このサイトについて

Galaxy S22のスペックレビュー!注目の変更点は3つ

ゴリラ

Galaxy S22が日本でも発売されそうだね!今年のモデルは、どんな感じなのかな?

4月にドコモ、auからGalaxy S22シリーズが発売しました。

CPUやカメラも1年分、順当に進化していますね。

ただ、一部、どうしても気になる懸念点もあるので、このあたりも購入前にチェックしておきたいところです。

本記事では、

  • Galaxy S22で進化したポイント
  • Galaxy S22を買うなら確認すべき注意点

など紹介します。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、Galaxy S22はサイズが一回り小さくなり、質感・カラー・素材など高級感を増しています。

 

スペックこそマイナーアップデートですが、愛着の湧く一台が欲しい方には、今回のデザインはかなり刺さりそうです。

このスマホの評価
価格
(3.5)
スペック
(4.5)
カメラ
(4.5)
コンパクトさ
(4.0)
総合評価
(4.0)

ちなみに……

 

スマホの契約は来店不要、頭金なし、待ち時間なしのオンラインショップがお得です!

Galaxy S22はココが変わった!注目は3点

前モデルからの変更点で特に注目したいのが以下の3点です。

Galaxy S22はココが変わった
  • コンパクト化・軽くなった
  • 背面素材が「ガラス」に変更
  • CPUが一世代新しくなった

サイズが一回り小さくなり、質感としては高級感が増しています。小ぶりで所有欲が満たされる一台ですね。

注目の変更点3つを見ていきましょう。

コンパクト化・軽くなった

前モデルのS21と比べると、一回りコンパクトになり、重量もわずかに軽くなっています。

スペック的にはマイナーアップデートなのもあり、一番の違いはココになるかと思います。

▼S22とS21のサイズ比較▼

  • Galaxy S22:約70.6×約146×約7.6mm(重さ167g)
  • Galaxy S21:約71×約152×約7.9mm(重さ171g)

「コンパクトに使えるGalaxy」という立ち位置がより明確になりました。

ちなみに、iPhone 13が縦146.7mm、幅71.5mm、重さ173gです。ちょうど同じくらいのサイズ感ですね。

背面素材が「ガラス」に変更

今回のS22では、背面にガラス素材が採用されています。

前モデルのS21では、ガラス素材から樹脂素材への変更があり、コストカットが浮き彫りにされていました。

再びハイエンドらしいガラス素材に戻ったのは、うれしいポイントですね。

ガラスの素材には「Gorilla Glass Victus+」を採用。キズや衝撃へ最強クラスの耐性を誇る最新ガラスです。

背面がマット仕上げで、指紋が付きにくいのは前モデルと共通です。

高級感のある見た目・質感を、コンパクトサイズに詰め込んでいますね。

S21は背面から側面にかけては丸みのあるデザインでしたが、S22は角ばったデザインに変更されています。正面から見ても、背面から見てもフラットです。

CPUが一世代新しくなった

CPUには最新の「Snapdragon 8 Gen 1」を搭載。最高クラスの処理性能で、ゲームも超快適にプレイできます。

体感では前モデルとの差は分からないかもですが、性能は確実にレベルアップしています。

AnTuTuベンチマークはGalaxy S22が80万点後半、Galaxy S21が70万点後半くらいになるようです。

Galaxy S22のカメラ|広角・望遠が強化

カメラは超広角+広角+望遠のトリプルレンズです。

↓左右にスクロールできます!

 Galaxy S22Galaxy S21
超広角カメラ12MP12MP
広角カメラ50MP12MP
望遠カメラ10MP64MP

S21と比較すると、標準カメラ(広角カメラ)の画素数が強化されています。

普通に撮った写真がよりキレイに撮れるので、普段使いとして便利に使えそうですね。

一方で望遠カメラの画素数がダウンしていますが、今回から光学3倍ズームに対応しています。

S21は画素数こそ高いですが、全ての焦点距離でデジタルズームだったため、ズームの実力はS22が上になるようです(S21もデジタル処理がかなり優秀です)。

Galaxy S22のココは注意|気になる悪評は

Galaxy S22の購入を真剣に検討するとなると、懸念点になるのは以下の2点ですね。

Galaxy S22のココは注意
  • バッテリー容量がダウン
  • GOSアプリでのパフォーマンス制限がある

それぞれ見ていきましょう。

バッテリー容量がダウン|電池持ちは良くない?

バッテリー容量は前モデルと比較すると、4,000mAh⇒3,700mAhとダウンしています。

Galaxy S21もバッテリー持ちが「すごく良い」端末ではなかったので、バッテリーが少なくなったのは気になるところです。

GOSアプリでのパフォーマンス制限がある

Galaxy S22には、ゲームへ最適化するための「GOSアプリ」がプリインストールされています。

こちらのアプリが意図的に性能を抑えているという報告が相次ぎ、Samsungが正式にこれを認め、謝罪するに至っています。

現状では、既にソフトウェアアップデートが公開され、ユーザーがパフォーマンスを優先できるようになったようです。

参考:サムスン、「Galaxy S22」のパフォーマンス制限問題を謝罪

ただ、当初の抑制が発熱やバッテリー持ちを考えてのものだったのなら、逆にパフォーマンスを解放して問題ないのか気になるところですね。

Galaxy S22の発売日・価格・カラー

  • 発売日
    2022年4月21日(木)
  • 価格
    ドコモ
    :127,512円(73,392円)
    au:125,030円
    (71,990円)

カッコ内の金額はドコモのいつでもカエドキプログラム、auのスマホトクするプログラムを利用して、2年後に機種を返却したときの、最終的な負担額です。

だいたい7万円で、2年間、利用できます。

ドコモオンラインショップで3.3万円引き!!

ドコモオンラインショップでは白ロム(端末のみ)購入を含む、すべての契約で3.3万円割引で購入できるようになっています!

 

乗り換えならさらに2.2万円割引で合計5.5万円割引!127,512円72,512円とか、ちょっとおかしいレベルで安い!

Galaxy S22のカラーは4色

カラーはファントム ホワイト、グリーン、ピンク ゴールド、ファントム ブラックの4色。

S22ではグリーン、ピンクが新色ですね。

国内(ドコモ、au)ではファントムブラック・ファントムホワイト・ピンクゴールドの3色のみ。グリーンの販売はありません。

まとめ

Galaxy S22は、サイズが一回り小さくなり、背面にガラス素材を採用するなど、質感として高級感を増しています。

中身はマイナーアップデートですが、CPUが一世代新しくなり、カメラも広角・望遠など順当に進化しています。

特にカラーやデザインでいいなと思った方は、次のスマホにぜひ検討したいところですね。

5/11(水)までの期間限定!!

auではGalaxy S22/Ultraが機種変更でも1.65万円割引で購入できます!

 

【5/11まで!】auでGalaxy S22/Ultraに機種変するなら1.65万円割引のうちが◎

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を考えているなら、オンラインショップがお得なので、最後にかんたんに説明しておきますね。

理由は以下3点です。

  1. 頭金・事務手数料がかからない
    (auは事務手数料はかかります)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. 来店不要・待ち時間がない

金銭的メリットだけでなく、精神的にも楽ちんで普通にお得です。

また、各社とも直営の公式オンラインショップなので安心して契約できます^^

少しでもお得に契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップでかしこく手続きしてみてください。

こんな記事もおすすめ

7267