このサイトについて

【2022年最新】ドコモの安い機種ランキング!狙い目のガチセールも

ゴリラ

ドコモでとにかく安い機種を買いたいゾ!おすすめはどれ?

ドコモの最新ラインナップで、安い順にランキングすると、以下のとおり。

▼ドコモの安い機種ランキング(2022年以降発売)▼

  1. AQUOS wish2:22,000 円【最安】
  2. Xperia Ace III:26,488 円~
  3. Xperia 10 IV:41,712円~
  4. Galaxy A53 5G:34,320 円~

※2022年8月時点

2022年以降の発売だと、執筆時点ではAQUOS wish2が最安です。

そのほか、2021年11月に発売のAQUOS sense6が14,564円~に値下げ中です。こちらも強くおすすめです。

本記事では、いま候補にすべき最安&最新の4機種AQUOS sense6を加えた5機種の特徴を紹介します。

ちなみに…

ドコモで契約するなら、

  • 事務手数料(3,300円)なし
  • オプションなし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

ドコモオンラインショップがおすすめです。

 

送料も手数料も無料です

商品の在庫は一覧ページでサクッと確認できます!

 

iPhone 14

最新のiPhone 14シリーズが発売!


iPhone 14の価格・在庫を見てみる

1位:AQUOS wish2:22,000 円【最安】

このスマホの評価
価格
(4.5)
スペック
(3.0)
カメラ
(2.0)
シンプルさ
(4.5)
総合評価
(3.5)

スクロールできます→

 AQUOS wish2(参考)
AQUOS wish
サイズ横:約71mm
縦:約147mm
厚さ:約8.9mm
重量約162g
CPUSnapdragon 695 5GSnapdragon 480 5G
RAM+ROM4GB+64GB
SDカード最大1TB
ディスプレイ約5.7インチ TFT液晶
HD+
(720×1,520)
リフレッシュレート非公開
メインカメラ広角:約1,300万画素
フロントカメラ約800万画素
バッテリー容量3,730mAh
ワイヤレス充電
おサイフケータイ
防水IPX5/IPX7
防塵IP6X
(MIL-STD-810H準拠)
イヤホンジャック
スピーカーモノラル
5G
SIMnanoSIM/eSIM
※ドコモ版はnanoSIMのみ
nanoSIM/eSIM

2022年以降発売のなかで、執筆時点で最安なのが「AQUOS wish2」です。

こちらはプログラム・キャンペーンなしで、一括2.2万円で購入できます。

洗練されたシンプルなデザインと、エントリーモデルとしてはワンランク上のチップが使えるのが魅力です。

最安だけどふつうに使える

SoCチップには「Snapdragon 695 5G」を搭載。

これがけっこう優秀で、「Xperia 10 IV」をはじめ、2022年夏のミドルレンジスマホに数多く採用されています。

2.2万円のスマホで、しれっとここまで良いチップを載せてきたのはビックリですね。過度な期待は禁物ですが、ふつうに使えます。

デザインが良い|再生プラスチックを使用

デザインやコンセプトで、AQUOS wish2に注目している人も多いようです。

筐体には再生プラスチック材を35%使用していて、マット調のやさしい手触りです。

カラーリングは淡い感じで「シンプルで飾らない」というコンセプトともマッチしている印象ですね。

解説ページ オンラインショップ

2位:Xperia Ace III:26,488 円~

このスマホの評価
価格
(4.0)
スペック
(3.0)
カメラ
(3.0)
バッテリー
(4.0)
総合評価
(3.5)

スクロールできます→

カラーブラック、グレー、ブリックオレンジ
サイズ
(幅×高さ×厚さ)
約69mm×約140mm×約8.9mm
重量約162g
バッテリー容量4500mAh(内蔵電池)
OSAndroid 12
CPUSnapdragon™ 480
RAM/ROM4GB/64GB
外部ストレージmicroSD/microSDHC/microSDXC(最大1TB)
ディスプレイ約5.5インチ/HD+
メインカメラ有効画素数約1300万画素/F値1.8
フロントカメラ有効画素数約500万画素/F値2.2
防水/防塵防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)
おサイフケータイ
生体認証指紋

Xperiaのエントリーモデルのラインナップが「Xperia Ace III」です。

本体価格は34,408円で、いつでもカエドキプログラムを適用すると、2年間、26,488円の負担で使えます。

コンパクトに使えるXperia

Xperia Ace IIIでまず注目はサイズ感ですね。

ディスプレイは5.5インチで、今のスマホでは中々ないコンパクトなボディです。

Xperiaは、以下の3機種で、スペックは松竹梅、サイズも大中小と棲み分けされています。

  • Xperia 1 IV
  • Xperia 10 IV
  • Xperia Ace III⇐小さくて安い

安くて小さいXperiaが欲しいなら、迷わずXperia Ace IIIを選びましょう。

オレンジ・グレー・ブラックの3色展開

カラーは、独特の色味のオレンジに、落ち着いた色合いのグレー、ブラックを加えた3色展開です。

背面はザラザラとした質感で、人によってはかなり気に入るかもですね。所有欲が満たされそうです。

解説ページ オンラインショップ

3位:Xperia 10 IV:41,712円~

このスマホの評価
価格
(3.5)
スペック
(3.5)
カメラ
(3.5)
バッテリー持ち
(4.5)
総合評価
(4.0)

スクロールできます→

カラーブラック、ホワイト、ミント、ラベンダー(ドコモオンラインショップ限定)
サイズ(幅×高さ×厚さ)約67mm×約153mm×約8.3mm
重量約161g
バッテリー容量5000mAh(内蔵電池)
OSAndroid 12
CPUSnapdragon 695 5G
RAM/ROM6GB/128GB
外部ストレージmicroSD/microSDHC/microSDXC(最大1TB)
ディスプレイ約6.0インチ/有機EL トリルミナス®ディスプレイ for mobile/FHD+
メインカメラ16mm(超広角):有効画素数約800万画素/F値2.2
27mm(広角):有効画素数約1200万画素/F値1.8
54mm(望遠):有効画素数約800万画素/F値2.2
フロントカメラ有効画素数約800万画素/F値2.0
防水/防塵防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)
おサイフケータイ
生体認証〇(指紋)

Xperiaのミドルレンジスマホ「Xperia 10 IV」も注目です。

本体価格は64,152円とやや値が張りますが、いつでもカエドキプログラムの適用で41,712円まで負担を抑えられます

バッテリーがめっちゃ長持ち

Xperia 10 IVはバッテリー持ちの評判が抜群です。

昨年のXperia 10 Ⅲの時点でかなりバッテリー持ちが良い端末でしたが、さらに4,500mAh→5,000mAhに増量しています。

ちなみに重量は、前作より8gほど軽くなっています。

ここまでバッテリーを増やすと重くなりそうなのですが、Xperia 10 IVはむしろ軽くなっています。

これはちょっとビックリですね。

縦長ディスプレイでWebブラウジングが捗る

ディスプレイはかなりの縦長です。

Xperiaのミドルレンジ、ハイエンドでおなじみの仕様です。

縦長の何が良いのかというと、まずWebページやTwitterなど、縦にスクロールするものが見やすいことです。一度にたくさん表示できます。

また、画面を分割して、マルチタスクで2つのアプリを同時に使用する時に、それぞれ見やすいというのもメリットです。

使用感はやや独特ですが、人によっては、かなり便利に感じるはずです。

解説ページ オンラインショップ

4位:Galaxy A53 5G:34,320 円~

このスマホの評価
価格
(3.5)
スペック
(3.5)
カメラ
(4.0)
ディスプレイ
(4.0)
総合評価
(4.0)

スクロールできます→

 Galaxy A53 5G
サイズ159.6 x 74.8 x 8.1mm
重量189g
メインカメラ広角:約6400万画素
超広角:約1200万画素
マクロ:約500万画素
深度測位:約500万画素
インカメラ約3200万画素
バッテリー容量5000mAh
RAM・ROM6GB+128GB
CPUExynos 1280
ディスプレイ6.5インチ Super AMOLED(有機EL)
解像度:1080 x 2400 (FHD+)
リフレッシュレート120Hz
画面輝度:最大800nit
防水・防塵性能IPX5/IPX8・IP6X
おサイフケータイ対応
5G対応
生体認証指紋認証(ディスプレイ内)、顔認証
価格ドコモ:59,400円
au:59,835円
UQモバイル:~59,835円

価格帯の安いスマホの中で、特にクオリティが高いのが、Galaxy A53 5Gです。

本体価格は59,400円ですが、スマホおかえしプログラムの適用で、34,320円まで負担を抑えられます。

ディスプレイは120Hzの有機EL

ディスプレイは、120Hzのリフレッシュレートに対応し、高速の画面表示が可能です。

ヌルヌル滑らかなスクロールで、気持ちよく操作できます。

有機ELなので、色のメリハリも強く、クッキリです。

カメラ・スピーカーもクオリティ◎

カメラはメインカメラに、超広角・マクロ・深度測位を加えた4眼レンズです。

超広角レンズでは画角の広い「引き」の撮影、マクロレンズで「寄り」の撮影と、幅広く対応できます。

メインレンズは6,400万画素で、Galaxyらしいクッキリとした写真が撮れます。

スピーカー性能が高いのは地味に注目。レビューや口コミでも多くの方が評価されている部分です。

解説ページ オンラインショップ

【注目】AQUOS sense6:14,564円~

このスマホの評価
価格
(4.0)
スペック
(3.5)
カメラ
(3.5)
実用性
(4.5)
総合評価
(4.0)

スクロールできます→

 AQUOS sense6AQUOS sense5G
サイズ横:約70mm
縦:約152mm
厚さ:約7.9mm
横:約71mm
縦:約148mm
厚さ:約8.9mm
重量約156g約178g
CPUSnapdragon 690 5G
RAM+ROM・RAM 4GB/ROM 64GB
・RAM 6GB/ROM 128GB
4GB+64GB
ディスプレイ6.1インチ IGZO液晶
2,432×1,080
フルHD+
5.8インチ IGZO液晶
2,280×1,080
フルHD+
リフレッシュレート60Hz
最大輝度1,300ニト非公開
メインカメラ・標準:約4,800万画素
・広角:約800万画素
・望遠:約800万画素
・標準:約1,200万画素
・広角:約1,200万画素
・望遠:約800万画素
インカメラ約800万画素約800万画素
バッテリー容量4,570mAh
防水/防塵IPX5・IPX8/IP6X
生体認証・顔認証
・指紋認証
SIMnanoSIM
eSIM
nanoSIM
機能・おサイフ
・イヤホンジャック

執筆時点で一番安く使える機種が「AQUOS sense6」です。

スマホおかえしプログラム適用で、14,564円で使えます。

オンラインショップでは、一括購入でも(プログラムを使わなくても)31,724円まで割引されています。

ふだん使いにちょうど良い

全部盛りの機能」と「ちょうど良いスペック」が魅力です。

機能はおサイフケータイ、防水、5G対応、画面内指紋認証、顔認証など全部盛りです。

バッテリー持ちは最大1週間、カメラは4,800万画素を含むトリプルレンズで超広角・望遠に対応しています。

「安いけど、ちゃんと使えるスマホが欲しい」と考えるライトユーザーが求めるポイントをバッチリ押さえています。

本体がめちゃくちゃ軽い

AQUOS sense6でもう一つ注目なのが、本体の軽さですね。

重さは156gと、6.1インチのスマホとしては驚異的な軽さです。前モデルと比べると22gも軽量化しています。

片手で疲れないのは、大きなアピールポイントです。

解説ページ オンラインショップ

ドコモでスマホを安く買う3つのコツ

ゴリラ

ドコモでスマホを安く買うコツとかってある?なんかテクニックとか裏ワザとかあったら教えて欲しいゾ

ドコモでスマホを安く買うコツとしては、以下の3つです。

ドコモでスマホを安く買う3つのコツ
  • 値下げのタイミングを狙う
  • ドコモのプログラムに乗っかる
  • オンラインショップから購入する

値下げのタイミングを狙う

ドコモでは旬が過ぎて在庫がダブついている機種は、随時、値下げを行います。

値下げが熱いのはオンラインショップですね。

定期的に在庫をサバきに来るタイミングがあるので、そこを狙うと安く買えます。直近だと、以下の値下げがありました。

▼最近のオンラインショップでの値下げの例(終了済み)▼

  • Galaxy S21 5G(2022年6月17日から)
    再販売 99,792円⇒77,792円
  • Galaxy S20 5G(2021年12月17日から)
    再販売 102,960円⇒79,200円
  • Xperia 5 II(2021年12月17日から)
    99,000円⇒66,000円
  • AQUOS sense5G(2021年12月9日から)
    39,600円⇒20,000円

なんちゃって閉店セール的な値下げではなく、本気で在庫をサバくためのガチな値下げで実際かなり安く買えます。

決まった時期にまとめて値下げされるのではなく、年中ぽろぽろ値下げを実施している感じです。

「少しでも安く」と考えている方は、こうした値下げを狙ってみるのも一つですね。

値下げ情報は、オンラインショップ(販売情報)ページで確認できます。

ドコモのプログラムに乗っかる

せっかくドコモでスマホを買うなら、キャリアならではのプログラムに乗っかってしまうのも賢い手です。

正直、ドコモの通信プランは割高ですが、スマホを安く買うための特典は揃っているので、そこを上手く使うのがコツです。

スマホ購入で使えるプログラムは主に以下の2つ。

  • いつでもカエドキプログラム
    2年後の返却を条件に負担額が40~50%ほど安くなる

  • 下取りプログラム
    手持ちのスマホを下取りして機種代金を割引

スマホを買う時に「いつでもカエドキプログラム」に加入できます(対象端末のみ)。

こちらに加入しておくと、2年後にスマホを返却することを条件に、機種代金の負担額が40~50%ほど安くなります。

そのほか、手持ちのスマホが要らなくなるのであれば、ドコモへ下取りに出すことで機種代金の割引が受けられます(オンラインショップでは値引きではなくポイント進呈となります)。

なお、オンラインショップからの購入でも、郵送で下取りができます。ぜひ活用していきましょう。

オンラインショップから購入する

ドコモでは、オンラインショップからスマホを買うと、事務手数料2,200~3,300円が無料になります。

店頭での機種変更では必ずかかる費用ですので、オンラインなら手堅く節約できます。

手間を考えても自宅でネットショッピングの感覚で完了できるので、かなり楽です。

「店頭で実機チェックした上で、手続きはオンライン」というのも賢い選択です。

まとめ

2022年以降の機種で選ぶなら、AQUOS wish2が最安です。

オンラインショップで選べる機種となると、14,564円~のAQUOS sense6が最安となっています(在庫限りと予想されます)。

超個人的な見解としては、Xperia Ace IIIがやや割高で、それ以外に紹介した4機種はいずれもハズレがなくお買い得です。

ぜひこの記事の内容を参考に、機種変更を進めてみてくださいね。


ゴリラ

この記事はこれで終わりなんだけど、ドコモを契約する人・契約してる人向けに、お得な情報を2つ紹介するゾ!

①契約はドコモオンラインショップがお得

ドコモで契約(機種変更、新規、乗り換え)するなら、ドコモオンラインショップ(公式)がお得です。

  1. 事務手数料なし(2,200~3,300円お得
  2. お店独自の手数料なし最大1万円程度
  3. 来店不要
  4. 待ち時間なし

オンラインショップで手続きするだけで1万円以上お得になることもあります。

お店に行く必要もなければ待ち時間もなく、よけいな営業を受けることもありません。

送料も手数料も無料です

商品の在庫は一覧ページでサクッと確認できます!

 

②家族で月に1万円以上ならdカード GOLDがお得

ドコモの利用料が家族合計で毎月1万円を超えるならdカード GOLDを契約しておいた方がお得です。

dカード GOLDは年会費が1.1万円かかるんですが、ドコモの利用料の10%ポイント還元があり、家族で1万円/月以上使えば、それだけで元が取れちゃいます。

ゴリラ

家族で合わせて1万以上なら、わりと余裕だね!

さらに、ahamoユーザはデータ容量が20GB→25GBにアップしたり、機種変更で使えるクーポンがもらえたりします。

以上、ちょっと工夫するだけで楽に節約できるので、ぜひ試してみてください〜!

こんな記事もおすすめ

1284