このサイトについて

【ソフトバンク】あんしん保証パックは本当に必要?iPhoneは月々の課金が高額になるかも。

ゴリラ

ソフトバンクのあんしん保証パックってどんな感じ?店員さんに勧められたけど付けておいた方が良いの?

という人向けの記事です。

「あんしん保証パック」は、最短翌日に新しいスマホが届くなど、故障時にスピーディな対応が受けられるサービスです。

ただ一方で、月々の料金が意外とばかにならないというところで、「実際付けておくべきなの?」と悩んでいる方も多いと思います。

そこで本記事では、

  • あんしん保証パックの補償内容・利用方法
  • あんしん保証パックは本当に必要なの?

の2点について分かりやすく解説します。

正直な結論

iPhone⇒月額料金が高い。「翌日の配送交換」に大きなメリットを感じないなら無理して付けなくても良いかも。

Android⇒月額料金は抑えめ。高額のスマホを買う人は付けておくのもアリ。

あんしん保証パックは自分のケースでは本当に必要か確認していきましょう。

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ちなみに…

 

ソフトバンクで契約するなら

  • 事務手数料(3,300円)/頭金(3,000~10,000円)なし
  • オプションなし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

ソフトバンクオンラインショップがおすすめです!

 

また、LINEMOへの乗り換えを考えている人も、いったんはソフトバンクで契約しておいた方が最大2万円ほどお得になります!

 

関連記事:【お得ワザ】LINEMO への乗り換えはあり?ケース別の考え方をまとめました。

 

※LINEMOはオンラインでの契約となり、店頭での申込みはできません。

 

オンライン限定キャンペーンあり!

 

\ソフトバンクのiPhone 12は乗り換えでお得!/

iPhone 12 パープル

 

ソフトバンクのiPhoneは他社からの乗り換えで21,600円の割引が受けられます!

 

オンラインショップ限定ですが、iPhone以外もすべてのスマホが割引の対象です^^

 

関連:【2021最新】iPhoneを安く買う方法を忖度なく正直に教えます

あんしん保証パックは3種類ある

あんしん保証パックには3種類があります。

▼あんしん保証パックの種類

 

◆あんしん保証パック with AppleCare Services

対象:iPhone、iPad

 

◆あんしん保証パックプラス

対象:Androidスマホ、ケータイ、タブレット

 

◆あんしん保証パックライト

対象:キッズケータイ

メインはiPhone向けの「あんしん保証パック with AppleCare Services」とAndroid向けの「あんしん保証パックプラス」の2つ。

料金や保証内容はそれぞれ異なる感じになっています。

それぞれの保証について詳しく見ていきましょう。

【iPhone向け】あんしん保証パック with AppleCare Servicesとは

あんしん保証パック with AppleCare Servicesの概要は以下。

▼あんしん保証パック with AppleCare Servicesの概要

 

◆補償内容

  • 故障、盗難・紛失時の配送交換
  • 自然故障・物損の修理

◆月額料金

機種月額料金
iPhone 12 Pro・Pro Max
iPhone 11 Pro・11 Pro Max
iPhone XS・XS Max
iPhone X
1,309円
その他の iPhone979円
iPad Pro770円
その他の iPad715円

以下は保証のあり・なしでの「画面割れの修理料金」の一例です。

▼料金の違い

 保証あり
配送交換
保証あり
修理
保証なし
iPhone 12 Pro Max12,900円3,700円〜12,900円
(PayPay付与で
実質0円)
39,380円
iPhone 1123,980円
iPhone X33,440円

保証なしと比べると、かなり安く修理をしてもらえます。

また、修理なら負担額がPayPayボーナスで還元されて、実質無料で修理ができます。

補償内容や利用方法を詳しく見ていきましょう。

iPhoneのあんしん保証パックの「補償内容」

補償内容としては「配送交換」と「修理」の大きく2つです。

修理の方が安く済むことも多いですが、配送交換ならマルっと新しいものに一新できます。おすすめは配送交換です。

「配送交換」の補償内容

配送交換は、故障や盗難・紛失があったときに、自宅に新品同等のリフレッシュ品が届くサービスです。

(リフレッシュ品は、故障部分を修理して外装を交換したスマホのことで、見た目としては新品同様です)

配送交換する際は月額の料金のほかに、以下の利用料金がかかります。

▼配送交換の利用料金

iPhone:12,900円

iPad:4,400円

さらに盗難・紛失の場合には、配送交換の費用と合わせて、USIM再発行手数料3,300円がかかります。ソフトバンクのSIMカードを再発行するための料金です。

「修理」の補償内容

修理については、自然故障の場合には無償となります。電池消耗の場合も無償で修理してもらえます。

故障・画面割れ・水濡れなどの、物損修理は有料となりますが、修理費用の全額分のPayPayボーナスが付与されます。

▼iPhoneの物損の修理の料金

 料金PayPayボーナス
iPhone画面割れ:3,700円
そのほかの修理:12,900円
修理費用分が
全額もらえる
iPad4,400円
Apple Pencil3,700円

修理の費用は、Apple純正の保証サービスの「AppleCare+」と同額ですが、PayPayボーナスで全額返金されるので、ソフトバンクの方がかなりお得です。

ソフトバンクで購入したiPhoneも30日以内なら、「AppleCare+」に加入できますが、ソフトバンクの保証がおすすめです。

補償を利用できる回数

補償を利用できる回数は、iPhone、iPadでそれぞれ異なります。

iPhoneは、物損修理と配送交換(故障と盗難・紛失)合わせて年2回までです。

▼iPhoneの物損修理と配送交換(年2回まで)

一方、iPadについては、故障で年2回、盗難・紛失で年1回の補償が受けられます。

▼iPadの故障時の修理・配送交換(年2回まで)

▼iPadの盗難・紛失時の配送交換(年1回まで)

iPhoneのあんしん保証パックの「利用方法」

配送交換、修理の利用方法をそれぞれ見ていきましょう。

「配送交換」の利用方法

配送交換の利用の流れは以下。

▼iPhone・iPadを配送交換する流れ

  1. ソフトバンクショップなどで申し込み
  2. 自宅にリフレッシュ品が届く。
    その場で代金を支払い。
  3. (故障の場合)故障したiPhone・iPadを返送

申し込みは、ソフトバンクショップまたは、修理受付が可能なソフトバンク取扱店から可能です。(ソフトバンクの店舗検索はこちら

早いと申し込みの翌日には自宅にリフレッシュ品が届きます。その場で料金の支払いをして、iPhoneを受け取ることができます。

なお故障した方のiPhoneは、配送時にその場で引き取りではなく、後日に返送する形になります。

故障したiPhoneから、新しく届いたiPhoneにデータ移行するために、このような形になっています。

iPhoneのデータ移行は、iCloudやiTunesを利用して行うことができます。

関連記事:【iPhoneも】機種変更でアプリを引き継ぎする方法全まとめ【Androidも】

なお、返送の期限は14日以内です。それを過ぎてしまうと保障外の費用を支払うことになるので注意しましょう。

「修理」の利用方法

修理はソフトバンクショップ、Apple Storeまたは Apple正規サービスプロバイダで受け付けています。

ソフトバンクショップ店頭での即日修理ができるのは、全国で2店舗のみです。

即日修理をしたい場合には、Apple Storeまたは Apple正規サービスプロバイダを探してみるのが良さそうです。

▼修理の対応と日数

 対応
ソフトバンク表参道
ソフトバンクグランフロント大阪
店頭修理(即日)
お預かり修理(約5か)
それ以外のソフトバンクショップお預かり修理
Apple Store
Apple正規サービスプロバイダ
店頭修理(即日)
お預かり修理

Apple正規サービスプロバイダは以下の4つです。

▼Apple正規サービスプロバイダ

  • カメラのキタムラ
  • ビックカメラグループ
  • クイックガレージ
  • AND market

Apple Storeは数が限られますが、Apple正規サービスプロバイダなら店舗数が多いです。

近くにApple Storeがない場合は、Apple正規サービスプロバイダを探してみると良いでしょう。

iPhoneのあんしん保証は必要?⇒金額的に得は微妙かも

「iPhone向けのあんしん保証パック with AppleCare Servicesは結局必要なの?」

というあたり気になっている方も多いと思います。

結論としては、金額的に得することは少ないので基本的に不要と考えています。

たしかにiPhone 12 Pro MAXなどの高額な最新機種の修理となると、補償で4万円ほど修理費用が安くなります。

ただ一方で、2年に1回ぐらいのペースで修理を利用するとなると、「月々の課金+配送交換の費用」で4万円以上支払うことになります。

2年後ぐらいに機種変更するまで修理を利用しなかった場合にいたっては、月額料金の総額の3万円近くをまるまる損をしてしまう計算です。

「結局、利用しなかった」というケースまで考えると、金銭的な面を考えると、補償サービスで得をすることは少ないはず。

どちらかというと修理なしで大きな金額を損してしまう可能性も高いので、個人的には「付けない方が得かな」という印象です。

最短翌日の配送交換に大きなメリットを感じるなら付けておくのもアリ

ただし、配送交換の「最短翌日の届く」という点については、やはり大きなメリットがあります。

スマホがない期間があると仕事や私生活で大きなマイナスが出てしまう人については、月々の料金を払ってでも保証を付けておくのがやはり安心です。

お金の面を考えると、補償で得をすることは少ないと思いますが、「手元にスマホが1日でもないと困る」という人についてはサービスの利用を検討してみると良さそうです。

【Android向け】あんしん保証パックプラスとは

あんしん保証パックプラスの概要は以下。

▼あんしん保証パックプラスの概要

 

◆補償内容

  • 故障時配送交換(負担額:8,250円)
  • 故障・水濡れなどの修理
  • 盗難・紛失時の機種変更の割引

◆利用料金

  • 月額715円

故障については、配送交換が8,250円のほか、破損修理が1,650円など、かなり低価格で対応をしてもらえます。

ただし、紛失・盗難については機種変更の割引のみで、配送交換の対応はなしです。

補償内容や利用方法を詳しく見ていきましょう。

あんしん保証パックプラスの「補償内容」

補償としては、大きく以下の3つです。

  • 故障時の配送交換
  • 修理
  • 盗難・紛失時の機種変更の割引

Androidの場合は、ネットから修理の申し込みができて、自宅に故障したスマホを引き取りにきてくれます。しかも代替機を最短翌日に自宅に届けてくれます。

という感じで修理のサービスが充実しているので、配送交換の代わりに、料金の安い修理で済ませるのも選択肢の一つになるでしょう。

「配送交換」の補償内容

配送交換は、故障や盗難・紛失があったときに、自宅に新品同等のリフレッシュ品が届くサービスです。

(リフレッシュ品は、故障部分を修理して外装を交換したスマホのことで、見た目としては新品同様です)

配送交換する際は、月々の料金のほかに利用料金8,250円が別途かかります。

「修理」の補償内容

修理の費用は以下の通り。

 費用故障内容
故障0円ボタンを押しても反応しないなど、
故障時の修理対応
破損1,650円塗装剥離や傷など、
外装破損時の外装交換対応
水濡れ・全損5,500円水濡れ・全損などの
トラブル時の修理対応
バッテリー
修理・交換
1,650円〜
4,950円
消耗した内蔵型バッテリー
の交換代金を1回割引

故障や破損として修理できる場合には、かなり費用が抑えられるようです。軽い故障っぽい場合には、配送交換ではなく修理を依頼するのもアリでしょう。

ただし水濡れになってくると、配送交換と費用が変わらなくなってきます。

水濡れでも外装交換が必要な場合があり、このときは2つの修理代の合計7,150円(1,650円+5,500円)がかかります。ここまでくると、配送交換で済ませる方が良さそうですね。

あんしん保証パックプラスの「利用方法」

配送交換、修理の利用方法をそれぞれ見ていきましょう。

「配送交換」の利用方法

配送交換の利用の流れは以下。

▼iPhone・iPadを配送交換する流れ

  1. 電話またはネットで申し込み
  2. 自宅にリフレッシュ品が届く。その場で代金を支払い。
  3. 故障したAndroidスマホ・タブレットを返送

配送交換の申し込みは電話、またはMy Softbankから可能です。

▼電話での配送交換の申し込み

ソフトバンクの携帯から:113

一般電話から(24時間受付):0800 – 919 – 0113

早いと申し込みの翌日には自宅にリフレッシュ品が届きます。その場で料金の支払いをして、スマホの受け取りをします。

なお故障した方のスマホは、配送時にその場で引き取りではなく、後日に返送する形になります。

故障したスマホから、新しく届いたスマホにデータ移行するために、このような形になっています。

スマホのデータ移行は、Googleアカウントを利用して行うことができます。

関連記事:【iPhoneも】機種変更でアプリを引き継ぎする方法全まとめ【Androidも】

なお、返送の期限は14日以内です。それを過ぎてしまうと違約金44,000円を支払うことになるので注意しましょう。

「修理」の利用方法

修理の申し込みはMy Softbankから可能です。

電話(ソフトバンクの携帯からは113)からも申し込みできますが、あんしん保障プラスの割引対象外となるので、申込みはMy Softbankから行いましょう。

修理の場合も最短翌日で代替機が届くので、配送交換と比べて大きく不便にはならないと思います。費用と相談しつつ、どちらを選ぶかを決めていきましょう。

Androidのあんしん保証は必要?⇒高額のスマホは付けておくのもアリ

Androidのあんしん保証パックプラスは、機種によらず月額の料金は715円で固定となっています。

なので、高額のスマホほど保証としてはお得です。

2年後の機種変更まで補償を利用するなら、月額の合計は1.7万円ほどです。

3万~4万円のほどの安いスマホにこの補償をつけるとなると割高ですが、10万円の超えるようなスマホなら付けておいても悪くない金額です。

とくに高額のスマホを購入する方は、利用を検討してみると良いでしょう。

あんしん保証パックの解約方法

あんしん保証パックの解約はMy softbankから可能です。スマホ、パソコンのどちらからでも手続きできます。

一通り検討してみてやっぱり不要かなと感じた人については、忘れないうちに解約を済ませておきましょう。

▼あんしん保証パックの解約方法

  1. My SoftBankへログイン
  2. 「あんしん保証パック」の「変更」を選択
  3. 変更内容を確認し、「次へ」を選択
  4. 申し込み内容を確認し「同意する」にチェック
    ⇒「申込」を選択
  5. 申し込み完了画面が表示され、操作完了

まとめ

結論はあらためて以下の通り。

正直な結論

iPhone⇒月額料金が高い。「翌日の配送交換」に大きなメリットを感じる人以外は、無理して付けなくても良いかも。

 

Android⇒月額料金は抑えめ。高額のスマホを買う人は付けておくのもアリ。

保証は必ず必要という感じではないですが、スマホをよく壊すという人は付けておいても損はなさそうです。

また、スマホがすぐ自宅に届くというあたりは保証がないと得られないメリットです。

仕事や私生活で「片時もスマホが手放せない」という方は、このあたりにも注目して保証が必要かを検討してみると良いでしょう。

ちなみに:契約するならソフトバンクオンラインショップのがお得です

ソフトバンクで契約を検討しているのであれば、店舗で契約するよりも公式オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下5点です。

  1. 事務手数料がかからない(3,300円お得)
  2. 頭金がかからない(最大10,000円お得)
  3. オプションに加入する必要がない
  4. 待ち時間がない
  5. 店員から営業を受けなくて済む

金銭的メリット(10,000円以上お得になる)も大きいのですが、精神的メリット(待ち時間なし、営業なし)も無視できず、普通にオススメです。

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

これから契約する人はぜひ使ってみてください!

手数料3,300円が無料になりました

 

こんな記事もおすすめ

29237