【最新】iPhoneを安く買う方法まとめ

「iPhone SE(第3世代) は不人気」「売れてない」って本当なの?

ゴリラ

iPhone SE(第3世代)を買おうと思ってるんだけど「不人気」「あんまり売れてない」みたいな話を聞いて、少し不安になってるお

2022年3月に発売したiPhone SE(第3世代)には、一部でそんな噂が流れているようですが、果たして、本当なのでしょうか。

結論、iPhone SE(第3世代)は前作同様にすばらしい製品で、自信を持っておすすめできますが、なぜ、そのような言われているのかは、はっきりとさせておきたいところです。

今回は実際に不人気なのか、ネガティブな声が集まる理由を考えてみます。

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、iPhone SE(第3世代)が発売当初に、予想よりも売れなかったことは事実のようですが、不人気だから売れなかったわけではありません

 

現に日本では売れています。

正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。

スマホの機種変更・契約は、頭金なし、来店なし、待ち時間なし、勧誘なしのオンラインショップがお得で便利です。

 

iPhone SE(第3世代)は不人気なの?

確かにネット上では「iPhone SE(第3世代)は不人気」「売れてない」「微妙」という情報や口コミを目にすることはあります。

例えば今作が発売した10日後の3月28日、日経新聞の国際版「NIKKEI ASIA」は、予想よりも需要が少ないことを理由に、次の四半期の生産台数を20%減産することにしたと報道しています。

参照:Apple to cut iPhone, AirPods output amid Ukraine war uncertainty – Nikkei Asia

ウクライナ危機、原料価格の高騰に伴う世界的なインフレや、新型コロナウイルスによる中国のロックダウンなどが影響していると説明されています。

ゴリラ

世界的には、当初の予想よりもiPhone SEが売れていないのは、間違いなさそうだな……

発売後の初速が微妙だったことは事実のようですが、理由が理由なだけに、不人気だから売れていない、ということではなさそうです。

実際はそこまで「不人気」なわけじゃなさそう

日本国内に目を移してみると、かなり状況が違うことがわかります。

株式会社BCNが公開している「スマートフォンの週間売れ筋ランキング」の、執筆時点の順位を抜粋してみます。

▼スマートフォン売上(iPhone関連を抜粋)▼

  • 1位:iPhone 12 64GB(au)
  • 2位:iPhone 12 64GB(ドコモ)
  • 3位:iPhone SE 64GB(ソフトバンク)
  • 4位:iPhone SE 64GB(au)
  • 5位:iPhone 12 64GB(ソフトバンク)
  • 7位:iPhone SE 64GB(ドコモ)

参照:スマートフォン 週間売れ筋ランキング – BCN+R(2022年5月9日〜15日)

ゴリラ

ふつうに売れてるじゃん

Androidスマホを含めたスマホの売上の上位7機種の中に、3キャリアのiPhone SE(第3世代)がランクインしています。

MEMO

iPhone 12 が上位に入っているのは、家電量販店やショップで「一括◯◯円」などのように、条件付きで安売りされているからだと思われます。

またドコモオンラインショップが公開している「売れ筋ランキング」でも、5位にiPhone SE(第3世代)の128GB、9位に64GBモデルが入っていました(2022年5月9日〜15日)。

参照:売れ筋ランキング | ドコモオンラインショップ

日本は異常にiPhoneが売れている国であり、かつ、物価の上昇で家計の負担が大きくなっている現状では、廉価モデルのiPhone SE(第3世代)や型落ちモデルが上位に入るのも納得できます。

iPhone SE(第3世代)にネガティブな声が集まる理由

「売れていない」ことからは一旦離れて、iPhone SE(第3世代)に対してネガティブな口コミが上がる理由を考察してみました。

先代と見た目の代わり映えがしない

左が第3世代、右が第2世代。外観はiPhone 8からほぼ変わらず、最新のスマホと言うのには、少し古めかしい感じは否めません。

また変わっていないのは見た目だけではありません。

もっとも進化したポイントは、最新のチップ(A15 Bionicチップ)を搭載したこと、5Gに対応したことです。

逆に言えば、それ以外は2年前の機種から、ほとんど変更がありません。

スクロールできます→

iPhone SE
(第3世代)
iPhone SE
(第2世代)
容量64GB
128GB
256GB
64GB
128GB
サイズ横:67.3mm
縦:138.4mm
厚さ:7.3mm
横:67.3mm
縦:138.4mm
厚さ:7.3mm
重量144g148g
ディスプレイ
解像度
4.7インチ
Retina HD
1,334 x 750
326ppi
4.7インチ
Retina HD
1,334 x 750
326ppi
最大輝度625ニト625ニト
リフレッシュ
レート
非公開非公開
CPUA15 BionicチップA13 Bionicチップ
GPU新しい4コア4コア
防水/防塵IP67
(水深1メートルで最大30分間)
IP67
(水深1メートルで最大30分間)
生体認証Touch ID
(指紋認証)
Touch ID
(指紋認証)
バッテリー容量
(ビデオ/音楽)
最大15時間/
最大50時間
最大13時間/
最大40時間
通信5G4G
SIMデュアルSIM
(nano-SIMとeSIM)
デュアルSIM
(nano-SIMとeSIM)

スクロールできます→

iPhone SE
(第3世代)
iPhone SE
(第2世代)
カメラ種類
ƒ値
広角:ƒ/1.8広角:ƒ/1.8
画素数1,200万画素1,200万画素
光学ズーム
デジタルズーム最大5倍最大5倍
手ブレ補正光学式
手ぶれ補正(広角)
光学式
手ぶれ補正(広角)
マクロ撮影
Apple ProRAW
ビデオ
フレームレート
・4K(24fps/25fps/30fps/60fps)
・1080p(25fps/30fps/60fps)
・720p(30fps)
・4K(24fps/25fps/30fps/60fps)
・1080p(25fps/30fps/60fps)
・720p(30fps)
ビデオ
光学ズーム
ビデオ
デジタルズーム
最大3倍最大3倍
インカメラ・700万画素
・ƒ/2.2
・700万画素
・ƒ/2.2
その他・Deep Fusion
・スマートHDR 4
・フォトグラフスタイル
・ナイトモードのタイムラプス
・スマートHDR

思ったよりも安くなかった

iPhone SEはiPhoneシリーズの「廉価モデル」という位置づけですが、第3世代は円安の影響もあり、前作から値上げされました。

さらに、2022年7月にはApple製品全体が値上げされています。最新の価格は以下のとおり。

スクロールできます→

iPhone SE
(第3世代)
64GB128GB256GB
ドコモ
24年1月改定
73,370円
(37,730円)
(22,154円)
82,280円
(42,680円)
104,500円
(53,020円)
au
23年12月改定
70,935円
(38,295円)
(22,047円)
82,190円
(44,390円)
(26,600円)
103,415円
(55,775円)
ソフトバンク73,440円
(22,008円)
81,360円
(26,784円)
99,360円
(52,560円)
楽天モバイル62,800円
(31,392円)
69,800円
(34,896円)
84,800円
(42,384円)
UQモバイル70,935円82,190円103,415円
ワイモバイル73,440円81,360円99,360円
Apple公式62,800円69,800円84,800円

先代は4万円台から購入できましたが、6万円台に乗ってくると、気軽に買える感覚ではなくなってきますね。

ちなみにiPhone 13シリーズの価格は以下のとおり。

スクロールできます→

機種容量Apple
9/8改定
楽天モバイル
7/8改定
7/22から特価
10/25から特価
(13、13mini)
ドコモau
7/15改定
9/16値下げ
ソフトバンク
7/13改定
OCN
モバイルONE
iPhone 13
mini
128GB92,800円93,900円
(46,944円)
116,710円
(58,630円)
109,755円
(56,235円)
116,640円
(69,120円)
98,010円
256GB107,800円108,900円
(54,432円)
140,800円
(72,160円)
127,110円
(65,550円)
134,640円
(67,320円)
-
512GB137,800円138,900円
(69,432円)
176,660円
(89,540円)
162,165円
(84,525円)
169,920円
(84,960円)
-
iPhone 13128GB107,800円108,900円
(54,432円)
138,380円
(69,740円)
127,495円
(64,975円)
138,240円
(69,120円)
115,610円
256GB122,800円123,900円
(61,944円)
158,180円
(82,940円)
144,870円
(73,830円)
155,520円
(77,760円)
-
512GB152,800円153,910円
(76,944円)
199,430円
(103,070円)
179,700円
(92,460円)
190,800円
(95,400円)
-
iPhone 13
Pro
128GB-144,800円
(72,384円)
172,810円
(89,650円)
145,040円
(78,200円)
169,920円
(84,960円)
-
256GB-159,800円
(79,896円)
195,030円
(101,310円)
160,040円
(86,480円)
187,200円
(93,600円)
-
512GB-189,800円
(94,896円)
232,650円
(120,450円)
190,060円
(102,580円)
222,480円
(111,240円)
-
1TB-219,800円
(109,896円)
267,410円
(139,370円)
220,075円
(118,795円)
257,760円
(128,880円)
-
iPhone 13
Pro max
128GB-159,800円
(79,896円)
197,230円
(102,190円)
160,040円
(86,480円)
187,200円
(93,600円)
-
256GB-174,810円
(87,384円)
214,610円
(110,330円)
175,055円
(94,415円)
205,200円
(102,600円)
-
512GB-204,800円
(102,384円)
248,160円
(129,360円)
205,070円
(110,630円)
240,480円
(120,240円)
-
1TB-234,800円
(117,384円)
275,550円
(142,230円)
235,085円
(126,845円)
275,760円
(137,880円)
-

例えば楽天モバイルのiPhone 13 miniは104,800円。

ポイント還元(執筆時点では最大1.4万ポイント)まで含めると、iPhone SE(第3世代)を選ぶ金銭的メリットが小さくなってきます。

「SEで良い人」にはオーバースペック

そもそもiPhone SEを選ぶのは、スマホにスペックを求めない人です。

そんな人に「iPhone 13と同じ最新のチップを積んでいます!」と伝えたところで、「お、おう……」という感じかと。

ゴリラ

最新のチップなんか不要だから、型落ちした第2世代を買った方がお得だよね

と考える人も、少なくなさそうです。

例えばイオシスなら、執筆時点で未使用品が3.8万円程度で購入できます。

iPhone SE(第2世代)

MEMO

逆に言えば、数年後に次世代のiPhone SEが発売すると、第3世代がちょうどよい価格、スペックになるとも言えますね。

指紋認証の優位性が下がった

iPhone SEは指紋認証が利用できることを大きなウリにしています。

外出先ではマスクを外せない日々が続く中、顔認証よりも指紋認証の方が便利で確実だと感じるユーザーは多いでしょう。

しかし、2022年3月の「iOS 15.4」へのアップデートによって、iPhone 13などでもマスクを付けた状態で顔認証ができるようになりました

結果、指紋認証ができることの優位性が低くなってしまったのは事実です。

レビュワーが心から感動できない製品だから

iPhoneを紹介しているYouTuberやブロガーなどのインフルエンサーは、日々、最新の端末を触っています。

そのため、廉価モデルのiPhone SEを使ったとしても「普通に使えるけど、感動はない」というような評価に落ち着いてしまいがちです。

これはしょうがないことかもしれませんね。

それでもおすすめできる理由

ゴリラ

で、結局、今買うのはありなの?

上で説明したようなこの機種の特徴、立ち位置を理解して「それでも欲しい」と思ったなら、買って後悔することはないでしょう。

最大のメリットはとにかく長く使えること

先に「端末にこだわりがない層にとって、最新のチップはオーバースペック」とお伝えしました。

確かに短期的な視点、今使うことを考えればそのとおりです。

しかし、4年、5年と、少しでも長く使いたいと考えているのであれば、最新のチップを積んだスマホを買っておくに、越したことはありません。

当たり前かもしれませんが、長く使えば使うほど、iPhone SEのコスパは高くなります。

iPhone SEは長く使う人が、最も恩恵を受けられる端末と言えるかもしれません。

仮に2年で買い替えたとしてもリセールバリューが期待できる

ゴリラ

今は長く使うつもりでいるけど、2年後に新しいiPhoneが出たら、欲しくなっちゃくかも

なんだかんだで、2022年現在も、iPhoneのリセールバリューは高いです。

仮に2年くらいで新しいiPhoneに買い替えたとしても、2024年頃には、まだ、当初の価格の3、4割程度の下取り額がつくと予想されます。

最近では各キャリアが「Certifiedシリーズ」として、中古スマホを販売するなど、中古スマホのニーズはこれからも高まっていくと予想されます。

そんな中、今後数年内に、iPhoneの価値が劇的に下がることは考えにくいのが現実です。

iPhone SEはロングセラーが約束されている

iPhone SEは何か真新しい機能が付いているわけではありませんので、今後も爆発的なヒットで売上を伸ばすことはないでしょう。

しかし、先代も2020年の発売から2年間、第3世代に世代交代するまで地味に売れ続けた経緯があります。

iPhone SE(第3世代)も、次の世代が発売するまで、じわじわと地味に売れ続けると予想されます。

今、買ったからといって、数年後に「あ、iPhone SE(第3世代)使ってる」と指を指されるようなことはないので、安心してください。

iPhone SE(第3世代)を安く買うには

  • 買い切りたいなら楽天モバイルかApple公式
  • 2年後に買い替え予定なら他のキャリアで購入プログラムに加入

がおすすめです。

長く使う予定の方など、iPhoneを自分のものにしたいならApple公式か、Appleよりも安くてポイント還元もある楽天モバイルでの購入がおすすめです。

執筆時点では最大2.4万ポイントが還元されている楽天モバイルのキャンペーンも、いつまで続くかわかりません。

MEMO
楽天モバイルの7/1からの新プランでは、1GB以下でも1,078円がかかるようになりました。


楽天モバイル 11月から

関連:楽天モバイルが0円廃止!いま契約するメリットは?

一方で2年程度での買い替えを考えているなら、その他の大手3キャリアの購入プログラムを利用するのも良いでしょう。

2年後に端末を返却することで、端末代金の支払い免除(実質的な下取り)を受けられます。

まとめ:iPhone SE(第3世代)は決して不人気なわけではない

iPhone SE(第3世代)は発売当初は、予想よりも売れなかったことは間違いなさそうです。

しかしそれには、抗えない社会情勢などが絡んでおり、決してiPhone SE(第3世代)に魅力がなかったわけではありません。

現に、日本国内では、先代から値上げがあったものの、iPhone SE(第3世代)が売上げランキングの上位を占めています。

端末の特徴を理解して買えば、後悔することは少ないはずです。

ちなみに「こんな人は買わない方がいい」という視点でもまとめているので、よろしければ参考にしてください。

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

  1. 事務手数料、頭金がかからない(auは手数料かかります)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. オプション不要・しつこい営業がない
  4. 来店不要・待ち時間がない

金銭的メリット(事務手数料、頭金)だけでなく精神的なメリット(待ち時間・勧誘なし)も大きく、おすすめ。

また、各社が直営する公式オンラインショップなので安心して契約できます。

少しでもお得にかしこく契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップを使ってみてください。

こんな記事もおすすめ

\知ってるだけで万レベルでお得/
iPhoneを安く買う方法