このサイトについて

これがベスト。かえトクプログラム加入者の機種変・乗り換え・解約方法まとめ!

2021年9月16日で新規加入は終了

かえトクプログラムの加入受付は終了しました。

現在は後継のスマホトクするプログラムに加入できます。

 

※過去のプログラムは別記事でまとめています。

ゴリラ

auの「かえトクプログラム」に入ってるんだけど、損せずに機種変更する方法を知りたい。ちなみに、乗り換えとか解約ってできるの?

auで2020年2月から21年9月まで受け付けていた「かえトクプログラム」に入っている人は、そろそろ機種変更や乗り換え、解約を考える時期かもしれませんね。

この手の購入プログラムは入り口よりも出口がめっちゃ大事です。

この記事ではプログラムの内容を復習をするとともに、機種変更・乗り換え・解約…すべてのパターンで一番、損をしない方法を紹介します。

正直な結論
かえトクプログラムで一番損をしない(得になる)のは25ヶ月目に機種変更をする場合です。

 

しかし、

  • 13ヶ月目以降であれば、いつでも特典を使って機種変更できる
  • 25ヶ月目以降でも、端末を返却すれば、それ以降の支払いは免除される(早ければ早いほど、免除額は大きい)
  • 加入者が途中で乗り換えや解約することもできる

ちなみに…

auで契約するなら

  • 頭金(3,000~1万円)なし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

auオンラインショップがおすすめです!

 

\自宅でサクッと機種変更/

 

\知っておくのはこれだけでOK/

au 機種変更 お得に

 

最新の情報をもとに、auでお得に機種変更する方法をまとめてます。

 

【数万レベル】auの機種変更をお得にする裏技的方法を教えます^^

【復習】かえトクプログラムは「2年後のスマホ返却で支払い免除」のサービス

「かえトクプログラム」をサクッと復習しておきます。

かえトクプログラムは「新しく買った機種を、2年後には下取りする前提で割賦支払金が決定されるプログラム」です。

ゴリラ

ちょ、いきなり何言ってんのかわかんないゾ

まぁ慌てなさんな。

あるスマホを買って2年間(24ヶ月)使うと、その中古スマホにはいくらかの価値が残っており、中古市場で取引されます。

この性質を利用して「auで買ったスマホを2年後に買い取らせてもらう代わりに、分割金を安くしますね」というシステムです。

かえトクプログラムは毎月の支払いが安くなる

例えば、ふつうにiPhone11(96,600円)を24回の分割で買うと、以下のようになります。

96,600円のiPhone11を普通に購入した場合

 

96,600円÷24ヶ月=4,025円/月 ←毎月の支払い

しかし、かえトクプログラムを利用すると以下のようになります。

96,600円のiPhone11をかえトクプログラムで購入した場合

 

  • 24回目の支払い額(38,640円分)が先に決定
  • 57,960円(96,600円-38,640円)÷23ヶ月=2,520円/月 ←毎月の支払い
  • 23回支払って返せば、24回目(38,640円分)の支払いはなしでOK!

これ、見方を変えると、2年間、57,960円でiPhone11を「借りていた」と考えることもできますし、2年経って38,640円で「下取りに出した」と考えることもできます。

【加入者向け】機種変更するときの選択肢

かえトクプログラム自体は無料なので、基本、何も考えずに入ってもOKだったんですが、出口がめちゃ大事です

まず、プログラムに加入している人は、My auにアクセスして、「ご利用機種情報」>「分割契約の確認および一括清算」で、

  • 前回の機種変更の日付
  • 支払い回数、残額

を確認しましょう。

au プログラムの確認

その上で、今回の機種変更で

を判断しましょう。

選択肢① プログラムを使う(機種変更する)

これが一番ベーシックな対処方法です。

25ヶ月目になったら(23回払ったら)、スマホを返却して機種変更することで、残りの分割代金が免除されます。

さっきのiPhone11の例だと、本来は99,600円のところを57,960円の支払いで済んだので、差額の38,640円の支払いが免除されます。

25ヶ月目以降の人も返却した月以降の支払いが免除

ゴリラ

僕、すでに25ヶ月を過ぎてるだけど、どうなるの?

25ヶ月目に機種変更しなかった人は、残価として設定された金額が、さらに24回に分割されて、支払いが続いているはずです。

さっきのiPhone 11の例だと、38,640円÷24回=1,610円/月 の支払いが継続します。

かえトクプログラム

なんで、25ヶ月目以降の場合は、早く返却すればするほど、免除される金額は大きくなります。

ただし、機種変更すれば、また新しいスマホの分割払いが始まることは、頭にいれておいてくださいね。

また、「プログラム縛りから抜け出したい!」という人は、今回の機種変更は一括で購入されることをおすすめします。

メリット
  • 端末代金の免除を受けられる(上の例だと40%免除)
  • 常に最新のスマホを持ち続けられる
デメリット
  • 端末を返却しないといけない
  • 新しい端末の支払いがまた始まる
  • auで新しい端末を買うことが条件なので、他社に乗り換えづらい

選択肢② プログラムを使わない

「機種変更はするけど、端末は返したくない」「自分で買取先を探したい」という人は、特典を使わずに機種変更することもできます。

プログラムを使わなければ端末の返却は不要ですが、もちろん24回目の支払いは必要になります。

プログラムを使わない方法

機種変更時にかえトクプログラムの利用を申請しなければ、利用せずに機種変更できます。

また、2年(25ヶ月目)では機種変更しない人は、先述のとおり、24回目の支払いが自動でさらに24回に分割されます。

2年で機種変更しない場合も、24回目でドカッと請求されるということはないので、安心してください。

その後、好きなタイミングで機種変更して端末を返せば、残りの支払いは不要になります。

もちろん、4年間使い切ってもOKです。

メリット
  • 端末を返却する必要がない
  • 25ヶ月目で機種変更しない人も好きなタイミングで機種変更できる
デメリット
  • プログラムを使わずに機種変更すると、24回目が高額な請求になる
  • (支払いの免除がなくなる)

「プログラムを解約したい、辞めたい」→そもそも「解約」という概念がない

ゴリラ

プログラムを解約したいんだけど?

という質問をよく受けるのですが、そもそもこのプログラムには「解約」という概念がありません。

ただし、端末代金の残債を全て支払ってしまえば、プログラムは「終了」します。

「端末を返したくない」場合や、以下で紹介する「他社でスマホを買う」ときは、残債を精算してしまえば、プログラムをやめられます。

auのスマホの残債の精算方法

「My au」またはアプリを起動>「ご請求額」>「請求や支払い方法の変更」>「請求・支払関連のお手続き」の「お支払い」>「料金のお支払い」の「分割支払残額の確認・一括精算」で申込み

【加入者向け】途中で乗り換えや解約をする場合

また、加入者が途中で他社に乗り換えたい場合やau自体を解約したい場合は、以下のような選択肢があります。

  • 他社で新しいスマホを買う
  • auのスマホを他社でも引き続き使う

他社で新しいスマホを買う

かえトクプログラムはauをやめても、auで端末の支払いを続ける限りは、特典を使う権利を引き継げます

しかし、特典を使う条件は「auに端末を返して、新たにauでスマホを買うこと」です。

なんで、他社で新しいスマホを買う人は、基本的にかえトクプログラムの特典は使えません。

MEMO

auは端末単体でも買えるのですが、他社でスマホを買ったあとに、特典を適用するためだけに、auでさらに新しいスマホを買うのはムダなので、おすすめしません。

結論、他社の乗り換える場合は、残債を支払ってauから買い取ってしまい、どこか別の場所で売却するのが良いでしょう(もちろん、手元に残しておいてもOK)。

ドコモソフトバンク楽天モバイルなどでは、auのスマホの下取りも行っています。

auのスマホを他社でも引き続き使う

前述のとおり、「プログラムは入ったままauだけ解約」することはできます。

解約・他社への乗り換えをしても、auで分割払いを続ければ、特典を受ける権利は引き継げます。

なので、auのスマホをそのまま使う場合は、とりあえずauの分割払いは続けた方が良いでしょう。

auは2021年6月から、他社ユーザー(auを契約していない人)でも、auオンラインショップで、端末の購入ができるようになりました。

つまり、

  • auでかえトクプログラムに入る
  • 途中で他社に乗り換える ←イマココ
  • (auへの分割の支払いは続ける)
  • auで23回支払って以降、auで端末だけ購入&auにスマホを返す

ことで、将来、かえトクプログラムの特典を受けることができます。

auで端末のみを買う方法は以下の記事でまとめています。

かえトクプログラムはpovo2.0やUQモバイルにも引き継げる

他社に移行してもプログラムの権利は引き継げるので、「povo2.0」や「UQモバイル」にも引き継ぐことができます。

povo2.0、UQモバイルに移ったあとに特典を使う場合も、auオンラインショップで機種変更(白ロム購入)をして、端末を返せばOKです。

13ヶ月経てば特典をつかって機種変更できる

ゴリラ

今、1年しか経ってないけど機種変更したい…

結論、前の機種変更から13ヶ月以上経っていれば、特典を使って機種変更することができます(21年9月にプログラムの新規加入は終了しているので、現時点ですべての人にプログラムを使う権利があります)。

しかし、その場合、以下の点に注意しましょう。

  • 支払いが不要になるのは24回目の支払い分だけ
  • 23回目までは返してしまったスマホの分割払いも続く

早く機種変更したからと言って、残りの支払いが、全部免除されるわけではありません

例えば13ヶ月目に機種変更して、スマホを返したとしても、残り1年間はそのスマホの分割払いを続けなくてはいけません。

つまり、新しいスマホも分割で買う場合は、古いスマホとの二重払いをする必要があります。

ゴリラ

二重ローンは気持ち的に嫌だな。何かいい方法はないの?

例えばですが…早めに機種変更するときは、残りの支払いを一括で済ませてしまって、下取りプログラムを使うのも方法です。

1年での買い替えとなれば、スマホにはそれなりの価値が残っているので、高値で下取りしてもらえる可能性が高いです。

かえトクプログラムで返却する方法

かえトクプログラムを利用して特典を受ける場合は、

  • 店舗での回収
  • 指定窓口への郵送での回収

ができます。

郵送の場合、1週間程度で届く回収キットにスマホを入れて返却します。

以下の郵送での下取りの手順も参考になると思います。

まとめ

最後に、加入者が一番損しない方法をまとめておくと、

  • 機種変更する
    →25ヶ月目(23回支払ったあと)が一番、支払い免除の金額が大きい
  • 機種変更しない
    →そのまま使い続ければOK
    (ムダな機種変更をしないことが一番損をしません)
  • 他社に乗り換える・auを解約する
    →他社でスマホを買うなら、auから買い取ってしまい、別の場所で売却する(かえトクプログラムは使わない)
    →auのスマホをそのまま使うなら、将来、auで端末だけを買う&返却でプログラムを使うのもあり

こんな感じです。

ちなみに:契約するならauオンラインショップがお得です

auで契約を検討しているのであれば、店舗で契約するよりもauオンラインショップで契約した方がお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下4点です。

  1. 頭金がかからない(最大1万円くらいお得
  2. オプションに加入する必要がない
  3. 待ち時間がない
  4. 店員から営業を受けなくて済む

金銭的なメリットだけじゃなく、精神的メリット(待ち時間なし、営業なし)もあり、普通にオススメです!

ぜひ、オンラインショップでお得に契約してくださいませm(_ _)m

\自宅でサクッと機種変更/

 

こんな記事もおすすめ


ゴリラ

この記事はここまでなんだけど、実はこの記事は「かえトクプログラムは入った方がいいの?」っていう記事を、あとで書き直したんだ!以下は、そのときの内容だけど、もしかしたら参考になるかもだから、残しておくよ〜!

かえトクプログラムが得か損かは誰もわからない

かえトクプログラムがお得になるかどうかのポイントはズバリ、免除される額が妥当かどうかにかかっています。

au 製品価格一覧

Galaxy S20の例をみてみましょう。

Galaxy S20の場合
  • 本来の支払い総額:117,480円
  • かえトクプログラム適用による実質負担金:68,425円
  • 2年後本体返却により免除される料金:49,055円

もし2年後に、GALAXY S20を中古スマホショップやネット買取で49,055円以上(例:60,000円)の値段がつくのであれば、かえトクプログラムだと損ということになります。

逆に、49,055円未満(例:30,000円)でしか売れないのであれば、かえトクプログラムを使った方がお得になります。

とはいっても、2年後のスマホの相場なんて誰もわかりません。

ゴリラ

ってことは、今の段階では損か得かはわからないってことだね…。じゃ、どうすればいいの?

賢い使い方は「とりあえず買って2年後考える」

結局、かえトクプログラムをどのように利用するのが一番賢いのでしょう?

僕の考えでは「とりあえずかえトクプログラムを利用してスマホを購入し、2年後に考える」で大丈夫です。

  • とりあえずauでスマホを買う場合はかえトクプログラムを利用して、24回払いで購入する
  • 23回払ったとき(2年後)に「手元のスマホの状態」「新機種の魅力」などでどうするか判断する

かえトクプログラムが得か損かわかりにくい理由は、「2年後」という不確定な未来について考える必要があるからです。

2年後に

  • 自分のスマホがどのくらいボロくなっているか
  • 自分のスマホの相場はいくらくらいか?
  • 魅力的な新機種があるか?
  • 自分の懐具合はどうか?
  • その時にどのくらいの頻度でスマホを使っているか?

という要素を予想するのは非常に難しいです。

であればとりあえず、かえトクプログラムを利用してスマホを購入してしまいましょう。

2年経って「あまりにも手元のスマホに不満がある」場合は下取りに出してしまえばいいし「それほど不満はないし、それほど魅力的な機種はない」場合には同じスマホを使い続けるのがよいでしょう。

デメリットは「割引と紛らわしい」ことくらい

ここまで読んでいただければわかると思いますが、かえトクプログラムは「スマホの割引」というよりは「下取りプログラム」に近いです。

2年後に、数万円の価値があるスマホを数万円で買い取る約束をするようなものなので、割引ではないのですが、ひょっとすると店頭やWebページで「auスマホを割引で買える!」のような表現を見かけるかもしれません。

(もしかしたら、この記事もそのようなニュアンスになってしまってるかも…)

スマホを割引で買える感はあるのですが、実際は下取りで安くなるということに注意しましょう。

ゴリラ

割引だろうが、下取りだろうが、負担額が同じなら問題なし!

という人の方が大半だと思うので、かえトクプログラムは加入の時点ではデメリットなしと言い切っていいでしょう。

動画でも解説しました

かえトクプログラムを動画でも解説しています。

おかげさまでたくさんの方に見ていただけています!よろしければ、チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

まとめ:かえトクプログラムは「とりあえず入っておいて損はなし」

かえトクプログラムについてまとめると

  • 24回払いでスマホを買って、2年後の機種変更で端末を返すと残りの支払いが免除
  • スマホ割引というよりは、スマホの下取りに近い
  • とりあえず「かえトクプログラム」を利用して購入し、どうするかは2年後に考えればよい

という感じでした。

いずれにしても、最新機種をできるだけ手軽に使えるように設けられているプログラムなので、効果的に利用して、お得に最新機種を使ってみてくださいね!

\自宅でサクッと機種変更/

 

120870