このサイトについて

ソフトバンク Xiaomi 12T Proの注目ポイントと微妙なところ。スペックレビュー

ゴリラ

「Xiaomi 12T Pro」ってどうなの?けっこうCMやってるよね。

2022年12月16日、Xiaomi 12T Proがソフトバンクなどから発売されました。

「神ジューデン」のCMでもおなじみの端末で、スペックや評判どれほどなのか、気になっている方も多いはず。

Xiaomi 12T Proのスペック、注目ポイント、微妙なところをユーザーの評判とともに紹介します。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、最安9万円台で、おサイフケータイ、2億画素カメラ、120W充電対応はコスパが高いです。価格を抑えたハイエンドスマホを選ぶなら「買い」。

 

ちなみに…

 

ソフトバンクで契約するなら

  • 事務手数料(3,300円)/頭金(3,000~10,000円)なし
  • オプションなし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

ソフトバンクオンラインショップがおすすめです!

 

 

手数料3,300円が無料になりました

 

Xiaomi 12T Proのスペック一覧

Xiaomi 12T Pro

Xiaomi 12T Proのスペックは次の通りです。

スクロールできます→

 Xiaomi 12T Pro
サイズ横:約76mm
縦:約163mm
厚さ:約8.8mm
重量205g
CPUSnapdragon 8+ Gen 1
RAM+ROM・SIMフリー版
8GB+128GB
・ソフトバンク版
8GB+256GB
(SDカードは非対応)
ディスプレイ約6.7 インチ 有機EL
2,712x1,220
ピーク輝度 900 nit
リフレッシュレート120Hz
メインカメラ広角:2億画素
超広角:800万画素
マクロ:200万画素
フロントカメラ2,000万画素
バッテリー容量5,000mAh
120W 急速充電
(充電器 同梱)
おサイフケータイ対応
防水・防塵IP53
5G対応
イヤホンジャックなし
スピーカーステレオ
SIMnanoSIM+eSIM

SoCは「Snapdragon 8+ Gen 1」を搭載。前モデルのXiaomi 11T Proから2世代分アップデートしました。

AnTuTuベンチマークは100万点超のハイエンドチップです。

カメラは2億画素に対応し、イメージセンサーが大型化。撮影性能が大幅にアップしています。

ディスプレイは、120Hzのリフレッシュレートに対応した6.7インチ有機ELです。

端まで見やすいフラットディスプレイを採用しています。

また、おサイフケータイ、防滴・防塵、5G、画面内指紋認証に対応。しっかり日本向けの仕様です。

Xiaomi 12T Proの注目ポイント2つ

Xiaomi 12T Proの注目ポイントは次の2つです。

  • 「120W充電」の急速充電が爆速
  • 発熱は改善

「120W充電」の急速充電が爆速

一番の注目ポイントは、やはり急速充電です。

付属の充電器で最大120Wの充電が可能で、100%まで19分で到達します。

他社のハイエンドだとGalaxy S22 Ultraが最大45W、iPhone14 Pro Maxが最大30W程度(非公式)なので、段違いのレベルです。

ちなみにバッテリーは5,000mAhでしっかり大容量です。SoCのの燃費の良さもあり、バッテリー持ちは良好です。

なおメーカー公式で24ヶ月間の無料のバッテリー交換サービスが付いています。

最大120W充電となると、バッテリーの劣化が気になるところですが、アフターケアまでしっかり対応してくれています。

「発熱」は改善されている模様

発熱が抑えられているという声が多いです。

Snapdragon 888搭載の前モデルと比べ、Snapdragon 8+ Gen 1になった12T Proは発熱が少なめのようです。

放熱設計として、Xiaomi Tシリーズ最大のベイパーチャンバーを採用しているとのことで、この効果が大きそうです。

ベイパーチャンバー

金属の放熱部材。熱伝導力が高く、瞬時に熱を拡散させて放熱できる

AnTuTuベンチマークは100万点超、120Hzリフレッシュレート、480Hzタッチサンプリングレートと、ゲームをやるならこれ以上ない性能を備えています。

弱点だったカメラが改善|大型センサー・2億画素

前モデルと比べ、カメラが大幅に進化しています。

Xiaomi 11T Proは「1億画素」を搭載しながら「ハイエンド級の性能ではない」という評価が多い端末でした。

Xiaomi 12T Proでは2億画素を搭載するとともに、イメージセンサーが「1/1.52インチ」⇒「1/1.22インチ」と大型化されています。

夜景はすごく良くなった

ディティールが出づらく弱点だった夜景撮影は、12T Proで一気に良くなっています。センサーの大型化が貢献しているようです。

2億画素の切り出しが凄い

2億画素のカメラを利用すると、細部を切り出した時も解像度が保たれます。ただし、ファイルのサイズは50MB近くになるので、ここぞ、のタイミングで使うのが良さそう。

超広角カメラはやや力不足?

圧倒的なメインカメラの性能と比較すると、超広角カメラは少し力不足に感じます。

画素数が全てではありませんが、2億画素に対し800万画素というのは、バランス感に欠けます……。

Xiaomi 12T Proの「ここは微妙かも」

Xiaomi 12T Proの「ここは微妙かも…」というポイントは、このあたり。

Xiaomi 12T Proのここは微妙かも
  • ワイヤレス充電なし
  • SDカードが使えない。SIMフリー版は128GBのみ
  • 防水は「防滴」レベルにとどまる
  • ソフトバンク版は少し機能制限あり

ワイヤレス充電なし

Xiaomi 12T Proはワイヤレス充電には対応していません。

ただし、「神充電」の有線しか使わなくなる気もするので、個人的には許容できるかなと思います。

SDカードが使えない。SIMフリー版は128GBのみ

Xiaomi 12T ProにはSDカードのスロットがありません。

また、9万円台で買えるSIMフリー版は128GBモデルしか選べません。14万円超のソフトバンク版のみ256GBに対応しています。

128GBで足りない場合、ソフトバンク版を買うor諦めるしかないのは、辛いところです。

防水は「防滴」レベルにとどまる

防塵・防水はIP53です。これは防滴レベルで水没はNGです。

ソフトバンク版は少し機能の制限あり

ソフトバンク版のXiaomi 12T Proでは、以下の機能が塞がれているようです。

  • 国・地域を変更して「シャッター音」をオフ
  • 1台のスマホの中で、2つのスマホを切り替えて使える「セカンドスペース

マニアックな機能ですが、購入前に知っておきたいところです。

価格は9万円台から

2022年12月16日から、ソフトバンク、IIJmio、OCNモバイルONEなどで販売が開始されています。

価格は以下の通り。カッコ内はプログラム適用時の負担額です。

2023年1月時点、IIJmioではMNP限定特価で79,800円~となっています。

IIJmioのセールは頻繁に実施されるので、チェックしてみるのがおすすめです。

IIJmioのセールをチェックする

ソフトバンクで買うなら、約14万円は高いので「新トクするサポート」を利用するのがおすすめです。

2年後に返却すると71,640円まで負担額を抑えられます、

なお、IIJmio、OCNモバイルONEは128GBのSIMフリー版、ソフトバンクは256GBのキャリア版となります。

カラーは、ブルー、ブラックの2色です。

「Xiaomi 12T Pro」と「Xiaomi 11T Pro」を比較

前モデルのXiaomi 11T Proも、IIJmio、OCNモバイルONEなどで販売中です。

セール時には上記から割引され、過去には4万円台で販売されたこともあります。

最後に「前モデルとどこが変わったのか」、スペック表をもとに比較しておきましょう。

スクロールできます→

 Xiaomi 12T ProXiaomi 11T Pro
サイズ横:約76mm
縦:約163mm
厚さ:約8.8mm
横:約76.9mm
縦:約164.1mm
厚さ:約8.8mm
重量205g204g
CPUSnapdragon 8+ Gen 1Snapdragon 888
RAM+ROM・SIMフリー版
8GB+128GB
・ソフトバンク版
8GB+256GB
(SDカードは非対応)
8GB+128GB
8GB+256GB
ディスプレイ約6.7 インチ 有機EL
2,712x1,220
ピーク輝度 900 nit
約6.67 インチ 有機EL
2,400x1,080
ピーク輝度 1000 nit
リフレッシュレート120Hz120Hz
メインカメラ広角:2億画素
超広角:800万画素
マクロ:200万画素
広角:1億画素
超広角:800万画素
マクロ:500万画素
フロントカメラ2,000万画素1,600万画素
バッテリー容量5,000mAh
120W 急速充電
(充電器 同梱)
5,000mAh
120W 急速充電
(充電器 同梱)
おサイフケータイ対応対応
防水・防塵IP53の防塵・防滴IP53の防塵・防滴
5G対応対応
イヤホンジャックなしなし
スピーカーステレオステレオ
SIMnanoSIM
+eSIM
デュアルnanoSIM
+eSIM

2機種の大きな違いは以下の2点です。

  • 「Snapdragon 8+ Gen 1」にアップデート
  • カメラが大幅に進化(2億画素、センサーサイズなど)

「Snapdragon 8+ Gen 1」は処理性能がアップしただけでなく、発熱や電力効率も改善されています。

11T Proの「Snapdragon 888」は発熱や電池持ちの評判が良くなかっただけに、SoCのアップデートは大きいですね。

またカメラが進化したのも大きな進化です。

一部スペックが削られているところも

ちなみに、11T Pro⇒12T Proで微妙に性能がダウンしているところもあります。

  • マクロカメラが500万画素⇒200万画素
  • ピーク輝度が1,000nit⇒900nit
  • SIMカードスロットが2枚⇒1枚

上記の通り、Xiaomi 11T Proが安くなっていますが、個人的に今から買うなら、Xiaomi 12T ProをIIJmioOCNモバイルONEで買いたいです。

まとめ

Xiaomi 12T Proは9万円台で、おサイフケータイ対応、2億画素、120W充電対応と付加価値モリモリです。

ワイヤレス充電に非対応など気になるところはありつつも、価格を考えると、コスパは抜群です。

価格的にはGoogle Pixel 7などとガチンコ勝負になりますが、2億画素のカメラや120W充電が気になる方は検討したいですね。

ちなみに:契約するならソフトバンクオンラインショップがお得です

ソフトバンクで契約を検討しているのであれば、店舗で契約するよりも公式オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下5点です。

  1. 事務手数料がかからない(3,300円お得)
  2. 頭金がかからない(最大10,000円お得)
  3. オプションに加入する必要がない
  4. 待ち時間がない
  5. 店員から営業を受けなくて済む

金銭的メリット(10,000円以上お得になる)も大きいのですが、精神的メリット(待ち時間なし、営業なし)も無視できず、普通にオススメです。

これから契約する人はぜひ使ってみてください!

手数料3,300円が無料になりました

 

こんな記事もおすすめ

346