このサイトについて

【加入者向け】機種変更してもdocomo withを続ける方法┃ただしプラン変更した方がお得の可能性大

ゴリラ

いま、docomo withで毎月1,500円の割引を受けている。プラン変更すると終わっちゃうって聞いたけど、機種変更してもOKなの?むしろ、新プランに移行した方が良いのかな?

2019年5月まで受け付けていた「docomo with」(ドコモウィズ)で割引を受けている人は、

「機種変更しても割引は続くのかな?」
「むしろ、プラン変更した方が安くなるかも…?」

と、気になっているかもしれませんね。

そこでこの記事ではdocomo withの契約者が、機種変更しても割引を受け続ける方法をお伝えした上で、プラン変更したときとどっちがお得なのかも正直にお伝えします。

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、docomo withは機種変更してもプラン変更をしなければ、割引は続きます。

 

ただし、5Gスマホに乗り換えるなら、docomo withを継続することはできません

 

しかし、新プランに変更した方が料金が安くなりデータ容量も増えることが多いので、一度シミュレーションしてみることをおすすめ。

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ちなみに...

ドコモで契約するなら、
  • 事務手数料(3,000円)なし
  • オプションなし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる
ドコモオンラインショップがおすすめです。

 

最大10,000円分お得です

 

 

\ドコモでもiPhone 12が発売!/



スマホ最速のA14 Bionicチップ!デザインもフラット型が復活しました!


ドコモなら他社からの乗り換えで22,000円の割引を受けられます!


関連記事:【ドコモ】iPhone 12にお得に機種変更する方法!価格や維持費も詳しく紹介

機種変更をしてもdocomo withは継続できる

復習しておくと、docomo withはiPhone 7などの指定の機種を購入すると、毎月1,500円引になる割引でした。

docomo withを適用する条件は対象の料金プランと必須パケットパックに加入していることです。

つまり、プランやパケットパックを変更しない限り割引を受け続けることができます

割引はいつまで続く?→docomo with対象プランの終了は未定

2020年11月時点で、docomo with対象プランの新規受付はしていませが、プランの終了時期も決まってません

そのため、しばらくは割引は続くと思っていいでしょう。

docomo with 対象料金プラン

  • カケホーダイプラン(スマホ/タブ)
  • カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)
  • シンプルプラン(スマホ)

docomo with 必須パケットパック

  • ベーシックパック(1/3/5/20)
  • ウルトラデータパック(L/LL)
  • ベーシックシェアパック
  • シェアパック(5/10/15/20/30)
  • ウルトラシェアパック(30/50/100)
  • ビジネスベーシックシェアパック
  • ビジネスシェアパック(5〜3000)
  • ウルトラビジネスシェアパック(30/50/100)

ちなみに、現在、対象料金プランに入っている人は、カケホーダイプラン→カケホーダイライトプランのようなプラン間の変更はできます。

プラン変更せずに機種変更する方法

ゴリラ

プラン変更せずに機種変更ってできるの?

プラン変更をせずに機種変更できるかどうかは、選ぶ機種によって決まります。

  • 5G回線対応スマホ→5G専用プランの契約が必須
  • 4G(Xi)スマホ→プラン変更せずに機種変更可

iPhone 12などの5Gスマホはdocomo with は使えない

ドコモでは5Gスマホを購入すると、5G専用プラン(5Gギガホまたは5Gギガライト)に必ず加入しなくてはいけません。

そのため、iPhone 12などの5Gスマホに機種変更するとdocomo withは終了します。

「SIMフリースマホを使う」という回避策もある

SIMフリーの5Gスマホ(iPhone 12など)を買って、ドコモの4G回線契約のSIMを挿入して使えば、プラン変更せずに利用でき、docomo withは継続できます。

 

しかし、ドコモ的には5Gスマホで4G回線のSIMを利用することは「動作保証対象外」としています。利用は自己責任になります。

4Gスマホへの機種変更でdocomo withを継続する方法

4Gスマホへの機種変更ならdocomo withを継続できます。

しかしショップで機種変更する場合は注意した方がいいかもです。

おそらく、ほとんどのスタッフが「機種変更と一緒に新しいプランにも変更しておきますね〜」みたいな感じで、自然とプラン変更を勧めてくるからです。

ドコモオンラインショップの場合は、手続きの途中のプランの選択のところで「その他の料金プランから申し込む」という項目が選べるようになっています。

そこから、「契約中のプランを継続」を選択すれば、プラン変更をせずに機種変更できます。

docomo withとスマホおかえしプログラムは併用できる

ちなみに、ドコモの端末が約30%オフで利用できる「スマホおかえしプログラム」とdocomo withは併用できます。

ギガホなどの新プランとdocomo withの料金を比較

ここまでは「docomo withを継続する」ことを前提に話をしてきましたが、新プランに変更してしまった方が、結果的に安くなる場合が多いです。

そのため、機種変更する場合は、docomo withのことは一旦忘れて、新プランのシミュレーションをしておくことをおすすめします。

シミュレーションはドコモ公式でも行えます。

大容量プランの比較┃新プランに移った方が安くなる可能性大

現在のドコモの大容量プランは「5Gギガホ」「ギガホ」の2種類です。

  • 5Gギガホ7,650円)…5G専用プラン。100GBまで利用可(無制限に増量中)
  • ギガホ7,150円)…4GB専用プラン。30GBまで利用可(60GBに増量中)

これらの大容量プランは、「みんなドコモ割」が利用でき、家族に人数に応じて、割引を受けられます。

家族の人数割引額
1人なし
2人500円
3人1,000円

家族3人で契約した場合、

  • 5Gギガホ…7,650円×3人 – 3,000円 = 19,950円
  • ギガホ…7,150円×3人 – 3,000円 = 18,540円

となります。

また、旧プランで大容量のプランに入っている場合、以下のようなパターンが多いのではないでしょうか。

  • 1人で契約…
    シンプルプランプラン(980円)
    + ウルトラデータLLパック(8,000円、30GB
    + spモード(300円)
    – docomo with(1,500円)
    7,780円
  • 3人で契約…
    シンプルプラン(980円)×3
    + ウルトラシェアパック100 (25,000円、100GB
    + シェアオプション(500円)×2
    + spモード(300円)×3
    – docomo with(4,500円)
    25,340円

旧プランは種類が多いのであくま一例ですが、1人でも家族の場合でも、新プランに移行してしまった方が安くなる可能性が大きいです。

しかも新プランならデータ容量も大きく増えます

使った分だけプランの比較┃ほとんどの場合プラン変更した方が安い

同じように、データを使った分だけのプランも比較してみましょう。

現在のドコモのデータを使った分で料金が決まるプランは「5Gギガライト」「ギガライト」の2種類です。

  • 5Gギガライト3,150円〜6,150円)…5G専用プラン。0〜7GBの従量制
  • ギガライト2,980円〜5,980円)…4GB専用プラン。0〜7GBの従量制

※ギガライトは2年定期契約ありの料金

こちらも「みんなドコモ割」が利用でき、家族に人数に応じて、割引を受けられます。

家族の人数割引額
1人なし
2人500円
3人1,000円

家族3人で契約した場合、

  • 5Gギガライト…(3,150円〜6,150円)×3人 – 3,000円 = 6,450円〜15,450円
  • ギガライト…(2,980円〜5,980円)×3人 – 3,000円 = 5,940円〜14,940円

となります。

旧プランの一例を示すと

  • 1人で契約…
    シンプルプランプラン(980円)
    + ベーシックパック(2,900円〜7,000円)※最大20GB
    + spモード(300円)
    – docomo with(1,500円)
    2,680〜6,780円
  • 3人で契約…
    シンプルプラン(980円)×3
    + ベーシックシェアパック (6,500円〜15,000円)※最大30GB
    + シェアオプション(500円)×2
    + spモード(300円)×3
    – docomo with(4,500円)
    6,840〜15,340円

1人の場合、最低限しかデータを使わないなら数百円安くなりますが、例えば7GB使うなら新プランの方が安くなります

3人で契約する場合も、基本的には新プランの方が安くなる可能性が大きいです。

いずれにせよ、一度オンラインショップでシミュレーションしてみることをおすすめします。

docomo withは5Gが使えないなどのデメリットの方が大きい

docomo withはプラン変更してしまうと割引が終わってしまいます。

5Gスマホに変更するなら、docomo withは諦めなければいけませんが、4Gスマホへの機種変更なら、プラン変更をしなければ、docomo withの割引を継続できます。

しかし、割引があったとしても、新プランに移行した方が安くなる可能性が大きいです。

特に「5Gスマホが使いたいけどdocomo withが…」と思っている人は、躊躇なくプラン変更した方が幸せになれるでしょう。

5Gスマホが使えるようになる、安くなる可能性大、データ容量も増える可能性大です。

docomo withに縛られず、自分が使いたいスマホに機種変更することをおすすめします。


ゴリラ

この記事はこれで終わりなんですが、ドコモを契約する人・契約してる人向けに、ドコモを安く利用するワザ2つ紹介するよ
  1. ドコモオンラインショップ:契約時最大1万以上お得
  2. dカード GOLD:ドコモの利用料の10%が還元される

この2つを使ってない人は若干損してる可能性が高いので確認してみてください!

①契約はドコモオンラインショップがお得

ドコモで契約を検討しているのであれば、ドコモオンラインショップ(公式)がお得です。

  1. 事務手数料なし(2,000~3,000円お得
  2. 来店不要
  3. 待ち時間がない

同じ端末で同じ契約をするのでも、オンラインショップで手続きするだけで10,000円以上お得になるんですね。

お店に行く必要もなければ待ち時間もないので、かなり楽して契約できます。

デメリットがないので、最近は利用している人がかなり増えているようです(多分将来的にデフォになるはず)

お得かつ楽に手続きしたい人はぜひオンラインショップを使ってみてください。

 

最大10,000円分お得です

 

 

②月10,000円以上の人はdカード GOLDがお得

また、ドコモの利用料が10,000円以上の人はdカード GOLDを契約しておいた方がお得になります。

dカード GOLDは年会費が10,000円かかるんですが、ドコモの利用料の10%ポイント還元があるのでかなりお得なんですよね。

その損益分岐が10,000円/月以上なんですが、これは自分だけでなく、ドコモ光や家族の利用料も込みです。

ゴリラ

該当する人、結構いそうだね

月額10,000円以上かかっていてdカード GOLD持っていないのはもったいないので早めにどうぞ^^

以上、ドコモの人におすすめしたい2つの節約技でした!楽して節約できるので、ぜひ試してみてください〜!

こんな記事もおすすめ

1441