このサイトについて

【2万円】「Redmi Note 9T」はコスパ抜群だが弱点もある|スペックを正直レビュー【ソフトバンク】

ゴリラ

ソフトバンクの「Redmi Note 9T」ってどんなスマホ?安くてコスパも良いって聞いたけど。

2月下旬にソフトバンク専売で「Redmi Note 9T」が21,600円(税込)で発売されます。

おサイフケータイ、ゲームもこなせるCPU、5G対応と本格的なミドルレンジのスマホながら、約2万円です。

「安くて良いスマホがあるなら、それで!」という人に、強くおすすめしたいスマホです。

ただ、コストカットで弱点になってる部分もあります。このあたりは事前に確認しておきたいところです。

本記事では、Redmi Note 9Tの特徴、注意点を解説します。

自分にとって本当に買いなのか、チェックしていきましょう。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、Redmi Note 9Tは「ゲームも快適なCPU」「おサイフケータイ搭載」の5Gスマホ。価格は21,600円とコスパ抜群です。

 

弱点は「動きづらいゲームもある」「ドコモの5Gに非対応」「防水・防塵なし」など。

 

安くて使えるおサイフ付きのスマホが欲しいなら「買い」。

このスマホの評価
価格
(4.5)
スペック
(3.5)
カメラ
(3.0)
機能性
(4.0)
総合評価
(4.0)

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ちなみに…

 

ソフトバンクで契約するなら

  • 事務手数料(3,000円)/頭金(3,000~10,000円)なし
  • オプションなし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

ソフトバンクオンラインショップがおすすめです!

 

また、LINEMOへの乗り換えを考えている人も、いったんはソフトバンクで契約しておいた方が最大2万円ほどお得になります!


関連記事:【お得ワザ】LINEMO への乗り換えはあり?ケース別の考え方をまとめました。  

 

オンライン限定キャンペーンあり!

 

\5〜22歳なら誰でもOK/



2021年春のソフトバンクの学割は2種類あり!
  • スマホデビュー→1年間は900円で2GB5分かけ放題
    +500円で4GBに増量可!)
  • メリハリプラン→2,580円×6ヶ月=15,480円割引

特にスマホデビューのお子さんは格安SIM並みに安くなります!


解説記事:【1,400円/4GB】2021年春「Softbank学割」はスマホデビューがアツい! │ 注意点やお得に使い倒すテクを解説

おサイフ搭載&ゲームも快適で2万円台

Redmi Note 9Tの基本スペックは以下。

 Redmi Note 9T
サイズ横:約77mm
縦:約162mm
厚さ:約9.1mm
重量約200g
CPUDimensity 800U
(Mediatek)
RAM+ROM4GB+64GB
ディスプレイ約6.53インチ TFT液晶
Full HD+
メインカメラ広角:約4,800万画素
マクロ:約200万画素
深度測位:約200万画素
フロントカメラ約1,300万画素
バッテリー容量5,000mAh
そのほかおサイフ:あり
防水・防塵:なし
イヤホンジャック:あり

「ゲームも快適なCPU」「おサイフケータイ対応」で、約2万円に抑えているのが、大きな特徴です。

Redmi Note 9Tの特徴
  • ゲームも快適にこなすCPU
  • おサイフケータイを搭載
  • 価格が2万円台
  • 5Gに対応

CPUには「Pixcel 5」「Pixcel 4a」などと並ぶレベルのチップを搭載しています。ふつうにサクサク動いてくれます。

年々、安くて性能が良いスマホが出ていますが、ちょっと別格に安い感じですね。

「Redmi Note 9T」ってなんでこんなに安いの?

Redmi Note 9Tは税込みで21,600円。

4万円ぐらいしてもおかしくない性能ですが、実際はその半額となっています。

「何でこんなに安いのか?」については、理由は2つあります。

  • 「Xiaomi」製のスマホだから
  • CPUにMediatek製のチップを採用しているから

それぞれ詳しく解説します。

「Xiaomi」製のスマホだから

まず、「Xiaomi」という中華系メーカーのスマホであるという点です。

聞きなれない人も多いかもですが、「Xiaomi」は世界4位のスマホブランド。技術力はApple、Galaxy(Samsung)などと肩を並べるレベルです。

ただ、薄利多売で、「質の良いスマホをたくさん売る」ということをモットーにしているメーカーということもあり、Xiaomi製のスマホは安く買えます。

Xiaomiは「ハードウェア製品の利益率を永久的に5%以下に抑える」といったことを謳っていたりします。

良いものを安く買えるのが、Xiaomiのスマホというわけです。

Mediatek製のCPUを採用しているから

CPUにMediatek(メディアテック)製のチップを採用しているのも安さの理由です。

少しマニアックですが、ここがけっこう大きいみたいです。

Androidのスマホでは、Qualcomm(クアルコム)製のチップが多く採用されています。ただ価格は少し高めです。

CPUをMediatek製に置き換えると、安くなります。

Qualcomm製のCPUチップ⇒高い

Mediatek製のCPUチップ⇒安い

Redmi Note 9TのCPUは「Dimensity 800U(Mediatek製)」で、性能はGoogle Pixel 5のチップ(Qualcomm製)と同じくらい

普段使いはサクサク、ゲームも快適にこなせるスペックです。

スマホの頭脳部を、性能を落とすことなく安いものに置き換えできたのが、大きいようですね。

【カメラ】必要十分な撮影性能|「超広角」はなし

Redmi Note 9Tのカメラ構成は以下。

▼Redmi Note 9Tのカメラ

  • メインカメラ(4,800万画素)
  • マクロカメラ(200万画素)
  • 深度測定カメラ(200万画素)

撮影性能は「必要十分」「悪くはない」というレベル。

Redmi Note 9Tのカメラを詳しく見ていきましょう。

メインカメラは4,800万画素|撮影性能は上々

メインのカメラは4,800万画素と画素数は高めです。

カメラ自慢のハイエンドスマホには劣りますが、多くの人が満足できる性能です。

▼みなさんの作例をいくつか載せておきます

超広角カメラはなし

超広角カメラはありません。

他のミドルレンジのスマホでは、超広角が使えることが普通になってきている中で、少し残念なところ。

ちなみに、SIMフリーなどで発売された前モデル「Redmi Note 9S」や、下位モデル「Redmi 9T」では超広角カメラが搭載されています。

Redmi Note 9Tは「超広角カメラなし」がコストカットのポイントになっているようです。

マクロカメラ搭載で接写に強い

超広角カメラがない代わりに「マクロカメラ」があります。超近距離でピントを合わせて撮影するためのカメラです。

▼接写の写真を見るとかなり鮮明に撮れていますね。

深度測位カメラで「ポートレートモード」も◎

奥行きを認識する「深度測位カメラ」もあります。

背景をボカして撮影する「ポートレートモード」のクオリティを高めてくれるカメラです。

▼ポートレートの写真を見ると、上手く背景と切り分けできていますね。

Redmi Note 9Tの弱点はけっこうある

Redmi Note 9Tについては、弱点もけっこうあります。

性能は4~5万円程度のスマホと肩を並べていますが、その目線で見てしまうと気になる点がいくつか出てきます。

Redmi Note 9Tの弱点としては以下の4点です。

Redmi Note 9Tの弱点
  • 動きづらいゲームもある
  • ドコモの5Gには対応していない
  • 防水・防塵には非対応
  • ディスプレイは液晶

それぞれ見ていきましょう。

動きづらいゲームもある

Mediatek製のCPUに、ゲームアプリが最適化されていないことがあり、動きが悪かったり、フレームレートが制限されたりといったケースがあるようです。

▼たとえば、「デレステ」は最適化されていないために、動きが良くないようです。

▼「World of Tanks Blitz」はフレームレートが落ちてしまう模様。

このあたり気になる人は、口コミなどリサーチしつつ、購入を検討するのが良さそうです。

ドコモの5Gには対応していない

Redmi Note 9Tは5G対応のスマホではありますが、ドコモの5Gには対応していません。

auの5Gについても一部のみの対応となります。

▼Redmi Note 9Tの5Gへの対応(ドコモ・au・ソフトバンク)

 Sub6ミリ波
ドコモ非対応非対応
au一部対応
ソフトバンク対応

他社へ乗り換え予定があるなら、このあたりは少し注意が必要です。

ちなみに超高速で通信できる「ミリ波」には、ソフトバンクも含め対応していません

ただし、ミリ波は普及がだいぶ先になるので、現状とくに問題はありません。

防水・防塵には非対応

防水・防塵はありません。

「水はね防止ナノコーティング」というものが施されていて、生活防水ぐらいはあるようです。

お風呂や水回りで使うのはなるべく避けた方が良さそうですね。

ディスプレイは液晶

ディスプレイは液晶です。

最近では価格の安いスマホでも有機ELのスマホが多いですが、Redmi Note 9Tは液晶となります。

ここも約2万円の価格に抑えるためのコストカットのポイントになっているようです。

【価格】トクするサポート+で10,800円も可

Redmi Note 9Tの価格は以下。

▼Redmi Note 9Tの価格

本体価格:21,600円

トクするサポート+適用:10,800円

「トクするサポート+」を適用すると、負担額は半額の10,800円にまで抑えることができます。

トクするサポート+は、2年後に機種を返却&買い替えをすることを条件に割引になるプログラムです。

ざっくり言うと、定価の半額で下取りしてくれるプログラムです。

Redmi Note 9Tのような格安の機種だと、2年後のリセールバリューはかなり落ちることが予想されるため、トクするサポート+は賢い選択です。

せっかくキャリアでスマホを買うなら、こうしたプログラムにはガッツリ乗っかってしまうのがおすすめですね。

まとめ:弱点はあるが「コスパ」はズバ抜けてる

Redmi Note 9Tは、「おサイフケータイ」「ゲームの快適さ」などをチェックポイントにする人には、とくにベストな選択肢となるはずです。

ただし、「動きづらいゲームもある」など、ちょっとクセがある点は注意点です。

「安くて良いスマホ」という軸で選ぶなら、ぜひRedmi Note 9Tを候補に検討してみるのがおすすめですね。

ちなみに:契約するならソフトバンクオンラインショップのがお得です

ソフトバンクで契約を検討しているのであれば、店舗で契約するよりも公式オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下5点です。

  1. 事務手数料がかからない(3,000円お得)
  2. 頭金がかからない(最大10,000円お得)
  3. オプションに加入する必要がない
  4. 待ち時間がない
  5. 店員から営業を受けなくて済む

精神的メリット(待ちなし、営業なし)だけでなく、金銭的メリット(10,000円以上お得になる)も大きいので普通にお得です。

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

これから契約する人はぜひ使ってみてください!

今なら手数料3,000円が無料

 

こんな記事もおすすめ

282