このサイトについて

【2021年最新】auのおすすめスマホを目的別に紹介【ランキングはしません】

ゴリラ

次の機種変更でどのスマホを選ぼうか迷ってる。後悔しないように自分に合った機種を選びたい。

機種変更のたびに「どのスマホを買うべきか」ですごく悩んでしまう人、多いと思います。

大きな買い物だし、向こう2年は使うし、失敗したくない」というのが正直なところだと思います。

しかし、いざ公式サイトやレビューを見て比較をしても、結局「ピンとこない」と感じることもありますよね。

そこで本記事では、目的別に「auでおすすめのスマホ」をピックアップしました。

目的別に選ぶなら、おすすめは以下の6機種です。

auのおすすめスマホ6選

コスパで選ぶなら「Xperia 10 III

スペック重視なら「OPPO Find X3 Pro

カメラにこだわるなら「Google Pixel 5

定番が欲しいなら「AQUOS sense5G

iPhoneで選ぶなら「iPhone 12

アウトドアに強い「TORQUE 5G

ユーザーの評判を交えながら、正直なところをレビューします。

納得のいく機種変更に向けて、各スマホのメリットをチェックしていきましょう。

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ちなみに…

auで契約するなら

  • 頭金(3,000~10,000円)なし
  • オプションなし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

auオンラインショップがおすすめです!

 

また、他社からpovoへ乗り換えるなら、まずはauと契約した方が、最大22,000円分おトクに契約できます!(↓↓その理由を解説)

 

関連記事:「povo」は24時間データ使い放題が目玉|評判・注意点・いくら安くなるか解説

 

\10,000円以上お得/

 

\22歳以下なら使い放題がお得/

 

8月31日まで「au U22 夏割」が開催中!

 

使い放題MAX 5Gなどの大容量プランが、半年間1,650円割引で使えます!

 

関連:【8/31まで】auの「U22夏割」は3つのキャンペーン併用で最大3万還元!

コスパで選ぶなら「Xperia 10 III」

▼Xperia 10 IIIのおすすめポイント

  • 超広角・望遠が使えるトリプルカメラ
  • バッテリー・CPUが一気に強化

価格:53,985円

「価格おさえめで、使い勝手の良いスマホが欲しい」ということであれば、Xperia 10 IIIがおすすめです。

5万円台で購入でき、おサイフ、防水、イヤホンジャック、指紋センサーにフルで対応。カメラ性能も期待以上です。

ソニーならではの安心感と、価格・性能のバランスが魅力ですね。

超広角・望遠が使えるトリプルカメラ

カメラは、超広角レンズ望遠レンズを加えたトリプルレンズカメラです。

▼Xperia 10 IIIのカメラ構成

  • 超広角:約800万画素
  • 広角:約1,200万画素
  • 望遠:約800万画素

5万円台より安いスマホとなると、モノクロカメラや”申しわけ程度”の深度カメラなど「おまけカメラ」で数合わせしているケースもけっこうあります。

そんな中、Xperia 10 IIIは「超広角」と「望遠」を加えた実用的なカメラです。

超広角レンズを使えば、パッと引きの写真が撮れます。

▼前モデルXperia10 Ⅱの超広角。撮影性能は同等


望遠レンズは2倍までは画像劣化なくズームできます。超高倍率ではありませんが、実用上はこれだけあれば十分です。

バッテリー・CPUが一気に強化

前モデルで少し不安のあったバッテリー・CPUが大幅に強化されました。穴のないミドルレンジに仕上がっています。

バッテリー容量は4,500mAh。前モデルから500mAhアップしています。大型サイズのスマホ並のバッテリー容量です。

Xperia 10 IIIはコンパクトサイズで燃費は良いはずなので、バッテリー持ちとしてはかなり期待できそうです。

CPUは「Snapdragon 690 5G」を搭載。ライバルの「AQUOS sense5G」と同じCPUです。

前モデルでやや弱点だったCPUも強化され、普段使いでのサクサク感がプラスされました。

▼電池持ちの評判は上々。AnTuTuスコアもミドルレンジに恥じない良スコアです

解説ページ オンラインショップ

スペック重視なら「OPPO Find X3 Pro」

▼OPPO Find X3 Proのおすすめポイント

  • 最高クラスのディスプレイ(120Hz&WQHD+)
  • 最大65Wの急速充電(10分で40%)
  • 60倍の顕微鏡カメラ

価格:122,095円

スペック重視なら、OPPO Find X3 Proがおすすめ。文句なしの最高クラスの性能を誇るOPPOのフラッグシップです。

65Wの急速充電、120Hz&WQHD+のディスプレイなど突き抜けたスペックが魅力となっています。

最高クラスのディスプレイ|120Hz駆動&WQHD+

ディスプレイは最大120Hzのリフレッシュレートに対応。

リフレッシュレートは1秒間に画面表示できるコマ数で、数値が高いほど滑らかな映像になります。

最大120Hzとなると、スクロールの操作はヌルヌルで、ゲーム・動画の動きも滑らかです。

解像度についてもWQHD+(3,216 x1,440)と高精細です。色表現は10億色が表現できるとのこと。

現行のスマホとしてディスプレイは最高クラスです。映像の美しさ・滑らかさはかなり期待できるでしょう。

最大65Wの急速充電|10分で40%給電

同梱のACアダプターで最大65Wの急速充電が可能です。具体的には10分で40%を充電できます。

このレベルは中華系のハイエンドならではで、iPhoneやGalaxyのスマホにはない魅力ですね。

もちろんワイヤレス充電も可能です。最大30Wまで対応しています。こちらも「急速充電」と呼べるレベルです。

▼auで発売のFind X3 Proも65W充電器が附属します

カメラが最高評価|60倍の顕微鏡もある

カメラも最高クラスです。

DxOMarkスコア(カメラのベンチマーク)は、日本のキャリア・SIMフリーのスマホで最高評価となっています。(2021年7月時点。Find X3 Proは131点、iPhone 12 Pro Maxは130点、Galaxy S21 Ultra 5Gは123点など)

ベースのカメラ性能が高いのにプラスして、変わり種の顕微鏡カメラが注目です。

至近距離からの最大60倍ズームで、目に見えない世界の写真が撮れます。

使いどころは不明ですが、ともかく個性が強い部分ですね。

解説ページ オンラインショップ

カメラにこだわるなら「Google Pixel 5」

▼Google Pixel 5のおすすめポイント

  • GoogleならではのAIカメラ
  • 電池持ちが良い|絶妙なスペックで燃費が良い
  • 機能が充実|ワイヤレス充電&指紋センサー

価格:65,575円

カメラにこだわるなら、Google Pixel 5がおすすめ。

6万円台と手頃な価格ながらカメラは超一級品です。

Googleならではの画像処理で他のスマホにはない映え方の写真が撮れます。

ワイヤレス充電、指紋認証、eSIMなど、価格を抑えながらもハイエンド並の機能が使えるのも嬉しいところ。

GoogleならではのAIカメラ

他のスマホのカメラと一味違うのは、画像処理の力でめちゃくちゃキレイな写真が撮れることです。

一般的なスマホはレンズに力を入れていますが、Pixelシリーズは画像処理の一点突破。

それでいて他社のハイエンドに肩を並べる写真・動画のクオリティを実現しています。

とくに夜景の撮影は目を見張るものがあります。少し大げさなぐらいのキレイな写真が撮れます。

また今回のPixel 5では、新たに広角カメラを搭載し、画角の広い撮影にも対応しました。こちらもクッキリと撮れます。

電池持ちが良い|絶妙なスペックで燃費が良い

電池持ちが良いのもPixel 5の隠れたメリットです。バッテリー容量は4,080mAhまで増量。

加えて「Snapdragon 765G」「リフレッシュレート90Hz」などスペックは「ほどほどに良いところ」に抑えています。

要するに燃費の良いスマホで、使いやすい絶妙な性能と長時間の電池持ちを両立しています。

実用上はスペックは抑えてでも、電池が長持ちする方が便利に感じる人も多いはず。

機能が充実|ワイヤレス充電&指紋センサー

機能の充実ぶりもハイエンドと遜色ないレベル。

置くだけ充電のワイヤレスチャージに加え、リバースチャージに対応。ワイヤレスイヤホンなどに無線で給電できます。

背面には指紋センサー、もちろん、おサイフ・防水にも対応しています。このあたりが必須な人もOKです。

解説ページ オンラインショップ

定番のスマホなら「AQUOS sense5G」

▼AQUOS sense5Gのおすすめポイント

  • バッテリー持ちが抜群に良い
  • 必要な機能が全部盛り(おサイフ・指紋など)

価格:39,890円

定番のスマホを選びたい人には、「AQUOS sense5G」がおすすめ。

おサイフ・防水、バッテリー持ちなど、「スマホは使いやすければOK」という人のツボを押さえています。

senseシリーズはここ数年ハズレがなく、ユーザーの評判も高いので安心して購入ができます。

バッテリー持ちが抜群に良い

バッテリー容量は4,570mAhと、5.8インチのコンパクトサイズとしては破格の大容量です。

省電力が自慢のシャープ独自のIGZOディスプレイを搭載していることもあり、バッテリーは長持ちしてくれます。

シャープによると最大1週間の電池が持つとのこと。

さすがに「1週間」はスマホをあまり触らない想定のようですが、普通に使っても2~3日は電池が持ってくれるようです。

必要な機能が全部盛り|おサイフ・防水・指紋など

基本的な機能は、全部盛りです。

おサイフケータイ、防水・防塵、イヤホンジャック、指紋認証など、購入のチェックポイントを網羅しています。

指紋認証については、ホームボタンとして使えるタイプのものを引き続き採用しています。

見た目は最新という感じではないですが、実際のところホームボタンはあると便利ですね。実用性重視という感じです。

解説ページ オンラインショップ

iPhoneで選ぶなら「iPhone 12」

▼iPhone 12のおすすめポイント

  • カメラCPUも妥協なし
  • Magsafeアクセサリーが楽しい

価格:103,430円~

iPhoneでどれか一つ選ぶなら、おすすめはProではない無印の「iPhone 12」です。

約10万円とハイエンドとしては手頃な価格で購入できます。

ちょっと前だと「iPhoneの最新モデル=価格が高い」というイメージでしたが、今だと無印のiPhoneはコスパが良く狙い目です。

カメラもCPUも妥協なし

カメラ性能は実用上はProとほとんど差がなく、現行のスマホではトップクラスです。

昼の写真も夜の写真も最高のクオリティで残せます。

動画撮影の手ブレ補正もかなり強力で、他のハイエンドスマホに比べて強い部分です。

CPUはProと同じ「A14 Bionic」を搭載。処理性能も高く、3Dゲームも快適にプレイできます。

▼原神も快適にプレイできています

iPhone SEやiPhone 12 miniでもゲームをサクサク動かせますが、画面サイズを考えるとiPhone 12がベターですね。

「Magsafe」アクセサリーが楽しい

iPhone 12シリーズの新要素に「Magsafe」があります。背面の磁石でアクセサリーをペタッと装着できるというもの。

iPhoneはアクセサリーが豊富で選ぶのが楽しいのが魅力の一つですが、Magsafeが加わりさらに楽しみが増しています。

サードパーティ製のアクセサリーも続々と登場しています。

▼Magsafeの車載ホルダーもあります。

買った後もあれこれアクセサリーを追加しながら楽しめるのは、iPhoneならではの魅力ですね。

解説ページ オンラインショップ

アウトドアに強い「TORQUE 5G」

▼TORQUE 5Gのおすすめポイント

  • 海でも山でも使える耐久性
  • Bikeモード・水中撮影などのアウトドア機能

価格:81,360円

「海や山などアウトドアによく出かける」といった人は、TORQUE 5Gも選択肢に入れてみては?

他のスマホと比にならないぐらいの優れた耐久性で、山でも海でもタフに使えます。

アウトドアに特化した独自の機能も注目です。

海でも山でも使える耐久性|100gの鉄球で割れない

TORQUE 5Gは、米国国防総省の定める耐久試験(MIL規格)に、京セラ独自試験を加えた、28項目の耐久試験をクリアしています。

ゴツゴツした見た目だけでなく、実力はお墨付きです。

▼TORQUE 5Gがクリアした耐久試験の一例

  • 約100gの鋼球をディスプレイ面に落下させる試験
  • 氷が張るまで-10℃の冷却水で氷結させる試験
  • 海水で水深2.0mに60分間沈める試験

こうしてみると普通のスマホとは別次元の耐久性ですね。

低温・高温の試験、耐海水試験もクリアしているので、雪山でも真夏の車内でも、安心して使っていけます。

「Bikeモード」「水中撮影」などのアウトドア機能

アウトドアに特化した機能も充実しています。

TORQUEでおなじみの「Action Overlay」は引き続き搭載。

日時・速度・高度・天気など、撮影時の情報を写真や動画に重ねて表示できます。

▼Action Overlay(ベーシックモード)

カメラ機能としては、水中撮影モードがあります。水中でも色味や歪みを補正してくれます。耐海水性があるので海の中での撮影も可能です。

タフな環境でもガツガツ写真が撮れるのは他のスマホにない魅力。カメラが強いスマホにも撮れない写真が撮れそうですね。

解説ページ オンラインショップ

まとめ

auのおすすめスマホ6機種を紹介しました。

目的別のおすすめスマホはあらためて以下。

▼auのおすすめスマホ6選

コスパで選ぶなら「Xperia 10 III

スペック重視なら「OPPO Find X3 Pro

カメラにこだわるなら「Google Pixel 5

定番が欲しいなら「AQUOS sense5G

iPhoneで選ぶなら「iPhone 12

アウトドアに強い「TORQUE 5G

もしどうしても迷ったら、Google Pixel 5がおすすめ。

最高の写真が撮れるGoogle独自のカメラ、電池持ちの良さ、ワイヤレス充電と、使い勝手は抜群です。

おサイフ・防水もあり、価格も6万円台と手頃なので、購入しやすいラインだと思います。

ぜひ参考に次のスマホを検討してみてくださいね。

コスパスマホの中からおすすめを厳選しました!

ゴリラ

お手頃価格でおすすめのスマホだけ教えて!

という声をたくさんいただきましたので、コスパの良い低価格モデルに絞ったおすすめ記事も書きました〜!

随時、最新の情報に書き換えているので、ぜひ、こちらも参考にしてください。

ちなみに:契約するならauオンラインショップがお得です

auで契約を検討しているのであれば、店舗で契約するよりもauオンラインショップで契約した方がお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下4点です。

  1. 頭金がかからない(最大10,000円くらいお得)
  2. オプションに加入する必要がない
  3. 待ち時間がない
  4. 店員から営業を受けなくて済む

金銭的なメリット(10,000円以上お得になる)だけじゃなく、精神的メリット(待ち時間なし、営業なし)もあり、普通にオススメです。

また、代理店ではなくau直営の公式オンラインショップなので安心して契約できるのも◎

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

ぜひ、オンラインショップでお得に契約してくださいませm(_ _)m

\10,000円以上お得/

 

こんな記事もおすすめ

 

8783