来春OPENのディズニー新エリア先行招待チケットがもらえる!

【ソフトバンク】「キッズフォン2」を正直レビュー|「位置情報&カメラ」でシンプルで安心な一台

キッズ向けケータイの最新モデル「キッズフォン2」がソフトバンクから発売されます。

主に「連絡」「位置情報」に機能を絞られているのが特徴で、不安のタネのWeb検索も省かれています。

「スマホを持たせるのはまだ早い」と考えている方も、キッズフォン2なら安心して持たせることができそうです。

しかし、いざ子供に持たせるとなると、機能や特徴については詳しく知っておきたいところだと思います。

そこで本記事では「キッズフォン2」にはどんな機能があり、どのような使い方ができるのかを詳しく解説していきます。

「キッズフォン2」が必要な一台なのかをチェックしていきましょう。

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ちなみに…

  ソフトバンクで契約するなら

  • 頭金(3,000~10,000円)なし
  • オプション契約なし
  • 来店なし
  • 待ち時間なし

ソフトバンクオンラインショップがおすすめです!  

10,000円以上お得!

 

新しいiPhone11 / 11 Pro / 11 Pro Maxが遂に発売開始しました!

スペックや評判、通常よりも安く買う方法を紹介しています!

「キッズフォン2」の特徴

キッズフォンの主な機能は以下のとおり。キッズ向けケータイとして必要な機能は一通り網羅しています。

▼「キッズフォン2」の機能

  • 子どもの居場所を地図で確認できる
  • 子どもと電話メールで連絡が取れる
  • 登録した連絡先以外の着信・受信はブロック
  • ストラップを引くと、緊急ブザーが鳴る
  • ブザーとともに位置情報と写真を送信
  • 警備員が駆け付けるサービスも追加できる
  • カメラが使える
  • 漢字学習アプリ

カラーはミント、イエロー、ライトブルーの3色。

「キッズフォン2」のそれぞれの機能を詳しく見ていきましょう。

子どもの居場所を地図で確認できる

キッズフォン2には、子どもの居場所を地図で確認できる「みまもりマップ」機能があります。

▼「みまもりマップ」の機能

  • お互いの位置情報を家族で共有できる(いまここシェア)
  • 見守りたい相手が、学校や自宅などに到着・出発したことを通知(ついたよ通知)

位置情報を共有する「いまここシェア」を利用すれば、登録したメンバー内でお互いの居場所を地図上で確認できます。「いまどこにいるか」を一目でわかります。

見守りたい相手が学校や自宅などに到着・出発したことを通知する「ついたよ通知」という機能もあります。登下校や習い事の行きかえりなどを見守ることができます。

さらに、自宅のWi-Fiネットワークを登録しておくことで保護者に通知が届く「ただいま通知」で子どもの帰宅を把握することもできます。

「ふだん仕事で家を出ている」という方も、こうした機能で子供の居場所が確認できれば安心ですね。

「みまもりマップ」の利用料は無料

「みまもりマップ」の利用料は無料となっています。

ソフトバンクでも、みまもりケータイの位置情報サービス(位置ナビ)は月額料金や検索料がかかります。

また、ドコモ、auのキッズ向けケータイも位置情報サービスも有料だったりします。

▼位置情報サービスの利用料金

 利用料金
ソフトバンク
「みまもりマップ」
無料
ソフトバンク
「位置ナビ」
月額200円
(検索料5円/回)
ドコモ
「イマドコサーチ」
月額200円
(検索料5円/回)
au
「安心ナビ」
月額300円

位置情報サービスが無料で利用できるというのは少しお得ですね。

緊急ブザーで、撮影&位置情報の送信

キッズフォン2では、ほかのキッズケータイと同様にに緊急ブザーが付いています。

ストラップを引くと、大きなブザー音が鳴って、周囲に危険を知らせてくれます。

さらに、キッズフォン2ではストラップを引くと、ブザーが鳴るだけでなく、背面のカメラで自動的に撮影が行われ、位置情報とともにその写真を管理者に送信してくれます。

このあたりはカメラがしっかり搭載されている「キッズフォン2」ならではの機能です。

緊急時に、子どもの居場所と周辺の様子をすばやく把握することができます。

子どもと連絡が取れる&登録以外の着信はブロック

キッズフォン2は、もちろん電話やメールでの連絡が可能です。

連絡先は20件まで登録でき、登録した連絡先以外からの着信やメールの受信はブロックすることもできます。

「電話で子供がトラブルに巻き込まれないか心配」という方も安心ですね。

タッチパネルで操作が可能

キッズフォン2では、前モデルの「キッズフォン」に続き、タッチパネルを搭載しています。より直感的に操作が可能です。

キッズ向けのケータイというと少し前までは、タッチパネルではないディスプレイを、物理ボタンで操作するというスタイルが普通でした。

2018年の「キッズフォン」からタッチパネルが採用され、徐々にケータイからスマホに近づいてきていきます。

最近では、タッチパネルの方が直感的に操作できて「親しみやすい」と感じる子が多いようです。キッズフォン2は子供にとっても使いやすい一台となりそうです。

Webサイトは閲覧不可。有害コンテンツの心配がない

キッズフォン2では、Webサイトの閲覧はできないため、有害なコンテンツにアクセスする心配がありません。

キッズフォン2は、あくまで「居場所が分かる」「連絡が取れる」というところに機能を絞っています。

「スマホを持たせるのはまだ早い」と考えている方も、キッズフォン2なら安心して持たせることができそうです。

警備員が駆け付けるサービスも追加可能

「子供が迷子になった」など万一のときに、警備員が現場に駆けつけてくれるサービス(CSPケータイdeアシスト)も有料で追加できます。

トラブルなどが発生した際に、セントラル警備保障に連絡をすると、キッズフォン2の位置情報をもとに警備員が現場に駆けつけてくれます。

利用料は月額 324円、出勤料5,940円となっています。

公園の遊具への衝撃を想定した試験もクリア

キッズフォン2では、子どもの利用を想定し、耐衝撃性の高い設計となっています。

▼キッズフォン2の耐衝撃設計

  • 丈夫で割れにくいディスプレイを搭載
  • ボディ側面に設けたリブによる段差構造が、落下などの衝撃を緩和
  • 内部フレームには、軽くて強度に優れたマグネシウム合金を採用

公園の遊具への衝撃やコンクリートへの落下などを想定した衝撃試験をクリアしています。子供が荒く扱った場合でも、ある程度は持ちこたえてくれそうです。

また、防水・防塵にも対応です。IPX5/IPX7の防水とIP5Xの防塵をそれぞれクリアしています。

万が一水没させてしまった場合も、ほとんどの場合は壊れずに耐えてくれるでしょう。

キッズ用のケータイながら「カメラ」を搭載

キッズフォン2はカメラを搭載しています。

キッズ用のケータイではほとんどの機種でカメラ非搭載となっているので、ここはひとつポイントですね。

背面にメインカメラ、前面にサブカメラがあります。

▼キッズフォン2のカメラ

 

◆メインカメラ:約500万画素

 

◆サブカメラ:約200万画素

画素数は低いですが、ふつうのスマホと同様に写真・動画の撮影が可能です。

撮影した写真には、100種類以上の顔認識スタンプや10種類以上のメイク、7種類のフィルタなどを適用して加工することも可能です。

撮影した写真はメールに添付して送信できるので、写真を通じて親子のコミュニケーションの幅も広がりそうですね。

「漢字学習アプリ」も搭載:書き取りや熟語の学習が可能

キッズフォン2には、小学生向けの漢字学習アプリも搭載しています。

手書きでの書き取りや、対義語・類義語・同音異義語・四字熟語の学習が可能です。ケータイで楽しく漢字を学習することができます。

電池は長持ち。とても省電力

キッズフォンやみまもりケータイは、省電力のため電池持ちはかなり良好です。

バッテリー容量は、サイズが小さいこともあり「1490mAh」にとどまりますが、それでも十分に長いバッテリー持続時間を実現します。

毎日充電すれば、基本的には一日中、電池切れなく利用できるでしょう。

他のキッズ向けケータイと迷っている人も「キッズフォン2」がおすすめ

2019年11月現在、ソフトバンクで販売中・販売予定のキッズ向けのケータイは以下の3つです。

  • キッズフォン2(2019年12月発売)
  • キッズフォン(2018年4月発売)
  • みまもりケータイ4(2017年3月発売)

毎年1機種が発売される感じです。

機能としては最新のキッズフォン2が一番優れています。タッチパネルで大きく進化した「キッズフォン」からまた少し性能がアップしています。

また、キッズ向けケータイの少し古い機種は品薄という状況で、店舗ごとに在庫があるかを確認しつつ購入する必要があります。

いまからキッズ向けケータイを買うなら、キッズフォン2がおすすめですね。

安くを抑えたいなら「みまもりケータイ4」もアリ

連絡手段と位置情報サービスが使えればとりあえずOKいう人は格安で買える「みまもりケータイ4」を選ぶのもアリです。

こちらは「キッズフォン」「キッズフォン2」より1万円以上安く購入できる見込みです。

▼キッズ向けケータイの価格

  • キッズフォン2:価格未定。2万円前後?
  • キッズフォン:18,720円
  • みまもりケータイ4:6,720円

「みまもりケータイ4」はタッチパネルではない

みまもりケータイ4はタッチパネルではく、物理ボタンでの操作という点が「キッズフォン2」との大きな違いです。

子供にとっての直感的な操作のしやすさは少し劣るかもです。

月額料金はあるが、トータルのコストは安い

みまもりケータイ4では、位置情報サービスを使うのに月額200円、年間で2,400円ほど利用料金がかかります。

それでも機種代込みのトータルの費用で考えるとキッズフォン2などより安く済ませられそうです。

オンラインショップは在庫切れ。購入は実店舗のみ

「みまもりケータイ4」はオンラインショップではすでに在庫なしとなっています。近くのソフトバンクショップに運よく在庫があれば購入できるという状況です。

もし「みまもりケータイ4」を購入したい場合には、ソフトバンクショップに事前に問い合わせてみると良いでしょう。

古いみまもりケータイは契約終了

古いみまもりケータイは2019年12月2日をもってすべてのサービスが終了となります。契約終了後は自動解約となります。

▼契約終了となる「みまもりケータイ」

  • みまもりケータイ
  • みまもりケータイ2
  • みまもりケータイ3

2019年12月2日までは「みまもりケータイ4」または「キッズフォン2」への無料交換キャンペーンが実施されます。

もしキャンペーンを逃してしまった人は「キッズフォン2」などの今後も使える機種への機種変更をしましょう。

▼今後も使えるキッズ向けケータイ

  • キッズフォン2
  • キッズフォン
  • みまもりケータイ4

キッズ向けプランは月額490円

ソフトバンクのキッズ向けケータイ用のプランは月額490円で利用できます。

機種代込みの料金のイメージとしては、以下のような感じです。

▼「キッズフォン」を使う時の月々の支払い

 月額
機種代金
(24回払い)
780円
基本プラン
(みまもりケータイ/キッズフォン)
539円
合計の月額料金1,319円

ふつうのスマホと比べるとかなり安く済ませることができます。費用が心配だった人も、この料金ならかなりハードルは下がりそうです。

まとめ:シンプルなので安心して持たせられる

キッズフォン2は連絡、位置情報に機能を絞っているのが特徴で、Web検索まで省かれたシンプルな作りになっています。

シンプルながらカメラ、タッチパネルなど便利な機能を抑えてきているのも大きな魅力です。

位置情報サービスが無料で、月々の支払いも機種代コミで1,500円以内に抑えられる点もポイントですね。

「スマホを子供に持たせるのはまだ早い」と考えている方も、ぜひキッズフォン2を検討してみると良いですね。

ちなみに:契約するならソフトバンクオンラインショップのがお得です

ソフトバンクで契約を検討しているのであれば、店舗で契約するよりもオンラインショップで契約した方がお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下4点です。

  1. 頭金がかからない(最大10,000円お得)
  2. オプションに加入する必要がない
  3. 待ち時間がない
  4. 店員から営業を受けなくて済む

精神的メリット(待ちなし、営業なし)だけでなく、金銭的メリット(10,000円以上お得になる)も大きいので普通にお得です。

また、代理店ではなくソフトバンク直営の公式オンラインショップなので安心して契約できるのです。

どうぞお得に契約してくださいませ。

\公式サイトなので安心/

 

【期間限定】機種変更でもスマホ乗り換え.comで5,000円のキャッシュバックあり

ソフトバンクの販売代理店のスマホ乗り換え.comで、珍しく機種変更のキャッシュバックキャンペーンが出ています。

  • 特典:現金5,000円
  • 対象機種:全てのスマホ・ガラケー
  • 条件:
    • ソフトバンクでの機種変更
    • 端末と回線のセット契約
    • 料金プランはなんでもOK

乗り換えでのキャッシュバックは今までもありましたが、機種変更ではかなり珍しいです。

しかも、適用条件もかなりゆるいので、スマホに機種変更する人ならほとんど全員適用できると考えて良いでしょう。

契約内容も、月額料金も、契約するスマホも、公式で契約するのとなんら変わりません。ただ契約する窓口が変わるだけです。

それでお得に契約できるならかなりおいしいですね。

スマホ乗り換え.comの問い合わせページにてキャンペーンコード【9015】を入力して送ってください。

\まずは1分でカンタン見積もり/
機種変更で5,000円のCBをもらう


※電話での相談も可能です

ソフトバンクへの乗り換え・新規契約ならYahooのPayPayボーナスライトでさらに10,000円もらえる

こちら機種変更は対象外ですが、ソフトバンクへの乗り換え・新規契約ならさらに、YahooのPayPayボーナスライトキャンペーンも併用できます。条件は以下。

  • Yahoo! JAPAN IDを持っている
  • 特典サイトにてクーポンを取得
  • 契約時にクーポンを提示
  • ソフトバンクで新規/乗り換え/機種変更/契約変更を完了
  • ウルトラギガモンスター+ / ミニモンスターを契約

条件を満たして普通に契約すればキャッシュバック受け取りの対象になりますね。

ちなみに、ソフトバンクオンラインショップではこのクーポンは使えないので、上述のスマホ乗り換え.comとの併用が最強です。

  • スマホ乗り換え.com:20,000円
  • YahooのPayPay:10,000円
  • 計:15,000円分のキャッシュバック

この組み合わせが最強です。

検討している人は、ぜひこのチャンスを逃さずお得に契約してください〜!

\まずは1分でカンタン見積もり/
機種変更で10,000円のCBをもらう


※電話での相談も可能です

こんな記事もおすすめ