このサイトについて

2022年最新 auのおすすめスマホを目的別に紹介【ランキングはしません】

ゴリラ

auで次の機種変更、どのスマホを選ぶか迷ってる。最新だと、どの機種がおすすめなのか知りたい。

機種変更で「どのスマホを選べば良いのか、よく分からない」と悩んでいるか方も多いのでは。

そこで本記事では、目的別に「auでおすすめのスマホ」をピックアップしました。

ユーザーの評判を交えながら、正直なところをレビューしていきます!

auのおすすめスマホ6選

ちなみに…

auで契約するなら

  • 頭金(3,000~1万円)なし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

auオンラインショップがおすすめです!

 

\自宅でサクッと機種変更/

 

\知っておくのはこれだけでOK/

au 機種変更 お得に

 

最新の情報をもとに、auでお得に機種変更する方法をまとめてます。

 

【数万レベル】auの機種変更をお得にする裏技的方法を教えます^^

コスパ最強の「Google Pixel 6a」

  • 発売:2022年7月28日
  • 価格:53,270円

▼Google Pixel 6aのおすすめポイント

  • ハイエンドに迫るカメラ性能
  • 文字起こしの機能が凄い

最新でもっともコスパの良いスマホを探しているなら、Google Pixel 6aがおすすめです。

ハイエンド並のカメラ性能、Google Tensorによる抜群の処理性能を持つスマホが、5万円台で購入できます。

円安でスマホの価格が高騰気味な中、性能は頭一つ抜けています。

ハイエンドに迫るカメラ性能

Googleならではの画像処理を活かしたカメラは健在です。

イメージセンサーは上位モデルのPixel 6ではなく、先代のPixel 5と同じですが、Google Tensor(Google独自のチップ)搭載で、画像処理はさらに進化しています。

Pixel 5の時点でカメラは超ハイエンドだったので、さらなる進化となると期待値は高いですね。

「文字起こし」の機能が凄い

Pixel 6で話題になった「文字起こし」にも注目です。発話とほぼ同時に、高精度な文字起こしができます。

議事録、インタビュー、講義のメモなど、仕事にも勉強にも使える機能です。

以下はPixel 6に関するツイート。

ちなみに、文字起こしは、Youtubeなどスマホ内の音にも使えて、同時翻訳も可能です。

海外の動画も、文字起こし&同時翻訳を使えば、ざっくり意味が理解できます。

解説ページ オンラインショップ

バッテリー持ちが抜群の「Xperia 10 IV」

  • 発売:2022年7月8日
  • 価格:69,985円

▼Xperia 10 IVのおすすめポイント

  • バッテリー持ちがすごく良い
  • 縦長のディスプレイが便利

個性派のミドルレンジを望むなら、Xperia 10 IVがおすすめ。

知名度があるXperiaブランド、縦長ディスプレイ、えげつないバッテリー容量など、意外と個性派です。

5,000mAhバッテリーのスマホで世界最軽量、手に馴染みやすい約6.0インチのサイズ感も魅力ですね。

バッテリー持ちがすごく良い

バッテリー容量は5,000mAhです。約6.0インチのコンパクトなスマホとしては、破格の大容量です。

実際のバッテリー持ちもかなり良いようです。

ちなみに、前作のXperia 10 IIIからバッテリーは500mAh増量されていますが、重量は8gも軽くなっています。

バッテリーが大きいとどうしても重くなりがちですが、両立しているのは貴重ですね。

縦長のディスプレイが便利

Xperia 10 IVは、21:9の縦に長いディスプレイです。

Xperiaではお馴染みですが、他のスマホと比べると、ここも個性の強い部分。

Webページや、Twitterなど縦にスクロールするものは、一度にたくさん表示できて見やすいです。

画面分割が快適になるのもメリットで、分割した画面が潰れずに表示できます。マルチタスクが捗りますね。

解説ページ オンラインショップ

スペック重視なら「Galaxy S22 Ultra」

  • 発売:2022年4月21日
  • 価格:178,820円

▼Galaxy S22 Ultraのおすすめポイント

  • 現行スマホのフルスペックを装備
  • Sペンでメモやお絵描きができる

スペック重視なら、Galaxy S22 Ultraがおすすめです。

Quad HD+・120Hzのディスプレイ、1億800万画素・100倍望遠のカメラ、SoCに「Snapdragon 8 Gen 1」と、まさにフルスペックです。

現行スマホのフルスペックを装備

Galaxy S22 Ultraのスペックをまとめると、以下の通りです。

▼カメラ

  • メインカメラは1億800万画素
  • 最大100倍ズーム

 

▼ディスプレイ

  • 6.8インチの有機EL
  • 解像度は「Quad HD+(3,088 x 1,440)」
  • 最大120Hzのリフレッシュレート

 

▼SoCチップ

  • 「Snapdragon 8 Gen 1」
  • AnTuTuベンチマークは90万点超

Galaxyのハイエンドの中でも、さらに性能を突き詰めています。

カメラは100倍ズームに対応しています。普段の写真も、1億800万画素でめちゃくちゃキレイに撮れます。

ディスプレイは6.8インチの超大画面です。解像度がQuad HD+にまで対応するスマホは、なかなかないですね。

「Sペン」でメモやお絵描きができる

Galaxy S22 UltraはSペンが使えて、本体に収納も可能です。

メモを取ったり、お絵描きをしたりと色々使えます。

タブレットのように画面は大きくありませんが、いつも持ち歩くスマホでSペンが使えるのが何よりのメリットです。

解説ページ オンラインショップ

カメラが楽しい「Xperia 1 IV」

  • 発売:2022年6月3日
  • 価格:192,930円

▼Xperia 1 IVのおすすめポイント

  • ソニーならではのカメラが楽しい
  • 4K解像度のディスプレイが綺麗

カメラのワクワク感で、スマホを選ぶなら「Xperia 1 IV」がおすすめです。

Xperia 1 IVなら、ソニーのデジタル一眼「α」を踏襲したカメラを、スマホとして持ち歩けます。

価格は最高級ですが、それに見合うだけのクオリティが詰めこまれています。

ソニーならではのカメラが楽しい

カメラアプリは「Photography Pro」が使えます。

ソニーのデジタル一眼カメラ「α」と同様の操作で、フォーカス、シャッタースピード、露出、ISO感度などを調整できます。

瞳AF、リアルタイムトラッキング、高速連写など「α」譲りの機能もあります。

4K解像度のディスプレイが綺麗

Xperia 1 Ⅳ

ディスプレイのクオリティが非常に高いのも、Xperia 1 IVの大きな特長です。

解像度は、4Kに対応しています。

スマホの小さい画面でそこまで必要か?という話もありますが、画質はめちゃくちゃ綺麗です。

解説ページ オンラインショップ

軽くて使いやすい「AQUOS sense6s」

  • 発売:2022年4月28日
  • 価格:40,470円

▼AQUOS sense6sのおすすめポイント

  • 本体がめっちゃ軽い
  • ミドルレンジとしては価格が安い

ミドルレンジで、安くてちょうど良いスマホが欲しいなら、AQUOS sense6sがおすすめ。

そこそこの処理性能、おサイフケータイ・防水対応、トリプルレンズカメラと、欠点のない仕様です。

AQUOS senseシリーズの売れ行きは国内トップクラスです。ユーザーの評判が高いのも安心できる要素ですね。

ミドルレンジとしては価格が安い

ミドルレンジのスマホの中では「Xperia 10 IV」とガッツリ競合しますが、価格はAQUOS sense6sが3万円近く安いです。

  • AQUOS sense6s:40,470円
  • Xperia 10 IV:69,985円

昨今のスマホの価格を考えると、正直かなり安いです。

本体がめっちゃ軽い

重さは156gでめちゃくちゃ軽いです。

AQUOS sense6sは、誰にでも使いやすく、目立った個性は少ないですが、ここは一つ大きな特長。

サイズもコンパクトなので、ポケットに入れて、気軽に持ち歩けます。

解説ページ オンラインショップ

最安クラスを狙うなら「arrows We」

  • 発売:2022年1月14日
  • 価格:26,180円

▼arrows Weのおすすめポイント

  • CPUがこの価格帯だと優秀
  • シニア・スマホデビューに安心の機能

最安クラスの価格帯で選ぶなら、おすすめは「arrows We」です。

価格は26,180円で”最安”ではないのですが、スペック・機能を考えると、auで選ぶならこちらがベストになるかと。

ノーマルで穴がなく、2万円台ながら普通に使えてしまいます。

CPUがこの価格帯だと優秀

CPUには「Snapdragon 480 5G」を搭載。

これまで2万円台となると、「CPU性能が弱く、モッサリしたものを妥協して使う」のが普通でした。

「arrows We」ではそこそこ優秀なチップを積んでいるので、ゲームはキツいですが、普段使いなら問題なく使えます。

シニア・スマホデビューに安心の機能

シニアやスマホデビューの方が、迷わず使えるサポート機能がたくさん盛り込まれているのも特徴です。

「シンプルモード」に切り替えると「らくらくスマートフォン」や「かんたんスマホ」のような、大きなアイコンの表示になります。

そのほか、迷惑電話対策、フィッシング詐欺警告、ブザーなど防犯のための機能も充実しています。

両親のスマホや子どもの最初のスマホなど、使いやすく価格も抑えめの機種が欲しいなら、arrows Weは筆頭の候補になりそうです。

解説ページ オンラインショップ

まとめ

auのおすすめスマホ6機種を紹介しました。

▼auのおすすめスマホ6選▼

もしどうしても迷ったら、Google Pixel 6aがおすすめです。

ハイエンド並のカメラ・処理性能で、53,270円はかなりの割安です。

ユーザー、レビュワーともに評判が高く、現状出揃っている2022年のスマホとしては、コスパは一番良いと感じます。

価格もそれなりに抑えつつ、クオリティの高いものを手にしたいなら、Google Pixel 6aが満足度が高そうです。

コスパスマホの中からおすすめを厳選しました!

ゴリラ

お手頃価格でおすすめのスマホだけ教えて!

という声をたくさんいただきましたので、コスパの良い低価格モデルに絞ったおすすめ記事も書きました〜!

随時、最新の情報に書き換えているので、ぜひ、こちらも参考にしてください。

ちなみに:契約するならauオンラインショップがお得です

auで契約を検討しているのであれば、店舗で契約するよりもauオンラインショップで契約した方がお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下4点です。

  1. 頭金がかからない(最大1万円くらいお得
  2. オプションに加入する必要がない
  3. 待ち時間がない
  4. 店員から営業を受けなくて済む

金銭的なメリットだけじゃなく、精神的メリット(待ち時間なし、営業なし)もあり、普通にオススメです!

ぜひ、オンラインショップでお得に契約してくださいませm(_ _)m

\自宅でサクッと機種変更/

 

こんな記事もおすすめ

16045