【au】10/23 iPhone 12 / 12 Pro 発売!

【まとめ】iPhone 12のスペック・評判|性能のアップは少ないが「コンパクト&5G」に注目

ゴリラ

iPhone 12の発売が楽しみだね。前機種からスペックはどれくらいアップするんだろう?iPhone 12の目玉も知りたい!

10月・11月ににiPhone 12が発売されます。

超大型サイズの「iPhone 12 Pro Max」、コンパクトな「iPhone 12 mini」などラインナップが一新。5Gにも対応し、大幅なモデルチェンジを果たしています。

「このタイミングで買い替えたい!」という方も多いはず。

そこで本記事では、

  • iPhone 12のスペック情報
  • ユーザーの評判

をまとめています。

iPhone 12に注目している方は、サクッと目を通してみてくださいね。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、コンパクトサイズがあり、全機種で5G対応なのが、今回の目玉です。

 

iPhone 12のスペック情報は以下。

 

▼ラインナップ

ラインナップは以下の4機種。

  • iPhone12 mini(5.4インチ)
  • iPhone 12(6.1インチ)
  • iPhone 12 Pro(6.1インチ)
  • iPhone 12 Pro Max(6.7インチ)

 

▼カメラ

Proは3眼+LiDARスキャナ。通常モデルは2眼。

 

▼ディスプレイ

全モデルで有機ELに。120Hz駆動は見送り

 

▼5G

全モデルで5Gモデルに。日本版はSub6のみ対応

 

▼CPU

最新のA14 Bionicを搭載。A13 Bionicよりも性能は16%アップ

 

▼バッテリー

バッテリー持ちは同じまま本体は軽量化

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ドコモ・au・ソフトバンクの機種変更/乗り換え(MNP)は、来店なし手数料なし待ち時間なしのオンラインショップがお得です!

 

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

【発売日】10月23日に「12/12 Pro」・11月13日に「12 mini/12 Pro Max」

iPhone 12の予約開始日・発売日は以下の通り。Apple公式、ドコモ、au、ソフトバンクで共通です。

iPhone 12の予約開始日・発売日

iPhone 12・12 Pro

  • 予約開始:10月16日21時~
  • 発売日:10月23日

 

iPhone 12 mini・12 Pro Max

  • 予約開始:11月6日
  • 発売日:11月13日

ラインナップは4機種|ミニサイズと超大型サイズが注目

ラインナップは以下の4機種。

注目は5.4インチのミニサイズの「iPhone 12 mini」。

サイズ感は「初代iPhone SE」と「iPhone 7」の中間のサイズです。以下はiPhone 12の模型画像の情報です。

上がiPhone SE、真ん中がiPhone 12 mini、一番下がiPhone 7。

画像出典:MacRumors

iPhone 7より小さいとなると、片手でも扱えるサイズ感です。

そのほか、iPhone 12 Pro Maxは6.7インチと、これまでよりもさらに大型化。

小さいサイズはさらに小さく、大きいサイズはさらに大きくなっています。

カメラは細かい進化|「LiDARスキャナ」が注目

カメラのスペックは以下の通り。

↓スマホは左右にスクロールできます!

 背面カメラインカメラLiDAR
スキャナ
iPhone12 mini超広角:12MP
広角:12MP
12MP-
iPhone12-
iPhone12 Pro超広角:12MP
広角:12MP
望遠:12MP
iPhone12 Pro Max

 

Proと通常モデルの違いは、、ざっくり言うとカメラレンズの数です。

  • Proシリーズは「3眼カメラ+LiDARスキャナ
  • 通常モデルは「2眼カメラ

Proは「超広角+望遠+広角+LiDARスキャナ」、通常モデルは「超広角+広角」の構成です。

そのほかカメラの進化としては以下が挙げられます。

▼ナイトモードがさらに進化

  • イメージセンサーの大型化で、暗い所でも明るく撮れる
  • Proはナイトモードポートレートを追加

 

▼Proは「Apple ProRAW」形式での撮影が可能

  • クリエイティブに編集できる画像形式に対応

 

▼Dolby Visionでの動画撮影に対応

  • 超高画質なHDR撮影が可能

iPhone 11シリーズはカメラの進化が目玉でしたが、今回のiPhone 12シリーズのカメラはマイナーチェンジのようです。

ややマニアックな細かい進化がいくつもある感じです。

ただ一つポイントして、Proシリーズで「LiDARスキャナ」が追加されています。この点は注目です。

「LiDARスキャナ」で撮影&ARが進化

LiDARスキャナは、対象物との距離を計測できるセンサーです。2020年春発売のiPad Pro(第4世代)で既に搭載されています。

LiDARスキャナにより、背景をボカす「ポートレートモード」、暗所での「オートフォーカス」の精度がアップ。

距離計測のセンサー自体は他のスマホでもありますが、注目したいのが「AR」に活用している点です。

iPad Pro(第4世代)を見ると、LiDARスキャナ搭載によりARの精度が一気にアップしています。


段差やモノの前後を正確に把握し、よりリアルにARを表示してくれます。

そのほか空間をスキャンして3Dモデルを生成するアプリなども使えたりします。

現状はすごく役立つものではないですが、先進的な機能にいち早く触れられるのは魅力です。最新のiPhoneを買う楽しみの一つですね。

ディスプレイは全モデルで有機EL

iPhone 12シリーズでは、通常モデルのiPhone 12・iPhone 12 miniを含めて全てのモデルで有機ELディスプレイを採用しました。

iPhone 11シリーズでは、通常モデルが液晶、Proが有機ELで大きな違いとなっていました。

iPhone 12では通常モデルも有機ELになり、いよいよProとの差が少なくなっています。

120Hzのディスプレイは全モデル対応なし

有機ELと合わせて、ディスプレイでもうひとつ注目されていたのが「リフレッシュレート120Hzのディスプレイを採用するのではないか?」という点です。

リフレッシュレートは1秒間に画面表示できるコマ数で、数値が大きいほど動画やスクロールの動きが滑らかになります。

Galaxy S20やAQUOS R5Gなど、Androidのハイエンドのスマホでは既に搭載されています。

発表前はProモデルでの120Hz対応が噂されていましたが、フタを開けてみると今回は全モデル対応なしでした。

試験段階のリーク画像をみると、120Hzとの切り替えの設定の画像なども出ていました。

リーク情報をみると、120Hzのディスプレイの供給が間に合わなかった可能性が高そうです。

5G対応|全モデルSub6のみ

全モデルで5Gに対応しています。

ただし、日本で発売されるiPhone 12シリーズは、Pro含め全モデルでSub6のみ対応となっています。

ミリ波対応は米国版のiPhone 12シリーズのみです。

5Gの電波は大きく分けて以下の2種類があります。

▼Sub6
4Gの延長として利用できる電波。各キャリアはSub6で5Gサービスの提供をスタート

 

▼ミリ波
「映画を数秒でストリーミング」など5G本来の超高速通信ができる周波数帯。実用化に時間がかかる

発売前はProモデルは、ミリ波対応になるという予想が多かったので、ここは少し残念なところ。

ただ実用上は、当面はSub6のみで全く問題なしです。

今はまだ「Sub6が一部のスポットでのみ使える」という状況なので、ミリ波が広いエリアで使えるのはかなり先になると考えられます。

ただ、2~3年と長い期間使っていうとなると、ミリ波に非対応が少し不便になる可能性があるかもです。

CPUは「A14 Bionic」を搭載

CPUは最新の「A14 Bionic」を搭載。

2020年9月に発表された新型の「iPad Air4」でも搭載されているCPUチップです。

iPhone11シリーズのA13 Bionicと比較すると、CPU性能が約16%、GPU性能が約8%向上するようです。

すごく大幅に進化する感じではないですが、また一つ確実に性能がアップしています。

バッテリー持続はiPhone 11と同じくらい

バッテリー持続時間は、前モデルと同じくらいです。

通常モデルのバッテリー持続時間は以下。

▼iPhone 12/ 12 miniのバッテリー持続時間

↓スマホは左右にスクロールできます!

 ビデオ再生ビデオ再生
ストリーミング
オーディオ再生
iPhone 11最大17時間最大10時間最大65時間
iPhone 12 mini最大15時間最大10時間最大50時間
iPhone 12最大17時間最大11時間最大65時間

 

Proモデルのバッテリー持続時間は以下。

▼iPhone 12 Pro/12 Pro Maxのバッテリー持続時間

↓スマホは左右にスクロールできます!

 ビデオ再生ビデオ再生
ストリーミング
オーディオ再生
iPhone 11 Pro最大18時間最大11時間最大65時間
iPhone 11 Pro Max最大20時間最大12時間最大80時間
iPhone 12 Pro最大17時間最大11時間最大65時間
iPhone 12 Pro Max最大20時間最大12時間最大80時間

 

バッテリー持ちはそのままに「重さは軽くなった」

バッテリー持続はiPhone 11と同じくらいですが、重さは全体に軽量化しています。

同じサイズの「iPhone 11⇒iPhone 12」では30g以上も軽量化しています。

  • iPhone 11(6.1インチ):194 g
  • iPhone 12(6.1インチ):162 g

Proはそれぞれサイズアップしていますが、重さはほぼ同じ。

  • iPhone 11 Pro(5.8インチ):188g
  • iPhone 12 Pro(6.1インチ):187g

 

  • iPhone 11 Pro Max(6.5インチ):226g
  • iPhone 12 Pro Max(6.7インチ):226g

iPhone 12 miniの重さはiPhone 7と同じくらい。iPhone SE(第二世代)よりは15gも軽いです。

  • iPhone 7(4.7インチ):138g
  • iPhone SE 第二世代(4.7インチ):148g
  • iPhone 12 mini(5.4インチ):133g

「iPhoneはAndroidより重い」というのが、これまでネックでしたが、むしろ「軽い」ぐらいになっています。

とくにiPhone 12 miniはやはり軽いですね。iPhone 12 miniが売れたら、ミニサイズのスマホが流行りそうです。

iPhone 12の価格:Proで値下げあり

iPhone 12シリーズの価格は以下の通りです。

▼iPhone 12シリーズの価格(税込)

↓スマホは左右にスクロールできます!

 iPhone12 mini
(5.4インチ)
iPhone 12
(6.1インチ)
iPhone 12 Pro
(6.1インチ)
iPhone 12 Pro Max
(6.7インチ)
64GB82,280円94,380円
128GB87,780円99,880円117,480円129,580円
256GB99,880円111,980円129,580円141,680円
512GB153,780円165,880円

 

最安モデルのiPhone 12 miniの価格は、64GB・128GB・256GBともにiPhone 11から据え置きです。

iPhone 12 miniが6万円台になる噂もありましたが、値上げも値下げもなしでした。

Proシリーズは、前モデルと比べると256GB・512GBで5千円以上の値引きがあります。かなり安くなっていますね。

【カラー】新色はブルー系

iPhone 12/12 miniのカラーは以下の5色です。

▼iPhone 12/12 miniのカラー

  • ブラック
  • ホワイト
  • レッド(PRODUCT RED)
  • グリーン
  • ブルー(NEW)

「ブルー」がiPhone 11になかった新色です。ホワイト、ブラック、レッド、グリーンの4色はiPhone 11から引き続き採用されています。

iPhone 12 Pro/12 Pro Maxのカラーは以下の4色です。

▼iPhone 12 Pro/12 Pro Maxのカラー

  • シルバー
  • グラファイト
  • ゴールド
  • パシフィックブルー(NEW)

iPhone11 Proであったミッドナイトグリーンの代わりに、パシフィックブルーが追加されています。

iPhone 11シリーズと同様に、通常モデルはカラフルなラインナップ、Proモデルは落ち着いたカラーとなっています。

「Magsafeアクセサリ」も注目|カラー充実

iPhone 12シリーズでは、背面に磁石を内蔵し、アクセサリがピタっとくっつく「MagSafe」というものが新登場します。

「MagSafe」の純正アクセサリとしては以下があります。

▼シリコーンケース

 

▼クリアケース

 

▼レザーケース

MagSafeならではの「レザーウォレット」は注目。シールド機能があり、クレジットカードも安心して入れられます。

シリコンケースのカラーは8色あります。本体カラーに好みの色がなかった人も、ケースでなら欲しい色が見つかるかも。

ユーザーの評判もチェック

購入前に「ユーザーのリアルな評判もチェックしておきたい」という人も多いはず。

ユーザーが注目している点を見ていきましょう。

片手で使えるサイズ感が良い

iPhone 12の「片手で使えるコンパクトさが良い」という声は多いようです。フラッグシップの機種で、コンパクトサイズが出ることに、注目が集まっているようですね。

指紋センサーが欲しい

発表前は「マスクで使えない顔認証だけなのは不便」というところで、指紋認証の復活を望む声が多くありました。

ただ、今回は残念ながら指紋認証はなしでした。

発表前は「iPad Air4」のような電源ボタン一体型の指紋認証が搭載される噂もありましたが、今回は指紋認証なしです。

まとめ

コンパクトサイズがあること5Gに対応したことが今回の目玉です。

ディスプレイ、カメラについては細かい部分が確実にスペックアップしています。

LiDARスキャナ搭載でARに力を入れるなど、少し攻めた部分も魅力の一つになりそうです。

全体としては、

  • コンパクトから超大型サイズまで選べる
  • 5G対応で長く使える
  • スペックが完成されていて、使いやすい

というあたりで、個人的には「買い」と見ています。

ぜひ参考にiPhone 12をチェックしてみてくださいね。

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下3点です。

  1. 事務手数料がかからない(ドコモ)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. 来店不要・待ち時間がない

精神的メリット(来店なし・待ちなし)だけでなく、金銭的メリットも大きいので普通にお得です。

また、代理店ではなくドコモ・au・ソフトバンク直営の公式オンラインショップなので安心して契約できるのです。

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

少しでもお得に契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップでかしこく手続きしてみてください。

こんな記事もおすすめ

1229