【最新】iPhoneを安く買う方法まとめ

ケーズデンキの機種変更、一括1円キャンペーンまだある?最新の動向と口コミを調査

ゴリラ

ケーズデンキって今も一括1円とかのキャンペーンってあるのかな?

この記事では家電量販店「ケーズデンキ」のキャンペーンの口コミや、一括1円端末の動向を調査して、紹介します。

正直な結論
  • 2.2万円以上の端末の一括1円はできなくなった
  • 執筆時点ではauやソフトバンクの公式オンラインショップが手間がなくお得

※ 正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。
※この記事の更新日は冒頭に記載のとおりです。最新の情報は各社公式サイトおよびオンラインショップでご確認ください。

スマホの機種変更・契約は、頭金なし、来店なし、待ち時間なし、勧誘なしのオンラインショップがお得で便利です。

 

Xperia 1 IV

 

新規制により量販店の投げ売りは少なくなりましたが、auのスマホがかなり安くなりました

 

  • Pixel 8 128GB
    117,900円 → 93,600円実質47円/2年〜!)
  • iPhone SE 3
    2年負担額38,295円 → 22,047円実質47円/2年〜!)
  • Xiaomi 13T74,800円 → 65,000円 など

 

最新の価格・他の端末を見てみる

総務省による一括1円スマホ規制の動き(2023年12月27日〜)

mba_cap 407電気通信事業法第27条の3改正
出典:日々の生活をより豊かにするためのモバイル市場競争促進プラン|総務省

2021年頃から、家電量販店の一括1円販売の状況は、目まぐるしく変化してきました。

  • 2021年夏、一括1円でiPhone SE(第2世代)などが販売され始める
  • 2021年末〜22年3月にかけて、iPhoneを中心に価格崩壊
  • iPhone SE(第3世代)も発売当初から一括1円で売られる
  • 2022年3月、総務省が販売店の情報提供窓口に寄せられた通報状況を公開
  • 2022年4月〜、最新iPhoneの一括1円はなくなる
  • 2022年7月〜、iPhoneの販売価格が値上げ
  • 2022年11月、4キャリアが割引に規制を設けることを提案
  • 2023年2月、公正取引委員会が1円iPhoneなどは「不当廉売」の可能性があると結論
  • 2023年5月、有識者会議が通信とセット販売の端末の割引上限を4.4万円に緩和する案を提示
  • 2023年12月27日、端末の割引上限(白ロム割含む)を4.4万円に改定、施行

直近では、総務省の主導により、2023年12月27日から割引上限を原則4万円にする規制が始まりました。

端末の価格ごとの割引上限は以下のように改められました。
  • 4万円以下の端末:最大2.2万円
  • 4〜8万円の端末:端末価格の50%
  • 8万円以上の端末:最大4.4万円
この規制により、2.2万円以上の端末の「一括1円」販売はできなくなり、家電量販店の店頭からも姿を消しました。

残債免除による「実質1円/月」はまだある


ただし「実質1円/月」は残っています

ソフトバンクではMNP割引(約2.2万円)と購入プログラム(2年・1年レンタル)の併用で「実質1円/月」で利用できる端末が残っています。

▼実質1円/月(24円/2年)端末▼

▼実質1円/月(12円/1年)端末▼

新しいガイドラインでは、一般的な下取り額を超える分の残債免除は、割引と同じ扱いとなります。

なのでソフトバンクでは、一部の端末は1年で早めに回収することで、高い下取り額を維持しています。

またauは、元の販売価格を改定することで、割引上限に引っかからないように対応してきました。

↓主な価格改定端末
  • Pixel 8 128GB
    117,900円 → 93,600円実質47円/2年〜!)
  • iPhone SE 3
    2年負担額38,295円 → 22,047円実質47円/2年〜!)
  • Xiaomi 13T74,800円 → 65,000円 など
ソフトバンクau、いずれもキャリアのオンラインショップから、上記の価格で購入できます。

あえて家電量販店の店頭に足を運ぶ理由は少なくなりました。

ケーズデンキの機種変更のキャンペーンの口コミ(2024年1月時点)

2024年1月現在、ケーズデンキのキャンペーンの口コミは見つけられませんでした。

総務省の割引規制が開始した直後ということもあり、キャンペーンは寂しい状況。

ちなみに、規制が開始される直前の2023年12月末時点では、駆け込みでのキャンペーンの口コミがありました。

規制前は、以下のような機種が特価の対象でした。今後もしキャンペーンが再開されたときは、この辺りは要チェックです

  • iPhone 14、iPhone 13、iPhone SE(第3世代)
    →型落ちのiPhone
  • Pixel 7a
    →Pixelの安価モデル
  • Xiaomi 13T、Xiaomi 13T Pro
  • OPPO Reno10 Pro 5G
    →Xiaomi、OPPOなどの中華メーカーモデル
  • Xperia 1 IV、Xperia 5 IV
    →型落ちのXperia

執筆時点における激安入手の答えは……

ゴリラ

家電量販店はパッとしないね……。量販店に代わる安く買う方法はないの?

現時点でスマホを激安入手するなら、キャリアの公式オンラインショップを使えばOKというのが結論です。

先述したように、規制後に大幅に公式価格を改定したauや、2年/1年レンタルが充実しているソフトバンクのオンラインショップにターゲットを切り替えてみるのがおすすめです。

ケーズデンキで機種変更するメリット

ゴリラ

キャンペーン以外でケーズデンキで機種変更するメリットって何かあるの?

キャンペーン以外では、以下のようなメリットがあります。

  • アクセサリーをその場で買える
  • 実機のスマホがさわれる
  • キャリアを比較できる

アクセサリーをその場で買える

スマホと一緒にアクセサリーをその場で購入できます。

スマホとアクセサリーをいっしょに買って帰るというイベントとしての楽しさは、ケーズデンキならではです。

実機のスマホがさわれる

実機のスマホを手に取ってみることで「意外とデカい」「手触りが好み」など、いろいろ分かります。

もちろん店頭なら、各機種について店員さんに尋ねることもできます。

キャリアを比較できる

ケーズデンキの店頭では、キャリアの比較もできます。

プランの細かい話を聞くなら専門ショップにいく方が良いですが、広く浅く見れるのは家電量販店ならではです。

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのほか、ワイモバイルやUQモバイルも取り扱っているところも多いです。

ケーズデンキの機種変更に関するよくある疑問

最後にケーズデンキの機種変更のよくある質問・疑問をまとめています。

ケーズデンキの機種変更の時間は?

機種変更を受け付けている時間は店舗ごとに異なるため、店舗に直接問い合わせて確認してみるのがおすすめです。

ケーズデンキ公式サイトの店舗検索から各店舗のページに行くと、電話番号が確認できます。

ちなみにケーズデンキの営業時間は、10~20時のところが大半で、一部ではそれより早く閉店するところもあります。

なお、ワイモバイル楽天モバイルの店舗検索でケーズデンキを見ると、営業時間は20時までで、受付終了は19時までのところも確認できます。

ケーズデンキの機種変更の予約はできる?

キャリアの店舗ページがあるところは来店予約ができます。

iPhone・iPadは、旧大手3キャリアの手続きをするユーザーを対象に、専用の予約ページが用意されています。

iPhone・iPad WEB 予約(ケーズデンキ公式)

ケーズデンキの機種変更に必要なものは?

必要なものはキャリアショップの手続きと同じです。

  • 本人確認書類
  • クレジットカード or キャッシュカード
  • 必要な費用
  • MNP予約番号(乗り換えのみ)
  • 本人確認書類
  • 利用中のスマホ
  • 必要な費用

データ移行はどうすれば良い?

データ移行は自分でやる必要があります。

とはいえ最近はiPhoneもAndroidも、初めて電源をつけると、ワイヤレスによる転送が案内されるため、難しくはありません。

ケーズデンキの機種変更で頭金はある?

ケーズデンキでは基本的に「頭金」はありません。

頭金は店舗で手続きをするときにかかる手数料のようなもので、スマホ業界では端末代金とは別にかかるものです

金額は3,000円~2万円程度までさまざまです。

ちなみにキャリアショップの一部では、2024年現在も頭金が残っています。

サクッと機種変更するなら「オンラインショップ」も注目

家電量販店以外で、賢く機種変更できる方法に挙げられるのが、各キャリアの「オンラインショップ」ですね。

  • 頭金が無料
  • 自宅でサクッと手続きできる
  • 来店不要・待ち時間がない

23年12月からの規制で、量販店のぶっ飛んだキャンペーンは下火に。いまお金、時間、労力を節約できるオンラインショップはリアルにおすすめです。

その他の量販店の記事はこちら

こんな記事もおすすめ