このサイトについて

【2020最新】ワイモバイルの料金プランを解説|キャリアからの乗り換えでいくら安くなるかをチェック

ゴリラ

ワイモバイルの最新のプランを教えて!他の大手キャリアからの乗り換えると安くなるの?

「月々1,480円~」という広告を見て、ワイモバイルの料金プランに興味を持っていた人も多いのではないでしょうか。

大手キャリアからワイモバイルに乗り換えると、月々4,000円以上節約になることが多いです。2年間だと10万円以上もスマホ代が安くなることもあります。

そこで本記事では、

  • ワイモバイルの料金プランの詳細
  • 大手キャリアからの乗り換えでどれくらい安くなるか

などの気になるポイントを詳しく解説します。ワイモバイルで大きく節約するために、料金プランのポイントをチェックしていきましょう。

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、ワイモバイルは「スマホベーシックプラン」が基本的なプラン。

 

大手キャリアから乗り換えることで、4,000円以上安くなることも普通にあり得ます。

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ワイモバイルの契約(新規・乗り換え)はヤングモバイルがお得

 

ワイモバイル代理店「ヤングモバイル」なら、契約内容・料金は公式と一緒で、キャッシュバックがもらえるのでおすすめです。

 

現在、15,000円(通常キャッシュバック)+3,000円(生活応援キャンペーン)を行っていて、最もお得に契約できます!


※一部の機種はワイモバイル(公式)の方がお得になる場合もあり

 

\料金プランの相談も可能/

 

【300×250】ヤングモバイル
ヤングモバイルの解説記事で詳細を説明してます

【上記特典にプラスで3000円】

ワイモバイル契約者全員にPayPayの3,000円相当のポイントがもらえるどこでももらえる特典というキャンペーンも開催中です。

ワイモバイルの料金プランを解説

ワイモバイルのメインプラン「スマホベーシックプラン」は以下の3つのプランです。

▼ワイモバイルの料金プラン

使いたいデータ量に合わせて、3つのプランからシンプルに選べるのが魅力です。

どのプランにも無料通話(1回10分以内)が付いてくるのは、他の格安SIMにないメリットです。

ワイモバイルの料金プランの特徴は以下の通り。

ワイモバイルの料金プランの特徴

  • 最安プランでも毎月4GBが使える
  • 光回線とセットなら月額1,480円~
  • 契約から6ヶ月は700円割引
  • 「シェアプラン」でデータシェアも可能

ワイモバイルの料金プランを詳しく見ていきましょう。

データ容量の詳細:最安プランでも毎月4GBが使える

ワイモバイルでは、最安プランでも毎月4GBのデータ容量が使えます。

契約から1年間は「データ増量オプション」が無料で適用され、データ容量が以下のように増量されます。

▼「データ増量オプション」適用時のデータ容量

  • スマホプランS:3GB⇒4GB
  • スマホプランM:10GB⇒13GB
  • スマホプランR:14GB⇒17GB

3GB使えれば、ゲームや動画でたくさん使う人以外は、十分にやりくりできそうですね。

なお無料増量の期間が終わっても、500円を支払ってオプション継続することもできます。

光回線とセットなら月額1,480円~

光回線とのセット割引「おうち割 光セット(A)」を適用すれば、料金がさらに安くなります。

対象となる通信サービスは以下の2つ。

  • SoftBank 光
  • SoftBank Air

「おうち割 光セット(A)」の割引額は以下の通り。

▼おうち割 光セット(A)の割引額

  • スマホベーシックプランS:月々 500円割引
  • スマホベーシックプランM:月々 500円割引
  • スマホベーシックプランR:月々 500円割引

いずれのプランも500円割引を受けることができます。

この結果、スマホベーシックプランSなら1,480円〜から利用できます。

契約から6ヶ月は「新規割」で700円割引

ワイモバイルは契約から半年間は「新規割」で700円割引されます。

そのため、半年後には各プランとも700円アップする点には注意が必要です。

▼「スマホベーシックプラン」の半年後の料金アップ

 

スマホプランS:月額1,980円⇒月額2,680円

スマホプランM:月額2,980円⇒月額3,680円

スマホプランR:月額3,980円⇒月額4,680円

※おうち割 光セット(A)なしの場合

料金が上がった後でも、大手キャリアと比べると料金は割安です。ただし、「ずっと月額1,980円~で使えるわけではない」という点には注意しておきましょう。

「シェアプラン」でデータシェアも可能

「シェアプラン」は、「スマホベーシックプランS/M/R」を別のスマホ・タブレットでシェアして使えるプランです。

シェアプランの料金は以下の通り。

▼シェアプランの料金(税抜)

  • 親回線がスマホベーシックプランS…980円
  • スマホベーシックプランM・R…490円

例えばスマホベーシックプランMなら、追加で490円を支払うと親回線のデータ容量を子回線でシェアできるようになります。

データ通信専用の料金プラン「データプラン」

スマホプランのほかに、通話機能なし・データ通信専用の「データプラン」もあります。

ワイモバイルの「データプラン」

 月額料金(税抜)データ容量
データプランS1,980円1GB
データプランL3,696円7GB

ただし料金については、他の格安SIMのデータ通信専用のSIMと比べると割高なので、サブのスマホ・タブレット用にSIMカードが欲しいのであれば、シェアプランを利用するのがおすすめです。

ケータイ向けの料金プラン「ケータイベーシックプランSS」

ケータイの向けのプランとして「ケータイベーシックプランSS」があります。

▼ケータイベーシックプランSS

  • 通話のみなら月額934円で利用可能
  • 1時〜21時ワイモバイル、ソフトバンクへの通話し放題(通常は20円/30秒)
  • データ通信を行う場合は、ベーシックパック(月額300円)+パケット定額(0~4500円)が別途必要

「電話だけ使いたい」という人にはとくにお得なプランです。

注目は、1時〜21時の間はワイモバイルやソフトバンクへの通話が無料になること。通常は20円/30秒と大手キャリアと同じです。

また、データ通信もできますがやや割高になります。

\料金プランの相談も可能/

【300×250】ヤングモバイル
ヤングモバイルの解説記事で詳細を説明してます

2020年12月〜新料金プラン「シンプル20」が登場

2020年12月から、総務省の要請により、20GB帯の新しいプラン「シンプル20」が提供されます。

  • 大容量の20GB
  • 4,480円
  • 無料通話付き

この登場により、スマホベーシックプランRよりもシンプル20の方がデータ容量が増え、安くなります(おそらくスマホベーシックプランRは廃止されると思われます)。

【大手キャリアの料金プランと比較】ワイモバイルへ乗り換えでどれくらい安くなる?

大手キャリアからワイモバイルへ乗り換えると、月々の支払いはどれくらいやすくなるのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。

大手キャリアからワイモバイルへ乗り換えると、どれくらい安くなるのか実際にシミュレーションしてみていきましょう。

ソフトバンク「ミニフィットプラン」「メリハリプラン」と比較

ソフトバンク「メリハリプラン」との比較は以下の通り。

▼ソフトバンクとの料金比較

↓スマホは左右にスクロールできます!

 ソフトバンク
(5分かけ放題付)
ワイモバイル
(10分かけ放題付)
〜1GB4,780円
(ミニフィットプラン/
準定額+)
2,680円
(スマホベーシックS)
※3GBまで利用可
1〜2GB6,780円
(メリハリプラン/
準定額+)
2,680円
(スマホベーシックS)
※3GBまで利用可
2GB〜10GB8,280円
(メリハリプラン/
準定額+)
3,680円
(スマホベーシックM)
10GB〜14GB4,680円
(スマホベーシックR)
14GB〜50GB
スマホベーシックM・Rは
最大1Mbpsで利用可

※各種割引は除いた金額です。

ソフトバンクは〜1GBの場合はミニフィットプラン、1GB以上使う場合はメリハリプランに加入するのが鉄則です。

その前提で比較すると、ミニフィットプランで1GBに抑えている人がワイモバイルに乗り換えることで、

  • 〜1GB→3GB
  • 5分→10分の無料通話

が使えるようになり2,100円安くなります

一番お得になるのが2〜10GBを利用している人。

メリハリプランの場合8,280円(準定額+込)かかっていたのが、3,680円になり、4,600円も安くなります

au「ピタットプラン 4G LTE」「データMAX 4G LTE」と比較

auの4Gプランとの料金比較は以下の通り。

▼auとの料金比較

↓スマホは左右にスクロールできます!

 au
(5分かけ放題付)
ワイモバイル
(10分かけ放題付)
〜1GB3,780円
(ピタットプラン4G LTE/
通話定額ライト2)
2,680円
(スマホベーシックS)
※3GBまで利用可
1〜3GB5,280円
(ピタットプラン4G LTE/
通話定額ライト2)
※4GBまで利用可
2,680円
(スマホベーシックS)
3GB〜7GB6,780円
(ピタットプラン4G LTE/
通話定額ライト2)
3,680円
(スマホベーシックM)
7GB〜10GB8,280円
(データMAX 4G LTE/
通話定額ライト2)
3,680円
(スマホベーシックM)
10GB〜14GB4,680円
(スマホベーシックR)
14GB〜
スマホベーシックM・Rは
最大1Mbpsで通信可

※各種割引は除いた金額です。

データ通信が1GB以下に収まる人がauのピタットプラン 4G LTEからワイモバイルに乗り換えると、

  • 〜1GB→3GB
  • 5分→10分の無料通話

になった上で、料金も1,100円安くなります

例えば7〜10GB利用している層の人は、ワイモバイルに乗り換えてスマホベーシックプランMに加入すると、4,600円安くなります。

ドコモ「ギガライト」「ギガホ」と比較

ドコモの4Gプランとの料金比較は以下の通り。

▼ドコモとの料金比較

↓スマホは左右にスクロールできます!

 ドコモ
(5分かけ放題付)
ワイモバイル
(10分かけ放題付)
〜1GB3,680円
(ギガライト/
5分無料オプション)
2,680円
(スマホベーシックS)
※3GBまで利用可
1〜3GB4,680円
(ギガライト/
5分無料オプション)
3GB〜5GB5,680円
(ギガライト/
5分無料オプション)
3,680円
(スマホベーシックM)
5GB〜7GB6,680円
(ギガライト/
5分無料オプション)
7GB〜10GB7,680円
(ギガホ/
5分無料オプション)
10GB〜14GB4,680円
(スマホベーシックR)
14GB〜60GB
スマホベーシックM・Rは
最大1Mbpsで通信可

※各種割引は除いた金額です。

ドコモの場合も7GBまでは従量制のギガライトと、それ以上は大容量のギガホと比較しています。

例えば1〜3GBの場合、ドコモからワイモバイルに乗り換えると2,000円安くなり、7〜10GGB利用する人の場合だと、乗り換えで4,000円安くなります

ワイモバイルの料金についての評判

ワイモバイルへ実際に乗り換えた人の料金についての評判が気になっている人もいると思います。ワイモバイルの料金の評判を見ていきましょう。

「大手キャリアからの乗り換えで4000円以上安くなった」

大手キャリアからの乗り換えだと、月々3,000円~5,000円ほど安くなることが多いようですね。

「家族で月々1万円以上安くなった」

家族で月々1万円以上節約できたという声もあります。

家族のスマホ代を見直したいなら、一人でなく家族でワイモバイルへ乗り換えてしまうのがおすすめですね。

まとめ:ワイモバイルならスマホ代を大きく節約できる

ワイモバイルの料金プランを解説しました。

ワイモバイルに乗り換えすれば、少なく見積もっても2年間で4万円ほどの節約が可能です。

同条件のプランで比較すると、2年間で10万円近く節約できるケースも多いです。

スマホ代を見直して、大きく節約をしたいという人はワイモバイルを検討してみると良いですね。

ちなみに:契約するならオンラインがお得です

ワイモバイルを契約するなら、オンラインでの手続きがおすすめです。

ワイモバイルのオンラインショップは

と分かれていて、まとめると以下のキャッシュバックがもらえます。

↓スマホは左右にスクロールできます!

割引などワイモバイル
(公式)
ヤフーモバイル
(代理店)
ヤングモバイル
(代理店)
【機種変更】最大3,300円
【新規・乗り換え(端末あり)】
(au・ドコモ・楽天から)
最大18,000円
※端末割引
最大5,555円
(別に最大15,840円
の端末割引あり)
最大18,000円
【新規・乗り換え(SIMのみ)】
(au・ドコモ・楽天から)
6,000円相当
※PayPay
3,300〜
11,000円相当

※PayPay
最大10,000円
【乗り換え(端末あり)】
(ソフトバンクから)
最大5,555円
最大10,000円
【乗り換え(SIMのみ)】
(ソフトバンクから)
3,000円
どこでももらえる特典3,000円相当
※PayPay
事務手数料無料3,300円3,300円

 
ということで、事務手数料まで含めて考えると、

  1. 機種変更→ワイモバイル(公式)・ヤフーモバイル(代理店)
    ※機種によってお得な方が変わります
  2. 新規・乗り換えでSIMのみヤフーモバイル(代理店)
  3. 新規・乗り換えでセットスマホを買う→ヤングモバイル(代理店)
    ※一部の機種はワイモバイル(公式)の方が安くなる場合もあり
  4. ソフトバンクからの乗り換えでSIMのみ→ワイモバイル(公式)

最もお得に契約できます。

\料金プランの相談も可能/

 

【300×250】ヤングモバイル
ヤングモバイルの解説記事で詳細を説明してます

 
新規・乗り換えの場合、15,000円(通常キャッシュバック)+3,000円(生活応援キャンペーン)を行っているヤングモバイルが、最もお得に契約できます!
※一部の機種はワイモバイル(公式)の方が安くなる場合もあり

【上記特典にプラスで3000円】

ワイモバイル契約者全員にPayPayの3,000円相当のポイントがもらえるどこでももらえる特典というキャンペーンも開催中です。

オンライン手続きは最初抵抗はありますが、契約する窓口が違うだけでお得になるので有効活用してみてくださいね!

こんな記事もおすすめ

665