【最新】iPhoneを安く買う方法まとめ

【約1万円〜】AQUOS wish3 スペックレビュー!性能はほぼ据え置き。

ゴリラ

AQUOS wish3が発売されたね。どんな機種になったのかな?

2023年7月、ワイモバイル、楽天モバイルなどからAQUOS wish3が発売されました(ドコモでは9月以降に発売予定)。

賛否ありつつも人気のあったAQUOS wish2の後継モデルで、価格は3万円台に抑えられています。

本記事では、AQUOS wish3のスペックをザザっと見ていきます。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、AQUOS wish3は「シンプル」「環境に優しい」が売りのエントリーモデル

 

スペックは前モデルからほぼ据え置きなので、安くなったAQUOS wish2を買うのもアリです。

ゴリラ

実際に使ってみたレビュー記事も書いたから、参考にしてな!

正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。

スマホの機種変更・契約は、頭金なし、来店なし、待ち時間なし、勧誘なしのオンラインショップがお得で便利です。

 

AQUOS wish3のスペックを総チェック

まず、スペックシートを掲載しておきますね。

参考に前モデルのAQUOS wish2と比較しておきます。

スクロールできます→

AQUOS wish3AQUOS wish2
サイズ横:約71mm
縦:約147mm
厚さ:約8.9mm
重量約162g
CPUSnapdragon 695 5GMediaTek Dimensity 700
RAM+ROM4GB+64GB
SDカード最大1TB
ディスプレイ約5.7インチ TFT液晶
HD+
(720×1,520)
メインカメラ広角:約1,300万画素
インカメラ約800万画素約500万画素
バッテリー容量3,730mAh
ワイヤレス充電
おサイフケータイ
防水IPX5/IPX7
防塵IP6X
(MIL-STD-810H準拠)
イヤホンジャック
スピーカーモノラル
5G
生体認証顔認証+指紋認証
※楽天モバイル版、ワイモバイル版は
顔認証のみ
指紋認証のみ
SIMnanoSIM/eSIMnanoSIM/eSIM
※ドコモ版はnanoSIMのみ
Bluetooth5.35.1

スペックはAQUOS wish2とほぼ同じです。

SoCがSnapdragon 695 5GからDimensity 700に変更されたのが大きな変更点です。

そのほか、顔認証に対応、筐体の再生プラスチックが60%に増量、Bluetooth 5.1⇒5.3など細かい変更があります。

再生プラスチックの使用割合が増量|35%⇒60%

今回のモデルも再生プラスチックが使用されています。

筐体の再生プラスチックの使用量が35%⇒60%とアップしたのに加え、内部パーツやカメラ周りにも使われるようになりました。

AQUOS wishの口コミ。淡いカラーと独特で優しい手触りは前モデルでも一定の評価を得ています。

「Dimensity 700」を搭載

頭脳となるSoCには「Dimensity 700」を搭載。

Galaxy A23 5GLibero 5G IIIなどにも採用されているエントリーモデル向けのチップです。

これ、実はAQUOS wish2の「Snapdragon 695 5G」より少しダウングレードされています。

ただしAQUOS wish2はチューニングの問題なのか、Snapdragon 695 5G本来の性能ほどサクサク使えないという評判が多かったです。

AQUOS wish3がどの程度快適に使えるのかは、実機を触ってみての判断となりそうです。

顔認証に対応|電源ボタン一体型でスッキリ

生体認証は

  • ドコモ版:顔認証と指紋認証に対応
  • 楽天モバイル版・ワイモバイル版:顔認証のみ

となりました。指紋認証のみだったAQUOS wish2から変更されています。

AQUOS wish2は指紋認証と電源ボタンが別々で、押し間違えしやすいのが難点でした。上から順に音量ボタン、アシスタントキー、電源ボタン、指紋センサーが並んでいます。

AQUOS wish2

AQUOS wish3の指紋センサー(ドコモ版のみ)は電源ボタン一体型となり、前モデルよりすっきりしています。

1,300万画素のシングルカメラ|写りはけっこう改善

カメラは1,300万画素(F2.0)のシングルカメラで、スペックはAQUOS wish2と同じです。

ただ、実際に使ってみてわかったんですが、新しい画像処理エンジン「ProPix4 lite」がわりと良い仕事をしていて 、実際の写りはけっこう違います。

こんな感じで、wish3の方が明るく、より鮮やかなことが一目瞭然です。

他の作例を見てみる(実機レビュー)

ディスプレイは控えめなスペック

ディスプレイは、5.7インチのHD+(1,520 x 720)と控えめなスペックです。

前モデル(下記の画像)と同じなら、クッキリ鮮やかというよりは、自然な見え方のディスプレイと言えそうです。

AQUOS wish2

ディスプレイの設定は、

  • 屋外でも見やすい「アウトドアビュー」
  • ブルーライトが抑えられる「リラックスビュー」

に変更できます。特にアウトドアビューは上位モデル含め、AQUOSのスマホで地味に評判の良い機能です。

機能は一通り網羅|デュアルSIMにも対応

機能面はザっとこんな感じです。

  • おサイフケータイ
  • イヤホンジャックあり
  • 最大1TBのSDカードスロット
  • 5Gの通信
  • eSIM
  • 防水・防塵はIP57
  • MIL規格18項目に準拠

eSIMにも対応しており、SIMカード+eSIMのデュアルSIMでも使用できます。

ちなみに、AQUOS wish2のドコモ版はeSIM非対応でしたが、今回はドコモ版もOK。

防水・防塵はIP57としっかりめ、耐久性はMIL規格に準拠でお墨付きです。価格が安いこともあり、精神的にもガシガシ使えますね。

ジュニアモード・かんたんモードに対応

大きなアイコンが並ぶ「かんたんモード」に変更もできます。シニア向けスマホでおなじみのホーム画面です。

シンプルに使いたい人に便利ですね。よく使う連絡先もホーム画面に登録できます。

また、今回のAQUOS wish3からは、利用制限や緊急時の連絡方法を設定できる「ジュニアモード」も搭載されました。

子どものスマホデビューにも選びやすいですね。

AQUOS wish3の価格は3万円台

AQUOS wish3の価格は次のとおりです。

ドコモはいつでもカエドキプログラムの利用で、2年間は22,023円で利用できます。

ワイモバイルでは乗り換えで、シンプルSは18,000円、M / Lは21,780円の割引があり、10,080円から購入できます(2023年発売時点)。

ワイモバイルは「1円セール」を行うことがあり、前モデルも対象になったことがあります。

購入前には最新の情報をチェックしておくことをおすすめします。

AQUOS wish3のカラーはグリーン、ホワイト、ブラック、ピンクの4色。ピンクはワイモバイルの限定カラーです。

AQUOS wish2の在庫もある

執筆時点で以下のキャリアでAQUOS wish2の在庫が残っています。AQUOS wish2の価格は次のとおりです。

さらに安さを追求するならAQUOS wish2もアリだと思います。

正直スペックは、wish2もwish3もあまり変わりません。

AQUOS wish2の中古品の価格

今ならAQUOS wish2の中古品も出回っています。

執筆時点におけるイオシスの価格は次のとおり。

  • 最安:9,980円(中古品 Bランク)
  • 未使用品の価格:12,800円

「回線とセットの契約が面倒」という人には、中古ショップでの購入も選択肢になりそうですね。

AQUOS wish3へのデータ移行は簡単!

ゴリラ

この記事を読んでスゴく気になったんだけど、今のスマホからデータを移行するのが面倒なんだよな……

AQUOSスマホへのデータ移行は、ここ最近ではかなり簡単になりました。初期設定で有線ケーブルを使ってほとんどのデータを転送できます。

まとめ

AQUOS wish3は、スペックもカラーも控えめで、優しくシンプルに使えるスマホです。

ガチャガチャ機能が多いより、必要なスペック・機能が絞られているスマホを使いたい、という人に向いています。

ワイモバイルで1万円ちょっとで買えますし、前モデルのAQUOS wish2も安くなっているので、そちらを選んでしまうのもアリですね。

ちなみに:ワイモバイルを契約するならオンラインがお得

ワイモバイルを契約するなら、特別な事情がない限り、オンラインでの手続きがおすすめです。

  • 事務手数料が無料(3,850円おトク!)
  • 機種代の割引がある(2万円超の割引も!)

オンラインは、公式オンラインストアヤフー店(代理店)の2種類があって、ちょっと複雑なんですが、

ざっくり、こんな感じです。

↓左右にスクロールできます!

契約ワイモバイル
(公式)
ヤフー店
(代理店)
機種変更機種によって
端末割引あり
端末セット新規最大2万円超
の端末割引
乗り換えau
ドコモ
楽天から
ソフトバンク
LINEMOから
SIMのみ新規ML:5,000円
※5〜18歳はML:1万円
ML:6,000円
乗り換えau
ドコモ
楽天から
ML:1万円
S:3,000円
ML:1.2万円
+※最大8,000円

S:3,000円
※PayPay決済の買い物で
30%分還元
ソフトバンク
LINEMOから
事務手数料無料
さらにプラスで…↓↓
新どこでももらえる特典※ML:最大6,000円相当
※S:最大500円相当
※PayPay決済の買い物で
20%分還元

参考 ヤフーモバイル・ヤフー店って何なん?ワイモバイルと違うの?

またどちらで契約する場合も、新どこでももらえる特典※という最大6,000円相当がもらえるキャンペーンもあるので、必ずエントリーしておきましょう!

新どこでももらえる特典のエントリー

 

ヤフー店と公式の違いは解説記事で説明してます

 

\3,850円の手数料が無料/

※新規・のりかえ・番号移行・シンプル2 S/M/Lへの変更が対象。シンプル2 S/M/L内のプラン変更と機種変更(指定プランからのプラン変更を伴う場合は除く)は対象外です。
※クレジットカードでのお支払いは対象外。ただし、PayPayアプリを介したPayPayカード、ヤフーカードでのお支払いは対象。
※シンプル2Sは500円相当。シンプル2 M/Lは6,000円相当。後日PayPayポイントを付与。出金と譲渡はできません。

こんな記事もおすすめ

\知ってるだけで万レベルでお得/
ドコモでお得に機種変更する方法