このサイトについて

ワイモバイルは未成年も12歳から契約できる!契約に必要なものも紹介

ゴリラ

ワイモバイルは未成年でも契約できるの?

ワイモバイルは、未成年でも12歳以上なら契約が可能です。

そろそろ「スマホを持たせたい」「契約したい」などで、未成年が契約できるのか、気になっていた方も多いのでは。

本記事では、ワイモバイルの未成年の契約について、申し込みに必要なものも含めて、詳しく解説します。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、ワイモバイルは、店頭であれば12歳から本人名義で契約が可能です。

 

なお未成年の契約では、親権者の同意書が必要となります。

 

また未成年を利用者に登録して成人が契約するなら、5歳以上なら契約できます(オンラインストアの利用も可)

ちなみに…

ワイモバイルで契約するならオンラインストアが圧倒的におすすめです!

  • 事務手数料が無料(3,300円おトク!)
  • 好きな時間に契約できる!
  • 自宅にスマホやSIMが届く!

手数料も送料も無料です

 


※2022/4/1から「PayPayボーナス」の名称は「PayPayポイント」に変更されました。本文中で「PayPayボーナス」と記載があるところは「PayPayポイント」に読み替えてご参照ください。

ワイモバイルは12歳から契約できる

ワイモバイルで本人名義で契約できる年齢をまとめてみると次の通り。

▼ワイモバイルが契約できる年齢▼

 店頭オンラインストア
12歳~契約できる
※同意書が必要
契約できない
成人契約できる契約できる

店頭なら12歳から契約できる

ワイモバイルは、12歳以上であれば店頭で本人名義での契約が可能です。

ただし、未成年が契約するときは、親権者の同意書が必要になります(契約に必要なものは後半で解説します)。

オンラインストアは未成年本人の契約は不可|利用者ならOK

オンラインストアでは、未成年は契約できません。契約者になれるのは、成人に限られます。

ただし、未成年(5歳以上)を利用者に登録して成人が契約することはできます

ワイモバイルは家族割があります。子どもが使うスマホを親がオンラインで契約できるのは、楽でありがたいです。

ワイモバイルを未成年が契約する時に必要なもの

ワイモバイルを未成年が契約する時に必要なものは以下。

ワイモバイルを未成年名義で契約する時に必要なもの
  • 本人確認書類
  • クレジットカードまたはキャッシュカード
  • 印鑑
  • 親権者同意書
  • 家族確認書類
    (家族割に副回線で加入する場合)

上記のものが揃っていれば未成年者一人でも契約できます。

  • 運転免許証
  • 健康保険証または住民基本台帳カード+ 公共料金領収書・住民票のいずれか
  • 日本国パスポート
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード(旧外国人登録証) + 外国パスポート

親権者の同意は、以下の2通りの方法があります。

  • 用紙を印刷して記入したものを持参
  • オンラインで同意を済ませる

印刷して持参する場合は、こちら(公式)からダウンロード可能です。

また、ワイモバイルでは「どこでも同意書」のサービスで、オンラインでの同意が可能となっています。

どこでも同意書を入力すると、認証IDが作成されます。あとは来店時に電話で認証IDの確認が取れれば、同意が完了となります。

いずれかの方法で、同意を行いましょう。

家族割引に加入する場合には、主回線の契約者(親など)との家族関係を示すための「家族確認書類」が必要です。

  • 同居している場合
    同じ住所であることが確認できる、契約者(未成年者)と主回線(親など)の方それぞれの本人確認書類
  • 別々に住んでいる場合
    家族であることが分かる以下の書類のいずれか
    (戸籍謄本/住民票記載事項証明書/同性のパートナーシップを証明する書類/家族それぞれの氏名が1枚に記載された健康保険証)

未成年の「機種変更」で必要なものは3点

すでに本人名義で契約している未成年のワイモバイルユーザーが機種変更する時に必要なものは、以下の3点です。

本人名義で契約している未成年が「機種変更」で必要なもの
  • 本人確認書類
  • 親権者同意書
  • 利用中のスマホ

機種変更でも同意書が必要なので、忘れず持参しましょう。

なお、分割払い(割賦購入)は、未成年も可能です。

MEMO

現在の未成年者の契約が本人名義でないなら、親などの契約者がオンラインストアを使って機種変更してあげるのが、最も楽です。

ワイモバイルの未成年の契約でよくある疑問

未成年が契約する際に、よくある疑問をまとめています。

未成年の子供へ名義変更(譲渡)したい

名義変更はワイモバイルショップから可能です。

未成年への名義変更では、以下のものが必要となります。

  • 今の契約者の本人確認書類
  • 新しい契約者の本人確認書類
  • 親権者の同意書
  • 印鑑(認印・サインなど)

家族が代わりに未成年の契約をしたい

委任状を提出すれば、家族が代理で契約できます。

「代理で手続きをする人」「契約者」のそれぞれの本人確認書類が必要になるので、忘れず持参しましょう。

学割はある?

ワイモバイルでは、毎年、学割に相当するキャンペーンが実施されています。

2021-22は「ワイモバ親子割」が実施されています。下記の記事で詳しく解説しています。

(補足)2022年4月から成年年齢が18歳に引き下げ

2022年4月から成年の年齢が18歳に引き下げられました。

これに伴い、親権者の同意書が不要で携帯電話を契約できる年齢も、20歳から18歳になりました。

まとめ

ワイモバイルは12歳以上から本人名義での契約が可能です。

ただし、未成年は同意書の持参が必要となるので、忘れず準備しておきましょう。

なお、オンラインストアについては、未成年の契約はできません。ただし、親などの成人が契約をして子供を利用者登録して使うことはできます。この場合は、もちろん同意書は不要です。

ぜひご自身に合った方法で契約を進めていきましょう。

ちなみに:契約するならオンラインストアがお得です

ワイモバイルを契約するなら、オンラインでの手続きがおすすめです。

  • 事務手数料が無料(3,300円おトク!)
  • 機種代の割引がある(最大21,600円!)

オンラインショップは、公式オンラインストアヤフー店(代理店)の2種類があって、ちょっと複雑なんですが、

  • スマホを買う
    →どっちでもほとんど変わらない(欲しい端末がある方で買う)
  • SIMだけ(新規)
    →シンプルMLなら公式
  • SIMだけ(乗り換え)
    →MLならヤフー店

ざっくり、こんな感じです。

↓左右にスクロールできます!

契約ワイモバイル
(公式)
ヤフー店
(代理店)
機種変更機種によって
端末割引あり
端末セット新規最大約2.2万円
の端末割引
乗り換えau
ドコモ
楽天から
ソフトバンク
LINEMOから
SIMのみ新規ML:6,000円
ML:5,000円
乗り換えau
ドコモ
楽天から
S:3,000円
ML:10,000円
S:3,000円
ML:最大12,000円
ソフトバンク
LINEMOから
事務手数料無料
さらにプラスで…↓↓
新どこでももらえる特典ML:最大3,000円相当
最大S:500円相当

参考:ヤフーモバイル・ヤフー店って何なん?ワイモバイルと違うの?どっちがお得なのか単刀直入にお伝えします

またどちらで契約する場合も、新どこでももらえる特典という最大3,000円相当がもらえるキャンペーンもあるので、必ずエントリーしておきましょう!

新どこでももらえる特典のエントリー

 

ヤフー店と公式の違いは解説記事で説明してます

手数料も送料も無料です

 

こんな記事もおすすめ

1719