このサイトについて

ソフトバンク「Redmi Note 10T」のスペックを正直レビュー|Note 9T・Note 11とも比較

ゴリラ

Redmi Note 10Tが発売されたね!スペックやコスパはどんな感じ?

ソフトバンクなどから、Redmi Note 10Tが販売開始しています。

Xiaomiの「Redmiシリーズ」は数多くのモデルが販売中ですが、その中でもNote 10Tは完全な日本仕様が魅力。

おサイフケータイ・防水・5Gをはじめ、欲しい機能が揃っています。

コスパは相変わらず優秀なので、ぜひ機種変更の候補に検討したいところ。

本記事では、Redmi Note 10Tのスペック類似モデルとの違いを紹介します。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、Redmi Note 10Tは、おサイフケータイ、防水、5G対応で、必要十分なスペック。ソフトバンクで27,360円など、2万円台から購入できます。

 

目新しさはないですが、コスパは優秀で、今ふだん使いのスマホが欲しいなら候補になる一台です。

このスマホの評価
価格
(4.0)
スペック
(3.0)
カメラ
(3.0)
機能の充実度
(4.0)
総合評価
(3.5)

ちなみに…

 

ソフトバンクで契約するなら

  • 事務手数料(3,300円)/頭金(3,000~10,000円)なし
  • オプションなし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

ソフトバンクオンラインショップがおすすめです!

 

 

手数料3,300円が無料になりました

 

Redmi Note 10Tのスペックを総チェック

Redmi Note 10Tのスペック一覧は以下の通り。

スクロールできます→

 Redmi Note 10T
サイズ横:約76mm
縦:約163mm
厚さ:約9.0mm
重量約198g
CPUSnapdragon 480
RAM+ROM4GB+64GB
ディスプレイ約6.53インチ TFT液晶
Full HD+
(2400×1080ドット)
90Hz駆動
メインカメラ広角:約5,000万画素
深度:約200万画素
フロントカメラ約800万画素
バッテリー容量5,000mAh
おサイフケータイあり
防水対応
IPX5/IPX8
防塵IP6X
5G対応
イヤホンジャックあり
スピーカーモノラル

スペックはエントリークラスながら、普段使いには十分なレベルです。

Xiaomiのスマホとしては目新しさがなくインパクトが弱いですが、コスパ抜群とされる日本メーカーのライバル機(Arrows WeAQUOS wishなど)と比べると、互角以上の仕上がりです。

全体として大きな弱点がないのが、最大の魅力ですね。

「デザイン」はシンプル

背面はマット加工の樹脂製ボディです。奇をてらわない、シンプルで落ち着いたデザインですね。


ソフトバンク版のカラーは、アジュールブラックとナイトタイムブルーの2色。

OCNモバイルONEなどで販売されているSIMフリーモデルでは、レイクブルーも選べます。

「カメラ」は必要十分なスペック

カメラはメインカメラ+深度カメラのデュアルレンズ構成です。超広角レンズや望遠レンズはありません。

  • メインカメラ:約5000万画素
  • 深度カメラ:約200万画素

レンズ構成、スペック含め、必要十分という感じですね。

「CPU」は普段使いならOK

CPUには「Snapdragon 480」を搭載。最近、エントリーモデルに搭載されることが増えているチップです。

性能としては、普段使いに必要十分なレベルです。

AnTuTuベンチマークスコア(Ver.9)は30万点弱です。過度な期待は禁物ですが、ゲームもそこそこイケます。

同じSnapdragon 480を搭載した「OPPO A54 5G」の口コミは以下。

「ディスプレイ」は90Hz駆動に強み

解像度 2,400 x 1,080 (FHD+)、サイズが6.5インチの液晶ディスプレイを搭載。

ディスプレイは90Hzのリフレッシュレートに対応しているのが売りです。

1秒間に90回の画面書き換えが可能で、標準的な60Hzのスマホと比べると、1.5倍です。

Webページのスクロールや、動きのある映像も滑らかに表示できます。

「バッテリー」の持ちは凄く良い

バッテリー容量は5,000mAhと大容量です。

加えてエントリークラスのCPUで省エネなので、電池持ちはかなり期待できそうです。

ちなみに18Wの急速充電にも対応しています。急速充電なら、約2時間半での充電が可能です。

ただし、充電器(ACアダプタ)、ケーブルは同梱されません。別途購入が必要です。

急速充電ができる20W以上アダプタがおすすめ。

USBケーブルも急速充電ができるものを1本買っておくと、今後、何かと使える機会は多そうです。

Redmi Note 10Tの価格・発売日

Redmi Note 10Tは2022年4月22日にソフトバンクで発売し、SIMフリー版も4月26日から発売しています。

価格は以下の通り。

他モデルと比較|Note 9T・Note 11との違い

Redmi Note 10Tを検討するとなると、Redmi Note 9TやRedmi Note 11と迷っている方も多いかもしれません。

Redmiシリーズは本当にたくさん数がありますが、近いスペックとなると、この2機種が挙げられるかと思います。

「Redmi Note 9T」と「Redmi Note 10T」を比較

Redmi Note 9Tは2021年2月にソフトバンクから発売された10Tのひとつ前のモデルです。

スクロールできます→

 Redmi Note 10TRedmi Note 9T
サイズ横:約76mm
縦:約163mm
厚さ:約9.0mm
横:約77mm
縦:約162mm
厚さ:約9.1mm
重量約198g約200g
CPUSnapdragon 480Dimensity 800U
RAM+ROM4GB+64GB
(microSDは最大1TB)
4GB+128GB
※最新モデルの場合
(microSDは最大512GB)
ディスプレイ約6.53インチ TFT液晶
Full HD+
(2400×1080ドット)
約6.53インチ TFT液晶
Full HD+
(2340×1080ドット)
リフレッシュレート90Hz60Hz
メインカメラ広角:約5,000万画素
深度:約200万画素
広角:約4,800万画素
マクロ:約200万画素
深度:約200万画素
フロントカメラ約800万画素約1,300万画素
バッテリー容量5,000mAh
18W急速充電
(充電器 同梱なし)
5,000mAh
15W急速充電
(22.5W充電器 同梱)
おサイフケータイありあり
防水・防塵対応なし(防滴)
5G対応対応
イヤホンジャックありあり
スピーカーモノラルステレオ
SIMnanoSIM/eSIM
(デュアルSIM対応)
nanoSIM

CPUの種類が違う

まず、CPUの種類が異なります。

  • Redmi Note 10T:Snapdragon 480
  • Redmi Note 9T:Dimensity 800U

ただし性能にはほとんど差がありません。どちらもAnTuTuベンチマーク(Ver.9)で30万点弱というところ。

機能にも違いがある

そのほか「機能」の違いをまとめると次の通り。

▼Redmi Note 10Tだけのメリット▼

  • リフレッシュレート90Hzに対応
  • 防水・防塵に対応
  • デュアルSIM対応(nanoSIM/eSIM)

▼Redmi Note 9Tだけのメリット▼

  • マクロカメラが使える
  • ステレオスピーカーが使える
  • ストレージが多い
    ※ソフトバンク版の「ナイトフォールブラック」カラーのみ128GB

Note 9Tではマクロカメラで接写での撮影が可能です

全体としては、前モデルに比べて一長一短というのが、正直なところです。

欲しいスペック・デザインで、自分に合う方を選んでいきましょう。

価格はRedmi Note 9Tが安い

ちなみに、価格で選ぶならNote 9Tが良さそうですね。Redmi Note 9Tはソフトバンク専売ですが、少し安く買えます。

▼Redmi Note 10Tの価格▼

▼Redmi Note 9Tの価格▼

「Redmi Note 11」と「Redmi Note 10T」を比較

Redmi Note 11はキャリアでの販売はなく、SIMフリーモデルのみです。

スクロールできます→

 Redmi Note 10TRedmi Note 11
サイズ横:約76mm
縦:約163mm
厚さ:約9.0mm
横:約73.87mm
縦:約159.87mm
厚さ:約8.09mm
重量約198g約178g
CPUSnapdragon 480Snapdragon 680
RAM+ROM4GB+64GB
(microSDは最大1TB)
4GB+64GB
(microSDは最大512GB)
ディスプレイ約6.53インチ TFT液晶
Full HD+
(2400×1080ドット)
約6.43インチ 有機EL
Full HD+
(2340×1080ドット)
リフレッシュレート90Hz90Hz
メインカメラ広角:約5,000万画素
深度:約200万画素
広角:約5,000万画素
超広角:約800 万画素
マクロ:約200万画素

深度:約200万画素
フロントカメラ約800万画素約1,300万画素
バッテリー容量5,000mAh
18W急速充電
(充電器 同梱なし)
5,000mAh
33W急速充電
(充電器 同梱あり)
おサイフケータイありなし
防水・防塵対応
IP68(IPX8・IP6X)
IP53の防塵・防滴
5G対応非対応
イヤホンジャックありあり
スピーカーモノラルステレオ
SIMnanoSIM/eSIM
(デュアルSIM対応)

デュアルnanoSIM
+microSDカード

「Note 10T」と「Note 11」の違いはココ

「Note 10T」と「Note 11」の違いをまとめると次の通り。

▼Redmi Note 10T▼

  • Snapdragon 480で少し性能が上
  • おサイフケータイに対応
  • 5Gに対応

▼Redmi Note 11▼

  • 軽い
  • 有機ELディスプレイ
  • 超広角、マクロ撮影ができる
  • ステレオスピーカーに対応
  • デュアルnanoSIM+microSDカードが使える

こちらも明確な優劣はなく、一長一短という感じです。

Redmi Note 11の方は、有機ELのディスプレイ、超広角・マクロカメラなどが、注目すべきポイント。

ただし、Redmi Note 11は、5Gやおサイフケータイには非対応です。

CPU性能の違いもある

そのほか、CPUにも少し性能差があります。

  • Redmi Note 10T:Snapdragon 480
    ⇒AnTuTuベンチマークは27~29万点程度
  • Redmi Note 11:Snapdragon 680
    ⇒AnTuTuベンチマークは23~25万点程度

480とか680とか、いまいちピンと来ませんが、性能はNote 10Tの方が少し上です。

SIM対応の違いにも注目

ちなみに、Redmi Note 11は、nanoSIM2枚+microSDカードが挿せるスロットを搭載しています。

Redmi Note 10TもデュアルSIMですが、nanoSIM+eSIMとなります。

価格はRedmi Note 11が安い

価格はRedmi Note 11が安いです。OCNモバイルONEでは1万円台の特価で販売されることもあります。

▼Redmi Note 10Tの価格▼

▼Redmi Note 11の価格▼

まとめ

Redmi Note 10Tは、おサイフケータイ、防水、5G対応で、必要十分なスペックを備えるスマホです。

類似モデルは多いですが、今回もコスパは相変わらず優秀です。ソフトバンクOCNモバイルONEで2万円台で購入できます。

「安くて、無難にコスパが優秀なスマホが欲しい」という方は、ぜひ候補に検討してみるのがおすすめですね。

ちなみに:契約するならソフトバンクオンラインショップがお得です

ソフトバンクで契約を検討しているのであれば、店舗で契約するよりも公式オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下5点です。

  1. 事務手数料がかからない(3,300円お得)
  2. 頭金がかからない(最大10,000円お得)
  3. オプションに加入する必要がない
  4. 待ち時間がない
  5. 店員から営業を受けなくて済む

金銭的メリット(10,000円以上お得になる)も大きいのですが、精神的メリット(待ち時間なし、営業なし)も無視できず、普通にオススメです。

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

これから契約する人はぜひ使ってみてください!

手数料3,300円が無料になりました

 

こんな記事もおすすめ

4575