このサイトについて

【5ステップ】ソフトバンクからLINEMOへ乗り換える手順|SIMカード・eSIMそれぞれで解説

ゴリラ

ソフトバンクからLINEMOに乗り換えを考えてるけど、どんな手順で進めていけば良いのかな?

LINEMOへの乗り換えは、公式サイトから申し込みモノが届いたら初期設定という感じで進めていけばOK。

「いつもはソフトバンクショップで手続きするし、オンラインは初めて」という方も手順を押さえておけば、スムーズに完了できるはずです。

本記事では、ソフトバンク⇒LINEMOの乗り換えの手順を分かりやすくまとめています。

とくに初めてオンラインでの乗り換えにトライする方は、ぜひ目を通してみてくださいね。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、ソフトバンク⇒LINEMOの乗り換えは、LINEMO公式サイトから可能です。

 

商品到着後に、初期設定をして利用を開始できます。事前にSIMロック解除などが必要なのでお忘れなく!

 

▼さっそく乗り換え手順を見たい方はコチラからジャンプできます。
>>「SIMカード」で申し込みする手順
>>「eSIM」で申し込みする手順

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ちなみに…

 

ソフトバンクで契約するなら

  • 事務手数料(3,300円)/頭金(3,000~10,000円)なし
  • オプションなし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

ソフトバンクオンラインショップがおすすめです!

 

また、LINEMOへの乗り換えを考えている人も、いったんはソフトバンクで契約しておいた方が最大2万円ほどお得になります!


関連記事:【お得ワザ】LINEMO への乗り換えはあり?ケース別の考え方をまとめました。  

 

オンライン限定キャンペーンあり!

 

\5〜22歳なら誰でもOK/



2021年春のソフトバンクの学割は2種類あり!
  • スマホデビュー→1年間は990円で2GB5分かけ放題
    +550円で4GBに増量可!)
  • メリハリ無制限→3,938円×6ヶ月=23,628円割引

特にスマホデビューのお子さんは格安SIM並みに安くなります!


解説記事:【1,540円/4GB】2021年春「Softbank学割」はスマホデビューがアツい!

ソフトバンク⇒LINEMOの乗り換えの流れ

ソフトバンク⇒LINEMOの手順を、簡単にまとめると以下。

▼事前の準備

  • SIMロックの解除(ネットで10分ほどで完了)
  • ネットワーク暗証番号の確認(契約書類に記載)

▼申し込み~利用開始まで

  1. 公式サイトから申し込み
  2. 各種の初期設定(回線切替など)

申し込みは大きく、「SIMカード」と「eSIM」の2つに分けられます。

どちらを選ぶかで、少し手続きの細かいところが異なります。

このあとで解説しますが、2021年3月現在ではeSIMはややトラブルが多く、SIMカードでの申し込みがおすすめです。

▼さっそく乗り換え手順を見たい方はコチラから

>>「SIMカード」で申し込みする手順

>>「eSIM」で申し込みする手順

申し込み方法は「SIMカード・eSIM」の2つ|違いはこんな感じ

SIMカード」と「eSIM」の違いは以下の通りです。

「SIMカード」と「eSIM」の違い

① SIMカード(おすすめ)
⇒乗り換え後に、SIMカードの挿し替えが必要

②eSIM(上級者向け)
⇒カード交換が不要。情報の書き換えのみでOK

「SIMカード」というのは、契約先のキャリアの通信・通話を使うために必要となる身分証のようなものです。

現在、ソフトバンクユーザーの方には、お手持ちのスマホにソフトバンクのSIMカードが挿さっているはずです。

LINEMOに申し込むと、LINEMO用のSIMカードが届くので、こちらに挿し替えをすることになります。

一方で、「eSIM」は本体一体型のSIMです。情報を書き換えだけで済むので、SIMカードの交換は不要となります。

iPhoneの場合は、XS・XR以降の機種がeSIMに対応しています。

「eSIM」はまだトラブルが多い|SIMカードが無難かも

SIMカードは開通までに最短2日が必要ですが、eSIMなら最短1時間で開通できます。

「eSIMがオススメ」と言いたいところですが、2021年3月現在ではeSIMはトラブルが多いようです。

「eSIMを削除すると、再インストールはできないので詰む」など、まだ色んな部分でサービスが整備しきれていないのが現状のようです。

トラブルの報告が続いているため、申し込み画面でも「上級者向け」の表記が追加されています。

今後、サービスが整備されていくと思いますが、現状はトラブルを避けたい人は通常のSIMカードが無難そうです。

ここからは「SIMカード」「eSIM」それぞれでの申し込み手順を解説していきます。

▼それぞれの乗り換え手順にジャンプできます

>>「SIMカード」で申し込みする手順

>>「eSIM」で申し込みする手順

「SIMカード」で乗り換えする手順

「SIMカード」でソフトバンクからLINEMOへ乗り換える手順は以下の通りです。

SIMカードで申し込み
  1. 手持ちのスマホのSIMロックを解除する
  2. ネットワーク暗証番号を確認
  3. LINEMO公式サイトから申し込み
  4. SIMカードの受け取り
  5. 初期設定(回線切替・SIM交換・APN設定)

商品の郵送も含めて、最短2日で手続きが完了します。

手順を詳しく見ていきましょう、

① SIMロックを解除

まずは、お手持ちのスマホのSIMロックを解除しましょう。

ソフトバンクで購入したスマホには、自社回線でしか使えないようにスマホにロックがかかっています。

通常、「ソフトバンク回線⇒ソフトバンク回線」の乗り換えであればSIMロック解除が不要です。

ただ、LINEMOはちょっと特殊で、ソフトバンク回線ではありますが、SIMロックの解除が必要となります。

出典:LINEMO公式サイト

ソフトバンクでのSIMロック解除の手順は以下。

SIMロック解除の手順
  1. My SoftBank(SIMロック解除のページ)にログイン
  2. 製造番号(IMEI)を入力
  3. 「解除手続きをする」をタップ

手続きの中で、スマホ本体のIMEI番号が必要となるので、事前に確認しておきましょう。確認方法は以下。

iPhoneでのIMEIの確認方法

  1. 「設定」>「一般」>「情報」と進む
  2. IMEIの項目を確認

 

▼AndroidでのIMEIの確認方法

  1. 「設定」>「システム」>「端末情報」と進む
  2. IMEIの項目を確認

② ネットワーク暗証番号を確認

LINEMOへ移行する際には、契約時に決めた4桁のネットワーク暗証番号が必要です。

契約時にもらった申込書に記載されています。

出典:よくあるご質問(FAQ)

申込書を失くした場合は、ソフトバンクショップで変更できます。本人確認書類を持って、来店しましょう。

また、チャットサポートから暗証番号を記載した書面を郵送してもらうことも可能です。こちらは7日ほどかかります。

③ LINEMO公式サイトから申し込み

LINEMO公式サイトから申し込みを始めましょう。

申し込みボタンをタップした後は、画面の指示に従って入力を進めていけばOKです。

SIMの種類は「SIMカード」を選びましょう。

なお、手続きの中で本人確認書類のアップロードが必要になります。準備しておきましょう。

本人確認書類(一例)
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 国民健康保険証 + 補助書類(公共料金領収書など)

申し込み完了後、約1〜2時間で「お申し込み完了のお知らせ」のメールが届きます。

④ SIMカードの受け取り

契約の審査が通った場合は「お申し込み完了のお知らせ」のメールのあとに、「商品発送のお知らせ」のメールが届き、商品が発送されます。

SIMカードなどの商品一式を受け取りましょう。

申し込み完了から商品発送までは最短2営業日となります。

なお「商品発送のお知らせ」のメールには、お問い合わせ送り状NOの記載があり、そちらで到着の目途も確認できます。

ちなみに審査に落ちた場合は、商品発送メールの代わりに、「お申し込み審査結果についてのお知らせ」が届きます。

⑤ 初期設定(回線切替・SIM交換・APN設定)

商品が届いたら、初期設定を進めていきましょう。

初期設定としては、回線切替SIMカードの交換APN設定の3つです。

回線切替

下記に電話して「回線切替」をします。

LINEMO回線切替窓口

電話番号:0800-919-3448

受付時間:10:00~19:00

音声ガイダンスに従って電話番号と暗証番号をダイアルで入力すると、回線切替が完了します。

電話での手続き後、数十分(場合によって1〜2時間)でLINEMOの回線への切り替えが完了します。

なお、回線の切り替え完了と同時に、乗り換え元のソフトバンクの契約は自動解約となります。ソフトバンクでの解約手続きなどはとくに必要ありません。

SIMカードの交換

続いて、お手持ちのスマホのSIMカードを、ソフトバンクのものから、LINEMOのものに交換しましょう。

LINEMOのSIMは、3つのSIMサイズ(ナノSIM、マイクロSIM・標準SIM)に対応できるマルチSIMです。

一部の古いスマホを除いては、基本はナノSIMを使います。(SIMサイズはお手持ちのスマホの製品ページなどで確認してください)

ナノSIMの場合は、台紙から一番小さいサイズで取り外します。

SIMカードの交換にはSIMピンを使います。スマホを購入した時の箱に同封されていたはずです。

SIMピンをスマホ側面の穴に挿し込むと、SIMカードが引き出されます。LINEMOのSIMカードに交換しましょう。

※SIM交換は端末の電源を切っておこないましょう。

APN設定

最後に「APN設定」です。

手順は以下の通りです。iPhone、Androidで手順が異なります。

▼iPhoneのAPN設定

プロファイルをインストールしてAPN設定をします

  1. iPhoneのSafariでこちらのリンク(LINEMO公式)を開いて「APN構成プロファイル」をダウンロード
  2. 「設定」を開き、「プロファイルがダウンロードされました」のメッセージをタップ
  3. 「LINEMO APN」のプロファイルをインストール

 

▼AndroidのAPN設定

設定から「APN設定」をおこないます

  1. 「設定」>「ネットワークとインターネット」と進む
  2. 「アクセスポイント名」からAPN設定画面を開く
  3. LINEMOのAPNを選択

※LINEMOが一覧にない場合は以下を入力して追加

※Androidは端末ごとに細かい設定方法が異なります。

以上でLINEMOへの乗り換えの手続きは完了です。

APN設定まで完了すると、「4G」または「5G」の表示がスマホ画面の上側に出るはずです。

ブラウザを開いて通信できるか確認してみましょう。

「eSIM」で乗り換えする手順

eSIMで申し込みする手順は以下の通りです。

eSIMで申し込み
  1. 手持ちのスマホのSIMロックを解除する
  2. ネットワーク暗証番号を確認
  3. LINEMO公式サイトから申し込み
  4. eSIMのダウンロード
  5. 初期設定(回線切替・APN設定)

SIMカードの郵送が不要で、オンラインで完結します。最短だと1時間で開通が可能とのこと。

手順を詳しく見ていきましょう。

① SIMロックを解除

まずは、お手持ちのスマホのSIMロックを解除しましょう。

ソフトバンクで購入したスマホには、自社回線でしか使えないようにスマホにロックがかかっています。

通常、「ソフトバンク回線⇒ソフトバンク回線」の乗り換えであればSIMロック解除が不要です。

ただ、LINEMOはちょっと特殊で、ソフトバンク回線ではありますが、SIMロックの解除が必要となります。

出典:LINEMO公式サイト

ソフトバンクでのSIMロック解除の手順は以下。

SIMロック解除の手順
  1. My SoftBank(SIMロック解除のページ)にログイン
  2. 製造番号(IMEI)を入力
  3. 「解除手続きをする」をタップ

手続きの中で、スマホ本体のIMEI番号が必要となるので、事前に確認しておきましょう。確認方法は以下。

iPhoneでのIMEIの確認方法

  1. 「設定」>「一般」>「情報」と進む
  2. IMEIの項目を確認

 

▼AndroidでのIMEIの確認方法

  1. 「設定」>「システム」>「端末情報」と進む
  2. IMEIの項目を確認

② ネットワーク暗証番号を確認

LINEMOへ移行する際には、契約時に決めた4桁のネットワーク暗証番号が必要です。

契約時にもらった申込書に記載されています。

出典:よくあるご質問(FAQ)

申込書を失くした場合は、ソフトバンクショップで変更できます。本人確認書類を持って、来店しましょう。

また、チャットサポートから暗証番号を記載した書面を郵送してもらうことも可能です。こちらは7日ほどかかります。

③ LINEMO公式サイトから申し込み

LINEMO公式サイトから申し込みを始めましょう。

申し込みボタンをタップした後は、画面の指示に従って入力を進めていけばOKです。

SIMの種類は「eSIM」を選びます。右下の小さい選択肢です。

なお、本人確認書類のアップロードが必要です。以下の書類が使えるので準備しておきましょう。

本人確認書類(一例)
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 運転経歴証明証

申し込み完了後、すぐに「お申し込み完了のお知らせ」のメールが届きます。

④ eSIMのダウンロード

申し込み完了後、審査に通ると「お申し込み完了のお知らせ」のメールのあとにeSIMプロファイルダウンロードのお知らせ」のメールが届きます。

メール記載のURLからeSIMのダウンロードの手続きを進めていきましょう。

eSIMのダウンロード
  1. 認証コードの受け取りと入力
  2. eSIMプロファイルのダウンロード

なお審査落ちの場合は、「お申し込み審査結果についてのお知らせ」が届きます。

eSIMのダウンロードの手続き(認証コードの受け取りと入力・eSIMプロファイルのダウンロード)をそれぞれ見ていきましょう。

認証コードの受け取りと入力

「eSIMプロファイルダウンロードのお知らせ」のメールに記載のURLから認証を進めていきます。

  1. メールのURLを開く(LINEMOで使うスマホ以外で!)
  2. SMSなどで認証コードを受け取る
  3. 認証コードを入力して認証完了

この後にLINEMOで使うスマホでQRコードを読み取る必要があるので、別の端末から認証を進めるようにしてください。

リンク先で、電話番号を入力してSMS通知(または自動音声通話)で6桁の認証コードを受け取ります。認証コードを入力して認証は完了です。

eSIMプロファイルのダウンロード

認証完了すると、QRコードが表示されます。

LINEMOで使うスマホでQRコードを読み取り、eSIMプロファイルをダウンロードします。

手順は以下の通り。iPhoneとAndroidで手順が異なります。

▼「iPhone」でのeSIMプロファイルのダウンロード

  1. QRコード読み取る
  2. 認証コードの入力が求められます。
    4桁のネットワーク暗証番号を入力

 

▼「Android」でのeSIMプロファイルのダウンロード

  1. 「設定」>「ネットワークとインターネット」>「モバイルネットワーク」と進む
  2. 「代わりにSIMをダウンロードしますか」を選択し「次へ」
  3. カメラが起動するので、QRコードを読み取る
  4. LINEMOを使用しますかの画面で「有効化」をタップ
  5. 4桁のネットワーク暗証番号を入力
  6. 完了をタップ

※Androidは端末ごとに細かい設定方法が異なります。

⑤ 初期設定(回線切替・APN設定)

eSIMのダウンロードが完了したら、以下の2つの初期設定をおこないましょう。

初期設定
  1. 回線切替
  2. APN設定

APN設定まで完了すると、無事にLINEMOの利用を開始できます。初期設定の手順を詳しく見ていきましょう。

回線切替

プロファイルダウンロード後に表示される「回線を切り替える」ボタンを押すと、1~2分ほどでLINEMOの回線へ切り替わります。

画面上部のステータスバーの通信事業者名が「LINEMO」になったら切り替えは完了です。(iPhoneの場合は「SoftBank」となる場合があります)

APN設定

回線切替が完了したらスマホを再起動してから、APN設定をおこないましょう。

手順は以下の通り。iPhone、Androidで手順が異なります。

▼iPhoneのAPN設定

プロファイルをインストールしてAPN設定をします

  1. iPhoneのSafariでこちらのリンク(LINEMO公式)を開いて「APN構成プロファイル」をダウンロード
  2. 「設定」を開き、「プロファイルがダウンロードされました」のメッセージをタップ
  3. 「LINEMO APN」のプロファイルをインストール

 

▼AndroidのAPN設定

設定から「APN設定」をおこないます

  1. 「設定」>「ネットワークとインターネット」と進む
  2. 「アクセスポイント名」からAPN設定画面を開く
  3. LINEMOのAPNを選択

※LINEMOが一覧にない場合は以下を入力して追加

※Androidは端末ごとに細かい設定方法が異なります。

以上でLINEMOの申し込みから、利用開始までの手続きは完了です。

APN設定まで完了すると、「4G」または「5G」の表示がスマホ画面の上側に出るはずです。

ブラウザを開いて通信できるか確認してみましょう。

【注意】「eSIMの削除」はNG

最後にeSIMで、とくに注意したい点について補足します。

「LINEMOへの移行が上手くいかない」などで、一度インストールしたeSIMプロファイルを削除して、再インストールしようとするのは絶対にNGです。

というのも、eSIMプロファイルの再ダウンロードは不可となっています。

つまりeSIMを削除すると、現状は詰んでしまうようです。LINEMOが使えなくなってしまいます。

ここは要注意ですね。

▼LINEMO公式Twitterのアナウンスです。再ダウンロード不可については対策検討中のとのこと。

まとめ

一つずつ確実に進めていけば、初めてオンラインで乗り換えする方も無事に完了できるはずです。

ちなみにLINEMOでは端末の販売がありません。手持ちのスマホが古くなっている方は、事前にオンラインショップで機種変更を済ませておくのがおすすめです。

ぜひ記事を参考に、LINEMOへの乗り換えにトライしてみてくださいね。

LINEMOに乗り換えるべきか悩み中の方は、下記の記事もぜひ参考にしてみてください。

ちなみに:契約するならソフトバンクオンラインショップのがお得です

ソフトバンクで契約を検討しているのであれば、店舗で契約するよりも公式オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下5点です。

  1. 事務手数料がかからない(3,300円お得)
  2. 頭金がかからない(最大10,000円お得)
  3. オプションに加入する必要がない
  4. 待ち時間がない
  5. 店員から営業を受けなくて済む

金銭的メリット(10,000円以上お得になる)も大きいのですが、精神的メリット(待ち時間なし、営業なし)も無視できず、普通にオススメです。

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

これから契約する人はぜひ使ってみてください!

手数料3,300円が無料になりました

 

こんな記事もおすすめ

181