このサイトについて

2022年、改めてiPhone XS / XS Maxのスペックをレビュー。今から買うのはあり?

ゴリラ

新しいiPhoneが欲しいけど、さすがに最近の機種は高いな……。少し前のiPhone XSが安くて気になってるんだけど、今から買っても大丈夫かな?

iPhoneをはじめ、スマホの価格が高騰していることもあり、中古や整備品の型落ちモデルを検討する方が増えています。

今回は、2018年に発売したiPhone XS、iPhone XS Maxを2022年の視点から再レビューします。

今から買っても大丈夫なのか、自身の使い方に不足はないのか、検討する材料にしてくださいね。

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、iPhone XS / XS Maxは、今から買っても十分利用できる人も多そうです。

 

▼「いま買うべき理由」▼

  • 最新のiPhoneよりも8万円程度安い
  • XSはコンパクトでありながら2倍望遠レンズを搭載
  • nano SIM×eSIMのデュアルSIM運用ができる

 

▼「厳しいかもしれないところ」▼

  • 超広角カメラが使えない
  • バッテリー持ちが心もとない
  • マスクを付けたままface IDが使えない

iPhoneXS・XS Maxのスペックと現在の価格(iPhone 14と比較)

iPhone XS iPhone 14

iPhone XS、iPhone XS Maxは2018年9月に発売されたiPhoneです。

前年に発売したiPhone Xの後継モデルで、いっしょに発売したiPhone XRの上位モデルという位置づけです。

MEMO

2022年で言うと、

  • iPhone XS→Pro
  • iPhone XS Max→Pro Max
  • iPhone XR→無印

という位置づけです。

ちなみにiPhone XSとiPhone XS Maxの違いはディスプレイサイズ、バッテリー容量のみで、その他のスペックに違いはありません。

参考に最新のiPhone 14のスペックと比較しておきます。

▼基本スペック▼

スクロールできます→

 iPhone XSiPhone XS
Max
iPhone 14
容量64GB
256GB
512GB
128GB
256GB
512GB
サイズ横:70.9mm
縦:143.6mm
厚さ:7.7mm
横:77.4mm
縦:157.5mm
厚さ:7.7mm
横:71.5mm
縦:146.7mm
厚さ:7.80mm
重量177g208g172g
ディスプレイ
解像度
5.8インチ
OLED
2,436 x 1,125
458ppi
6.5インチ
OLED
2,688 x 1,242
458ppi
6.1インチ
OLED
2,532 x 1,170
460ppi
最大輝度625ニト(標準)800ニト(標準)
1,200ニト(HDR)
チップA12 Bionicチップ
6コアCPU
4コアGPU
8コアNeural Engine
A15 Bionicチップ
6コアCPU
5コアGPU
16コアNeural Engine
防沫/耐水/防塵IP68
(水深2メートルで最大30分間)
IP68
(水深6メートルで最大30分間)
バッテリー容量
(ビデオ/音楽)
最大14時間/
最大60時間
最大15時間/
最大65時間
最大20時間/
最大80時間
充電・約30分で50%(20W)
・ワイヤレス:最大7.5W
・約30分で50%(20W)
・MagSafe:最大15W
・ワイヤレス:最大7.5W
SIM・nano-SIM+eSIM・nano-SIM+eSIM
・eSIM+eSIM
生体認証Face ID
(顔認証)
決済Apple Pay
安全・緊急SOS・緊急SOS
・衝突事故検出
通信4G LTE5G

▼カメラスペック▼

スクロールできます→

 iPhone XS
iPhone XS MAX
iPhone 14
画素数
ƒ値
・メイン:1,200万画素・ƒ/1.8
・望遠:1,200万画素・ƒ/2.4
・メイン:1,200万画素・ƒ/1.5
・超広角:1,200万画素・ƒ/2.4
光学ズーム・ズームイン:2倍・ズームアウト:2倍
デジタルズーム最大10倍最大5倍
手ブレ補正・デュアル光学式手ぶれ補正・センサーシフト光学式
手ぶれ補正
ナイトモード
フォトグラフィ
スタイル
ビデオ
シネマティックモード
4K HDR、最大30fps
ビデオ
アクションモード
最大2.8K、60fps
ビデオ
光学ズーム
・ズームイン:2倍・ズームアウト:2倍
ビデオ
デジタルズーム
最大6倍最大3倍
TrueDepthカメラ
(フロントカメラ)
・700万画素
・ƒ/2.2
・1,200万画素
・ƒ/1.9

こうしてみると、当時のフラッグシップモデルということもあり、カメラの性能でiPhone 14を上回っている部分もあります。

iPhoneXS・XS Maxの市場価格

2022年現在、Apple公式やキャリアでは新品の販売を終了しています。

中古スマホ販売店のイオシスさんを参考に、執筆時点では以下の相場で取引されています。

  • iPhone XS
    Aランク:33,800円〜
    Bランク:30,800円〜
    Cランク:27,800円〜
  • iPhone XS Max
    Aランク:51,800円〜
    Bランク:47,800円〜
    Cランク:42,800円〜

イオシスで最新の価格をチェックする

最新のiPhone 14のApple公式の価格は以下のとおり。

スクロールできます→

機種容量Apple
公式価格
(参考)
前モデル価格
※2022年7月改定後
iPhone 14128GB119,800円117,800円
256GB134,800円132,800円
512GB164,800円162,800円
iPhone 14
Plus
128GB134,800円
256GB149,800円
512GB179,800円
iPhone 14
Pro
128GB149,800円144,800円
256GB164,800円159,800円
512GB194,800円189,800円
1TB224,800円219,800円
iPhone 14
Pro Max
128GB164,800円159,800円
256GB179,800円174,800円
512GB209,800円204,800円
1TB239,800円234,800円

例えばほぼ傷がないAランク商品とiPhone 14最安モデル(119,800円)の差額は約8.6万円あります。

残された「使える期間」には注意

ただし、型落ちのiPhoneを購入するときに気をつけたいことが、残りのOSアップデートの対応期間です。

これまでの実績を見ると、iPhoneは発売から5、6年間は、最新のOSにアップデートされています。

仮に6年とした場合、iPhoneXS・iPhone XS Maxは、2024年頃まで使えることになります。

例えば、2022年時点の価格を残りの使える期間で割ってみると……

  • iPhone XS
    約3.3万円÷2年=約1.65万円/年
  • iPhone 14
    約12万円÷6年=約2万円/年

あくまでひとつの考え方ですが、年間3,500円程度の上乗せをすれば、最新のiPhoneが使えると考えることもできます。

iPhone XS・XS Maxはどんな端末だった?当時アピールされた特徴やメリット

2022年の視点からiPhone XSの特徴を振り返っていきましょう。

iPhone史上最高かつ最大のディスプレイ

iPhone XS

iPhoneは前作のiPhone X(2017)で初めて、ホームボタンが廃止されて、全面ディスプレイになりました。

iPhone XSもそのデザインを踏襲。

当時最大のピクセル密度(458ppi)は、2022年のiPhoneとも遜色ない、高い解像度を誇っています。

またiPhone XS Maxについては、iPhone 8 Plus(2017)とほぼ同じサイズながら、史上最大のiPhone としてアピールされました。

iPhone XS

↑左からiPhone 8 Plus、XS Max、iPhone 14 Plus

  • iPhone 8 Plus:5.5インチ
  • iPhone XS:5.8インチ
  • iPhone XS Max:6.5インチ
  • iPhone 14: 6.1インチ
  • iPhone 14 Plus:6.7インチ

iPhone XS Maxのディスプレイは前年に発売したiPhone 8 Plusから1インチもアップ

6.5インチクラスは、2022年でも一般的に利用されている、ちょうどよいサイズ感です。

ちなみに重さはXSが177g、XS Maxが208g。

現在のフラッグシップモデルの14 Pro Maxが240gもあるので、それと比べれば、取り回しやすいサイズ感、重さです。

12メガピクセルのデュアルカメラシステム

Apple-iPhone-Xs-back-camera-09122018

iPhone XS / XS Maxのカメラは、まったく同じものが使われています。

当時は「前モデルのiPhone Xと比べて、センサーサイズが32%大きくなり、明るく撮れるように」と大々的にアピールされました。

当時、特に評価が高かったのが、iPhone XSから搭載された「スマートHDR」という機能です。

HDRは「High Dynamic Range」の頭文字を取ったもので、ざっくり、明るい部分と暗い部分の差が広い写真(=白飛び、黒つぶれしない)を意味します。

スマートHDRは複数の写真を瞬時に合成する技術で、その後のiPhoneにも引き継がれ、今となっては欠かせない機能になりました。

あと、個人的にはiPhone XSの望遠カメラの存在にも注目しています。

iPhone XS / XS Maxには、今では当たり前になった超広角カメラがありませんが、その代わりに光学2倍ズームカメラが付いています。

2022年現在、光学ズームカメラを使うためには「Proモデル」の中から選ぶ必要があります。

iPhone XSの5.8インチ、174gというコンパクトな筐体の中にズームカメラが仕込まれているのは、今から考えるとロマンですね。

iPhone XS Maxは当時最長のバッテリー駆動時間

iPhoneは年々バッテリーの駆動時間が進化しています。

iPhone XS Maxも当時は最長のバッテリー持ちがアピールされていました。

▼動画の最大再生時間▼

  • iPhone XS:14時間
  • iPhone XS Max:15時間
  • iPhone 14:20時間
  • iPhone 14 Pro Max:29時間

バッテリーは日進月歩で進化しており、2018年から4年間で約2倍の持続時間に進化しています。

ちなみに15時間というバッテリー持ちは、iPhone 12 miniと同じくらいです。

スピーカーが改善して、ワイドに広がるステレオ再生に対応

iPhone XSではスピーカーが改善したこともアピールされていました。

iPhoneは7からステレオスピーカーでの再生に対応しています。

2022年現在も、6万円程度のAndroidスマホの中には、ステレオ再生に対応していないものもあります。

初めてデュアルSIMが採用

iPhone XSの特筆すべきことに、同時に発売したXRとともに、初めてデュアルSIMに対応したことが挙げられます。

物理SIMとeSIMを使って、2種類の回線を1台のiPhoneで併用できます。

キャリアのAndroidスマホは、最近になってようやくデュアルSIMに対応したモデルが発売され始めましたが、iPhoneは2018年の時点で、すでに対応していたのですね。

2種類のSIMを使いたい方も、iPhone XSであれば心配不要です。

いまiPhone XS・XS Maxを買うデメリット、代わりになるiPhone

個人的に感じる少し注意したいポイントは以下のとおり。

  • 超広角カメラが付いていない
  • マスクを付けたままface IDが使えない
  • iPhone XRの方がお値打ち
  • 5Gに対応していない
  • バッテリー持ちが心もとない

超広角カメラが付いていない

iPhone XSには2倍の光学ズームカメラがある一方で、今のiPhoneでは無印モデルにも搭載されている「超広角(0.5倍)」がありません。

正直なところ、望遠よりも超広角の方が、使う頻度は高いかもしれません。

超広角カメラが欲しい場合は、1世代新しいiPhone 11シリーズ以降のモデルから選ぶ必要があります。

マスクを付けたままFace IDが使えない

iOS 15.4以降、マスクを付けたままFace IDの認証ができるようになりましたが、対応しているiPhoneは12以降です。

まだまだ外出先ではマスクを付けることも多いです。

ここが譲れない方はiPhone 12以降のモデルにするか、指紋認証に対応したiPhone SE(第3世代)などが候補になります。

iPhone XR、SE(第2世代)の方がお値打ち

iPhone XS XR SE2

iPhone XSと同時期に発売したiPhone XRの方がお値打ちです。

執筆時点でのイオシスの相場はこんな感じ。

  • iPhone XS
    Aランク:33,800円〜
    Bランク:30,800円〜
    Cランク:27,800円〜
  • iPhone XS Max
    Aランク:51,800円〜
    Bランク:47,800円〜
    Cランク:42,800円〜
  • iPhone XR
    Aランク:30,800円〜
    Bランク:27,800円〜
    Cランク:24,800円〜
  • iPhone SE(第2世代、2020)
    Aランク:26,800円〜
    Bランク:23,800円〜
    Cランク:20,800円〜

iPhone XSのスペックを持て余しそうであれば、価格の安いiPhone XR、もしくはiPhone SE(第2世代)あたりを狙っても良いかもしれません。

5Gに対応していない

iPhone XSシリーズは5G通信に対応していません。

とは言え、iPhone XSの使用目安と言われる2024年頃は、まだまだ4Gも使えるので、優先度は低めです。

5Gに対応したiPhoneは12以降です。

バッテリー持ちが心もとない

バッテリー持ちは先述のとおり。

「バッテリー持ちが厳しい」と言われたiPhone 12 miniと同等なので、使い方にもよりますが、毎日の充電は必須。

また、これからiPhone XSを買うとなると、中古品を中心に探すことになります。場合によっては、購入後にバッテリー交換を検討した方が良いかもしれません。

直近のiPhoneXSの口コミ

2022年現在、直近のiPhone XSに関する口コミを探してみましょう。

さすがに今の時期に「iPhone XS」で検索すると、新しい端末に乗り換える、という人の口コミが多いです。

この方は「ポケGOがカクカクになった」とのこと。4年間使ったスマホは、やはり、それ相応の劣化はありますね。

カメラについては「新機種にしたらもっときれいに撮れるだろうけど、今のままでも十分」という声もありました。

もちろん、2022年9月に配信されたiOS 16.0にもばっちり対応しています。

話題になっている「被写体の切り抜き」もできます。

ベンチマークテストで50万点を超え。新古品を購入すれば、もう少し高いスコアが出るかもしれません。いずれにせよ、2022年の取引相場から見るに、コスパは良いです。

まとめ

iPhone XSを発売から4年経った現在の視点で、改めてスペックを振り返りました。

最後に「いま買うべき理由」「少し厳しいかもしれないところ」をまとめておきます。

ご自身に合ったiPhoneが見つかることを願っています!

▼iPhone XS / XS Maxの「いま買うべき理由」▼

  • 最新のiPhoneよりも8万円程度安い
  • XSはコンパクトでありながら2倍望遠レンズを搭載
  • nano SIM×eSIMのデュアルSIM運用ができる

▼iPhone XS / XS Maxの「厳しいかもしれないところ」▼

  • 超広角カメラが使えない
  • バッテリー持ちが心もとない
  • マスクを付けたままface IDが使えない

中古のiPhoneをお得に買うなら……

中古のiPhoneはフリマもいいですが、より安心して購入できる販売店、キャリアの「Certified(認定中古品)」がおすすめです。

イオシスは個人的にも使ったことがあります。中古とは言え品質が高く、最大6ヶ月の長期保証もあります。

ゴリラ

イオシスはサイトを見てるだけでも、楽しいな!時間が溶けるから注意な!

乗り換えなら割引を受けられることもある、キャリアの認定中古品もいいですね!

333