このサイトについて

ケーズデンキで機種変更、iPhone一括1円ある?キャンペーンの口コミをチェック

ゴリラ

ケーズデンキでスマホを買いたいと思ってるんだけど、実際お得なのかな?キャンペーンとかってある?

ケーズデンキでも型落ちのiPhoneなどで超特価のキャンペーンを実施していることがあります。

正直な結論
ただ、先に正直な結論を伝えると、2021年夏〜22年春に行われたいたような「ハイエンドiPhoneの一括1円」はなくなりました。

 

「実質1円」「ミドルレンジモデルの一括1円」であれば見つかるかもしれませんが、今後はさらに少なくなっていくと予想されます。

スマホの機種変更/乗り換え(MNP)は、頭金なし、来店なし、待ち時間なしのオンラインショップがお得です!

iPhone 14

楽天モバイルのiPhone 14は大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の中で最安!さらに、新規でも最大2.4万ポイント還元のキャンペーン中です!


還元対象とポイント額をチェックする >


ちなみに最新の在庫、入荷待ち状況は在庫状況一覧ページで確認できます!

ゴリラ

この記事で紹介する口コミは少しまえのものもあるから、最新の口コミもチェックしてくれな!

最新!ケーズデンキのキャンペーンの口コミ

ここ最近のケーズデンキにかかわる口コミを探してみました。

2022年の春以降、一括1円案件が減ってきているのは事実のようです。

フラッグシップモデルが「一括1円」になることはなくなり、条件が良くてiPhone SEやGoogle Pixel  6aなどの「コスパモデル」の一括1円くらいです。

「一括1円」などのたたき売りはさらに減ると予想される

その理由は主に2つ。

  • 端末単体販売の拒否が相次いだ
  • ソフトバンク社長が「是正」に言及した

量販店などの店舗独自のキャンペーンは、通信契約なしで端末のみを購入するユーザーに対しても、同様の割引を行わなければいけません。

しかし、これは販売店にとって負担が大きく、実際の現場では何らかの理由によって、販売が拒否されるケースもあり、総務省にも通報がなされています(ケーズデンキがそうだったというわけではありません)。

参照:総務省情報提供窓口に寄せられている電気通信事業法第27条の3関係の通報の状況

このような状態が続くのであれば、今後、割引についてさらに厳しいルールが課されても不思議ではありません。

2022年11月には、4キャリアがスマホの異常な値引きに対して規制を作るべき、という提案をしています。

参照:総務省|競争ルールの検証に関するWG|競争ルールの検証に関するWG(第37回)

近いうちに格安販売そのものが見直される可能性があります。

ケーズデンキでスマホを買う時の注意点

ケーズデンキでスマホを買うなら知っておきたい注意点は「オプション加入が条件になることがあること」です。

たとえば月額300円のオプションに2つ加入して、2年放置すると、合計で1.44万円もムダにすることになります。

ケーズデンキはわりと「頭金」があるところは少ない

端末の価格に上乗せされる「頭金」は、消費者的にはできれば払いたくないですよね。

ケーズデンキは頭金を取っている店舗は比較的少ないようです。

頭金のある/なしで、5,000〜1.5万円程度、負担額が変わってくることもあります。

ちなみに各キャリアのオンラインショップでスマホを買う場合も、頭金は0円にできます。

MEMO

店舗によっては頭金がある場合もあります。事務手数料(3,300円程度)は確実にかかります。

 

ドコモソフトバンク楽天モバイルのオンラインショップは、事務手数料はかかりません。

2022年3月から「180日以内で機種購入は1回」の制限あり

ケーズデンキは転売対策に積極的に取り組まれています。

  • ドコモ、au、UQモバイルの特価販売はケーズデンキ全店で180日以内に1人1台限り
  • 利用者本人の来店が必要

といった、会社全体のルールが設定されています。

ふつうに機種変更を考えている方にとっては、特に厳しいルールではないですが、一応、お伝えしておきますね。

ケーズデンキでスマホを買うメリット

ケーズデンキでスマホを買うメリットもまとめておきます。

  • 超特価のキャンペーン
  • キャリアを比較できる
  • 買い物のついでに立ち寄れる
  • ケースなどのアクセサリーをその場で買える

ケーズデンキならドコモ、au、ソフトバンク、楽天の4キャリアを扱っているので、キャリアを比較しながら契約先を検討できます。

ここはキャリアショップにはない、家電量販店ならではのメリットですね。もちろん店員さんにも相談できます。

また、買い物のついでに立ち寄れるのも便利なところです。

そのほか、スマホケースや保護フィルムなどのアクセサリーをいっしょに買えるのもメリットです。

ケーズデンキで機種変更する際に必要なもの・予約方法・在庫確認など

ケーズデンキに限らず、キャリアで契約する際に必要なものは、それぞれ以下の記事にまとめています。

基本的に機種変更であれば「利用中の端末」「契約者の本人確認書類」「印鑑」の3点があればOKです。

新規契約、他社から乗り換えでは「クレジットカードまたはキャッシュカード(または通帳+銀行印)」も必要です。乗り換えではさらに「MNP予約番号」も準備していきましょう。

予約方法

ケーズデンキのiPhoneやiPadはケーズデンキのホームページから予約ができます。

しかし予約→購入の場合、店舗独自のキャンペーンを受けられない可能性があるため、格安キャンペーンを狙うには、やはり自分の足で探すしかありません。

在庫確認方法

ケーズデンキでは以下のように案内しています。

店舗の在庫状況や価格は変動していますので、直接、お近くのケーズデンキ店舗にお問い合わせください。

店舗の在庫と価格が知りたい|[通販]ケーズデンキ

データ移行方法

ゴリラ

データの移行はやってもらえるの?

ケーズデンキに関わらず、最近は店舗で機種変更する場合でも、基本的には自分でデータを引き継ぐ必要があります。

※キャリアショップでも今は有料(3千円ぐらい)になっています。

とはいっても、データ移行も年々簡単になっていて、以前ほど手間ではありません。

こちらの記事で、データ移行の方法をまとめているのでぜひ参考にしてみてください。

サクッと機種変更するなら「オンラインショップ」も注目

家電量販店以外で、賢く機種変更できる方法に挙げられるのが、各キャリアの「オンラインショップ」ですね。

  • 頭金が無料
  • 自宅でサクッと手続きできる
  • 来店不要・待ち時間がない

キャンペーンを見つけられたなら、家電量販店がお得なことも多いですが、時間を節約できるのは間違いなくオンラインショップです。

最新のiPhoneシリーズなど、量販店の安売りの対象になりにくい機種を購入する人も、オンラインショップで購入してしまう方がお得になるでしょう。

家電量販店と合わせて、オンラインショップも検討ですね。

その他の量販店の記事はこちら

こんな記事もおすすめ

177260