですね。

② アクセサリーの2割引きクーポンがある

ジョーシンでスマホを買うと、専用アプリからスマホのアクセサリーが2割引きで買えるクーポンがもらえます。

フィルム、ケース、充電器はほとんどの人が必要だと思うので、助かりますね。

③ ポイントが使える&貯まる

スマホを購入するときにキャリアのポイントが使えます。

またジョーシンカード会員なら、楽天ポイント、dポイント、Pontaポイントが貯まります。

④ 携帯電話の引き取りサービスがある

携帯電話(ガラケー)を引き取りしてもらうと、1台につき100円分のジョーシンポイントがもらえます。捨ててしまうよりは確実にお得です。

⑤ 家電との連携もおまかせできる

レコーダー、プリンター、スマートスピーカーなどとのスマホの連携も、スタッフにおまかせができるとのこと。

ジョーシンの機種変更のよくある質問

ジョーシンで機種変更する際によくある疑問と回答をまとめています。

ジョーシンの営業時間・機種変更の受付時間は?

ジョーシンの営業時間は店舗情報のページ(公式)から確認できます。20時または21時まで営業している店舗が多いです。

ただし機種変更の受付時間は早めに締め切られることがあります。

たとえばワイモバイルのページを確認すると、受付終了が19時となっている店舗もあります。

機種変更の手続きに必要なものは?

ジョーシンで機種変更する際に必要なものは以下のとおりです。

  • 本人確認書類
  • クレジットカード or キャッシュカード
  • 必要な費用(一括払いの場合は端末代)
  • MNP予約番号(乗り換えのみ)
  • 本人確認書類
  • 利用中のスマホ
  • 必要な費用(一括払いの場合は端末代)

他社から乗り換えるなら、契約中のキャリアで「MNP予約番号」を取得しておく必要があります。

ドコモ

  • My docomoから手続き
    – My docomoにログイン>「契約内容・手続き」>「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」>「お手続きする」>「解約お手続き」>注意事項の同意にチェックを入れて「次へ」>「手続きを完了する」
  • 電話窓口:0120-800-000
    – ドコモ携帯電話からは局番なしの151
    – 受付時間:9時~20時(年中無休)

 

au

  • My auから手続き
    – 受付時間:9時~20時(年中無休)
    – My auにログイン>「スマートフォン・携帯電話」>「ご契約内容/手続き」>「お問い合わせ/手続き」>「MNPご予約」
  • 電話窓口:0077-75470
    – 受付時間:9時~20時(年中無休)

 

ソフトバンク

  • My SoftBankから手続き
    – 受付時間:9時~20時(年中無休)
    – My SoftBankにログイン>「設定・申込」>「契約者情報の変更」>「番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き」>「番号ポータビリティ(MNP)予約(予約番号の発行)」
  • 電話窓口:0800-100-5533
    – ソフトバンク携帯電話からは*5533
    – 受付時間:9時~20時(年中無休)

 

楽天モバイル

  • my 楽天モバイルから手続き
    – my 楽天モバイルにログイン>右上の三本線メニューから「my楽天モバイル」>「契約プラン」>「各種手続き」>「他社への乗り換え(MNP予約番号取得)」

 

UQモバイル

  • 電話窓口:0120-929-818
    – 受付時間:9時~21時(年中無休)

 

ワイモバイル

  • My Y!mobileから手続き
    – 受付時間:9時~20時(年中無休)
    – My Y!mobileにログイン>「携帯電話番号ポータビリティ」から手続き
  • 電話窓口:0570-039-151
    – ワイモバイル携帯電話からは151
    – 受付時間:9時~20時(年中無休)

ジョーシンで機種変更した時のデータ移行は?

ジョーシンに限らず、最近は店舗で機種変更する場合でも、自分でデータを引き継ぐ必要があります。

キャリアショップでも有料でデータ引き継ぎサービスがありますが、タダではやってもらえません。

とはいっても、データ移行も年々簡単になっているので安心してください。

ジョーシンのスマホの事務手数料はいくら?

ジョーシンの機種変更での事務手数料は、各キャリアで設定している金額がかかります。

ドコモ、au、ソフトバンク、UQモバイル、ワイモバイルの機種変更の事務手数料はいずれも3,850円です。楽天モバイルは無料です。

事務手数料は原則、翌月の請求に合算されます。店頭での支払いはありません。

Xperia 1 IV

 

新規制により量販店の投げ売りは少なくなりましたが、auのスマホがかなり安くなりました

  • Xperia 1 IV
    148,645円 → 74,400円実質47円/2年〜!)
  • iPhone SE 3
    負担額38,295円 → 22,047円(実質47円/2年〜!)
  • Pixel 8 128GB:117,900円 → 99,000円
  • Galaxy S2289,140円 → 58,400円 など

 

最新の価格・他の端末を見てみる

サクッと機種変更するなら「オンラインショップ」も注目

家電量販店以外で、賢く機種変更できる方法に挙げられるのが、各キャリアの「オンラインショップ」ですね。

  • 頭金が無料
  • 自宅でサクッと手続きできる
  • 来店不要・待ち時間がない

23年12月からの規制で、量販店のぶっ飛んだキャンペーンは下火に。いまお金、時間、労力を節約できるオンラインショップはリアルにおすすめです。

その他の量販店の記事はこちら

こんな記事もおすすめ