9/24(金)、iPhone 13が発売!

【1円から買える】「Redmi 9T」は電池持ち抜群でライトユーザー向き|注目ポイントは4つ【レビュー】

Xiaomi「Redmi 9T」がワイモバイルなどで端末代1円~で販売中です。

エントリーモデルながら、6,000mAh大容量バッテリー6.53インチの大画面ディスプレイなど魅力は多め。

ライトに使えるスマホを気軽に手に入れたいなら、いま一番有力なスマホのひとつです。

本記事では、Redmi 9Tでとくに注目したいポイント4つと、ココは微妙という点について紹介します。

自分にとって購入に値するスマホなのか、ぜひチェックしていきましょう。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、Redmi 9Tは6,000mAhの大容量バッテリーと、エンタメ向きなステレオスピーカー・大画面が魅力の機種。

 

ワイモバイルなどで割引を使えば1円~で購入できます。気軽に使えるスマホが欲しい人なら「買い」。

このスマホの評価
価格
(4.5)
スペック
(3.0)
カメラ
(3.0)
バッテリー
(4.5)
総合評価
(4.0)

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ちなみに…

ワイモバイルで契約するならオンラインストアが圧倒的におすすめです!

  • 事務手数料が無料(3,300円おトク!)
  • 好きな時間に契約できる!
  • 自宅にスマホやSIMが届く!

また、将来LINEMOへの乗り換えを考えている人も、いったんはワイモバイルで契約して、お得にスマホを買っておくのは良きです!

 

手数料も送料も無料です

 

\さらにコスパ↑↑/


9月からついにワイモバイルでも「データくりこし」に対応しました!


データが余っても翌月にムダなく使えます!


最新の端末やキャンペーンはワイモバイル公式でチェックしてみてください〜!

Redmi 9Tの注目ポイントは4つ

Redmi 9Tで特に注目したいのが以下の4点です。

Redmi 9Tの注目ポイント
  • 6,000mAhのバッテリーで電池がめっちゃ持つ
  • ステレオスピーカーに対応
  • 6.53インチの大画面で動画干渉が捗る
  • デュアルSIM・microSDカードに対応

6,000mAhのバッテリーで電池がめっちゃ持つ

バッテリー容量は6,000mAhと破格の大容量です。Redmi 9Tの最大の魅力ともいえる部分です。

6.5インチクラスのスマホだと4,000mAhあたりが標準的。Redmi 9Tはその1.5倍ほどの容量です。

ライトな使い方なら充電なしで2日以上使っていけます。

最近のハイエンドスマホはCPUスペックが高すぎて、充電がみるみる減っていくのが一つ弱点です。

Redmi 9Tについては、格安機ゆえCPUスペックが控えめで、バッテリーの燃費が優れています

CPUの性能を落とすことでコストカットが図られていますが、SNS・Youtubeなどがメインのライトユーザーなら、むしろ便利に感じることもあるはずです。充電が少なくて済みます。

ステレオスピーカーに対応

Redmi 9Tは、ステレオスピーカーを採用しています。スピーカーは端末の上下にあります。

低価格帯のスマホとなるとモノラルスピーカーも多いですが、Redmi 9Tについてはここは妥協なしです。

▼音質の評判も上々ですね。

6.53インチの大画面で動画鑑賞が捗る

ディスプレイは6.53インチと大画面です。ゲームは厳しいものの、動画やSNSを見る分にはガツガツ使っていけます。

解像度もフルHD+(2340×1080)と標準レベル。キメ細かい映像の表示が可能です。

デュアルSIM・microSDカードに対応

Redmi 9Tは、デュアルSIM + microSDカードに対応です。

SIMIカードを2枚挿せば、2つの回線を契約して使えます。

回線品質の良いワイモバイルと、Rakuten Linkで通話無料の楽天モバイルを併用するなど、便利に使えそうです。

microSDカードは512GBまで対応。SIMスロットとの排他利用ではなく、SDカード専用スロットが用意されています。

本体のストレージは64GBと少ないですが、容量追加で対応が可能です。

その他のスペック・機能も総チェック

その他のRedmi 9Tの気になるスペック・機能もチェックしていきましょう。

  • 4,800万画素を含む4眼カメラで意外と撮れる
  • 背面は指紋の付きにくいテクスチャー加工
  • スマホで家電が動かせる「リモコン機能」あり

4,800万画素を含む4眼カメラで意外と良く撮れる

▼Redmi 9Tのカメラ

  • 4800万画素 メインカメラ
  • 800万画素 超広角カメラ
  • 200万画素 マクロカメラ
  • 200万画素 深度センサー

カメラは4800万画素を含む4眼カメラです。格安機ながら十分すぎる撮影性能を持っています。

「超広角カメラ」で引きの画の撮影ができるのもうれしいポイント。風景を広く収めたい時など重宝します。

マクロカメラもあります。接写でもピントを合わせた撮影が可能です。

背面は指紋の付きにくいテクスチャー加工

背面はザラザラした質感の加工(指紋付着防止テクスチャー加工)がなされています。指紋でベタベタにならずサラッと使えます。

背面の素材は、プラスチックです。コストカットしている部分ではありますが、軽量化に貢献してくれています。

バッテリー容量が大きいと、どうしても本体は重くなりがちです。Redmi 9Tに関しては重量198gと、6.5インチスマホとしては「気持ち重め」ぐらいに抑えています。

スマホで家電が動かせる「リモコン機能」あり

スマホが家電のリモコン代わりになる機能もあります。

Miリモートアプリから家電を登録してリモコン操作が可能です。日本の家電も、もちろん対応しています。

ただ、家電によってはオン・オフなどの基本操作のみで、リモコンとしての機能がフルで使えないこともあるようです。

手持ちの家電が上手く対応していれば、スマホに集約できるかもですね。

Redmi 9Tのここは注意|微妙なところは3つ

定価が1万円台まで下がると当然コストカットしている部分もチラホラ出てきます。このあたりは購入前に確認しておきたい注意点となります。

Redmi 9Tの注意点は以下の3点です。

Redmi 9Tのここは注意
  • CPUはややモッサリ
  • 画面が少し暗いかも
  • おサイフケータイ・5Gに非対応

CPUはややモッサリ|ゲームは厳しい

CPU性能は低めで、操作感はややモッサリです。CPUは「Snapdragon 662」とエントリークラスの600番台となります。

AnTuTuベンチマークスコアは20万点ほど(Ver.9)で、スコア的にはざっくりiPhone 7と同じくらいです。

最新ゲームを快適にプレイするのは難しめで、普段使いとしてもミドルハイ以上のサクサク使えるスマホから乗り換えるとストレスを感じるかも。

画面が少し暗いかも

画面の明るさについては、「少し暗め」という声が多いです。とくに屋外で使うとなると明るさが足りない場面が出てくるかもしれません。

ちなみに表示形式も、有機ELではなく「液晶」となります。

おサイフケータイ・5Gには非対応

おサイフケータイと5Gにも対応していません。ここもコストカットっぽい部分ですね。

なお、防水はないですが、防滴には対応しています。水没は厳しいですが、雨に濡れるぐらいなら基本問題なしです。

生体認証については、側面に指紋センサーを搭載。プラスして顔認証にも対応しています。ロック解除はストレスなくできそうです。

Redmi 9Tの価格|乗り換えで1円から買える

Redmi 9Tの価格は以下。格安SIMなどで取り扱いがあります。

▼Redmi 9Tの販売価格

↓左右にスクロールできます!

 本体価格新規・乗り換えの
キャンペーン適用時の価格
ワイモバイル21,960円1円
OCNモバイルONE16,501円1円
BIGLOBEモバイル17,424円実質1円
(Gポイント還元)
IIJmio15,180円110円
(乗り換え限定)
イオンモバイル17,380円キャンペーンなし

ワイモバイルをはじめ、OCNモバイルONEでも1円から購入が可能です。BIGLOBEモバイルはGポイント還元で実質1円となります。

乗り換えで購入するなら、端末代がほぼかからずに入手できそうですね。

まとめ

Redmi 9Tは本体価格1万円台と激安ながら、6,000mAhバッテリー、ステレオスピーカー、6.53インチディスプレイなど、価格以上のクオリティが期待できます。

コストカットゆえいくつか弱点もありますが、そこを許容できれば普通に使えてしまうスマホです。

とくにライトに使える機種を最安クラスで手に入れたいなら、今いちばん良いスマホの一つですね。

ちなみに:契約するならオンラインストアがめっちゃお得です

ワイモバイルを契約するなら、オンラインでの手続きがおすすめです。

  • 事務手数料が無料(3,300円おトク!)
  • 機種代の割引がある(最大21,600円!)
  • 好きな時間に契約できる
  • 自宅にスマホやSIMが届く

オンラインショップは、ワイモバイル公式オンラインストアヤフー店(代理店)の2種類があって、ちょっと複雑なんですが、

  • 機種変更→どっちでもほとんど変わらない
  • 新規・乗り換え(スマホを買う)→どっちでもほとんど変わらない
  • 新規・乗り換え(SIMだけ)→タイムセールを毎日やっているワイモバイル公式が契約しやすい

ざっくり、こんな感じです(ぶっちゃけ最近は、どっちでもあんまり変わらないくらい条件良きです^^)。

もっと詳しく知りたい人は、以下をご参考に。

↓左右にスクロールできます!

契約ワイモバイル
(公式)
ヤフー店
(代理店)
機種変更機種によって
端末割引あり
3,300円
端末セット新規最大21,600円
の端末割引
最大5,555円

端末割引あり
乗り換えau
ドコモ
楽天から
ソフトバンクから最大5,555円
SIMのみ新規ML:7,000円
タイムセール時
以外は5,000円
M:5,000円
L:7,000円
乗り換えau
ドコモ
楽天から
ソフトバンクから
事務手数料無料
さらにプラスで…↓↓
新どこでももらえる特典ML:3,000円相当
S:500円相当
※PayPay

また、どちらで契約する場合も、新どこでももらえる特典というクーポン(ヤフー店が発行)があるので、必ず使うようにしましょう!

手数料も送料も無料です

 

SIMのみ最大10,000円キャッシュバック

 

もっともお得に契約する条件は解説記事で説明してます

こんな記事もおすすめ

130