【最新】iPhoneを安く買う方法まとめ

ソフトバンク「Xiaomi 13T Pro」スペックチェック。120W充電・Dimensity 9200+搭載で24円〜

ゴリラ

Xiaomi 13T Pro、今年はすごくコスパがよさそうだね!

2023年12月8日、ソフトバンクからXiaomi 13T Proが発売しました。

ハイスペック仕様でありながら、発売日からソフトバンクでは実質24円~と、激安の負担額が設定されたことでも注目されています。

本記事では、そんなXiaomi 13T Proのスペックを総チェックします。

正直な結論

Xiaomi 13T Proは120W充電、Dimensity 9200+、144Hz駆動の超高性能で実質24円~。コスパは抜群を通り越して、バグってます。

 

 

  • 発売日:2023年12月8日
  • 価格(プログラム利用時):

正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。

ちなみに…

 

契約するなら

  • 自宅受け取りで手数料(3,850円)なし
  • 頭金(3,000~10,000円)もなし
  • 来店・待ち時間・しつこい営業なし
  • 24時間いつでも契約できる

ソフトバンクオンラインショップがおすすめです!

 


 

\最大21,984円割引あり/

 

Xiaomi 13T Proのスペックを総チェック

Xiaomi 13T Proのスペックシートは以下のとおり。参考にauから販売されるスタンダードモデル・Xiaomi 13Tと比較しておきます。

スクロールできます→

Xiaomi 13TXiaomi 13T Pro
サイズ・横:76mm
・縦:162mm
・厚み:8.7mm
・横:76mm
・縦:162mm
・厚み:8.6mm
重量197g・アルパインブルー:
200g
・メドウグリーン/
ブラック:206g
SoCDimensity 8200-UltraDimensity 9200+
RAM8GB12GB
容量256GB256GB
SDカードなしなし
ディスプレイ
解像度
約6.7インチ 有機EL
2,712×1,220(1.5K)
約6.7インチ 有機EL
2,712×1,220(1.5K)
リフレッシュレート144Hz144Hz
ピーク輝度2,600nit2,600nit
メインカメラ・広角:5,000万画素
・望遠:5,000万画素
・超広角:1,200万画素
・広角:5,000万画素
・望遠:5,000万画素
・超広角:1,200万画素
フロントカメラ2,000万画素2,000万画素
防沫/防塵IP68IP68
バッテリー容量5,000mAh5,000mAh
急速充電67W120W
ワイヤレス充電非対応非対応
生体認証指紋/顔指紋/顔
おサイフケータイ対応対応
イヤホンジャックなしなし
スピーカーステレオステレオ
SIMnanoSIM/eSIMnanoSIM/eSIM

ソフトバンクでは上位モデルのXiaomi 13T Pro、auではスタンダードモデルのXiaomi 13Tが発売。

外観・サイズはほぼ同じですが、中身のSoCや充電ワット数が異なります。

13T / 13T ProともにIP68の防水・防塵に加え、日本版はおサイフケータイに対応しています。

Xiaomi 13T Proの特徴を見ていきましょう。

  • 今回も120Wの神ジューデン
  • AnTuTu 170万点超を謳うDimensity 9200+
  • カメラはLeicaの監修「なし」
  • ディスプレイは144Hzのリフレッシュレート

今回も120Wの神ジューデン

今回もProモデルは最大120Wの神ジューデンに対応。19分という爆速で1%⇒100%に満充電できます。

ちなみにバッテリー容量は5,000mAh。バッテリーテスト(GSMArena)の結果は標準的な持続時間です。

なおソフトバンク版には120Wで充電できるACアダプタが同梱されています。

Xiaomi 13T Proの同梱品は以下。

  • ACアダプタ(120W Xiaomi ハイパーチャージ)
  • USB Type-Cケーブル
  • SIM取り出し用ピン
  • ソフトケース

AnTuTu 170万点超を謳う「Dimensity 9200+」

SoCにはAnTuTuベンチマーク170万点超の「Dimensity 9200+」を搭載。RAMも12GBで13Tよりも多めです。

ベンチマーク170万点超は、A17 Pro搭載の「iPhone 15 Pro Max」をも凌ぐスコアです。

実際は150万点程度にとどまるようですが、それでも処理性能は現行のチップとしては最高クラスで、Snapdragon 8 Gen 2と同等以上です。

一点、Dimensity 9200+搭載スマホには、発熱の声があります。

カメラはLeicaの監修「なし」|ソニーIMX707センサー

  • 広角
    約5,000万画素
    (F値 1.9)
    ソニー製(IMX707) 1/1.28インチ大型センサー
  • 望遠
    約5,000万画素
    (F値 1.9)
    1/3.06インチセンサー
    ズーム倍率:光学2倍・最大20倍
  • 超広角
    約1,200万画素
    (F値 2.2)
    1/2.88インチセンサー

望遠・超広角を加えたトリプルカメラを搭載。

メインカメラには1/1.28インチ大型のソニー製IMX707センサーを採用し、光学式手振れ補正も備えています。

ちなみに海外版のXiaomi 13T / 13T ProはLeicaがカメラを監修していますが、日本版は監修なしです。

シャープが「AQUOS R8 pro」などでライセンス契約を結んでいるのがその理由のようです。

AIで光や色彩・物体の動きを再現する「Xiaomi Imaging Engine」、人や動物をフォーカスして追尾する「Xiaomi ProFocus」などの独自機能が搭載されています。

カメラのベンチマークに性能差あり

Xiaomi 13T / 13T Proのカメラのベンチマーク(DXOMARK)の結果は以下のとおりです。

  • Xiaomi 13T Pro:カメラ総合131点
    (フォト135点, ボケ70点, プレビュー77点, ズーム98点, ビデオ134点)
  • Xiaomi 13T:カメラ総合123点
    (フォト121点, ボケ65点, プレビュー65点, ズーム101点, ビデオ132点)

ハードウェアは13T / 13T Proで共通のようですが、撮影性能に差があります。SoCの違いが大きいようです。

ディスプレイは144Hzの超高リフレッシュレート

ディスプレイは144Hzのリフレッシュレートに対応。

  • サイズ:約6.7インチ
  • 表示形式:有機EL(OLED)
  • 解像度:2,712×1,220(1.5K)
  • リフレッシュレート:最大144Hz
  • タッチサンプリングレート:最大480Hz
  • 輝度:1,200nit(標準値)、2,600nit(ピーク輝度)

安価ながらに最高のスペック備えています。

ちなみに、ディスプレイのベンチマーク(DXOMARK)結果は以下のとおり。

  • Xiaomi 13T Pro:ディスプレイ総合129点
    (読みやすさ122点, カラー155点, ビデオ129点 モーション121点, タッチ136点, アーティファクト118点)

最高クラスの「iPhone 15/15 Pro」や「Pixel 8/8 Pro」のスコアは150点前後です。「カラー」の評価が高く、それ以外は上位のモデルに劣っているようです。

ソフトバンクでXiaomi 13T Proを見る 

Xiaomi 13T Proの価格|いきなり実質24円

Xiaomi 13T Proの価格は以下のとおり。カッコ内はプログラム適用時の負担額です。

注目なのが、ソフトバンクの新トクするサポートに加入すると、2年間の負担額を22,008円まで軽減できることです。

また、他社から乗り換えるとオンラインショップ割を併用でき、実質24円(月額1円)になります。

最近はソフトバンクの2年レンタルが他キャリアの追随を許さないレベルに突っ走ていますね。

カラーはアルパインブルー、メドウグリーン、ブラックの3色です。

最大3万円分のキャンペーンを実施中

ソフトバンク版のXiaomi 13T Proを対象に「Xiaomi 13T Pro 発売記念キャンペーン」を実施中です。

  • 条件:抽選、購入、専用ページで応募
  • 特典:抽選でA~C賞のPayPayポイントプレゼント
    • A賞:30,000円相当
    • B賞:15,000円相当
    • C賞:10,000円相当
  • 期間:
    • 抽選:2023年12月1日〜2024年2月7日
    • 購入:2023年12月8日〜2024年1月31日
    • 応募:2023年12月8日~2024年2月7日

SMSで抽選なので、電話番号が複数あれば複数回抽選に参加できます。

ソフトバンクでは回線契約なしでも購入でき、新トクするサポートにも加入できます。

端末のみ購入でもキャンペーンに参加すれば、実質負担額で少なくとも12,008円/2年から利用できる計算に(A賞ならお釣りがきます…!)。

ソフトバンクでXiaomi 13T Proを見る 

まとめ

Xiaomi 13T Proはソフトバンクで約11.5万円ながら120W充電、Dimensity 9200+、144Hz駆動の超高性能なハイエンドです。

2年レンタルの新トクするサポートを利用すると、回線契約なしでも約81%負担減の22,008円から利用できます。

ハイエンドスマホが使いたかったけど、さすがに20万円も払えない……、と諦めていた人はもちろん、すべての人が検討すべき1台です。

ソフトバンクでXiaomi 13T Proを見る 

ちなみに:契約するならソフトバンクオンラインショップがお得です

ソフトバンクを検討しているのであれば、店舗よりも公式オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下4点です。

  1. 自宅受け取りなら手数料がかからない(3,850円お得)
  2. 頭金がかからない(3,000〜1万円くらいお得)
  3. オプションやしつこい営業がない
  4. 待ち時間なし・24時間契約できる

金銭的メリット(10,000円以上お得になることも!)も大きいのですが、精神的メリット(待ち時間なし、営業なし)も無視できず、普通にオススメです。

これから契約する人はぜひ使ってみてください!


 

\最大21,984円割引あり/

 

こんな記事もおすすめ

\知ってるだけで万レベルでお得/
ソフトバンクでお得に機種変する方法