このサイトについて

「Rakuten Hand 5G」のスペックレビュー|旧モデルとどこが変わったか細かく比較

値下げ情報!

2022年10月現在、39,800円19,901円に約1万円値下げされています。

 

さらにポイント還元で、最安1円で購入できるようになっています。

最新の価格、ポイント還元をチェック(公式サイト)

ゴリラ

「Rakuten Hand 5G」ってどう?前のモデルとどこが変わったの?

スリム&コンパクトで人気の高かったRakuten Handが、5G対応モデルとして、再び発売されました。

5G対応のほか「デュアルeSIM」に対応するなど、さらに個性を増しています。

本記事では「旧モデルと、どこが変わったのか」を中心に、Rakuten Hand 5Gを詳しくレビューします。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、Rakuten Hand 5Gは「デュアルeSIM」「5G対応」「カメラの強化」が進化したポイントです。デザイン・サイズは旧モデルとほぼ共通です。

 

デュアルeSIM・5Gが欲しい方にオススメですが、旧モデルが断然安いので、こちらも合わせて検討するのが良さそうです。

このスマホの評価
価格
(3.0)
スペック
(3.0)
カメラ
(3.0)
コンパクトさ
(5.0)
総合評価
(3.5)

ちなみに…

 

楽天モバイルでは端末を買って最大2.4万ポイント還元の還元キャンペーンをやってます!
対象iPhone / 対象Android

 

\一度は契約しないと損/

 

iPhone 14

 

2022年11月、楽天モバイルのiPhone 14、iPhone 14 Plusが早くも値下げされました!

 

関連 今回も楽天モバイルのiPhone 14がお得でした

 

ちなみに最新の在庫、入荷待ち状況は在庫状況一覧ページで確認できます!

Rakuten Hand 5Gで変わったのはココ

Rakuten Hand 5Gで進化したポイントは、主に以下の3点です。

Rakuten Hand 5Gで変わったのはココ
  • デュアルeSIMに対応
  • カメラ性能が進化(ナイトモードにも対応)
  • 5Gに対応

それぞれ詳しく見ていきましょう。

デュアルeSIMに対応

今回とくに注目なのが「デュアルeSIM」への対応です。

旧モデルに続き、SIMスロットなしで、eSIMのみに対応。

今回はさらに「eSIMを2つ設定可能」という尖った仕様になっています。楽天オリジナルとして、個性を突き詰めていますね。

例えば、格安SIMの「iiJmio」には、eSIMのデータ通信専用で「月額660円で4ギガ」のプランなどがあります。

このあたりと組み合わせると、

  • 通話は「Rakuten Link」を使って0円でかけ放題
  • データ通信はeSIMの安いプランを契約

といった使い方が可能です。

eSIMを使って、極限まで節約した使い方ができるのは、ひとつ魅力ですね。

通信・通話を使うためには、通常だと各携帯電話会社が提供する「SIMカード」が必要です。ほとんどのスマホに挿さっています。

一方、eSIMは、本体にあらかじめ埋め込まれた本体一体型のSIMです。

SIMの挿し替えに相当する作業がSIM情報の書き換えのみで済みます。オンライン申し込みからスピーディーに開通が可能です。

カメラ性能が進化|ナイトモードにも対応

スペック面で特に強化されているのが、カメラです。

メインカメラは、旧モデルから「4,800万画素⇒6,400万画素」に進化。

また撮影モードには、ナイトモードにも対応しました。

ただ旧モデルと比べると確かに進化していますが、カメラがすごく強い機種ではないのでそこは注意ですね。

5Gに対応

チップセットには「Snapdragon 480」を搭載。5Gでの通信に対応しました。

各キャリアの5Gエリアもじわじわと広がってきています。「次買うなら、5Gスマホが良いかも」という方も多いはず。

ちなみに、楽天モバイルの5Gエリアは、現状はかなり狭いエリアに限定されています。

他の3キャリアに比べると、出遅れている感じは否めません。

5Gをすぐ使いたいなら、他のキャリアをeSIMで契約する必要が出てくるでしょう。

旧モデル「Rakuten Hand」とスペックを詳しく比較

旧モデルの「Rakuten Hand」とスペックを比較すると、以下の通りです。

↓左右にスクロールできます!

 Rakuten Hand 5GRakuten Hand
サイズ横:約63mm
縦:約138 mm
厚さ:約9.5mm
横:約63mm
縦:約138 mm
厚さ:約9.5mm
重量約138g約129g
CPUSnapdragon 480Snapdragon 720G
RAM+ROM4GB+128GB4GB+64GB
ディスプレイ約5.1インチ 有機EL
HD+
約5.1インチ 有機EL
HD+
メインカメラ広角:約6,400万画素
深度測位:約200万画素
広角:約4,800万画素
深度測位:約200万画素
フロントカメラ約1,600万画素約1,600万画素
バッテリー容量2,630mAh2,750mAh
生体認証画面内での指紋認証
顔認証
画面内での指紋認証
顔認証
SIMタイプデュアルeSIMeSIM
OSAndroid 11Android 10

前モデルと変わったところを、詳しく見ていきましょう。

デザインは旧モデルとほぼ共通|僅かに重くなった

デザインは、前モデルとほぼ同じで、おサイフケータイのマークと楽天のロゴの配置が逆になったぐらいです。

サイズは前モデルと全く同じで、片手で握れるスリムなサイズ感はそのままです。

公式ページによると、Rakuten Hand 5Gは日本で発売されている5G対応スマホでいちばん横幅がスリムな端末とのこと。

なお重量については、「約129g⇒約138g」と旧モデルから少し重くなっています。

ストレージは128GBに増量

ストレージは、64GB⇒128GBと強化。旧モデルと同様に、micro SDカードスロットはありません。

バッテリー容量はわずかにダウン|電池持ちは期待できそう

バッテリーは、「2,750mAh⇒2,630mAh」とわずかに容量ダウンしています。この程度であれば、電池持ちにほぼ差はないはずです。

ちなみに「Rakuten Hand」のバッテリー持ちの評判は上々です。

Rakuten Hand 5Gも電池持ちは期待できそうです。

OSバージョンに差がある

Rakuten Hand 5GのOSは「Android 11」です。

Rakuten Handは発売当初の「Android 10」のままです。

ちなみに、楽天モバイルのオリジナル製品は、Rakuten mini、Rakuten Hand、Rakuten BIGなど全製品で、執筆時点でOSアップデートが一度も来ていません

今後も楽天オリジナル製品は、発売後、OSアップデートは実施されない可能性が高いです。

Rakuten Hand 5Gの価格は29,900円

Rakuten Hand 5G製品価格は39,800円です。

値下げ情報!

2022年10月現在、39,800円19,901円に約1万円値下げされています。

 

さらにポイント還元で、最安1円で購入できるようになっています。

最新の価格、ポイント還元をチェック(公式サイト)

カラーはホワイト、ブラック、クリムゾンレッドの3色。旧モデルと同じバリエーションです。

まとめ

「デュアルeSIM」「5G対応」「カメラの強化」の3つが、Rakuten Hand 5Gで主に進化したポイントです。

最大の魅力であるところの、サイズ感については、新旧どちらを選んでも変わりません。

Rakuten Handが値下げしてかなり安くなっているので、正直なところお得感があるのは「Rakuten Hand」の方です。

とくに、デュアルeSIM・5Gが不要な方は、旧モデルも合わせて検討してみるのがおすすめですね。

ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

ちなみに:期間限定キャンペーンも実施中

楽天モバイルでは、以下のキャンペーンを実施中です!

↓左右にスクロールできます!

キャンペーン内容
①誰でも
3,000ポイント
3,000ポイント還元
②端末購入で
ポイント還元
最大16,000ポイント還元
対象iPhone
対象Android
③iPhone
購入プログラム加入で
5,000ポイント還元
④SIMのみ
契約でポイント還元
5,000ポイント還元
⑤楽天ひかりが
1年無料
最大6万円相当還元
解説記事

自分がもらえるポイント数をチェックする

ゴリラ

iPhone 14、キャリアの中では最安で、ポイント還元もあるんだ!最大2.4万ポイントは猛烈〜!!

最新の価格や在庫は公式サイトを確認してみてくださいね!

\一度は契約しないと損/

 

こんな記事もおすすめ

2321