このサイトについて

「Galaxy Z Fold4」スペックレビュー。さらに実用的に、あとは財布と相談

ゴリラ

フォルダブルフォンが気になっている……!「Galaxy Z Fold4」ってどうかな?

2022年9月29日、ドコモ、auからGalaxy Z Fold4が発売しました。

約25万円と相変わらずの鬼のように高いですが、いったん「完成」を見た前モデルから実用性がさらに進化しています。

この記事では、Galaxy Z Fold4の注目のポイントに絞って、スペックをチェックしていきます。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、Galaxy Z Fold4は、タスクバー機能の登場、バッテリーの改善で、実用性が大幅にアップ

 

完成度は抜群で、約25万円の価格が許容できれば「買い」。

このスマホの評価
価格
(2.5)
スペック
(4.5)
カメラ
(4.0)
実用性
(4.5)
総合評価
(4.0)

 

  • 発売日:2022年9月29日
  • 価格(プログラム適用時):
    ドコモ
    :249,700円(148,060円)
    au:249,960円(149,040円)

ちなみに……

 

スマホの契約は来店不要、頭金なし、待ち時間なしのオンラインショップがお得です!

Galaxy Z Fold4の注目ポイント6つ

スペックシートは以下のとおり。

前モデルと比較しておきます。

スクロールできます→

 Galaxy Z Fold4 5GGalaxy Z Fold3 5G
サイズ
(閉じた状態)
横:約67.1mm
縦:約155.1mm
厚さ:約15.8mm
横:約67.1mm
縦:約158.2mm
厚さ:約16.0mm
重量約263g約271g
バッテリー容量4,400mAh
CPUSnapdragon 8 Gen 1Snapdragon 888
RAM/ROM12GB/256GB
外部ストレージ
メインディスプレイ約7.6インチ 有機EL
2,176×1,812
QXGA+
約7.6インチ 有機EL
2,208×1,768
QXGA+
サブディスプレイ約6.2インチ 有機EL
2,316×904
HD+
約6.2インチ 有機EL
2,268×832
HD+
リフレッシュレート1-120Hz10-120Hz
輝度最大1,000ニト最大900ニト
背面カメラ・超広角:1,200万画素/F2.2
・広角:5,000万画素/F1.8
・望遠:1,000万画素/F2.4
・超広角:1,200万画素/F2.2
・広角:1,200万画素/F1.8
・望遠:1,200万画素/F2.4
インカメラ
(開いたときの
内側のカメラ
約400万画素/F1.8
カバーカメラ
(サブディスプレイ
のカメラ
約1,000万画素/F2.2
生体認証指紋認証
顔認証
防水IPX8
防塵なし
おサイフケータイ
ワイヤレス充電
イヤホンジャック
SIMnanoSIM / eSIM
※キャリア版も含め
nanoSIM / nanoSIM
※キャリア版は
nanoSIM1枚のみ
Sペン

中でも、注目のポイントをピックアップすると、次の6つです。

Galaxy Z Fold4の注目のポイント
  • タスクバーでマルチタスクが捗る
  • カバーディスプレイが大きくなった
  • 5,000万画素のカメラを搭載
  • バッテリーが改善
  • SoCは「Snapdragon 8+ Gen 1」
  • 「デュアルSIM」に対応

タスクバーでマルチタスクが捗る

ディスプレイの下部に、パソコンとかと同じような「タスクバー」が表示されるようになりました。

こちらから、ワンタップで別のアプリの起動ができます。

とくに便利なのが、タスクバーからアプリをドラッグ&ドロップして、2画面表示に切り替えられることです。

動画を再生しながらTwitterを見たり、資料を参照しながらメモを取るなど、マルチタスクが捗ります。

またマルチウィンドウは、最大で3分割できます。

カバーディスプレイが大きくなった

端末を閉じた状態では、6.2インチの「カバーディスプレイ」が使えます。

つまり、普通のスマホと同じようにも使えるということ。

前モデルに比べヒンジはスリムになり、その分、カバーディスプレイの幅が広くなっています。

ディスプレイの対角は6.2インチで変わりませんが、横長になった分、表示領域は大きくなりました。

ちなみにメインディスプレイもより幅が広くなり、正方形に近づいています。使い勝手は確実に良くなっています。

「5,000万画素」のカメラを搭載

スクロールできます→

Galaxy Z Fold4 5GGalaxy Z Fold3 5G
超広角:1,200万画素
広角:5,000万画素
望遠:1,000万画素
超広角:1,200万画素
広角:1,200万画素
望遠:1,200万画素

カメラが強化されています。

アウトカメラは、超広角+広角+望遠のトリプルレンズカメラです。広角カメラは、5,000万画素にアップしています。

望遠レンズは光学2倍⇒3倍に変更され、ズームは最大30倍まで撮影できるようになりました。

100倍ズームにも対応するGalaxy S22 Ultraには及びませんが、Galaxy Z Fold4もハイレベルな望遠を搭載しています。

「バッテリーの持ち時間」は改善している

バッテリー容量は4,400mAhで変わりませんが、ユーザー・レビューワーの評価を見る限り、バッテリー持ちは改善していると感じている人が多いようです。

SoCが「Snapdragon 888」⇒「Snapdragon 8+ Gen 1」に変更されたことが大きいようです。

製造プロセスが、Samsungの5nmプロセスからTSMCの4nmプロセスに変更されたことで、消費電力が改善されていると予想されます。

ちなみに使い始めの数日間で、端末が利用者の使用パターンを学習することによって、バッテリーの持ち時間が長くなるとのこと。

SoCは「Snapdragon 8+ Gen 1」を搭載

SoCは最新の「Snapdragon 8+ Gen 1」を搭載。現行最高クラスのSoCです。

AnTuTuのベンチマークスコアは、95~100万くらいで、スコア上はiPhone 14 Proとざっくり同じくらいです。

これだけのスペックがあれば、ヘビーなタスクでも余裕がありそうです。

「デュアルSIM」に対応|ドコモ版も他社バンドに対応

国内版のGalaxy Z Fold3は、物理SIM1枚のみしか利用できませんでした。

Galaxy Z Fold4では、新たに「eSIM」に対応し、nanoSIMカード+eSIMの組み合わせで、デュアルSIMが可能になりました。

また、ドコモ版は、バンドの縛りが無くなり、他社の周波数にも対応しています。

▼ドコモのGalaxy Z Fold4の対応バンド▼

  • 4G(LTE):バンド1,3,8,18, 19,21,26,28,41,42
  • 5G:n78,79,257

Galaxy Z Fold4のココは注意

Galaxy Z Fold4を購入するなら、このあたりは事前に知っておきたいところ。

Galaxy Z Fold4購入前に知っておきたいこと
  • Sペンは別売り。ケースとセットで16,830 円
  • Sペンは本体に収納できない
  • Sペンはカバーディスプレイでは使えない
  • 防塵には非対応

Sペンは別売り|ケースとセットで16,830 円

Galaxy Z Fold4にSペンは付属されていません。

SペンとSペンが収納できるカバーSC-55C Standing Cover with Pen
」(16,830 円)の購入が、別途必要です。

ちなみに、AmazonではSペン単体で購入できるようです。

Sペンは本体に収納できない

Galaxy Z Fold4は、Galaxy S22 Ultraのように、Sペンを本体に収納することができません。

収納するには、ケースの装着が必要です。

Sペンはカバーディスプレイでは使えない

Sペンはカバーディスプレイ(閉じたときの、サブのディスプレイ)では使えません。メインの大画面のみ利用できます。

サッとメモを取りたいとき、カバーディスプレイでSペンを使いたくなるかもしれません。これは知っておきたいところ。

防塵には非対応

IPX8の防水に対応する一方で、防塵には非対応です。

多少は丈夫になったとはいえ、取り扱いには注意ですね。

Galaxy Z Fold4の発売日・価格

Galaxy Z Fold4は、2022年9月29日にドコモ、auから発売しました。

価格は以下の通りです。カッコ内はプログラム適用時の負担額です。

  • ドコモ:249,700円(148,060円)
  • au:249,960円(149,040円)

正直めちゃくちゃ高いですね。

約25万円は「ポン」と出せる金額ではない方がほとんどでしょう。

ドコモの「いつでもカエドキプログラム」、auの「スマホトクするプログラム」では、2年後に返却することを条件に、約15万円の負担で利用できます。

各社の購入プログラムに乗っかるか、大切に使って、数年後に中古でしっかり売却するか、どちらかが良さそうですね。

まとめ

Galaxy Z Fold4は、タスクバーが登場、バッテリーも改善され、より実用的になりました。

また最新の「Snapdragon 8+ Gen 1」を搭載、カメラも5,000万画素にアップするなど、スペックも盤石です。

完成度が高かった前作を上回る出来栄えで、モノが良いのは間違いありません。

あとは財布と相談という感じです。

キャリアの購入プログラムも積極的に利用したいところですね。

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を考えているなら、オンラインショップがお得なので、最後にかんたんに説明しておきますね。

理由は以下3点です。

  1. 頭金・事務手数料がかからない
    (auは事務手数料はかかります)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. 来店不要・待ち時間がない

金銭的メリットだけでなく、精神的にも楽ちんで普通にお得です。

また、各社とも直営の公式オンラインショップなので安心して契約できます^^

少しでもお得に契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップでかしこく手続きしてみてください。

こんな記事もおすすめ

s

392