【特集】iPhone 13が発売!

【2021年最新】ソフトバンクのおすすめスマホを目的別に紹介【ランキングはしません】

ゴリラ

次のソフトバンクでの機種変更でどのスマホを選ぼうか迷ってる。後悔しないように自分に合ったものを選びたい。

機種変更のたびに「どのスマホを買うべきか」ですごく悩んでしまう人、多いと思います。

大きな買い物だし、向こう2年は使うし、失敗したくない」というのが正直なところだと思います。

しかし、いざ公式サイトやレビューを見て比較をしても、結局「ピンとこない」と感じることも多いはず。

そこで本記事では、目的別に「ソフトバンクでおすすめのスマホ」をピックアップしました。

目的別に選ぶなら、おすすめは以下の5機種です。

ソフトバンクのおすすめスマホ5選

コスパ重視なら「Google Pixel 4a
カメラにこだわるなら「AQUOS R6
普段使いなら「AQUOS sense5G
スペック重視なら「Xperia 1 III
iPhoneで選ぶなら「iPhone 13

ユーザーの評判を交えつつ、正直なところをレビューしていきます。

納得のいく機種変更に向けて、各スマホのメリットをチェックしていきましょう。

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ちなみに…

 

ソフトバンクで契約するなら

  • 事務手数料(3,300円)/頭金(3,000~10,000円)なし
  • オプションなし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

ソフトバンクオンラインショップがおすすめです!

 

 

手数料3,300円が無料になりました

 

\iPhone 13が発売/


ソフトバンクでは9/24(金)にiPhone 13が発売しました!


当初は品薄が予想されるので、気になっている人は、とりあえず予約だけでもしておくことをおすすめします!


ソフトバンクのiPhone13の予約・購入ページ >

コスパ重視なら「Google Pixel 4a」

▼Google Pixel 4aのおすすめポイント

  • GoogleならではのAIカメラ
  • 使い勝手が抜群(おサイフ・指紋・コンパクト)

価格:4G版は36,720円/5G版は57,600円

コスパで選ぶなら、Google Pixel 4aがおすすめ。

超一級品の写真が撮れるGoogleならではのAIカメラと、普段使いで余裕があるスペックが魅力です。

値下げ情報

2021年8月現在、4G版が36,720円に値下げされて、さらにコスパ良くなってます!

GoogleならではのAIカメラ

最大の強みは、Googleならではの画像処理を活かしたAIカメラです。

コスパスマホながら写真は超一級品で、とくに夜景は息をのむようなレベルとなっています。

星空が撮れる「天体撮影モード」にも対応。前モデルのPixel 4でも話題になった機能です。

三脚などに固定して約4分の露光が必要で少し手間がかかりますが、他のスマホでは撮れない鮮明な星空が撮れます。

使い勝手が抜群|おサイフ・指紋センサー

Pixel 4aは、欲しい機能を網羅しつつ、バランスの良いスペックを積んでいるのも魅力です。

おサイフケータイ指紋認証を搭載し、指紋センサーは背面にあります。

このあたりの機能は、チェックポイントにする人は多いはず。とくに5万円以下となると有力な選択肢になりそう。

そのほか、CPUは4G版はSnapdragon730G、5G版はSnapdragon 765Gを搭載。

どちらも普段使いに全く困らないレベルの性能です。ハイエンドではない分、価格はガッツリ抑えられています。

全体として、ユーザーの欲しいところを押さえたスマホです。

尖った特徴がない分、「クセがなく、使いやすい一台」に仕上がっています。

ゴリラ

2021年8月、なんか後継機の発売が噂されてるっぽいから、気になる人は少し様子を見ても良いかも!?

解説ページ(4G版) オンラインショップ(4G版)
解説ページ(5G版) オンラインショップ(5G版)

カメラにこだわるなら「AQUOS R6」

▼AQUOS R6のおすすめポイント

  • 1インチセンサーで自然な写真が撮れる
  • 疑似240Hzの「Pro IGZO」ディスプレイ

価格:133,920円

カメラにこだわるなら、本格的な写真が楽しめるAQUOS R6がオススメ。

1インチセンサー内蔵のカメラレンズは、有名ブランドLeica(ライカ)」と共同開発です。

見た目のインパクトもあり、ちょっと話題になっています。

シャープの液晶の技術を応用した「Pro IGZO」の有機ディスプレイも注目です。

1インチセンサーで自然な写真が撮れる

最大の特徴は、とにかく大きなカメラレンズです。

スマホとしては異例の1インチの大型イメージセンサーを搭載しています。

「デジカメのイメージセンサーをそのままスマホに載せる」というのがコンセプトとのこと。

画像処理だけに頼らずに、レンズやセンサーの力で見たままの雰囲気を再現してくれます。

ナイトモードも良い感じです。大型イメージセンサーでたくさんの光が採り込めるので、かなり明るく補正できます。

疑似240Hzの「Pro IGZO」ディスプレイ

ディスプレイは「Pro IGZO OLED」を採用。

省電力性に優れる6.6インチの有機ELディスプレイで、画質とスタミナを両立しています。

ディスプレイでもう一つ注目したいのが、疑似240Hzのリフレッシュレートに対応していることです。

リフレッシュレート

画面に1秒間に表示できるコマ数で、数値が大きいほどカクつきが減り、滑らかな映像になります。

最近は120Hz(少し前のスマホの2倍)がトレンドですが、AQUOS R6はさらに一歩踏み込んで疑似240Hzに対応しています。

120コマの映像の間に、120コマの黒画面を挿入し、目の残像を低減しているとのことです。

ゲームなどの動きの激しい映像も、Webページのスクロールもクッキリ滑らかに表示できます。

解説ページ  オンラインショップ

普段使いなら「AQUOS sense5G」

▼AQUOS sense5Gのおすすめポイント

  • バッテリー持ちがすごく良い
  • コンパクトで片手でも使いやすい

価格:43,200円

普段使いのスマホが欲しいなら、AQUOS sense5Gがおすすめです。

バッテリー持ちが非常によく、基本機能はおサイフ・防水・指紋認証と一通り網羅しています。

「こだわりはないけど、間違いのない一台を買いたい」という人にピッタリです。

バッテリー持ちがすごく良い

バッテリー容量は4,570mAhと、5.8インチのコンパクトサイズのスマホとしては破格の大容量です。

手に持つと少しズッシリしていますが、とにかく電池持ちが優れています。

シャープによると最大1週間 電池が持つとのことです。

1週間はかなりライトな使い方を想定しているようですが、「12時間使って10%程度しか減らなかった」という声も。

大容量バッテリーに加え、省電力の「IGZOディスプレイ」が電池持ちが良い理由のようです。

普段使いでバッテリーライフが長いのはありがたいですね。

コンパクトで片手でも使いやすい

サイズは5.8インチとコンパクトです。

大型サイズのスマホが当たり前になってきている中で、このコンパクトなサイズ感は貴重な存在ですね。

解説ページ  オンラインショップ

スペック重視なら「Xperia 1 III」

▼Xperia 1 IIIのおすすめポイント

  • 世界初の「4K&120Hz」対応ディスプレイ
  • ソニーこだわりのカメラ(Photography Proなど)

価格:188,640円

スペック重視なら、Xperia 1 IIIがおすすめ。

各機能で最高クラスのスペックを搭載した2021年のフラッグシップモデルです。

ソニーのこだわりの詰まったカメラと、4K&120Hz対応のディスプレイはとくに注目ですね。

ソニーこだわりのカメラ|Photography Proなど

カメラアプリには、独自の「Photography Pro」を採用。

Photography Pro

ソニーの一眼レフ(αシリーズ)と同じ感覚でフォーカス、シャッタースピード、露出、ISO感度などの調整ができるカメラアプリ。

 

ふだん持ち歩くスマホで本格的な写真撮影が楽しめます。

そのほか、ソニーのカメラでおなじみの撮影機能をいくつも搭載しています。

▼リアルタイムトラッキング

被写体が動いてもフォーカスを合わせて追従

 

▼瞳AF

被写体の瞳を自動で検出し、正確にピントを合わせる

 

▼高速連写

メインレンズは1秒間に20コマの連写が可能

▼瞳AFは動物にも対応

▼トラッキングや高速連写で動きのある被写体にも対応できます

世界初の「4K&120Hz」対応ディスプレイ

ディスプレイは「4Kの超高精細」と「120Hzの高速表示」の両方に対応していています。

  • 4Kの超高精細⇒映像がキメ細かい
  • 120Hzの高速表示⇒ヌルヌル滑らかに表示できる

ソニーによると、4K・120Hzのディスプレイを搭載したスマホは世界初とのこと。

120Hzの高速表示に対応したスマホは増えていますが、4Kにも対応したものとなると「Xperia 1 III」だけということですね。

▼ゲームも良い映像で楽しめます。処理性能も最高クラスなのでサクサクです

解説ページ  オンラインショップ

iPhoneで選ぶなら「iPhone 13」

▼iPhone 13のおすすめポイント

  • センサーシフト光学式手ぶれ補正/シネマティックモードを搭載
  • 豊富なカラーとMagsafeが楽しい

価格:115,920円〜

iPhoneを買うなら、通常モデルの「iPhone 13」がおすすめです。

iPhone 13シリーズでは、Pro/Pro Maxだけでなく、13/miniでもカメラの性能が大幅に向上しています。

iPhone 13でも本格的な動画撮影が楽しめます。

センサーシフト光学式手ぶれ補正/シネマティックモードを搭載

iPhone 13シリーズでは、すべてのモデルに「センサーシフト光学式手ぶれ補正」の機能がつきました。

センサーシフト光学式は、従来の光学式と比べると、より手ぶれを抑えることができるようになりました。

多くのユーザーの口コミもかなり評価が高めです。

また、iPhone 13シリーズに新要素に「シネマティックモード」があります。

動画を撮影する際、フォーカス(ピント)が自動で切り替わり、映画のようなムービーが誰でもかんたんに撮れます。

豊富な「カラー」と「Magsafe」が楽しめる

iPhone13では新色にピンクがラインナップされました。とくに女性からの評判がいいようです。

また今作でもボディの背面にMagsafeが搭載されています。

対応しているケースや充電器などがピタッと強力に引っ付きます。

解説ページ オンラインショップ

まとめ

ソフトバンクのおすすめスマホ5機種を紹介しました。

目的別のおすすめスマホはあらためて以下。

▼ソフトバンクのおすすめスマホ5選

コスパ重視なら「Google Pixel 4a
カメラにこだわるなら「AQUOS R6
普段使いなら「AQUOS sense5G
スペック重視なら「Xperia 1 III
iPhoneで選ぶなら「iPhone 13

もし、どうしても迷ったらGoogle Pixel 4aがおすすめです。

3万~5万円台で購入できて、普段使いに余裕のあるスペックと一級品のカメラが使えるのは魅力。コスパは抜群です。

財布に優しく使い勝手も良いので、多くの人が満足できるはず。

ぜひこの記事を参考に次のスマホを検討してみてくださいね。

コスパスマホの中からおすすめを厳選しました!

ゴリラ

お手頃価格でおすすめのスマホだけ教えて!

という声をたくさんいただきましたので、コスパのいい低価格モデルに絞ったおすすめ記事も書きました〜!

随時、最新の情報に書き換えているので、ぜひ、こちらも参考にしてください。

11962