このサイトについて

【楽天モバイル】Rakuten UN-LIMIT VIはとりあえず契約でOK|月額0円~でキャンペーンがとにかく強い

ゴリラ

楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」ってどんな感じ?すごいお得みたいに聞いたけど

楽天モバイルが、”安すぎる”新プランを4月にリリースします。

1GB以内なら「月額料金が0円のぶっとんだ料金設定で、キャンペーンでポイントが貰えることを考えると、とりあえずは契約だけはしておきたいプランです。

ただ、実際に契約するとなると、

「契約すると、どれくらいお得なの?」
「そんなに良い話ばかりでデメリットはないの?」

というあたり気になってる人も多いはず。

そこでこの記事では、「Rakuten UN-LIMIT VI」のプラン内容や、デメリットを分かりやすく解説します。

安心して契約を進めるために詳細をチェックしていきましょう。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、Rakuten UN-LIMIT VIは使った分だけ料金が発生するプランで、1GB以内なら月額0円です。

 

現状、通信が弱いのは楽天モバイルのデメリット

 

ただ、プランとキャンペーンがお得すぎるので、とりあえず契約だけはしておくのがおすすめです。(0円~なのでサブ回線でもOK)

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ちなみに…

 

楽天モバイルでは現在プラン料金(最大3,278円)が3ヶ月無料になるキャンペーンをしています!

 

また、誰でも5,000ポイント&スマホを買って最大20,000ポイントの還元キャンペーンもやってます。

 

〜1GBならタダで維持できて、電話もかけ放題なんで、契約しない理由はないかと!

 

(当サイトのライターは全員、楽天モバイル契約してます^^)

 

\1GBまでならずっと無料/

 

\ついに!楽天モバイルでもiPhoneが買えるように/

iPhone 12 パープル

 

2年後の買い替えで半額分の支払いが免除される「iPhoneアップグレードプログラム」がスタート!

 

さらに最大20,000ポイントの還元もあります!

 

4キャリアで最安。最新の価格は公式サイトでチェックしてみてください!

Rakuten UN-LIMIT VIはこんなプラン

Rakuten UN-LIMIT VIはこんなプラン

使った分だけ料金がかかるプラン。月額0円~

楽天アンリミットは、使った分だけ料金がステップで上がっていくプランです。各ステップで他社と比較して、最安クラスになるように設定されています。

まさに楽天モバイルが広告で言っているように「使う人も使わない人もOK」「全国民に最適なワンプラン」というわけですね。

エリアや通信の問題はあるものの、プランとしては誰もがほぼ最安で使える最強のワンプランとなっています。

【他社と料金比較】⇒たしかに最安クラスになってる

主要なキャリア・格安SIMと料金を比較してみると以下。

 ~1GB~3GB~20GB
Rakuten
UN-LIMIT VI
0円1,078円2,178円
ドコモ
ahamo
--2,970円
au
povo
--2,728円
ソフトバンク
LINEMO
--2,728円
UQモバイル
くりこしプラン
1,628円2,728円
mineo
マイピタ
1,298円-2,178円

確かに、各ステップで他社プランと比較して最安になっています。

~3GBはUQモバイルがインパクトのある料金を打ち出していますが、楽天モバイルはさらに安い1,078円です。

またドコモ「ahamo」の登場で激戦の「~20GB」でも、格安SIMと同じ水準まで料金を抑えています。

ahamoより800円も安く使えます。

という感じで、「Rakuten UN-LIMIT VI」を使っておけば、ほぼ最安の料金で使えるのは間違いなさそうですね。

 

ゴリラ

プランをあれこれ調べたりするのは面倒だけど、とにかく安くしたい!

という人には最適な選択肢になりそうです。

通話は0円でかけ放題

合わせて強烈なメリットになるのが、通話が0円という点。

楽天の通話&SMSアプリ「Rakuten Link」から電話をかけると国内通話が全て0円になります。無料の完全かけ放題です。

プラン料金は0円~なので、通話専用の0円SIMとして契約ができてしまいます。

SIMカードを2枚挿せるスマホなら、メインの回線を別に持つ人も、通話専用のサブ回線として活用ができそうですね。

【デメリット】通信がまだ弱点|エリアが狭い

楽天モバイルを利用する上で、一番問題になるのが自社回線の通信エリアが狭いという点です。

楽天の自社回線が使えるのは都心部周辺などの一部のエリアのみ。ドコモ、au、ソフトバンクのように日本中で快適に使えるところまでは至っていません。

そもそも、楽天モバイルには、「自社回線の楽天エリア」と、auの電波を間借りしている「パートナー回線エリア」の2つがあります。

  • 楽天エリア:自社回線のエリア
  • パートナー回線:5GB超過後は最大1Mbps

(2021年2月2日更新時点)

パートナー回線エリアでも「Rakuten UN-LIMIT VI」が使えますが、5GB使うと通信制限(最大1Mbps)にかかりますこちらは使い放題ではありません。

パートナー回線エリアだと、Rakuten UN-LIMIT VIのコスパはガクッと下がり、正直けっこう微妙なプランです。

厳密に言うと、現状は「全国民に最適なワンプラン」ではないということですね。

「屋内で電波が繋がりにくい」のも弱点

加えて「屋内で電波が繋がりにくい」のも弱点です。

ドコモ、au、ソフトバンクはプラチナバンドという屋内での通信に強い電波にも対応しています。一方で、楽天モバイルにはプラチナバンドがありません

屋内での通信となると、場所によっては繋がりにくいと感じてしまうことがあるかもです(個人的に使っている範囲で不便を感じたことはないですが…)。

楽天モバイルとしてはプラチナバンドの再分配に向けて総務省に要望を出してはいますが、どうなるかは今のところハッキリしていません。

とはいえ契約は強くオススメ【費用が0円】

通信にはちょっと弱点がありますが、それでも「Rakuten UN-LIMIT VI」は、とりあえず契約しておくのが強くおすすめです。

0円から使えて、契約時にポイントがもらえるのでふつうに超お得です。

とりあえず契約すべき理由
  • 契約が0円。毎月の料金も1GB以下なら0円
  • キャンペーンで大量の楽天ポイントが獲得できる
  • 楽天SPUでのポイントアップもある

そもそも0円でも使える

「Rakuten UN-LIMIT VI」は契約のための事務手数料は0円で、プランの料金も1GB以下なら0円です。

つまり、その気になればお金はかかりません

300万人までは「1年間プランの料金が0円(何GB使っても)」のキャンペーンもあります。

※終了して2021年5月現在は「3ヶ月無料キャンペーン」になっています。

ちなみに乗り換えの場合には、元のキャリアで転出手数料と解約金がかかりますが、費用は本当にそれぐらいです。

もちろん、サブ回線で「Rakuten UN-LIMIT VI」を契約するなら0円から始められます。

キャンペーンで大量の楽天ポイントが獲得できる

キャンペーンで楽天ポイントを獲得できます。

契約するだけで5,000ポイントもらえて、スマホを買うとさらに最大20,000ポイント貰えます(2020年5月時点)。

▼Rakuten UN-LIMIT VIのキャンペーン

ちなみにスマホのセット購入では「Rakuten hand」が本体価格20,000円に対し、24,999ポイント貰えます。獲得できるポイントの方が多くなっています。

▼Rakuten hand

スマホ本体の購入なしで「プランのみ(SIMのみ)」の契約でも、5,000ポイント分がまるまるお得です。

という感じで、契約・プランが「0円~」なのに、ポイントやスマホまでもらえてしまう内容になっています。

赤字必至のキャンペーンですね。

現状は、「契約しない理由がない」というのが本当に正直なところです。

楽天SPUでのポイントアップもある

楽天モバイルも「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」の対象です。

SPUは楽天サービスを使うほど、楽天市場でお買い物で貰えるポイントの倍率がアップするプログラムです。最大16倍までアップします。

SPUを使う人は、楽天モバイルを開通しておけばポイント倍率が+1倍です。

SPUのためにサブ回線での開通もアリですね。

▼楽天のSPU

何でこんなに安くしちゃったの?

ゴリラ

プランもキャンペーンもお得すぎる内容だけど、理由はあるの?落とし穴があったりする?

楽天モバイルがここにきて、値下げ・キャンペーンに拍車がかかっています。

ここまでせざる得ない理由としては以下が考えられます。

何でこんなに安くしちゃったの?
  • ahamo登場で泣く泣く値下げが必要だったから
  • 「一斉に解約」を防ぐ苦肉の策だから

まずahamoを皮切りに、大手キャリアで格安プランが登場したのがやはり大きな理由です。

大手キャリアでも20GBが3,000円以内で使えてしまいます。

楽天モバイルとしては、「通信が劣る分、さらに値下げをしないと対抗できない」という判断で、今回の値下げに至ったというのがまず一つです。

プラスして「1年無料のキャンペーン」で初期に契約したユーザーの終了が迫っているのも理由として考えられます。

キャンペーン終了に合わせて解約されるのを防ぐために、「月額0円~にするから、とりあえず契約だけでもしておいてもらいたい」というのがあるようです。

泣く泣くの「値下げ&キャンペーン」という面もありそうですが、ユーザーとしては超お得なので利用しない手はないですね。

他の楽天サービスを改悪してバランスを取ってる

ちなみに、ここにきて他の楽天サービスで次々と改悪が出てきています。

楽天サービスの改悪(一例)
  • 楽天ゴールドカードのSPU率ダウン(+4倍⇒+2倍)
  • ラクマの販売手数料値上げ(3.5%⇒6.5%)
  • 楽天TVがSPUから外れる
  • 楽天ペイのポイント付与率ダウン

楽天モバイルで大盤振る舞いをし過ぎた分、他を改悪してバランスを取っているようです。SPUをガツガツ使う人には、ここは残念なところ。

いずれにせよ、その分は「楽天モバイル」をお得に使っておくのがおすすめですね。

まとめ

Rakuten UN-LIMIT VIなら、契約の費用も毎月の料金も0円から始められて、キャンペーンでがっつりポイントが貰えます。

プランの料金も、ほかのキャリア・格安SIMと比べても最安クラスです。

まさに「使う人も使わない人もOK」「全国民に最適なワンプラン」となっています。

一つデメリットを挙げるなら通信の面。

自社回線のエリアではない人は、5GBの上限があり、ちょっと不便です。

ただそれでも、0円から使えて、キャンペーンでポイントやスマホがゲットできるのでとりあえず契約だけはしておくのがおすすめですね。

ちなみに:期間限定キャンペーンも実施中

楽天モバイルでは、以下のキャンペーンを実施中です!

①プラン料金3ヶ月無料

Rakuten UN-LIMIT Ⅵのプラン料金が3ヶ月間、無料になります。

最大3,278円*3ヶ月=合計9,834円割引の超おトクなキャンペーンです。

②誰でも5,000ポイント還元

Rakuten UN-LIMIT Ⅵへの申込みで、誰でも5,000ポイントが還元されます。

③スマホセットで最大20,000ポイント還元

契約とセットでスマホを買うと、端末によって最大で20,000ポイントが還元されるキャンペーンを実施中です。

ゴリラ

OPPO Reno3 Aなど人気スマホが最大20,000ポイント還元!AQUOS sense4 liteOPPO A73 実質1円で買えるゾ〜!!

④乗り換えならSIMのみでも15,000ポイント還元

SIMのみの契約でも、他社からの乗り換えなら15,000ポイント還元。②のキャンペーンと併せて20,000ポイントがもらえます。


事務手数料も無料、〜1GBならタダで維持できるんで、本当に契約しない理由がないレベルかと!

詳細は公式サイトを確認してみてくださいね!

\本当に契約しておかないと割と損/

こんな記事もおすすめ

1634