iPhone11が9/13(金)21時~予約開始!!

【実際どう?】ギガライトとは?旧プランよりお得になるのか比較してみた【ドコモ新プラン】

2019年6月からスタートしたドコモの新料金プランの「ギガホ」、「ギガライト」。

データ容量がたくさん欲しい人は「ギガホ」、そんなにいらない人は「ギガライト」を選べばよく、今までの複雑な料金プランと比べてとてもシンプルになりました。

でも、シンプルになったのはわかったけど、重要なのは旧プランと比べてお得なの?ということ。ドコモの公式では最大4割引きをうたっていますが、実際のところはどうなのでしょう?

ということで今回は「ギガライト」がどんなプランなのか解説して、結局旧プランとどちらがお得なのかをシミュレーションしていきます

初めに結論をいってしまうと、ギガライトは、

  • データ容量を抑えて使いたい人におすすめ
  • 家族で使う場合は旧プランよりお得になる

というプランです!

「データ容量がたくさんほしい!」というかたは同じく新プランのギガホがおすすめです。

それでは詳しく説明していきますね。

ちなみに…

ドコモで契約するなら手数料(2,000円)不要来店不要待ち時間不要のドコモオンラインショップがおすすめです。

 

オンライン限定キャンペーン中!

ドコモオンラインがお得な理由はこちら

iPhone11が遂に予約開始となりました!

発売日は9/20(金)です。予約してゲットしましょう!

ギガライトとは?

ギガライトの概要は以下の通り、

  • データを使った分だけ料金が加算される従量課金制
  • 各種割引を適用させれば月々最安1GB1,980円から利用可能

というプランです。

それぞれ詳しく説明していきます。

ギガライトはデータを使った分だけ料金が加算される従量課金制のプラン

ギガライトは一言でいうと、その月のデータの使用量に応じて4段階で月額使用料が決まるプランです。

4段階の料金は以下の表のような料金となっており、1GB~7GBの間で使用量に応じて自動的に料金が決定されます。

利用可能データ量月額料金(税抜き)
<ステップ4>
~7GB
5,980円
<ステップ3>
~5GB
4,980円
<ステップ2>
~3GB
3,980円
<ステップ1>
~1GB
2,980円

つまり、データ容量をたくさん使った月は高くなりますが、使わなければかなり安く済ませることも可能です。

また、データ使用量が月に7GBを超えた場合、その月は速度制限がかかり、通信速度が128Kbpsになります。

128KbpsはTwitterもまともにみれないくらい使い物にならないスピードなので、7GB以上使いたい人は月々30GBまで使える「ギガホ」プランがおすすめです。

各種割引を適用させれば月々最安1GB1,980円から利用可能

ギガライトの基本料金は上の表のとおりですが、各種割引を適用させることで月々最安1,980円から利用可能となります。

利用可能な割引サービスには、「みんなドコモ割」「ドコモ光セット割」というものがあります。

みんなドコモ割とは、簡単に言うとファミリーグループ(3親等以内の親族)でドコモ回線のユーザーが多いほど月額料金が割引されるというもので、2回線で-500円、3回線で-1,000円の割引となります。

ファミリーグループ
回線数
みんなドコモ割
割引額
1回線-
2回線-500円
3回線以上-1,000円

ドコモ光セット割とは、ファミリーグループで「ドコモ光」を契約している回線がある場合、月額料金から最大1,000円割引されるという割引です。

ただし、ドコモ光セット割はギガライトのステップによって割引額が異なり、ステップ1(~1GB)では割引は適用されません。

ステップ2(~3GB)で500円割引、ステップ3以降で1,000円の割引となります。

ギガライトのステップドコモ光セット割
割引額
<ステップ4:~7GB>-1,000円
<ステップ3:~5GB>-1,000円
<ステップ2:~3GB>-500円
<ステップ1:~1GB>-

これら2つの割引を適用させると、ギガライトの月額料金は最大2,000円割引となります。

「はじめてスマホ割」でさらにお得に

「ギガホ」、「ギガライト」の新プラン開始にともなって、「はじめてスマホ割」というキャンペーンが実施されています。

はじめてスマホ割は、ドコモや他社のガラケーから、「ギガホ」か「ギガライト」に申し込むと最大12か月、月額1,000円割引になるというもので、現在のウェルカムスマホ割とほぼ同じ内容です。

詳しくは公式サイトをご確認ください。

ギガライトの注意点・デメリット

ここからはギガライトの注意点やデメリットをお伝えしたいと思います。

大きな注意点は、以下の通り。

  • 通話料がオプションとなっている
  • 2年の定期契約が必要
  • 端末購入にかかる割引が適用されない

ひとつずつ見ていきましょう。

通話料がオプションとなっている

ギガホ・ギガライトといった新料金プランの基本料金には国内通話料は含まれていません。

正確には、家族間の通話無料は含まれていますが、家族以外への通話は30秒当たり20円となっています。

このようにデフォルトだと、電話をかけた分だけ通話料がかかってしまうので、

家族以外とも通話する場合は、国内通話無料となる「かけ放題オプション」か、5分以内の国内通話が無料となる「5分通話無料オプション」のどちらかの音声オプションを選ぶことになります。

音声オプション月額料金内容
かけ放題オプション1,700円国内通話無料
5分通話無料オプション700円国内通話
5分以内:無料
5分超過分:30秒あたり20円

2年の定期契約が必要

ギガライトを上記の月額料金で利用するためには、2年の定期契約、つまりいわゆる2年縛りの契約が必要です。

この定期契約をしない場合は、月額料金がプラス1,500円となりますので注意してください!

【重要!】端末購入にかかる割引が適用されない

新プランで一番気を付けなければならないのが、この、端末購入にかかる割引が適用されないという点です。

旧プランで存在していた、「docomo with」、「月々サポート」、「端末購入サポート」といった端末代金の割引サービスは、新料金プランに変更した場合は適用終了となってしまいます。

MEMO

月々サポート:購入機種に応じた割引額が毎月の利用料から割引されるサービス。

端末購入サポート:購入機種代金が大幅に割引されるサービス。

docomo with:対象端末の利用で月額基本料金が1500円割引されるサービス。

つまり、現在これらの割引サポートを受けている場合、サポートが終了するまで(最長2年程度)に新プランに変えると損をする可能性が高くなります

多くの人がいずれかのサポートを受けているので、この点についてはしっかりと把握しておきましょう。

旧プランとギガホの比較、結局お得なのはどっち?

ギガライトの特徴や注意点を解説してきましたが、結局大事なのは旧プランと比べてどちらがお得なのか?旧プランから最大4割引きは本当?ということ。

ドコモの公式では以下の画像のように、ギガライトが旧プランと比べて最大4割程度お得に利用できるとうたっています。

画像引用元:報道発表資料 : 新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」を提供開始 | お知らせ | NTTドコモ

本当にそんなに差があるのかを、新旧両プランでシミュレーションしてみたいと思います。

先にシミュレーション結果をネタバレすると、

  • 家族で使う場合はギガライトのほうがにお得
  • でも4割も安くはならない!

という結果となりました。

では、具体的なプランで、両者を比べてみましょう。

ひとりでドコモ回線を利用する場合

まずはファミリーグループなしで契約するパターンです。

以下の条件で旧プランとギガホを比べてみました。

  • 条件1:ひとりでドコモ回線を利用する
  • 条件2:通話は最低限
  • 条件3:データ使用料は月~5GB
  • 条件4:iPhone 7(32GB)を一括購入

旧プランは以下の通り。iPhone 7はdocomo with対象端末。

月額料金合計4,780円
ベーシックパック(ステップ3) ~5GB5,000円
SPモード(インターネット使用基本料)300円
シンプルプラン980円
docomo with-1,500円

ギガライトは以下の通り。

月額料金合計4,980円
ギガライト(ステップ3) ~5GB4,980円

旧プランは4,780円、ギガライトは4,980円となり、ひとりで~5GB使う分には旧プランのほうが若干お得という結果に。

それにしても、新プランがいかにシンプルかがわかったかと思います。笑

家族でドコモ回線を利用する場合

次はファミリーグループで契約するパターンです。

以下の条件で旧プランとギガホを比べてみました。

  • 条件1:ファミリーグループ(3人)でドコモ回線を利用する
  • 条件2:通話は最低限
  • 条件3:データ使用料は1人当たり月5GB
  • 条件4:iPhone 7(32GB)を購入

旧プランは以下の通り。ファミリーグループでデータ容量を分け合えるシェアパックで契約した場合の月額料金です。

月額料金合計12,340円
ベーシックシェアパック(ステップ3) ~15GB(1人あたり5GB)12,000円
シェアオプション(子回線×2)1,000円
SPモード×3900円
シンプルプラン×32,940円
docomo with ×3-4,500円

ギガライトは以下の通り。ファミリーグループでみんなドコモ割を適用させた料金です。

月額料金合計11,940円
ギガライト(ステップ3) ~5GB ×314,940円
みんなドコモ割×3-3,000円

旧プランは12,340円、ギガライトは11,940円となり、家族で使う分にはギガライトのほうがお得という結果に。

ステップ3以外でもシミュレーションしてみたところ、どのステップでもギガライトがお得という結果になりました。

家族で使うなら旧プランよりギガライトのほうがお得!でも4割引きまではいかない模様!

旧プランとギガライトを比較して、ギガライトのほうがお得になる場合が多いことがわかりました。

ただ、下の画像のように4割安くなるとまではいかないようです。

画像引用元:報道発表資料 : 新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」を提供開始 | お知らせ | NTTドコモ

では、この4割という数字はどこから出てきたのでしょう?

結論をいってしまうと、どうやらこの表では、端末購入にかかる割引を計算に入れていないようです。

実際の月額料金にはもちろん端末代金も含まれるので、この比較はちょっとずるいですね。

結論:ギガライトはデータ量を気にせず使いたい人におすすめ!

ここまでギガライトの概要を説明し、旧プランとの比較もし、ギガライトがおすすめなのは以下のような人ということがわかりました。

  • 月々のデータ容量を7GB以内で利用する人
  • 家族でドコモ回線を利用している人

とはいえ、今後は旧プランを新規で契約することはできないので、「ギガホ」か「ギガライト」から選ぶ以外の選択肢はありません。

データ容量をたくさん使いたい人はギガホ、そこまでいらない人はギガライトを選ぶことになるでしょう。

ちなみに:契約するならドコモオンラインショップがお得です

ドコモで機種変更/新規/乗り換えを検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下3点です。

  1. 事務手数料がかからない(最大3,000円お得)
  2. 来店不要
  3. 待ち時間がない

精神的メリット(来店不要・待ちなし)だけでなく、金銭的メリットも大きいので普通にお得です。

また、代理店ではなくドコモ直営の公式オンラインショップなので安心して契約できるのです。

デメリットがないので、最近は利用している人がかなり増えているようです。(多分将来的にデフォになるはず)

お得かつ楽に手続きしたい人はぜひオンラインショップを使ってみてください。

限定キャンペーン中!

ドコモオンラインがお得な理由はこちら


こんな記事もおすすめ

コメントを残す