このサイトについて

iPad(第10世代)は第9世代からどこが変わった?結論、前モデルで十分

ゴリラ

新しいiPadが発売されたな!ぶっちゃけ何が変わったの?

2022年10月26日、第10世代のiPadが発売されました。

正直「iPadってたくさん種類あるし、世代?とかもよくわからない!」という方が大半かと思います。

そこでこの記事で、まずはiPadの種類を軽く解説し、前作との違いや、第10世代のデメリットなどをお伝えします。

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、iPad(第10世代)は、第9世代よりも1.9万円も高いですが、価格ほどの違いはありません

 

どちらを買おうか迷っているなら、コスパ的に第9世代がおすすめです。

スマホの機種変更/乗り換え(MNP)は、頭金なし、来店なし、待ち時間なしのオンラインショップがお得です!

【事前知識】iPadPro / Air / 無印 / miniの違い

iPad 4種類

現在、Appleは4種類のiPadを発売しており、それぞれ「◯◯世代」というように管理されています。

各iPadの最新世代は以下のとおり。

▼4種類のiPad▼

  • iPad Pro 12.9インチ(第6世代
    プロ仕様のハイスペックかつ大画面
  • iPad Pro 11インチ(第4世代)
    プロ仕様のハイスペック
  • iPad Air(第5世代)
    「プロ」と「無印」の中間くらいのスペック
  • iPad(第10世代)
    ベースとなるiPad。「無印」と呼ばれたりする
  • iPad mini(第6世代)
    サイズの小さいiPad

この4種類(5機種)のiPadのうち、最も安価で、ベースとなるのがiPad(無印)です。

ザックリ言うと、仕事で使うほどガッツリではないけど、軽くお絵描きしたり、動画を観て楽しみたい人向けなのがiPad(無印)です。

iPadには「Wi-Fiモデル」と「セルラーモデル」がある

iPad Wi-Fiモデル セルラーモデル

またiPadには「Wi-Fiモデル」と「Wi-Fi+Cellularモデル(セルラーモデル)」があります。

Wi-Fi接続のみで使う場合は「Wi-Fiモデル」でOKですが、SIMを契約してiPad単体でネットに繋ぎたい場合は「セルラーモデル」を買う必要があります。

ただしセルラーモデルはWi-Fiモデルより数万円高いです。

MEMO
ドコモ、au、ソフトバンクでは「セルラーモデル」のみ販売されています。

 

Wi-FiモデルはAppleや家電量販店などで買えます。

iPad(第10世代)の5つの特徴は?第9世代からの変化は?

ということで本題のiPad(第10世代)の解説をします。

▼iPad(第10世代)の特徴、第9世代からの変化▼

  • ホームボタンがなくなった
  • カラーが豊富になった
  • チップ(CPU)が新しくなった
  • Magic Keyboard Folioに対応
  • USB-Cに対応

ホームボタンがなくなった=画面が大きくなった

第10世代のiPadの大きな特徴は、ホームボタンがなくなったことです。

これによってProやAirの見た目に近づきました。

ホームボタンがなくなるメリットは、ボタン周りの故障のリスクが減ること、、画面が大きくなることでしょうか。

第9世代のiPadと本体サイズは同じですが、ディスプレイは10.2インチ→10.9インチにサイズアップしています。

ホームボタンの有無については一週間くらいで慣れるかと思います。

豊富なカラーが選べるようになった=より親しみやすく

iPad(第10世代)

iPad(第10世代)は、「シルバー」「ピンク」「ブルー」「イエロー」の4つのカラーから選べます。

どれもポップなカラーで、Proなどの上位モデルよりも親しみやすいですね。

お子さんのお絵かきや動画鑑賞用にiPadを購入する方も多いと思うので、ポップなカラーはピッタリかと。

とはいえ、第9世代でもケースやカバーを使えば好きな色で使うことができます。

チップが新しくなった=処理性能アップ

iPad(第10世代)のチップは、前モデルの「A13 Bionic」から1世代新しくなった「A14 Bionic」です。

チップ( =CPU)は、iPadの全ての処理速度に関わるので、より快適さを求めるなら第10世代がおすすめです。

複数のアプリを同時に使ったり、高速かつ綺麗なグラフィックのゲームをプレイする時などに、チップの新しさを実感できるかもしれません。

Magic Keyboard Folio(マジックキーボードフォリオ)に対応

iPadにキーボードをつけてパソコンに近い環境で作業することができます。

Appleは以下の4種類のiPad用のキーボードを販売しています。

▼Smart Keyboard(iPad 第9世代対応)▼

Smart Keyboard

▼Smart Keyboard Folio(iPad Pro / Air対応)▼

Smart Keyboard Folio

▼Magic Keyboard(iPad Pro / Air対応)▼

Magic Keyboard

 

▼Magic Keyboard Folio(iPad 第10世代対応)▼

Magic keybored iPad(第10世代)

ざっくりとした違い、下2つの「Magic Keyboard」シリーズにはトラックパッドが付いています。

今回、iPad(第10世代)でもトラックパッド付きのMagic Keyboard Folioに対応したことは、地味にうれしいです。

USB-Cを採用

こちらも地味な変化ですが、第10世代のiPadは「ライトニングケーブル」ではなく「USB-C」に対応しました。

世間のデジタルデバイスはUSB-C対応の製品がほとんどで、USB-Cへの統一を望んでいるユーザーが多かったのが事実です。

iPad(第10世代)のデメリットは?

僕が感じるデメリットを2点お伝えします。

  • 価格が高い
  • Apple Pencil(第1世代)にしか対応していない

価格が高い(第9世代より19,000円高い)

  • iPad 第10世代(64GB、Wi-Fiモデル):68,800円
  • iPad 第9世代(64GB、Wi-Fiモデル):49,800円

どうしても価格が気になります。

そもそもiPad ProやAirなど、ハイスペックな機種とは異なり、iPad(無印)は安いことがウリでした。

しかし円安の影響もあり、最安モデルでも約7万円です。というか、これまでのiPad(第9世代)が安すぎたとも言えます。

ぶっちゃけ、第9世代と第10世代には1.9万円もの性能差があるかと言われると……なので、とにかく価格重視なら第9世代がおすすめ。

Apple Pencil(第1世代)にしか対応していない

iPadを使う方はPencilを使って「イラストを描きたい!」「お絵かきをしたい!」「メモを取りたい!」と考える方が多いかと思います。

ややこしいのですがApple Pencilにも「第1世代」「第2世代」の2種類があり、iPad(第10世代)は「第1世代」にしか対応していません。

Apple Pencilの実用面での大きな違いは「充電方法」です。

Apple Pencil(第1世代)の充電方法は、こちらの写真のようにライトニングポートに差し込む、非常にカッコ悪い充電方法です。

Apple Pencil(第2世代)はこのように、本体の横につけて充電できます。

MEMO

ちなみに、Apple Pencil(第1世代)の接続端子は「ライトニング」なので、USB-Cポートに変更されたiPad(第10世代)に直接挿して、充電することができなくなりました。

 

iPad(第10世代) USB-Cケーブル アダプタApple Pencil(第1世代)

 

というように、ケーブルとアダプタを介して充電することになります……。A

第10世代がおすすめな人、第9世代がおすすめな人

上述のデメリットもあり、基本的には第9世代の方がおすすめです。

ここで改めて、それぞれおすすめする人をまとめておきます。

第9世代がおすすめな人

  • 出費はできるだけ抑えたい
  • お絵描きやゲームなど、最低限使えればいい
  • 色は選べないが、カバーやケースを使えばいい

iPadでも、お絵かき、イラスト、動画視聴、SNS閲覧、ゲームなど基本的なことはほぼ全てできます。

第9世代のiPadは、発売当時「安すぎる」と話題になったiPadです。

2022年7月に値上げされたものの、他のiPadと比べると、まだまだ手の届きやすい価格帯です。

第10世代がおすすめな人

  • カラーリングを選びたい
  • Magic Keyboard Folioが使いたい
  • せっかくなら最新のiPadがいい

第9世代と比べるとこのようなメリットがありました。

ちなみに動画編集、複数のレイヤーを使った本格的なイラスト、高機能なゲームをプレイするなら、ProやAirがおすすめです。

iPadはどこで買うのがおすすめ?

iPadのWi-FiモデルはAppleストアか、家電量販店で購入できます。

セルラーモデルは、ドコモ、au、ソフトバンクでも購入できます。

スクロールできます→

 iPad
(第10世代)
iPad
(第9世代)
Apple
(Wi-Fiモデル)
68,800円49,800円
Apple
(セルラーモデル)
92,800円69,800円
ドコモ106,590円56,760円
au95,760円72,000円
ソフトバンク104,400円76,480円

まとめ:現状、無印iPadは第10世代よりも第9世代が買い

正直、約2万円の価格差を埋めるほどの違いはないので、第9世代で良いかと思います。

ProとAirという上位モデルがあるので、どうしても無印のiPadには安さを求めたくなります。

その点で第10世代はそれほど魅力的とは言えないかもしれません。

ちなみに:キャリアでiPadを買うならオンラインショップがおすすめ

キャリアでiPadのCellularモデルを検討しているのであれば、オンラインショップがおすすめです。

  1. 事務手数料がかからない(ドコモ、ソフトバンク)
  2. 店舗よりも在庫が豊富
  3. 来店不要・待ち時間がない

金銭的メリットだけでなく、時間的なメリットや、外出を避けられるという点もおすすめできる理由です。

少しでもお得に、かしこく契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップで手続きしてみてください。

337