auオンラインショップで22,000円引のキャンペーン中!

【AndroidからiPhone】機種変更のデータ移行や事前に知っておきたいことを解説

ゴリラ

AndroidからiPhoneに機種変更しようと思っているんだ。データの移行とか、iPhoneにするとできなくなることとかありそうで不安だな…

これまでAndroidのスマホを使っていた人が

「周りがみんな使っているから」

「直感的で使いやすいって聞くから」

などの理由で、iPhoneに乗り換えることがあると思います。

個人的にはiPhoneを使いたいと思っている人は、そこまで深く考えずに乗り換えてもいいという考え方です。使いたいスマホを使うのが、その人にとって一番幸せだと思うからです。

しかし、初めてiPhoneに機種変更するとなると「データの移行」や「できなくなること」など、気になることもあると思います。

そこで、この記事ではAndroidからiPhoneに機種変更するときに知っておきたいデータ移行の手順や、iPhoneでできること・できないことを解説していきます。

AndroidスマホとiPhoneを7年ほど併用していてる筆者が、正直に思っていることをお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、AndroidからiPhoneのデータの移行は「Move to iOS」を使えば簡単にできます。

使い勝手でiPhoneに慣れが必要なところがありますが、少しでもiPhoneを使いたいという気持ちがある人はiPhoneに機種変更してもよいでしょう。

ドコモ・au・ソフトバンクの機種変更/乗り換え(MNP)は、来店なし手数料なし待ち時間なしのオンラインショップがお得です!

 

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

AndroidからiPhoneのデータの移行は 「Move to iOS」が便利

AndroidユーザーがiPhoneに乗り換える際にネックになるのが、データの移行だと思います。

結論、Appleが提供するiPhone移行用のアプリ「Move to iOS」を使えば、ほとんどのデータをまるっとかんたんに移行できます。

Move to iOS

Move to iOS

Apple Inc.無料posted withアプリーチ

 

データの移行が不安で機種変更するか迷っている人も、既に機種変更を終えてやり方を調べている人も、思っているより簡単だと思うので安心してください。

移行できるデータは以下のとおり。

  • 連絡先
  • Googleアカウント
  • メッセージ(SMS)
  • カレンダー
  • 写真や動画
  • ブラウザのブックマーク
  • 一部のアプリ(iPhoneとAndroidに対応したもの)

連絡先や写真など、大切なデータのほとんどはこのアプリだけで移行できてしまします。

Move to iOSは直接データを転送できる

一般的なデータの移行アプリだと、一度サーバーにデータをアップロードして、新しいスマホでダウンロードするという手順が必要です。

しかしMove to iOSなら、Androidから新しいiPhoneに直接データを転送できるので、データ通信量を気にすることもあありません。

MEMO

「Move to iOS」はiPhoneの初期設定を済ませていると利用できず、再度リセットする必要があります。二度手間になるので、初期設定をする前に行いましょう。

方法は以下のとおり。

  1. AndroidにMove to iOSをインストール
  2. AndroidのWi-Fiスイッチをオンにしておく
  3. 新しいiPhoneで初期設定を進め、「Androidからデータを移行」を選択
  4. Androidで「Move to iOS」を開き、「コード検索画面」右上の「次へ」をタップ
  5. 新しいiPhoneに10ケタまたは6ケタのコードが表示
  6. 古いAndroidに3のコードを入力
  7. 古いAndroidで転送するコンテンツを選択
  8. 新しいiPhoneで読み込みを開始

アプリの移行は個別に行う

写真や連絡先などのデータの他に、今使っているアプリのデータの移行も行いましょう。

残念ながらアプリの移行は一括ではできません

Move to iOSではGoogle Play と App Store の両方で提供されている無償のアプリは、新しいiPhoneでも自動でインストールされますが、設定(ログインなど)は個別にする必要があります

また、以下のような一部のアプリは移行元(Android)と移行先(iPhone)で引き継ぎの手続きが必要です。

  • LINE
  • 交通系マネー(Suicaなど)
  • コード払いアプリ など

例えば、Androidのおサイフケータイで使っていたSuicaをiPhoneのApple Payで使うには、アプリから「機種変更手続き」が必要です。

アプリによっては異なるOS間ではデータを引き継げなかったり、制限があるものもあります

その他、ふだんから使っているアプリの引き継ぎ方法は事前に確認しておきましょう。以下の「引き継ぎ記事」も参考にしてください。

LINEのトーク履歴・コイン残高は引き継げない

LINEのトーク履歴・コイン残高は、今回のような異なるOS間では引き継げません

しかしトーク履歴は各トークルームの右上のメニューから「その他」>「トーク履歴を送信」でテキストファイルで保存できます。

一括で保存することはできません。トークルーム(相手)ごとに保存していきましょう。

AndroidからiPhoneに変えたらできなくることやデメリット

「iPhoneはいいぞ!」と勧めてくれる人はたくさんいると思いますが、「iPhoneにしたらここが微妙だよ」ということまで教えてくれる人は少ないと思います。

ゴリラ

確かに自分が使ってるスマホの微妙なところって、目を背けたくなるよね

メリットよりも移行したらできなくなることや、デメリットの方が気になる人もいると思うので、先にお伝えします。

個人的にデメリットだと感じるのは以下の3点。

  • 画面が小さい
  • 文字入力時にカーソルが使えない
  • 使えないアプリがある

逆に、一般的には「できなくなること・デメリット」として扱われることですが、そこまで気にしなくてもいいかなと思うことは、

  • ウィジェットが使えないこと
  • 戻るボタンが使えないこと
  • おサイフケータイが使えないこと

です。それぞれ簡単に解説します。

画面が小さいので得られる情報量が減る

これはiPhoneの種類や、これまで使っていたAndroidスマホのサイズとの比較になるので、一概には言えませんが、機種変更することで画面サイズが小さくなる場合は注意してください。

フラッグシップモデルのiPhone 11は6.1インチで、それなりに大きくなってきましたが、2020年4月に発売されたiPhone SE(第2世代)は4.7インチと、最近のスマホとしてはかなり小ぶりです。

画面が小さいことの一番のデメリットは、一画面に表示できる情報量の少なさです。

ネットで調べ物をしたりSNSを使うときに、画面が小さいと何度もスクロールしなくてはいけません。

スクロールしたらいいじゃないかと言われるかもしれませんが、パッと見て情報が頭に入ってくるかどうかは、画面サイズでかなり違ってきます。

iPhone 11にはさらに大きいサイズのiPhone11 Pro MAX(6.5インチ)もありますが、最安モデルでも119,800円とかなりお高めです。

文字入力時にカーソルが使えない

細かいことかもしれませんが、慣れるまでは結構なストレスに感じるかもしれません。

文字入力をする際に、Androidだと使える写真のような左右の移動用のカーソルがないので、入力文字をタップして移動しないといけません。

使えないアプリがある

iPhoneのアプリの数は約160万個Androidスマホのアプリは約360万個と言われていて、ダブルスコア以上の差があります。

これはAppleのiPhoneアプリの審査が、Google(Android)よりも厳しいことが理由だと言われています。

誰でも知っているようなアプリはiPhoneにもあることが多いので、そこまで心配する必要はありませんが、ふだん使っているアプリがiPhoneでも使えるか、事前に確認しておきましょう。

iPhoneに移行してもそこまでデメリットじゃないこと:おサイフケータイなど

先にもお伝えしましたが、そこまで気にしなくてもいいと思うことは次のとおり。

  • ウィジェットが使えないこと
  • 戻るボタンが使えないこと
  • おサイフケータイが使えないこと

時計などのウィジェットが使えないことについては、人によってはそれほど重要ではなかったりします。どうしても使いたい人はAndroidスマホを使いましょう。

「戻るボタンが使えない」ことについては、「あったらいいな」と思うことはあります。

でも、画面左上の「<」マークで戻ったり、画面左端から右にスワイプ(Safariなど)という代替法が使えます。慣れたらこっちの方が快適かもしれません。

おサイフケータイについても、iPhoneではApple Payで「Suica」「QUICPay」「iD」が使えますし、最近ではコード払い(◯◯Pay)もあるので問題ないでしょう。

AndroidからiPhoneにしたらハッピーになれること

iPhoneにしたい!と思っている人に対して、いまさらiPhoneのメリットをお伝えするのもお節介なので、個人的にハッピーになれると思うことを簡単にお伝えします。

  • iPhoneユーザーというステータス
  • 直感的な操作性
  • 長く使えて高く売れる

また、一般的に「iPhoneのメリット」として「他のApple製品との親和性」が挙げられますが、個人的には「どっちでもいいかな」と思います。

ちなみに、iPhoneにするメリットは以下の記事で全力で紹介しているので参考にしてください。

iPhoneユーザーというステータス

そもそもあなたがiPhoneに乗り換えたい理由は「周りが使っているから」とか「Appleの製品を使ってドヤ顔したい」という、ちょっとしたミーハー心だったりしないでしょうか。

それを否定するつもりは全くありません(私もそうだから)。

「Appleを使っている私」になれることが、iPhoneを使う一番大きなメリットとも言えるかもしれません。

直感的な操作性:誰でもすぐに慣れる

本当にユーザーの使いやすさだけを考えてデザインされているので、したいことが直感的にできます

特にAndroidスマホから初めてiPhoneに移行するときに、そのメリットは大きいと思います。慣れるまでのそこまで時間をかける必要はないでしょう。

長く使えて高く売れる

iPhoneは製品の質がとても高くOSも数年はアップデートされるので、長い期間使うことができます。

ゴリラ

確かに、3、4年前のiPhone使ってる人ってまだまだいるよね

また、リセールバリュー(売却時の価格)が落ちにくいのもメリットで、数年前のiPhoneでもAndroidスマホと比べると、高く売却できます(それだけ人気があるから)。

例えば2年前(2018年)のiPhone XR(128GB)は定価69,800円ですが、現在、メルカリでは中古でも3万〜4万円台で取引きされています。

Apple製品との親和性はそこまで重要じゃないかも

iPadやMacなどの他のApple製品との相性の良さがメリットとして語られることが多いですが、個人的にはそこまで恩恵を受けることは少ないかなと思っています。

写真やデータ、メモ帳などが、パソコン(Mac)やタブレットと簡単に同期できるのは確かに便利です。

しかし、AndroidユーザーはこれまでにもGoogleフォトやGoogleドライブ、Keep(メモ帳)などを便利に使えていたのではないでしょうか。

また、最近では他のクラウドストレージなどもたくさんあるので、仮にiPhoneとMacの組み合わせにしたところで、劇的に便利になることもそんなにないんじゃないかなと思います。

まとめ:使ってみないと何も分からない

AndroidからiPhoneに機種変更するときのデータの移行方法から、AndroidからiPhoneに機種変更するメリット・デメリットを紹介しました。

データの移行は「Move to iOS」を使えば簡単にできます。

また、機種変更をしようかどうか迷っている人に伝えたいことは、少しでもiPhoneを使いたいと思っているなら機種変更した方がいい、ということです。

iPhoneにはApplePayや防水機能もあり、「iPhoneだとできないこと」はだいぶ少なくなりました。

正直なところ、使い勝手がその人に合うかは、使ってみないとわかりません。

例えば2年使ってどうしても合わなかったら(もちろん、2年より前でもOK)、またAndroidに戻るのもアリです。

もし、友達や周りの人でiPhoneを使っている人がいるなら、少し触らせてもらうのもいいと思います。

ちなみに..契約するならオンラインショップがおすすめ

この記事を読んでいる人は「これから機種変更する人」か「機種変更し終えた人」のどちらかだと思います。

ここから先は「これから機種変更する人向け」なので、該当しない方はソッ閉じしちゃって大丈夫ですm(_ _)m

ドコモ・au・ソフトバンクで機種変更をするなら、圧倒的にオンラインショップで手続きした方がお得です。場合によっては10,000円以上お得になる場合もあります。

オンラインショップのメリットを端的に説明すると以下。

  1. 待ち時間ゼロ
  2. 事務手数料なし(ドコモ)
  3. 独自キャンペーンあり

これだけでかなりお得感ないでしょうか?

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

「これから機種変更するよ」という人は普通にお得なので、店舗ではなくオンラインで手続きしましょう。(3キャリアとも公式サイトです)

\10,000円以上お得になることも!/

 

 

238