【最新】iPhoneを安く買う方法まとめ

OPPO Reno9 A スペックレビュー。目立った進化はないが価格は強み

ゴリラ

OPPO Reno9 Aが発売されたね!スペックや価格はどうなのかな?

2023年6月22日、OPPO Reno9 Aがワイモバイル、IIJmio、楽天モバイルなどから発売されました。

前モデル「Reno7 A」からの変化がほとんどなく、賛否ありつつも話題になっています。

本記事では、Reno9 Aのスペック・価格の要点をサクッとチェックしていきます。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、OPPO Reno9 Aは前モデルからスペックはほぼ据え置き。目立った進化はありません。

 

違いは、背面がガラス素材へ変更、RAM容量の増量(6GB⇒8GB)など。

 

ただ円安&半導体不足のなかでも大きな価格アップは避けられ、割引コミで2万円ほどで買えるのが地味に大きなメリットです。

  • 発売日:2023年6月22日
  • 価格(割引 or ポイント還元時):

正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。

ちなみに…

 

 

ワイモバイルで契約するならオンラインストアが圧倒的におすすめです!

  • 事務手数料が無料(3,850円おトク!)
  • 1円で買えるスマホもある
  • オプションやしつこい営業なし
  • 自宅にスマホやSIMが届く!

\3,850円の手数料が無料/

OPPO Reno9 Aのスペックを総チェック

まず、スペックシートを掲載しておきますね。参考に前モデルのReno7 Aと比較しておきます。

スクロールできます→

OPPO Reno9 AOPPO Reno7 A
CPUSnapdragon 695 5G
ストレージ
RAM
8GB+128GB6GB+128GB
SDカード最大1TB
サイズ・横:約74mm
・縦:約160mm
・厚さ:約7.8mm
・横:約73.4mm
・縦:約159.7mm
・厚さ:約7.6mm
重さ183g175g
ディスプレイ約6.4インチ
フルHD+ (2,400 x 1,080)
有機EL(AMOLED)
リフレッシュ
レート
最大90Hz
リアカメラ広角:4,800万画素(F値:1.7)
超広角:800万画素(F値:2.2)
マクロ:200万画素(F値:2.4)
フロントカメラ1,600万画素
バッテリー
充電
4,500mAh
18W 急速充電
生体認証ディスプレイ指紋認証
顔認証
おサイフケータイ
5G対応
SIMスロット・nanoSIMスロット×2
※1つはSDカードと排他
・キャリア・サブブランド版は
nanoSIM+SDカード
eSIM
防水・防塵IP68
スピーカーモノラルスピーカー
イヤホンジャックあり
価格
(メーカー)
46,800円44,800円

スペックは気持ちいいぐらい据え置き。SoCもSnapdragon 695 5Gのままです。

唯一の変更点ともいえるのがRAM容量で、6GB⇒8GBに変更されています。

ただ価格アップが2,000円とどまっており、割引コミで2万円前後で購入が可能です。ここがこの端末の価値だと考えます。


スペックの特徴はこのあたり。ザっと見ていきましょう。

  • 背面はガラス素材に
  • 仮想メモリで16GBも可
  • ディスプレイは90Hz
  • カメラは超広角・マクロ
  • バッテリー容量は4,500mAh
  • おサイフケータイと防水・防塵に対応

背面はガラス素材に変更

背面の素材がプラスチックからガラスに変更されました。ガラスっぽいツヤを残しつつ、指紋が付きにくいマットな仕上げです。

一方で、カメラ周りはガラスの光沢感が残されています。

「OPPO Glow」と名付けらた背面全体のキラキラ加工は前モデルから健在です。

仮想メモリで16GBも可

前モデルに続き、ストレージ(128GB)の一部を仮想メモリとして使える機能があり、RAMは16GB相当まで拡張できます。

16GBは超ハイエンドスマホの水準です。ここは他メーカーのミドルレンジスマホにない強みですね。

ディスプレイは90Hz駆動

ディスプレイは最大90Hzのリフレッシュレートに対応。

ノーマルの60Hzよりも、画面の表示速度(コマ数)が多く滑らかに操作できます。

もちろんコストとの兼ね合いで120Hzではなく90Hzなのだと思いますが、快適な操作感とバッテリー持ちが両立できるのはメリットですね。

なお、最大輝度は600nitです。日差しの強い屋外での視認性は良くはありません

カメラは超広角・マクロに対応

カメラは前モデルから完全に据え置きです。

  • 広角:4,800万画素(F値:1.7)
  • 超広角:800万画素(F値:2.2)
  • マクロ:200万画素(F値:2.4)

200万画素ながらマクロカメラがあり、ググっと寄った接写ができます。また超広角で画角の広い撮影もでき、幅広い撮影シーンに対応できます。

以下は前モデルのreno 7aの口コミ。今回もお値段以上の撮影が期待できそうです。

※前モデルのカメラの作例はこちらの記事でまとめています。

バッテリー容量は4,500mAh

バッテリー容量は4,500mAhと大容量です。前モデルでのバッテリー持ちは良好で、本モデルも期待できそうです。

前モデルの実機テストでは丸1日は余裕で持つ結果でした。

Reno7 Aのバッテリー残量

 

/

急速充電は前モデルと同様に最大18Wに対応。ACアダプターやケーブルは付属しません。

ワイヤレス充電は使えません。

おサイフケータイと防水・防塵にしっかり対応

おサイフケータイ、IPX8・IP6Xの防水・防塵、5G通信、画面内指紋認証、顔認証……。ひと通りの機能に対応しています。

ただし、スピーカーはモノラルのままです。イヤホンジャックは引き続き搭載されています。

OPPO Reno9 Aの価格は割引で2万円切り

OPPO Reno9 Aの2023年7月時点における価格は以下のとおりです。カッコ内は乗り換え特典などを適用した時の価格です。

割引価格で購入するならおすすめ

2万円ぐらいの予算であれば、消去法でバランスが良いOPPO Reno9 Aが残りそうです。

一方で割引なしの価格を見ると、+1~2万円ほどでPixel 7aPixel 6aが買えてしまうので迷いどころです。

カラーはムーンホワイト、ナイトブラックの2色です。

2023年現在、OPPO Reno7Aはいくらで買える?

ゴリラ

OPPO Reno7Aからの進化がないなら、そっちでも良さそうだよね。

OPPO Reno7 Aの価格は以下のとおり。カッコ内は乗り換え特典などを適用した時の価格です。

▼OPPO Reno7 A▼

価格はReno9 Aと大きく変わりませんあえて型落ちを狙う理由は少ないです。

ちなみにOPPO Reno7 Aの中古価格は、例えばイオシスでは20,800円~でした。

Redmi Note 11 Pro 5Gが上位互換?

OPPO Reno9 Aと似たような中華スマホとして、Xiaomiの「Redmi Note 11 Pro 5G」があります。

  • 最大120Hzのリフレッシュレート(最大1,200nit)
  • 1億800万画素に超広角・マクロを加えたカメラ
  • 67Wの急速充電(充電器が付属)
  • 5,000mAhの大容量バッテリー
  • ステレオスピーカー

など上位互換的な雰囲気があります。スペック重視ならこっちを検討してみると良いかもです。

ただし、

  • 防水は「防滴」レベル(IP53)
  • RAMは6GB

などOPPO Reno9 Aよりも劣るところもあります。

執筆時点での価格は以下。

まとめ

結論、OPPO Reno9 Aはスペック据え置きで肩透かし感が否めませんが、割引コミで2万円ほどで買えます。

スマホ価格が高騰気味で厳しい状況の中、企業努力を感じますし、そこは明確に強いメリットです。

ワクワク感こそ薄いですが、コスパ良好なモデルです。

「安く抑えたいけど、失敗は避けたい」という人には、安心感のあるReno9 Aはおすすめですね。

ちなみに:期間限定キャンペーンも実施中

楽天モバイルでは、以下のキャンペーンを実施中です!

↓左右にスクロールできます!

キャンペーン乗り換え契約新規契約
①楽天モバイル
を初めて契約
1.3万ポイント2,000ポイント
②対象端末購入iPhone:最大6,000ポイント
Android:最大6,000ポイント
対象iPhone
対象Android
③iPhone購入で2万円・2万ポイント還元
端末詳細
④誰かから
紹介を受けると
解説記事
最大1.3万ポイント還元
①との併用は不可
最大6,000ポイント還元
①②との併用は不可
合計最大3.3万円還元最大2.8万円還元

ゴリラ

今らな、30秒くらいの料金シミュレーションするだけで、全員100ポイントもらえるゾ!

最新の価格や在庫は公式サイトを確認してみてくださいね!

 

\一度は契約しないと損/

料金シミュレーションもれなく100ポイントもらえます

こんな記事もおすすめ