【最新】iPhoneを安く買う方法まとめ

iPhone 15とiPhone SE(第3世代)はどっちがおすすめ?7つの項目で比較

ゴリラ

新しいiPhoneが欲しいんだけど、iPhone 15とiPhone SE(第3世代)だとどっちがいいのかな…?

iPhoneって、種類が多すぎて違いがよくわかりませんよね。

この記事では「iPhone 15」と「iPhone SE(第3世代)」を比較し、それぞれどんな人におすすめか?を解説します。

正直な結論
  • iPhone 15は最新かつハイスペック。カメラや性能にこだわる人におすすめ
  • iPhone SE(第3世代)は、ホームボタンがある安心感と、6万円前後のコスパの良さが魅力

正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。

スマホの機種変更・契約は、頭金なし、来店なし、待ち時間なし、勧誘なしのオンラインショップがお得で便利です。

 

iPhone 15とiPhone SE(第3世代)はどちらがおすすめ?

iPhone 15 iPhone SE(第3世代)

まず、結論。それぞれの機種の特徴やおすすめする人をザックリ解説します。

iPhone 15の特徴とおすすめする人

  • 2023年発売。性能は非常に高い
  • 「15」「15 Plus」「15 Pro」「15 Pro Max」の4モデルがある
  • 一番安い「15」でも12万円以上する
  • 最新かつハイスペックなiPhoneがいい人におすすめ

iPhone 15はスペックも価格も高いです。

本当に最高スペックを求めるなら「iPhone 15 Pro/Pro Max」もありますが、この記事を読んでいる人のほとんどはiPhone 15でも十分に満足できると思います。

iPhone SE(第3世代)の特徴とおすすめする人

  • 2022年発売の「SE」シリーズ三代目
  • ホームボタンがついている
  • SoC(チップ)はiPhone 14や13と同じ
  • カメラ機能とバッテリーは目に見えてiPhone 15より劣る
  • 安心して使えるiPhoneをお手頃価格で買いたい人におすすめ

「iPhone SE」シリーズは「スペックを抑えている分、価格も抑えめ」なiPhoneです。

公式でも6万円台というお手頃価格で購入できる点が魅力です。

とは言え頭脳となるチップはiPhone 14や13と同等のものが使われており、メッセージの送受信や情報収集など、スマホとしての性能は申し分ありません。

カメラ性能では顕著にiPhone 15と差が出ますが、日常使いする分にはカメラ性能は十分です。

iPhone 15とiPhone SE(第3世代)を7項目で比較

ではさらに詳しく、iPhone 15とiPhone SE(第3世代)を以下の7項目で比較します。

  • サイズ・重さ
  • ディスプレイ
  • カメラ
  • SoC(チップ/CPU)
  • バッテリー
  • 機能
  • 価格

【サイズ・重さで比較】SE3の方が小さく、軽い

iPhone 15 iPhone SE(第3世代)

▼iPhone 15 / iPhone SE(第3世代)のサイズ・重さ比較▼

  • 縦×横×高さ:147.8×71.6×7.8 / 138.4×67.3×7.3mm
  • 重さ:171g / 144g

iPhone SE(第3世代)よりもiPhone 15の方が一回り大きいです。

iPhone SE(第3世代)の方が27g軽く、バッグやポケットに入れても嵩張りません。本体が小さいため片手でも使いやすく、ホームボタンもあり、安心感があるでしょう。

【ディスプレイを比較】動画や雑誌を見るならiPhone 15がおすすめ

▼iPhone 15 / iPhone SE(第3世代)のディスプレイ比較▼

  • サイズ:6.1インチ / 4.7インチ
  • 解像度:2,556×1,179ピクセル(460ppi) / 1,334×750ピクセル(326ppi)
  • 最大輝度:1,000ニト / 625ニト

いろいろと細かい数字を書きましたが、要するにiPhone SE(第3世代)よりもiPhone 15の方が画面が大きく、綺麗で明るいです。

スマートフォンで動画や動画SNS(Instagram、TikTokなど)を見ることが多い人、雑誌や電子書籍、マンガをたくさん読む人は、画面が大きい方がよいでしょう。

【カメラを比較】写真好きには15がおすすめ

両機種の一番大きい差と言ってもよいのが、カメラ性能です。

iPhone 15の方が画素数など性能が優れているのは言わずもがなです。さらに以下の3つの機能はiPhone 15にしか搭載されていません。

  • 超広角撮影
  • ナイトモード
  • シネマティックモード

この中でも特に「超広角撮影」はいろんな場面で使える便利な機能です。

超広角カメラ

「超広角カメラ」は通常カメラの画角の外側が撮影できます。

広大な景色、大人数での撮影、室内での雰囲気を撮りたい時など、さまざまな場面で活躍します。

「ナイトモード」は、暗い場所での撮影で便利です。

「シネマティックモード」は使う機会が少ないかもしれません。

「写真が好き!」「SNSにたくさん投稿したい!」という人にはiPhone 15の方がおすすめです。

【SoCを比較】SE3は価格の割に非常に優秀

「SoC」とは、CPUを含む様々なチップが一体となった、いわば「チップの集合体」です。いわばiPhoneの脳でどのくらいスムーズに動くか決まります。

  • iPhone 15:A16 Bionicチップ
  • iPhone SE(第3世代):A15 Bionicチップ

iPhoneは新しい機種が出るごとに「A⚪︎⚪︎チップ」の数字の部分が新しくなり、その分高性能になっていきます。

しかし「iPhone 13」「iPhone 14」「iPhone SE(第3世代)」は同じ「A15チップ」が使われています。

「iPhone SE(第3世代)は価格が安いから、動作が不安」という人も、心配せずに購入できます。

【バッテリーを比較】SE3の弱点

2機種のバッテリー性能は以下です。

▼iPhone 15 / iPhone SE(第3世代)のバッテリー性能比較▼

  • ビデオ再生:最大20時間 / 最大15時間
  • オーディオ再生:最大80時間 / 最大50時間
  • バッテリー容量(非公式):3,349mAh / 2,018mAh

iPhone SE(第3世代)は15の3分の2程度しかバッテリーがもたないと考えると良いでしょう。

こればっかりは、本体サイズが小さい=バッテリーサイズも小さくなるので仕方ありません。

外出先で長時間の動画を見るような使い方をすると、朝から夜までは持たないかもしれません。心配なら、モバイルバッテリーを持ち歩くなどの対策が必要です。

【機能を比較】ホームボタンとUSB Type-C

2機種の特徴的な機能を紹介します。

iPhone SE(第3世代)にはホームボタンがついています。

iPhone 15にはホームボタンがついておらず「画面の一番下から上方向にスワイプ」という操作でホームに戻ります。

この操作は慣れれば問題ありませんが、ホームボタンの安心感には敵いません。またホームボタンは指紋認証センサーにもなっています。

一方でiPhone 15の発売時に最も話題になったのが「充電ケーブルがUSB Type-Cになった」という点です。

それまで長らく使われていた「Lightning端子」から変更され「他の電子機器と兼用できる」と多くのユーザーが喜びました。日々のストレスが少しだけ緩和されるでしょう。

【価格を比較】SE3は半額程度で買える

スクロールできます→

iPhone 15128GB256GB512GB
ドコモ149,490円
(75,570円)
172,040円
(86,240円)
212,300円
(106,700円)
au145,640円
(76,820円)
166,780円
(87,630円)
206,930円
(107,985円)
ソフトバンク
※24年1月改定
145,440円
(74,640円)

142,920円
(21,996円/1年)
(62,304円/2年)
166,320円
(85,920円)
(44,820円/1年)
(85,320円/2年)
206,640円
(107,160円)
(55,620円/1年)
(105,960円/2年)
楽天モバイル
※24年2月改定
140,800円
(70,392円)

131,800円
(65,880円)
161,800円
(80,800円)

153,800円
(76,896円)
199,800円
(99,888円)

187,800円
(93,888円)
Apple124,800円
(83,199円)
139,800円
(93,199円)
169,800円
(113,199円)

スクロールできます→

iPhone SE
(第3世代)
64GB128GB256GB
ドコモ
24年1月改定
73,370円
(37,730円)
(22,154円)
82,280円
(42,680円)
104,500円
(53,020円)
au
23年12月改定
70,935円
(38,295円)
(22,047円)
82,190円
(44,390円)
(26,600円)
103,415円
(55,775円)
ソフトバンク73,440円
(22,008円)
81,360円
(26,784円)
99,360円
(52,560円)
楽天モバイル62,800円
(31,392円)
69,800円
(34,896円)
84,800円
(42,384円)
UQモバイル70,935円82,190円103,415円
ワイモバイル73,440円81,360円99,360円
Apple公式62,800円69,800円84,800円

※カッコ内の金額は各社の購入プログラム適用時の2年間の負担額
※楽天モバイルのiPhone SE(第3世代)はプログラム対象外

iPhone SE(第3世代)は15の半額程度で購入できます。

また15は10万円を超える高額な端末です。各社の購入プログラムを利用することも検討してみてください。

▼各社の購入プログラム詳細▼

まとめ:ハイスペックなiPhone15、お手頃なiPhone SE(第3世代)

iPhone 15とiPhone SE(第3世代)について比較しました。

  • iPhone 15:
    最新かつ高級。カメラ、最新モデルにこだわる人におすすめ。
  • iPhone SE(第3世代):
    お手頃かつ安心感のあるiPhone。ホームボタンとコスパの良さが魅力

両機種で迷われている人に少しでも参考にしてもらえるとうれしいです!

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

  1. 事務手数料、頭金がかからない(auは手数料かかります)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. オプション不要・しつこい営業がない
  4. 来店不要・待ち時間がない

金銭的メリット(事務手数料、頭金)だけでなく精神的なメリット(待ち時間・勧誘なし)も大きく、おすすめ。

また、各社が直営する公式オンラインショップなので安心して契約できます。

少しでもお得にかしこく契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップを使ってみてください。

こんな記事もおすすめ

\知ってるだけで万レベルでお得/
iPhoneを安く買う方法