新型iPhone11 / 11 Pro / 11 Pro Maxが絶賛発売中!

iPhone11のカメラと11 Pro(Max)のカメラを比較→結論:11で十分な理由【実機レビュー】

こんにちは。

カメラマンの松山カンキ(@wemmick03)です。

2019年「新作iPhone 11シリーズ」が9月11日に発売されました。

カメラ性能も格段にグレードアップし、プロカメラマンの間でも話題になっています。

  1. iPhone 11
  2. iPhone 11 Pro
  3. iPhone 11 Pro Max

3種類の新型モデルが登場しましたが、カメラ目的で購入を検討されている方も多いでしょう。

 

どれにしようか悩んでいるそこのあなた!

 

どれが自分に向いているか悩みますよね…

この記事では、カメラマンのぼくがiPhone11 / 11 Proのカメラ性能を徹底比較しました。

「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro」の違い、どちらがオススメなのかをお伝えします。

カンキ

結論を先に言うと、個人的に「iPhone 11」で十分です。

11と11 Proのカメラ性能にそこまで差はありません!

※「11 Pro」と「Pro Max」のカメラ性能は同じです。

ドコモ・au・ソフトバンクの機種変更/乗り換え(MNP)は、来店なし手数料なし待ち時間なしのオンラインショップがお得です!

新しいiPhone11 / 11 Pro / 11 Pro Maxが遂に発売開始しました!

スペックや評判、通常よりも安く買う方法を紹介しています!

iPhone 11 / Proのカメラ性能を比較

「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro」の主な違いは、

  • レンズが2つあるか(iPhone 11)
  • レンズが3つあるか(iPhone 11 Pro / Pro Max)

カメラの性能は変わらず「望遠レンズ」がついているか、いないかです。

▼ 詳しくは下記の表にて

 iPhone 11iPhone 11 / Pro / Max
画素数(アウト・インカメラ)12MP(1200万画素)
f/2.2
12MP(1200万画素)
f/2.2
超広角レンズ(13mm)f/2.4f/2.4
広角レンズ(26mm)f/1.8f/1.8
望遠レンズ(52mm)-f/2.0
広角ズーム2倍(ズームアウト)2倍(ズームイン・アウト)
デジタルズーム最大5倍
(動画:3倍)
最大10倍
(動画:6倍)
手ブレ補正光学式手ブレ補正デュアル光学式手ブレ補正

望遠レンズがついてる「iPhone 11 Pro / Max」には、

  1. 2倍の光学ズームイン機能
  2. デジタルズームが最大10倍
    └(動画:6倍)
  3. 手ブレ補正がデュアル光学式

上の3つの機能が備わっていますが、それ以外のカメラ性能は同じですね!

光学ズームとは

別のレンズに切り替えて、画質劣化なく、遠くの物を大きく写すことができます。

  • iPhone 11:デュアルカメラ(広角・超広角)
  • iPhone 11 Pro:トリプルカメラ(広角・超広角・望遠)

カンキ

iPhone11とProの違いは「望遠レンズ」の有無。

11 ProとPro Maxのカメラ性能は同じ!

 

iPhone 11 / Proのスペックと新しいカメラ機能

2019年「新作iPhone 11シリーズ」は、デュアルカメラとトリプルカメラの違いがあります。

「iPhone11」と「iPhone 11 Pro」のスペックに違いがあるのかと思いきや、共通の機能が備わっていました。

  1. 画角
  2. 画素数
  3. スローモーションでのセルフィー
  4. 進化したポートレートモード
  5. ナイトモード…etc

「iPhone 11 / Pro」のアップデートしたスペック内容、どのようなカメラ機能が追加されたのかを解説します。

 

iPhone11 / Pro 13mmの広い画角!超広角レンズが搭載

広角と超広角を見比べて、画角の広さの違いが一目瞭然!

iPhone 11 / Proの両方に「13mmの超広角レンズ」が搭載されました!

▼ 画角を比較してみると

  • 広角(26mm)
  • 超広角(13mm)
  • 望遠レンズ(52mm)
    └ 11 Pro / Maxのみ搭載

※インカメラ – 広角レンズ(23mm)

iPhone 11 Pro / Max のみ望遠レンズ(52mm)が搭載されていますが、超広角は「iPhone 11」でも使える機能となっています。

 

iPhone11 / Pro インカメラ(TrueDepthカメラ)の画素数がグレードアップ

アウトカメラは、後期シリーズ(SE以降のモデル)と変わらず12MB(1200万画素)です。

今回のアップデートは、インカメラの画質!

※メインカメラと同等な高画質

  • アウトカメラ:12MB(1200万画素)
  • インカメラ:12MB(1200万画素)

今まで7MB止まりだったインカメラが、メインカメラと同じ12MBと格段にグレードアップされました。

広角になったインカメラ(23mm f/2.2)であれば、セルフィー撮影の幅もグッと広がりますね。

※iPhone 11 / 11 Pro の画素数に変わりはありません。
※11とPro / Pro Max も同様です

 

新機能「Slofie」スローモーションでセルフィー撮影

iPhone 11シリーズに加わった「Slofie(スローフィー)」という新機能。

この言葉は”スローモーション”と”セルフィー”を掛け合わせたもので、今まではアウトカメラでしかできなかった「120fpsのスローモーション」がインカメラでも撮影可能になりました!

カンキ

セルフィーでスローモーション…

(ぼくは正直あまり使わない機能ですがw)

 

iPhone 11 / Pro の進化したポートレートモード機能

後期のモデルでは、ポートレートモードは基本的に人を撮影するための機能でした。

※人物以外だと「誰も検知されませんでした」と表示。

ペットや物は認識していなかったのですが、iPhone 11シリーズからポートレートモードで「動物や物も検知して撮影できるように進化」しました。

 

iPhone 11 / Proの新機能「ナイトモード」の夜景撮影

iPhone 11シリーズの新機能。

簡単に言うと、暗い環境でもフラッシュ無しで明るく撮れる機能です。

※暗い場所で撮影すると自動でオンになります。

ナイトモードのメカニズム的な話をすると…

光学式手ぶれ補正を利用して、複数の画像を一度に撮影しています。

複数の画像でブレた部分を無くして、シャープな部分を融合、コントラスト・色・ノイズ・ディテールなどを自動的に調整してキレイな写真に仕上げているとのこと。

カンキ

要するに、、、

暗い場所や夜でも、良い感じに撮れちゃうってことですね!

 

iPhone 11 / Pro の動画スペックが驚異的に高い!

iPhone 11シリーズでは、搭載されたすべてのカメラで4Kビデオ撮影が可能です。

デフォルトアプリで、トリミング、ゆがみ補正、フィルターなどの編集まで実現。

動画撮影中に、

  • 広角→超広角→セルフィー
  • 超広角→広角→望遠→セルフィー

など、動画撮影中に画角を変えて撮影できます。

※望遠(テレフォト)は、iPhone 11 Pro/Maxのみ搭載。

シャッターボタンを長押しすると、写真モードから瞬時に動画撮影ができる「QuickTake」機能も新たに追加されました。

▼ 基本的にアウトカメラとインカメラは同じスペック内容です。

  • 4K動画撮影(24/30/60fps)
  • 1080p 撮影(30/60fps)
  • 720p(30fps)
  • ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大60fps)
  • 2倍の光学ズームアウト・ズームイン
  • 11(最大3倍のデジタルズーム)
  • 11 Pro(最大6倍のデジタルズーム)
  • オーディオズーム
  • 被写体追跡ができるQuickTakeビデオ
  • ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
  • ステレオ録音
  • ビデオの拡張ダイナミックレンジ(背面:60fps、正面:30fps)
  • 映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)

 

iPhone 11 Proで撮影された作例

 

 

 

スター・ウォーズ/最後のジェダイ」「LOOPER/ルーパー」などの脚本を書かれたライアン・ジョンソン監督が「iPhone11 Pro」を使って撮影した映像。

カンキ

どの映像も「ホントにiPhoneで撮ったの!?」と疑ってしまうほどのクオリティですね…。

 

iPhone 11 / Pro(Max)の料金比較と違い

 iPhone 11iPhone 11 ProiPhone 11 Pro
64GB82,280円117,480円131,780円
128GB87,780円--
256GB99,880円135,080円149,380円
512GB159,280円173,580円

※Apple Store 価格(税込10%を含んだ価格です)

▼注目すべき点として、

  • iPhone 11とProの価格差:35,000円
  • ProとPro Maxの価格差:14,000円

※iPhone 11のみ、256GBを選んだとしても10万円を切っています。

35,000円で望遠レンズがあるかないかですね。

 

「iPhone 11」がおすすめな人

「iPhone 11」が向いている人

※カメラ性能以外を含む

  • デュアルカメラで十分
    └ そこまでこだわりがない
  • コスパ最優先な人(8万~10万以下)
  • 128GBのストレージ容量を選びたい
  • カラーバリエーション(6色)から選びたい
  • 大きなディスプレイが欲しい

デュアルレンズのスタンダードモデルですが、機能はPro同等に優れています。

コスパ最強ながら、スペックも基本性能では「iPhone 11 Pro」に劣りません。

コスパ重視、そこでまでこだわりがなければ「iPhone 11」で十分かと!

 

「iPhone 11 Pro(Max)」がおすすめな人

「iPhone 11 Pro(Max)」が向いている人

※カメラ性能以外を含む

  • 予算が10万円以上ある人
  • トリプルカメラが欲しい
    └ 望遠レンズでズームしたい
  • 片手で操作がしたい(ちょうど良い画面サイズ)
  • 指紋がつきにくいマットガラスボディ
  • 512GBの大容量ストレージが欲しい
  • 水深4メートルの耐水性能が欲しい

「最新のトリプルカメラ(タピオカメラ)、望遠レンズを使って撮影したい!」

カメラにこだわりがある人や、とにかくフルスペック機能を体験したい人は「iPhone Pro(Max)」をぜひ!

 

iPhone 11 で撮った作例

iPhone 11 標準(広角:26mm)

 

iPhone 11 超広角(13mm)

地平線に広がる海の写真を撮影しました。

2枚目の超広角レンズで撮った方が、広い範囲を画角に抑えています。

 

iPhone 11 標準(広角:26mm)

 

iPhone 11 (超広角:13mm)

歩道橋の上から撮影しました。

超広角レンズは、標準(広角レンズ)より広い範囲を写す事ができますが、独特のゆがみ(パース)が出てしまうのが特徴的です

 

カンキ

超広角レンズはダイナミックな写真が撮れる分、使いこなすのが難しい…。

被写体を入れるときは、歪まないようにできるだけ中心に置くことがポイント!

 

iPhone11でも基本カメラ性能は十分なハイスペック

総合的に比較してみて、個人的には「iPhone11」で十分です。

何度も言っていますが「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro / Max」の違いは、

  • デュアルカメラ(iPhone 11)
    or
  • トリプルカメラ(iPhone 11 Pro / Max)

カメラ性能に関しては「望遠レンズの有無」だけです。

望遠レンズが備わって、+アルファの機能もありますが、そこまで差はないかと!

撮り方やトリミング次第で、寄った絵も撮ることは可能ですし『望遠レンズだけで、+35,000円は高いかな〜』と感じました。

カンキ

「iPhone11」でも、基本カメラ性能は十二分に備わっています。

 

悩まれている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

機種変更 / 新規契約 / 乗り換え を検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下3点です。

  1. 事務手数料がかからない(ドコモ)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. 来店不要・待ち時間がない

精神的メリット(来店なし・待ちなし)だけでなく、金銭的メリットも大きいので普通にお得です。

また、代理店ではなくドコモ・au・ソフトバンク直営の公式オンラインショップなので安心して契約できるのです。

少しでもお得に契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップでかしこく手続きしてみてください。

\公式サイトなので安心/
   ドコモの公式サイト     
   auの公式サイト    
ソフトバンクの公式サイト

手数料・キャンペーンで1万以上安くなることも!

こんな記事もおすすめ