このサイトについて

【2022年最新】ワイモバイルのおすすめスマホを目的別に紹介【ランキングはしません】

ゴリラ

ワイモバイルのスマホだと、どれがオススメ?乗り換えに合わせてスマホも買おうと思ってるんだけど……

ワイモバイルのスマホは、コスパ重視のラインナップです。

良いモノが揃っていますが、通好みの機種も多く、買ったあとに後悔したくないというのが正直なところだと思います。

この記事では、目的別に「ワイモバイルでおすすめのスマホ」をピックアップしました。

おすすめ機種は次の5機種です。

ちなみに…

ワイモバイルで契約するならオンラインストアが圧倒的におすすめです!

  • 事務手数料が無料(3,300円おトク!)
  • 好きな時間に契約できる!
  • 自宅にスマホやSIMが届く!

手数料も送料も無料です

 


※2022/4/1から「PayPayボーナス」の名称は「PayPayポイント」に変更されました。本文中で「PayPayボーナス」と記載があるところは「PayPayポイント」に読み替えてご参照ください。

普段使いなら「OPPO Reno7 A」

▼「OPPO Reno7 A」のおすすめポイント▼

  • 見やすい!有機ELのフラットディスプレイ
  • 軽くて持ちやすい

普段使いのスマホなら、OPPO Reno7 Aがおすすめです。

おサイフケータイ、防水、指紋認証など基本の機能を網羅。

それに加えて、フラットなデザイン、軽さ、バッテリー持ちなど、ユーザーの「欲しい」を押さえています。

海外メーカーの端末ながら、日本向けにガッツリ作り込まれていて、コスパと使いやすさを両立しています。

見やすい|有機ELのフラットディスプレイ

Reno7 A

ディスプレイは、6.4インチの有機ELです。

  • 6.4インチ 有機EL  AMOLED
  • フルHD+(2,400×1,080)
  • リフレッシュレート 90Hz

今回のモデルでは、角ばったデザインを採用し、ディスプレイは、端までフラットになっています。

フラットな方が使いやすい、と感じる方は多いようですね。

リフレッシュレートも90Hzに対応しています。高速な画面表示で、操作も滑らかです。

軽くて持ちやすい

本体の重量は、約175gに抑えられています。

4,500mAhの大容量バッテリー、6.4インチの大型サイズでこの重量は、かなり軽いです。

ユーザーの評判の高い部分ですね。

解説ページ オンラインショップ

シンプルで使いやすい「AQUOS wish2」

▼「AQUOS wish2」のおすすめポイント▼

  • 無駄なが少なくシンプル
  • マット調で手触りの良いボディ

「スマホは不便なく使えればOK」というライトユーザーには、AQUOS wish2がおすすめです。

無駄なが少なくシンプル

AQUOS wish2は「シンプルで飾らない」がコンセプトです。

おサイフケータイ・防水など基本昨日はそなえつつ、無駄を削ぎ落としたシンプルさが魅力です。

例えばカメラには、Googleが提供している軽量版のカメラアプリ「Camera Go」を採用しています。

ズーム、オートフォーカス、ポートレートなど必要な機能に絞って、撮影できます。

ディスプレイ、CPUのスペックは必要十分。その分、価格が安くスマートですね。

マット調で手触りの良いボディ

筐体には再生プラスチックを35%使用していて、マット調で手触りの良い質感です。

色合いも淡いカラーで、優しい印象を受けるデザインですね。

カラーはオリーブグリーン、アイボリー、チャコールの3色です。

解説ページ オンラインショップ

小型のXperiaなら「Xperia Ace III」

▼「Xperia Ace III」のおすすめポイント▼

  • コンパクト&独特の質感で持ち心地が良い
  • バッテリー持ちが良い

コンパクトなXperiaとして根強い人気のある「Xperia Ace」の最新モデルが、ワイモバイルでも購入できます。

前作と比べてCPUが大幅に良くなり、普段使いに十分なところまで進化しています。

コンパクト&独特の質感で「持ち心地が良い」

ディスプレイは5.5インチで、最近のスマホとしては貴重な超コンパクトサイズです。

片手でも扱いやすく、ポケットにもスッポリ収まります。

デザインは「角ばったフラット形状」と「ザラっとしたマットな質感」が特徴。デザイン・サイズに惚れ込む人が多いようですね。

バッテリー持ちが良い

超コンパクトながら、4,500mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

バッテリー持ちがよく、充電回数を減らせるのは、うれしいポイントですね。

ちなみに、Xperiaおなじみの「いたわり充電」にも対応しています。負荷をかけずにやさしく充電できるので、3年後もバッテリーの劣化が抑えられます。

解説ページ オンラインショップ

頑丈で丸洗いもできる「Android One S9」

▼「Android One S9」のおすすめポイント▼

  • タフで頑丈。ハンドソープで丸洗いもできる
  • Android Oneならではのアップデート保証

ワイモバイル限定の「Android One」シリーズの最新スマホが「Android One S9」です。

ピュアAndroidのシンプルなUI、京セラならではのタフな作りが魅力です。

タフで頑丈|ハンドソープで丸洗いもできる

Android One S9は、タフなスマホ作りが得意な京セラ製です。

耐衝撃性は、米国国防総省の調達基準「MIL規格」に準拠していて、「高さ1.22mから鋼板に製品を26方向で落下させる」みたいな、ハードな試験をたくさんクリアしています。

少々ラフに扱っても壊れにくいのは、安心ですね。

ちなみに、Android One S9は、ハンドソープでの丸洗いも可能で、いつでも清潔に保てます。

Android Oneならではの「アップデート保証」

Android One S9は、京セラが製造し、Googleブランドとして提供しているスマホです。

発売日(2022年3月24日)から24カ月間に最低1回以上のOSアップデートが保証されています。

安いスマホだと、OSアップデートが積極的に実施されないことも多いので、保証があるのは安心ですね。

解説ページ オンラインショップ

最安の価格帯なら「OPPO Reno5 A」

▼「OPPO Reno5 A」のおすすめポイント▼

  • 3,960円~で購入できる
  • カメラがすごく良い

OPPO Reno7 Aの一つ前のモデル「OPPO Reno5 A」が、ワイモバイルで安くなっています。

3,960円~で購入できる

他社からの乗り換えだと、3,960円で購入できます(2022年8月時点)。

「OPPO Reno7 A」の方が売れ行きは好調ですが、性能的にはOPPO Reno5 Aも大差ありません。

コスパ重視でスマホを選ぶなら、いま、ワイモバイルで一番オススメの端末です。

カメラがすごく良い

ミドルレンジのスマホとしては、カメラは優秀です。

  • メインカメラ:6,400万画素
  • モノクロカメラ:200万画素
  • 超広角カメラ:800万画素
  • マクロカメラ:200万画素

6,400万画素のメインレンズに、モノクロ、超広角、マクロを加えたカメラ構成です。

超広角を使えば、画角の広い引きの撮影が可能です。

コスパスマホでは超広角カメラがないことも多いので、ここはうれしいポイントですね。

またマクロレンズで、接写でもピントの合った写真が撮れます。こちらも使える場面が多く、あると便利ですね。

解説ページ オンラインショップ

iPhoneも取り扱いあり|中古品も買える

ちなみにワイモバイルでは、iPhoneの購入も可能です。

  • iPhone SE(第3世代):51,840円~
  • iPhone 12:90,000円~
  • 認定中古品⇒iPhone 8, XRなど

iPhone SE(第3世代)は乗り換えの場合、Apple公式より1万円以上安く買えます(iPhone 12は割高なので、微妙ですね…)。

その他、オンラインストア限定で「ソフトバンク 認定中古品」のiPhoneの購入も可能です。

執筆時点では、iPhone 8が480円~、iPhone XRが9,600円~となっています。

安くiPhoneが欲しい方は、このあたりも注目ですね。

認定中古品のiPhoneを見てみる(公式オンラインストア)

アウトレットも注目|掘り出し物が見つかるかも

ワイモバイルのオンラインストアでは、アウトレット品の特価販売もあります。

アウトレット品は、返品された未使用品などをクリーニング・動作確認などをして、再販売している商品です。

新品にこだわらないなら、こちらも注目ですね。

時期によっては、けっこう良い端末がラインナップされていることもあります。

オンラインストアの製品の一覧の下の方に、アウトレット品があります。

まとめ

ワイモバイルの目的別のおすすめスマホは、あらためて以下の通り。

個人的には迷ったら、OPPO Reno5 Aがおすすめです。

おサイフケータイ・防水に対応し、スペックも2022年現在のミドルレンジとして十分なものです。

超特価で販売中なので、迷ったらこちらを買ってしまうのが、お買い得だと考えています。しかし、型落ちなので、在庫がなくなり次第、販売は終わります。気になる方はお早めに。

ちなみに:契約するならオンラインストアがお得です

ワイモバイルを契約するなら、オンラインでの手続きがおすすめです。

  • 事務手数料が無料(3,300円おトク!)
  • 機種代の割引がある(最大21,600円!)

オンラインショップは、公式オンラインストアヤフー店(代理店)の2種類があって、ちょっと複雑なんですが、

  • スマホを買う
    →どっちでもほとんど変わらない(欲しい端末がある方で買う)
  • SIMだけ(新規)
    →シンプルMLなら公式
  • SIMだけ(乗り換え)
    →MLならヤフー店

ざっくり、こんな感じです。

↓左右にスクロールできます!

契約ワイモバイル
(公式)
ヤフー店
(代理店)
機種変更機種によって
端末割引あり
端末セット新規最大約2.2万円
の端末割引
乗り換えau
ドコモ
楽天から
ソフトバンク
LINEMOから
SIMのみ新規ML:6,000円
ML:5,000円
乗り換えau
ドコモ
楽天から
S:3,000円
ML:10,000円
S:3,000円
ML:最大12,000円
ソフトバンク
LINEMOから
事務手数料無料
さらにプラスで…↓↓
新どこでももらえる特典ML:最大3,000円相当
最大S:500円相当

参考:ヤフーモバイル・ヤフー店って何なん?ワイモバイルと違うの?どっちがお得なのか単刀直入にお伝えします

またどちらで契約する場合も、新どこでももらえる特典という最大3,000円相当がもらえるキャンペーンもあるので、必ずエントリーしておきましょう!

新どこでももらえる特典のエントリー

 

ヤフー店と公式の違いは解説記事で説明してます

手数料も送料も無料です

 

こんな記事もおすすめ

5013