このサイトについて

トクするサポート加入者が次の機種変更で損しない必勝法┃解約・乗り換えでも継続できます

トクするサポートの受付は終了

2021年1月にトクするサポートの新規受付は終了しました。

今から2020年3月26日よりも前に発売された端末を買う場合は、新しいプログラム「トクするサポート+」に加入することになります。

 

※2020年3月27日以降に発売の端末も、トクするサポート+の対象なんで、これから入る人は、そちらの記事を参考にしてくださいね。

ゴリラ

ソフトバンクのトクするサポートに入ってるんだけど、次の機種変更のときは使った方がお得になるんだったっけ?忘れっちゃったよ?

という疑問をお持ちの方向けの記事です。

ソフトバンクで2019年9月〜2020年3月発売の機種が対象の「トクするサポート」は、購入したスマホを2年後以降に返却することで機種代金が最大半額になるサービス

この手の「端末返却系」のサービスは次に機種変更するときが肝心です。

今回はトクするサポートの詳細や注意点、プログラムに加入している人が機種変更・解約するときの対処方法をお伝えします。

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、トクするサポートを使ってソフトバンクで機種変更すれば、最大24回分の端末の支払いが免除されます。

 

  • 13ヶ月目以降なら前倒しで機種変更もOK
  • プログラムを使わずに機種変更してもOK(プログラム利用料は返金)
  • 解約・乗り換える場合は、プログラム利用料の返金も支払い免除も受けられない(抜け道がある)

 

プログラムに入っていて、これからもソフトバンクを使い続けるなら、特典を利用して機種変更するのがおすすめ。

ちなみに…

 

ソフトバンクで契約するなら

  • 事務手数料(3,300円)/頭金(3,000~10,000円)なし
  • オプションなし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

ソフトバンクオンラインショップがおすすめです!

 

また、LINEMOへの乗り換えを考えている人も、いったんはソフトバンクで契約しておいた方が最大2万円ほどお得になります!

 

関連記事:【お得ワザ】LINEMO への乗り換えはあり?ケース別の考え方をまとめました。

 

※LINEMOはオンラインでの契約となり、店頭での申込みはできません。

 

オンライン限定キャンペーンあり!

 

\ソフトバンクのiPhone 12は乗り換えでお得!/

iPhone 12 パープル

 

ソフトバンクのiPhoneは他社からの乗り換えで21,600円の割引が受けられます!

 

オンラインショップ限定ですが、iPhone以外もすべてのスマホが割引の対象です^^

 

関連:【2021最新】iPhoneを安く買う方法を忖度なく正直に教えます

【復習】トクするサポートとは

まずはトクするサポートの概要と、適用条件、対象の機種について復習していきますね。

トクするサポートとは月額390円で加入でき、48回払いでソフトバンクのスマホを購入し25か月目以降に返却することで、以降の端末代が免除される仕組みです。

つまり、「機種変更でスマホを返してくれれば半額で利用できるよ」ということ。

例えば、iPhone11をソフトバンクで購入した場合、

↓スマホは左右にスクロールできます!

(48回払いで購入)iPhone11
64GB
iPhone11
128GB
iPhone11
256GB
機種代金(月額)1,860円1,980円2,250円
機種代金(総額)89,280円95,040円108,000円
トクするサポート
適用時の支払い免除額
44,640円47,520円54,000円

 

2019年9月のiPhone11 64GBの価格は89,280円でした。

トクするサポートを適用し、25か月目に買い替えた場合は、残金の44,640円が免除されます。

トクするサポートが月額390円なので、390×24か月=9,340円の利用料を足したとしても、54,000円でiPhone11が2年間使えるというのはかなりお得に感じます。

とはいえ、25か月目に新しいスマホに買い替えたとすると、その月からは新しいスマホの本体代の支払いが始まります。

25か月目に買い替えなかった場合でも、48か月目(分割払い終了)まではいつ買い換えてもその月以降の支払いが免除されます。

「買ったときはトクするサポートを利用する気だったけど、使ってるうちに気が変わった」という場合でも安心ですね。

ちなみに、勘違いしがちなのですが、プログラムの利用料は24ヶ月目までの支払いで終了です。(25ヶ月目以降は不要)

【加入者向け】トクするサポート加入者の対処方法

ここからはトクするサポートに入っている人が、機種変更、乗り換え、解約など、次の行動をするときのための対処方法を解説します。

  1. トクするサポートを使って機種変更する場合
  2. トクするサポートを使わずに機種変更する場合
  3. 解約・乗り換える場合

①トクするサポートを使って機種変更する場合

トクするサポートを利用して機種変更するときの条件は以下の通りです。

特典利用条件

  • トクするサポート加入月を1か月目として、25か月目~48か月目の間に対象のソフトバンクの機種を購入すること
  • 加入時に購入した機種を機種変更の翌月末までにソフトバンクに返還し、査定を完了させること
  • 月額料金や機種代金の未払いがないこと

毎月のスマホ料金をきちんと払い、25か月目~48か月目の間に機種変更をして古いスマホをソフトバンクに回収してもらえばOKです。

プログラムを使って機種変更するときに、プログラムの特典(免除)を利用する申請を併せて行います。

回収方法は、ソフトバンクショップ店頭か郵送が選べます。

査定については、基本的には破損や故障がなければOKです。(後述します!)

1年買い替えオプション:1年での利用も可能

ゴリラ

2019年にiPhone 11を買ってトクするサポートに入ったけど、1年でiPhone 12に買い替えたい!

という人も、たくさんいると思います。

実はこのプログラム、2年未満でも、13ヶ月目以降なら前倒しで利用できます

トクするサポートの利用料は390円*24ヶ月(計:9,360円)なので、その未払い分を一括で支払うことで1年買い替えオプションが利用できます。

例えば13ヶ月目で機種変更するなら、残りの12回分のプログラム利用料金4,680円を払えば、プログラムが使えます。

その場合でも、24ヶ月目までは古い端末の支払いが続くので、新しい端末との二重ローンになる点に注意してください。

②トクするサポートを利用せずに機種変更する場合丨プログラム利用料は返金

ゴリラ

機種購入する時にやっぱりトクするサポートを使いたくない(残金払ってもいいから今の端末を残したい)ってなったらどうなるの?

実は、13~48ヶ月以内にトクするサポートを使わずに機種購入した場合は今まで払ったプログラム支払い分が返金されます。

ただし以下の注意点もあります。

  • 12ヶ月以内の機種購入は返金不可
  • 48ヶ月目以降の場合も返金不可
  • 還元はPayPayで
  • ソフトバンクで機種購入してないとダメ

2年目~4年以内の間で、プログラムを使わずにソフトバンクで機種変更すれば、それまで払ったプログラム代金は戻ってくるということですね。

③乗り換え・解約したい場合丨トクするサポートは継続できる

ゴリラ

去年、iPhone 11を買ったときにトクするサポート入ったけど、iPhone 12は他の会社で買いたいときはどうなるの?

トクするサポートは次もソフトバンクで機種変更することが大原則です。

つまり、次の機種変更を他社で行う(乗り換える)場合は、これまで支払ったプログラム利用料は返ってきませんし、もちろん、25ヶ月目以降の支払い免除も受けられません。

しかし、以下のような例外があり、トクするサポート自体は継続できます

他社に乗り換え・解約してもソフトバンクで分割払い&トクするサポートは継続できる

実はトクするサポートはソフトバンクを契約していなくても加入できます。

つまり、ソフトバンクを辞めても分割払いを続けて、プログラム料金もきっちり24回目まで払い続ければ、特典を受ける権利は継続されます。

そして、ソフトバンクは他社を契約していても端末のみで買えるので、他社に乗り換えたあとでも25ヶ月目以降に返却&スマホを買えば、残りの支払いは免除されます。

ゴリラ

他社で契約しておきながら、スマホだけソフトバンクで買えばOKってことね

例えばソフトバンクからLINEMOやワイモバイルへ乗り換える人って、けっこう多いと思うんですが、契約はそちらのままで、トクするサポートは継続できるということですね。

かなり複雑なんで、全員におすすめできる方法ではありませんが、こんなやり方もあるということは知っておいて損はないです。

トクするサポートの返し方(特典利用の流れ)

トクするサポートの特典を受けるためには、スマホを返す必要があります。

スマホの返却は店頭または郵送(オンラインショップ利用時)でできます。

▼店頭での返し方▼

  1. 古い機種のバックアップを取っておく
  2. 来店して機種変更する(特典を使うことを申告する)
  3. その場で旧機種を回収

▼郵送での返し方▼

  1. オンラインショップで新機種を買う(特典を使うことを申告する)
  2. 新機種が届いたら古いスマホからデータの移行をする
  3. 自宅に送付キットが届く
  4. 送付キットを使ってスマホを郵送する

ゴリラ

どっちがおすすめなの?

オンラインショップで機種変更して、郵送で返すのがおすすめです。

店頭で返す場合、機種変更のタイミングで回収されてしまうので、データの引き継ぎがうまくできてなかったとしても取り返しがつきません。

オンラインショップで機種変→郵送で返却であれば、自宅でゆっくりとデータを移せます

翌月末までに郵送すればいいので、落ち着いて作業できます。

加入者向けのまとめ

トクするサポートに入っている人向けのまとめは以下のとおり。

  • サポートを使って機種変更する(25ヶ月目が一番おトク
  • 1年以降なら前倒しで機種変更できる(ただし、24回目までは古い端末の支払いも続く)
  • サポートを使わずに機種変更もできる(払ったプログラム利用料は返金
  • 解約・乗り換えても、次回もソフトバンクでスマホを買うなら特典(免除)は受けられる

これからもソフトバンクでスマホを買っていくのなら、サポートの特典を受けて機種変更するのはふつうにメリットがあります。

プログラムを利用する場合はオンラインショップで機種変更→郵送で返却がおすすめです。

オンライン限定キャンペーンあり!

 


ゴリラ

この記事、当初は「トクするサポートって入ったほうがいいの?」ってタイトルで書いた内容だったんだ。以下は、当時、これから入るかどうか迷ってる人のために書いた内容だけど、参考になるかもだから、残しておくゾ。

トクするサポートの注意点

トクするサポートの注意点も紹介しますね。

  • ソフトバンクで機種購入することが大原則
  • 月額390円がかかるため、実際には半額の割引にはならない
  • スマホの故障や破損がある場合は特典利用ができない場合がある
  • 購入から100日間はSIMロックが解除できない

詳しく解説していきます。

ソフトバンクで機種購入することが大原則

これ、繰り返しになるんですが、ソフトバンクを解約する人は損をする可能性が大です。

というのも、トクするサポートの特典利用条件は「ソフトバンクで機種購入をすること」となっています。

先の説明のとおり、他社に乗り換えても次にソフトバンクでスマホを買えば特典は受けられるんですが、そこまでしてまで…という感じで、全員におすすめはできません。

月額390円がかかるため、実際には半額の割引にはならない

トクするサポートは毎月390円のプログラム利用料金がかかっています。

そのため、実際に割引される機種代金は最大でも、「機種代金の半額-9,360円」(390×24か月=9,360円)となることに注意してください。

機種代金が高いスマホほど割引率がよくなるということも頭に入れておきましょう。

スマホの故障や破損(画面割れ)がある場合は特典利用ができない場合がある

ゴリラ

画面割れてるんだけど、トクするサポート使えるの?

トクするサポートを利用して新しい機種を買っても、ソフトバンクに回収してもらったスマホが故障や破損などで査定に通らないと、別途20,000円の支払いが必要となります。

せっかく機種代金がお得になったと思ったのに、20,000円が追加されるのは痛すぎますよね…。

査定に通らないパターンには以下のようなものがあります。

  • 電源が入らない
  • スマホが初期化されていない
  • 画面や本体が割れている
  • 本体がゆがんでいる

などなど、詳しくは公式サイトで確認してください。

あんしん保証パックに入っていれば2,000円でOK

ただし、ソフトバンクのあんしん保証パック系の保証サービスに入っている場合は、この20,000円の支払いが2,000円に減額されます。

スマホの初期化も忘れずに!

査定に通らないパターンで忘れがちなのが、スマホを初期化する必要があるということです。

ロックの解除やデータの消去など、回収する前にスマホの全てを忘れずに初期化しましょう!

分割払いとなるため、購入から100日間はSIMロックが解除できない

これはトクするサポートの注意点というよりも、ソフトバンクで分割払いをするときの注意点です。

分割払いで端末を購入した場合、購入から100日間はSIMロックが解除できません。

トクするサポートは分割払いが前提のサービスなので、やはり100日間はSIMロックが解除できなくなるので、3~4か月の間にSIMロック解除を考えている人は注意しましょう。

SIMロック解除とは

SIMロックを解除すると、格安SIMへの乗り換えや、海外でスマホを使うことができるようになります。

余談:半額サポートとトクするサポートは何が変わったの?

2019年9月に、総務省の省令案がでて「通信料金とセットでの端末購入補助を2万円まで」と大手3キャリアに呼びかけたんですね。

その結果「半額サポート」→「トクするサポート」に変わったのですが、変更点は端的に言うと以下。

  • 390円*24ヶ月=9,300円かかるようになった
  • ソフトバンク以外の人でも(ソフトバンクの機種を買えば)適用できるようになった

ぶっちゃけほぼ変わってないです笑

なぜこんなことになっているか、ざっくり説明すると以下のような流れです。

  1. 「端末割引2万まで」にしたら高いから売れない
  2. どうしても端末を安く売る仕組みを継続したい
  3. 総務省の要求は「通信料金とセットにした端末代金の値引きは2万まで」だから通信料金とセットじゃなくすればいい!
  4. 他キャリアユーザーもソフトバンクの契約なしに、トクするサポートを契約できるようにした
  5. 「他キャリアも契約なしに使える」=通信料金と必ずしもセットじゃない
  6. 2万円以上の割引もOK

なんとなく伝わったでしょうか。

でもこれ、トクするサポートで48分割で購入した端末は当然SIMロックがかかっています。が、分割で購入した端末は100日を超えないとSIMロック解除ができないんですね。

なので、他キャリアユーザーが契約なしで購入しても、100日間は使えない端末なわけです。(実質意味ないですね。)

なので、今回の変更は「ソフトバンクが総務省の要求を表面上飲む為に実質無駄な条件(他社もOK)を追加した」という感じです。

ユーザー視点で見ると、390円*24ヶ月分かかるようになっているので改悪ですが、その分この割引が存続して、2年契約もなくなったのでイーブンな感じでしょうかね…!

結論:トクするサポートはソフトバンクを続ける人におすすめ

ここまでトクするサポートについてつらつらと説明してきましたが、最後にあらためて結論をまとめます。

  • プログラムを利用すれば、25ヶ月目以降の分割の支払いが免除される
  • 1年など早めに機種変更したい場合、24ヶ月目までの残りのプログラム利用料を一括で払えば、25ヶ月目以降の端末の支払いは免除される
  • プログラムを使わずに機種変更してもOK。その場合、支払ったプログラム利用料は返金
  • 乗り換え・解約してもプログラムは継続できるが、特典を受けるには次回のソフトバンクでの購入が必須

結論としては、トクするサポート次回もソフトバンクでスマホを買う人、かつ端末を返してもOKな人ならメリットがあります。

まぁ、半額近く支払いが免除されるのは、ふつうにメリットが大きいので、これからもソフトバンクから変えるつもりがない人は、有効活用したいプログラムです。

ちなみに:契約するならソフトバンクオンラインショップのがお得です

ソフトバンクで契約を検討しているのであれば、店舗で契約するよりも公式オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下5点です。

  1. 事務手数料がかからない(3,300円お得)
  2. 頭金がかからない(最大10,000円お得)
  3. オプションに加入する必要がない
  4. 待ち時間がない
  5. 店員から営業を受けなくて済む

金銭的メリット(10,000円以上お得になる)も大きいのですが、精神的メリット(待ち時間なし、営業なし)も無視できず、普通にオススメです。

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

これから契約する人はぜひ使ってみてください!

手数料3,300円が無料になりました

 

こんな記事もおすすめ

42365