【値上げ後も】iPhoneを安く買う方法

3万円台で買える「Xperia Ace III」は買い?前作との違いはココ

ゴリラ

Xperia Ace IIIが発売されたね!コンパクトなXperia欲しかったし、次のスマホにどうかな?

Xperia Ace IIIがドコモ、au、UQモバイル、ワイモバイルから発売されました。

Xperia Ace IIIは3万円台で購入できるXperiaで、スペックは必要十分。おサイフケータイ・防水をはじめフル装備です。

本記事では、Xperia Ace IIIの特徴、Xperia Ace IIとの違いなどを詳しく紹介していきます。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、Xperia Ace IIIは、3万円台で買えるエントリーモデルのXperiaです。

 

手頃なXperiaが欲しい人、コンパクトな機種を探している人にピッタリです。

 

前モデルから処理性能が大幅に向上し、ふつうに使えるレベルにまで進化しています。

 

このスマホの評価
価格
(4.0)
スペック
(3.0)
カメラ
(3.0)
バッテリー
(4.0)
総合評価
(3.5)

 

Xperia ace III

ちなみに……

 

スマホの契約は来店不要、頭金なし、待ち時間なしのオンラインショップがお得です!

Xperia Ace IIIはこんなスマホ

Xperia Aceシリーズは、Xperiaの最安シリーズです。今回のXperia Ace IIIも、各社3万円台で購入できます。

スペックは、スマホに多くのことを求めないライトユーザーにとっては必要十分なレベルです。

機能はおサイフケータイ、防水・防塵、5G、指紋認証と全部盛りなので、普段使いなら不便なく使えます。

サイズは、5.5インチと超コンパクトです。

「Xperia Ace II」との違いはココ

前モデルから進化したポイント・変更点は、以下のとおり。

「Xperia Ace II」との違いはココ
  • CPU性能がまともになった
  • 背面は「ザラザラ」した手触り
  • カメラは「シングルカメラ」に変更
  • 「Gorilla Glass Victus」にアップグレード

CPU性能がまともになった

前モデルから一番どこが変わったのか?と問われたら、ズバリCPUです。

前モデルのXperia Ace IIのCPUは、必要最低限に達していないものを搭載していました。操作感もかなりモッサリです。

Xperia Ace IIIでは、最新の「Snapdragon 480 5G」を搭載し、処理性能が一気に改善されました。

AnTuTuベンチマークのスコアは2倍以上の差があります。Xperia Ace IIIぐらいの性能があれば、軽めのゲームは十分楽しめます。

  • Xperia Ace II
    CPUチップ:Helio P35
    AnTuTuスコア:11万点程度
  • Xperia Ace III
    CPUチップ:Snapdragon 480 5G
    AnTuTuスコア:29万点程度

背面は「ザラザラ」した手触り

Xperia Ace IIIの背面の手触りはザラザラした質感のテクスチャー加工です。

前モデルの背面はサラサラでしたが、質感が変更されています。

側面も少し丸みのあるデザインから、少しだけフラットなデザインへ変更されました。

Galaxy、iPhoneなども一昨年ぐらいから角ばったデザインを採用していて、トレンドになっていますね。

前モデルと比較すると、サイズもデザインも少しだけ違いがあります。

カメラは「シングルカメラ」に変更

前モデルでは、広角レンズ+深度測位レンズのデュアルカメラでしたが、今回のXperia Ace IIIではシングルカメラに変更されています。

深度測位レンズは、あくまで広角レンズを補助するもので、前モデルも実際はシングルレンズに近いものでした。

今回は思い切ってコストカットがなされているようです。

撮影性能は、必要十分という感じです。

「Gorilla Glass Victus」にアップグレード

ディスプレイのガラスには、最新の「Gorilla Glass Victus」を採用しています。

前モデルのものから一世代新しくなり、さらにキズに強く、落としても割れにくくなっています。

「Xperia Ace III」のそのほかの注目ポイント・注意点

「Xperia Ace III」のそのほかの注目ポイント・注意点をまとめて見ていきましょう。

  • バッテリーの持ち時間が長い
  • 側面に指紋センサーを搭載
  • ディスプレイは液晶|解像度は低い

バッテリーの持ち時間が長い

バッテリー容量は4,500mAhです。コンパクトなサイズ感を考えると、かなりの大容量ですね。

前モデルもバッテリー持ちは強みでした。今回のモデルもバッテリー容量は据え置きです。

なお、Xperiaおなじみの「いたわり充電」はXperia Ace IIIでも利用できます。充電時の負荷を軽減し、3年後でもバッテリーの劣化を抑えられます。

電源ボタン一体式の「指紋センサー」を搭載

指紋センサーは側面にあります。

電源ボタンと一体式なので、電源オンと同時に素早くホーム画面を開けます。

最近では、ディスプレイ上で指紋認証ができる機種も増えていますが、安いスマホだと精度がイマイチなことも多いです。

実用上は、物理式のセンサーの方が安心感があるかもしれません。

ディスプレイは液晶|解像度は低い

ディスプレイは液晶で、解像度はHD+(1,496×720)です。スペックは、かなり控えめです。

有機ELで、解像度も高いスマホから乗り換えると「画面が暗い」「画面が粗い」と感じるかもしれませんね。

(そんな人はこのスマホを選ばないと思いますが……)

Xperia Ace IIIの価格は3万円台

Xperia Ace IIIの価格は以下のとおり。各キャリアともに3万円台で購入できます。

Xperia 10 Ⅳが6万円台、Xperia 1 Ⅳは19万円台と上位モデルの価格が上がっている中、この価格で買えるのはうれしい限りです。

  • ドコモ
    本体価格:34,408
    乗り換え:17,908円
    プログラム適用:26,488円
  • au
    本体価格:
    33,415円
    乗り換え:11,415円
    プログラム適用:26,335円
  • UQモバイル
    機種変更・auからの移行:33,415円
    新規:22,415円(増量オプションII加入あり)
    乗り換え:11,415円(増量オプションII加入あり
  • ワイモバイル
    本体価格:31,680円
    機種変更:24,480円
    新規・他社回線から乗り換え:13,680円

カラーはブラック、グレー、ブリックオレンジ、ブルーの全4色です。キャリアにより取り扱いカラーが異なります。

  • ドコモ
    ブラック / グレー / ブリックオレンジ
  • au・UQモバイル
    グレー / ブルー
  • ワイモバイル
    ブラック /ブリックオレンジ /ブルー

まとめ

Xperia Ace IIIは、3万円台で購入できるXperiaです。超コンパクトなサイズ感が、上位モデルにない魅力。

スペックは必要十分で、おサイフケータイ・防水をはじめ、機能はフル装備です。

2万円台~3万円台でスマホを探していて、なおかつXperiaが好きな方には、これ以上ない選択肢となりますね。

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を考えているなら、オンラインショップがお得なので、最後にかんたんに説明しておきますね。

理由は以下3点です。

  1. 頭金・事務手数料がかからない
    (auは事務手数料はかかります)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. 来店不要・待ち時間がない

金銭的メリットだけでなく、精神的にも楽ちんで普通にお得です。

また、各社とも直営の公式オンラインショップなので安心して契約できます^^

少しでもお得に契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップでかしこく手続きしてみてください。

こんな記事もおすすめ

647