【今のうちに】iPhoneを安く買う方法

Redmi Note 11 Pro 5Gのコスパはどうなの?微妙なところと注目ポイントを正直レビュー

ゴリラ

Redmi Note 11 Pro 5Gってどうなの?コスパは良さそうかな?

2022年5月30日にRedmi Note 11 Pro 5Gが、公式ストア、楽天モバイルなどから発売しています。

4万円台で120Hzの有機EL67Wの急速充電を搭載するほか、おサイフケータイにも対応します。

ただ今回のモデルは手放しに「コスパ最高」とは言えない点がいくつかあります。

本記事では、Redmi Note 11 Pro 5Gの注目ポイント、微妙なところを、それぞれ正直にレビューしていきます。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、Redmi Note 11 Pro 5Gは120Hzの有機EL、67W急速充電が注目のミドルレンジスマホです。

 

楽天モバイルなどで購入できます。

 

微妙に感じるポイントは前モデルからカメラのスペックがダウンしたこと、価格がすごく安くはないこと、などです。

このスマホの評価
価格
(4.0)
スペック
(3.5)
カメラ
(3.5)
ディスプレイ
(4.0)
総合評価
(4.0)

ちなみに…

 

楽天モバイルでは端末を買って最大2.4万ポイント還元の還元キャンペーンをやってます!
対象iPhone / 対象Android

 

7/1から1GB以下でも1,078円がかかるようになりましたが、10月分までは実質無料で使えるので、逆に言えば、今が契約のチャンス。

 

\10月までは0円〜で使える/

 

\最安&ポイント還元/

 

楽天モバイルのiPhoneは、今なら最大2.4万ポイント還元キャンペーン中です!

 

還元対象とポイント額をチェックする >

 

ちなみに最新の在庫、入荷待ち状況は在庫状況一覧ページで確認できます!

Redmi Note 11 Pro 5Gの「注目ポイント」はココ

Redmi Note 11 Pro 5Gの注目ポイントから見ていきましょう。

「Redmi Note 11 Pro 5G」の注目ポイント
  • 120Hz駆動・6.67インチの有機ELディスプレイ
  • 67Wの急速充電
  • おサイフケータイ

120Hz駆動・6.67インチの有機ELディスプレイ

最大の売りになっているのが120Hzのリフレッシュレート、6.67インチに対応した有機ELディスプレイです。

一般的なスマホのリフレッシュレートは60Hzなので、画面書き換えの速度は2倍速くなります。

ヌルヌルと滑らかなスクロール、映像表示が可能です。

ディスプレイについては、10万円超のハイエンドスマホと比べても遜色ない仕様となっています。

67Wの急速充電に対応

Redmi Note 11 Pro 5Gは、67Wの急速充電に対応しています。15分で約50%、42分で100%の充電が可能です。

ちなみに、iPhoneやGalaxyのハイエンドと急速充電を比較してみると次の通りです。

▼急速充電の比較▼

  • Redmi Note 11 Pro 5G:67W
  • iPhone 13:20W
  • iPhone 13 Pro:20W
  • Galaxy S22:25W
  • Galaxy S22 Ultra:45W

急速充電はXiaomiのスマホの強みですね。

67Wの高速充電なら、夜に充電を忘れて寝てしまっても、朝の身支度の時間で満充電できそうですね。

▼バッテリー容量は5,000mAhと大容量です。以下の口コミは中国版ですが、電池持ちは十分なようですね。

おサイフケータイに対応

Redmi Note 11 Pro 5Gは、おサイフケータイ(FeliCa)に対応しています。

しっかり日本向けの仕様になっているのがうれしいところです。Xiaomiのスマホでも、おサイフケータイに対応する製品が増えてきています。

Redmi Note 11 Pro 5Gの「微妙なところ」

Redmi Note 11 Pro 5Gについて「ここは微妙かも…」と感じる点は以下の2点です。

Redmi Note 11 Pro 5Gで微妙なところ
  • カメラ性能は前モデルから少し下がってる?
  • 価格がすごく安くはない(+1万円でXiaomi 11Tが買えてしまう)

カメラ性能は前モデルから少し下がってる?

Redmi Note 11 Pro 5Gのカメラ仕様は以下。前モデルのRedmi Note 10 Proとも比較しておきます。

▼Redmi Note 11 Pro 5Gのカメラ性能|Note 10 Proと比較▼

スクロールできます→

 Redmi Note 11 Pro 5GRedmi Note 10 Pro
カメラ構成メインカメラ:約1億800 万画素
超広角カメラ:約800万画素
マクロカメラ:約200万画素
広角カメラ:1億800万画素
超広角カメラ:800万画素
望遠接写カメラ:500万画素
深度センサー:200万画素
ビデオ撮影30 fpsで1,080p (1,920×1,080)
30 fpsで720p (1,280×720)
30fpsで4K (3840x2160)
30fps/60fpsで1080p (1920x1080)

Redmi Note 11 Pro 5Gは、メインカメラ、超広角カメラ、マクロカメラのトリプルカメラを搭載しています。

しかし前モデルのカメラと比較すると、全体的にスペックが削られている印象です。

  • 望遠接写(500万画素)⇒マクロ(200万画素)
  • ビデオ撮影の性能がダウン?
  • 深度センサーなし

マクロカメラの「500万画素」と「200万画素」は、数値だけで判断するなら、かなり違いがあります。

またビデオ撮影も、「4K」と「60fps」への対応が削られています。深度センサーも非搭載になっていますね。

Redmi Note 10 Proはカメラの評判が良かっただけに、スペックダウンは少し残念なところです。

価格がすごく安くはない|+1万円でXiaomi 11Tが買えてしまう

Redmi Note 11 Pro 5Gの価格は、楽天モバイルで42,980円となっています。

ディスプレイや急速充電に魅力はありつつも、あくまでミドルレンジスマホとしては「めちゃ安くはないかな」というのが正直なところです。

贅沢を言うとXiaomiのスマホであれば、もう1万円くらい安ければと思ってしまいます。

もう1万円を出すと54,800円の「Xiaomi 11T」が購入できる

こちらは、AnTuTuスコア60万点超のCPUを搭載したハイエンド端末です。120Hz駆動の有機EL、67W急速充電にも対応します。

ちょっと上の価格帯に、ミドルレンジに近い価格で買えるハイエンド端末が控えているので、そこを含めて検討してみるのが良いと思います。

Xiaomi 11Tはコスパモンスターとして、ユーザー・レビューワーの間でも話題になったモデルです。OCNモバイルONEでは41,250円で販売しています。

ミドルレンジとなるとMi 11 Lite 5Gなどもあり、自社のモデルで食い合いをしている感もありますね……。

Redmi Note 11 Pro 5Gの価格|楽天モバイルで販売あり

Redmi Note 11 Pro 5Gは2022年5月30日に発売しました。

Xiaomi公式オンラインストアのほか、楽天モバイルなどでも取り扱いがあります。

  • Xiaomi公式:44,800円
  • 楽天モバイル:42,980円
    (最大2万円分のポイント還元あり)

楽天モバイルでは実質22,980円から購入が可能です。

Redmi Note 11 Pro 5Gのカラー

カラーは、アトランティックブルー、グラファイトグレー、ポーラーホワイトの3色です。

楽天モバイルでは、アトランティックブルー、ポーラーホワイトの2色の取扱いがあります。

「Redmi Note 11 Pro 5G」と「Redmi Note10 Pro」を比較

最後に、前モデル「Redmi Note10 Pro」とスペックを比較しておきましょう。

スクロールできます→

 Redmi Note 11 Pro 5GRedmi Note 10 Pro
CPUSnapdragon 695 5GSnapdragon 732G
AnTuTuベンチマーク(v9)39万点程度35万点程度
ストレージと RAM6GB+128GB6GB+128GB
SDカード最大1TB最大512GB
サイズ164.19×76.1×8.12 mm164×76.5×8.1mm
重さ202 g193g
ディスプレイ約6.67インチ
フルHD+ (2400 x 1080)
有機EL(AMOLED)ディスプレイ
リフレッシュレート:最大 120 Hz
約6.67インチ
フルHD+ (2400 x 1080)
有機EL(AMOLED)ディスプレイ
リフレッシュレート:最大 120 Hz
リアカメラメイン:約1億800 万画素
超広角:約800万画素
マクロ:約200万画素
広角:1億800万画素
超広角:800万画素
望遠接写:500万画素
深度:200万画素
フロントカメラ約1,600万画素1,600万画素
バッテリー・充電5,000mAh
67Wターボチャージ
5,020mAh
33W 急速充電
生体認証側面 指紋認証
顔認証
側面 指紋認証
顔認証
おサイフケータイありなし
5G対応ありなし
SIMnanoSIM+eSIMデュアル NanoSIM スロット
microSDカード同時搭載可能
防水・防塵IP53(防水は防滴レベル)IP53(防水は防滴レベル)
スピーカーデュアルスピーカー
イヤホンジャックあり
デュアルスピーカー
イヤホンジャックあり

大きな違いとしてはこのあたりですね。

  • 処理性能はわすかにアップ
  • 67Wの急速充電に対応
  • おサイフケータイ・5Gに対応
  • カメラはスペックダウン?

処理性能の向上、67Wの急速充電、おサイフケータイ・5Gへの対応が、新モデルの進化したポイントです。

Redmi Note10 Proが超優秀だったので、前モデルと比較するとインパクトは弱めです。

ただし、おサイフケータイや5Gが欲しい方には、うれしい仕様です。

まとめ

Redmi Note 11 Pro 5Gは、120Hzの有機ELディスプレイ、67Wの急速充電などが魅力のミドルレンジスマホです。

もう一声安ければ、Xiaomiらしいコスパ最高の端末でした。

ただ、おサイフケータイに対応しているのは魅力です。自分が欲しいデザイン、スペックにハマっているのかチェックして、購入を検討してみると良さそうですね。

ちなみに:期間限定キャンペーンも実施中

楽天モバイルでは、以下のキャンペーンを実施中です!

↓左右にスクロールできます!

キャンペーン内容
①誰でも
3,000ポイント
3,000ポイント還元
②端末購入で
ポイント還元
最大16,000ポイント還元
対象iPhone
対象Android
③iPhone
購入プログラム加入で
5,000ポイント還元

ゴリラ

iPhone 13、Apple公式よりも安くて、ポイント還元もあるんだ!iPhone買って最大2.4万ポイント還元は猛烈〜!!

事務手数料も無料、10月利用分までは〜1GBならタダで維持できるんで、本当に契約しない理由がないレベルかと!

最新の価格や在庫は公式サイトを確認してみてくださいね!

\10月までは0円〜で使える/

 

こんな記事もおすすめ

1901