このサイトについて

【これでよくね?】au「AQUOS wish」のスペックを正直レビュー

ゴリラ

auの「AQUOS wish」ってどう?安くて使いやすそうだし、次のスマホに良さそうかな?

2022年1月14日、auから「AQUOS wish」が発売されました。

シンプルで無駄がないことが魅力のエントリーモデルです。

価格は26,180円(スマホトクするプログラム適用で実質22,001円)。

「こんなので良いんだよ」というスマホが欲しい人には、刺さるモデルとなる可能性が高いです。

本記事では、AQUOS wishの特徴、スペックを一挙に解説します。

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、AQUOS wishはシンプルが売りのシャープの新モデル。

ごちゃごちゃした機能のないシンプルなスマホを求める方におすすめです。

このスマホの評価
価格
(4.5)
スペック
(3.0)
カメラ
(2.0)
シンプルさ
(4.5)
総合評価
(3.5)

 

auオンラインショップでチェック

価格:26,180円(プログラム利用で22,001円)

ちなみに…

auで契約するなら

  • 頭金(3,000~1万円)なし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

auオンラインショップがおすすめです!

 

\自宅でサクッと機種変更/

 

\知っておくのはこれだけでOK/

au 機種変更 お得に

 

最新の情報をもとに、auでお得に機種変更する方法をまとめてます。

 

【数万レベル】auの機種変更をお得にする裏技的方法を教えます^^

ゴリラ

2022年6月にドコモから後継機種が発売するゾ!

AQUOS wishは「シンプル」「最小限」がコンセプトのエントリーモデル

AQUOS wishの特徴をまとめると次の通り。

AQUOS wishの特徴
  • 「シンプルで、無駄がない」が売りの新モデル
  • 筐体の35%に再生プラスチックを使用
  • カメラにGoogle「Camera Go」を採用
  • CPUは「Snapdragon 480 5G」

「飾らない・シンプルで洗練されたイメージ」を全面に押し出してブランディングしています。

格安のエントリーモデルですが、「Galaxy」「arrows」などの競合モデルに比べると、「質の良いイメージ」「オシャレ感」が漂っています。

シャープでは新たなラインナップ

シャープのスマホでは、2万円台で買えるエントリーモデルは、実は新たなラインナップだったりします。

▼「シャープのスマホ」のラインナップ▼

  • AQUOS Rシリーズ:10万円超のハイエンド
  • AQUOS zeroシリーズ:5~7万円台のミドルハイ
  • AQUOS senseシリーズ:3~4万円台でコスパモデル
  • AQUOS wish(NEW):2~3万円台の最安モデル

AQUOS senseと少し被っていますが、AQUOS senseは多機能でお買い得AQUOS wishは機能が少なくシンプルという違いがあります。

AQUOS wishの「デザイン・サイズ感」|再生プラスチックを使用

筐体には、再生プラスチックを35%使用しています。

機能が最小限なだけでなく、環境負荷も少なくなるように配慮されています。

筐体の質感はマットで、やさしい手触りです。いかにもプラスチックというような安っぽさがないのはグッドですね。

背面は小さなシングルカメラがあって、あとは控えめにロゴがあるだけなので、見た目はスッキリしています。

「シンプルで飾らない」というコンセプトの通り、クセのないデザインです。

AQUOS wishのサイズ感

サイズは、5.7インチとコンパクト。最近のスマホとしてはかなり小さめですね。

幅はちょうど「iPhone SE(第3世代)」や「iPhone 8」と同じくらいで、片手でも握りやすいサイズ感となっています。

▼AQUOS wishのサイズ感▼

AQUOS wishのカラー

カラーは、チャコール(黒)、オリーブグリーン(緑)、アイボリー(白)の3色です。

中でもグリーンが気になっているという口コミは多く見かけました。スマホで中々見ない色ですよね。

カメラアプリはGoogle「Camera Go」

カメラアプリに「Camera Go」を採用しています。

Camera Goは、ローエンド端末向けにGoogleが提供している軽量版のカメラアプリです。

スペック控え目のスマホでも、速度やストレージ容量を気にせずに撮影できます。

軽量版ではありますが、ズーム、オートフォーカス、ポートレートなど一通りの撮影機能がしっかり使えます。

「いつもカメラの機能とか、あんまり使ってない」という方にとっては、これぐらい思い切って機能を絞ってある方が、使いやすいかもですね。

CPUは「Snapdragon 480 5G」

CPUには「Snapdragon 480 5G」を搭載。

一昔前のエントリーモデルの機種と比べると、飛躍的に性能が上がっています。

ゲームをやるには不向きですが、WebページやSNSを開いたり、動画を見たりする分には十分な性能です。

「Payトリガー」を搭載|すぐ決済アプリが開ける

AQUOS wishでも、AQUOSスマホでおなじみの「Payトリガー」が使えます。

側面の指紋センサーを長押しすると、登録した決済アプリを起動できます。

レジ前で慌ててアプリを探すことなく、スマートに支払いを済ませることができます。

機能を絞りつつも、本当に便利な機能は残してくれているのは、うれしいところですね。

AQUOS wishは「タフで壊れにくい」|MIL規格をクリア

AQUOS wishは高耐久を示す「MIL規格」をクリアしています。

防水・防塵だけでなく、低温、高温などの過酷な環境でも動作が確認されています。

スマホをラフに扱う方や、アウトドアでスマホを持ち歩きたい方などでも、壊れる心配が少なく、安心して使えます。

不具合の報告はある?

気になる不具合の口コミを探してみました。

こちらは先にもあった「ウマ娘が落ちる」というもの(AQUOS wishはウマ娘の推奨端末に含まれていません)。

ディスプレイの不具合もあったようですが、アップデートで改善されているようです。

AQUOS wishの価格|auでは2.6万円

AQUOS wishは、2022年1月14日に「au」「UQモバイル」で発売しました。

auの価格は26,180円、スマホトクするプログラムを利用して2年後に端末を返すと、負担額は22,001円になります。

先に発売したライバル機の「arrows We」も26,180円で、バチバチ競合端末に揃えてきました。

また楽天モバイルは1月21日に発売(29,800円)、ワイモバイルでも1月28日から提供されます(31,680円)。

プログラムが利用できるのは、auならではの強みですね。

1年あたり1万円ちょっとで使える端末は、間違いなく最安レベルです。

オリーブグリーンが人気!

大きな偏りはないようですが、オリーブグリーンが人気のようです。

au版AQUOS wishの対応バンド

対応バンドは以下の通り

  • 5G
    n28(700MHz帯)、n77(4.0GHz帯)、n78(3.5GHz帯、3.7GHz帯)
  • 4G LTE
    1、3、8、18、19、41

他社のプラチナバンドにも対応しています。

またAQUOS wishは「nano SIM/eSIM」のデュアルSIMで利用でき、auに加えて他のキャリアのSIMを入れて運用することもできます

これまでキャリアで販売されているAndroid端末は、周波数が制限されるなど使いにくい部分があったことも事実です。

将来の自由な使い方が保証されている点も、AQUOS wishの大きな強みですね。

「arrows We」と「AQUOS wish」を比較|機能の違いに注目

ゴリラ

「arrows We」とどっちを買うかで迷ってるんだよね。違いってあるかな?

auでは2021年12月3日から「arrows We」という端末を販売しています。

こちらは「AQUOS wish」のライバル機となるFCNTのエントリーモデルです。

スペックを比べてみると次の通り。正直なところ、ほとんど差はありません。本当によく似ています。

↓左右にスクロールできます!

 AQUOS wisharrows We
メーカーシャープFCNT
(旧:富士通コネクテッド
テクノロジーズ)
サイズ縦:147mm
幅:71mm
厚み:8.9mm
縦:147mm
幅:71mm
厚み:9.4mm
重量約162g約172g
OSAndroid™ 11Android™ 11
CPUSnapdragon 480 5GSnapdragon 480 5G
メモリRAM 4GB/ROM 64GBRAM 4GB/ROM 64GB
SDカード最大1T
(microSDXC)
最大1T
(microSDXC)
ディスプレイ5.7インチ TFT​液晶
HD+ 720×1,520
5.7インチ TFT​液晶
HD+ 720×1,520
アウトカメラ約1,300万画素(広角)約1,310万画素(広角)
約190万画素(マクロ)
インカメラ約800万画素約500万画素
バッテリー3,730mAh4,000mAh
そのほか機能おサイフケータイ
防水・防塵
5G対応
イヤホンジャック
MIL規格(18項目)
おサイフケータイ
防水・防塵
5G対応
FMラジオ
イヤホンジャック
泡ハンドソープで洗える
MIL規格(23項目)
生体認証指紋認証
(側面に搭載)
指紋認証
(背面に搭載)

違いがあるとすれば、機能の部分です。

arrows We」は子供のスマホデビューや、シニアの初めてのスマホを想定したサポート機能が充実しています。

たとえば「シンプルモード」に切り替えると、文字やアイコンを大きく表示してくれます。「らくらくスマートフォン」や「かんたんスマホ」のような使い勝手で使えます。

そのほか、詐欺対策の機能、緊急時ブザーなど、かなり手厚く機能が詰めこまれています。

こうしたサポート機能があるスマホが欲しいなら「arrows We」がおすすめ。

一方、単純に「シンプルでミニマムなスマホが欲しい」という方は「AQUOS wish」がおすすめです。

この2機種なら差は少なく、見た目などの好みで決めてもOKなのですが、どうしても迷ったら、このあたり注目してみると良いでしょう。

  • arrows We⇒サポート機能が手厚い
  • AQUOS wish⇒シンプルで無駄がない

まとめ

AQUOS wishは、シンプルなスマホが欲しい方におすすめです。

「シンプルで飾らない」というコンセプトが強く、他社のスマホにはない魅力を備えています。

「多くのスペックは求めていなくて、手頃でシンプルなスマホが欲しい」という方は、ぜひ検討したいですね。

ちなみに:契約するならauオンラインショップがお得です

auで契約を検討しているのであれば、店舗で契約するよりもauオンラインショップで契約した方がお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下4点です。

  1. 頭金がかからない(最大1万円くらいお得
  2. オプションに加入する必要がない
  3. 待ち時間がない
  4. 店員から営業を受けなくて済む

金銭的なメリットだけじゃなく、精神的メリット(待ち時間なし、営業なし)もあり、普通にオススメです!

ぜひ、オンラインショップでお得に契約してくださいませm(_ _)m

\自宅でサクッと機種変更/

 

こんな記事もおすすめ

37100