このサイトについて

【評判良】コスパ最高の「Google Pixel 4a」をレビュー|iPhone SEとも比較【ソフトバンク】

ゴリラ

「Google Pixel 4a」ってどんなスマホ。コスパが良いって聞くけど実際どんな感じ?

という人向けの記事です。

Google Pixel 4の廉価版モデル「Google Pixel 4a」が8月20日に発売です。

Googleならではカメラ性能はそのままに、ユーザーの欲しい機能を揃えてブラッシュアップされています。

コンパクトでコスパの良いスマホが欲しい人には注目の一台です。

ただいざ購入となると、

「スペックは結局どれくらい?」
「購入を考えている人の評判はどう?」

など気になるところ。

そこで本記事では、ユーザーの評判を交えながら「Pixel 4a」のスペック・特徴を解説します。

Pixel 4aは自分に合うスマホか見ていきましょう。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、「Pixel 4a」はユーザーが欲しい機能を揃えたコスパスマホ。

 

穴のないスペックとGoogleならではの画像処理を活かしたカメラは魅力。コンパクトスマホとしても最適解になりそう。

このスマホの評価
価格
(4.5)
スペック
(3.5)
カメラ
(4.0)
実用性
(4.0)
総合評価
(4.0)

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ちなみに...


現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!


ソフトバンクで契約するなら
  • 事務手数料(3,000円)/頭金(3,000~10,000円)なし
  • オプションなし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる
ソフトバンクオンラインショップがおすすめです!

  

オンライン限定キャンペーンあり!

 

スペックを確認|欲しい性能が揃ってる

 Pixel 4a
メーカーGoogle
サイズ横:約69.4mm
縦:約144.0mm
厚さ:約8.2mm
重量 約186g
CPUSnapdragon 730G
RAM+ROM6GB+128GB
ディスプレイ約5.8インチ 有機EL
FHD+(2340×1080)
メインカメラ12.2MP
絞り値 ƒ/1.7
サブカメラ8MP
絞り値 ƒ/2.0
バッテリー容量3,140mAh
OSAndroid™ 10

Pixel 4の廉価版ながら、Snapdragon 730G、Pixel 4並のカメラなど十分すぎるスペックを持っています。

イヤホンジャック、背面指紋認証、おサイフケータイなどユーザーの求めている機能を揃え、実用性の高い1台です。

カラーは「Just Black」の一色です。

「デザイン」がアップデート|全画面のパンチホールを採用

デザインはPixel 4からアップデート。ベゼルレス(フチなし)の全画面のディスプレイを採用しています。インカメラは穴あきのパンチホールです。

Pixel 4では上下にフチがあり、デザインとしては少し古めに感じるところもありました。

Pixel 4aでは流行りのデザインに一新されています。

Pixel 4と同サイズだが約20gも軽い

コンパクトで軽い」という点もポイントです。

ディスプレイの大きさはそのままに、縦の本体サイズが小さくなっています。並べてみるとこんな感じ。

重量も19gカットされ、iPhone SE(第2世代)と同じくらいまで軽くなっています。

▼重さの比較

Pixel 4a:143g

Pixel 4:162g

iPhone SE(第2世代):148g

Pixel 4aほどの高性能でここまでコンパクトなスマホは、今や貴重な存在です。コンパクトスマホを選ぶなら、超有力な選択肢になりそうです。

Pixel 4並のシングルカメラ|写真は抜群

カメラは、Pixel 4並の高品質な写真が撮れるシングルカメラを搭載。

GoogleならではのAIの画像処理で3~5万円のコスパスマホとしては頭一つ抜けたカメラ性能が期待できます。

夜景がキレイに撮れる

Pixel 4のカメラで注目だったのが、ハイレベルなAI画像処理による「夜景撮影」です。

Pixel 4aでも夜景撮影のクオリティは健在です。4万円台のスマホでココまで夜景がキレイに撮れるスマホは中々ありません。

また「星空撮影(天体撮影モード)」にも対応しています。Pixel 4で話題になった機能です。

長時間露光で星空をクッキリ写せます。

望遠カメラはカット

Pixel 4であった「望遠カメラ」はカットされています。ズーム撮影はPixel 4に比べて弱めです。

ただメインカメラで写真を撮る分にはPixel 4と同等です。

望遠カメラは「あまり使わない」という人が多い機能なのでコストカットとしては適切な感じですが、Pixel 4同等のズームを期待していた人には少し残念なポイントですね。

【実用性◎】イヤホンジャック&背面指紋センサーを搭載

Pixel 4aはイヤホンジャック、指紋センサーを搭載しています。

このあたりは最新スマホでは排除されがちですが、ユーザーとしては「あった方が便利」という声が多かったりします。

指紋センサーは「Pixel 3⇒Pixel 4」で一度は排除されていますが、Pixel 4aで復活した形です。

流行りよりもあくまで実用性を追っている点は嬉しいところですね。

実用的には「指紋センサー」はやっぱり便利

ちなみに最近では「画面内指紋認証のスマホ」や「顔認証のみのスマホ」も増えています。

物理の指紋センサーは少し古いイメージもありますが、「認証速度が速い」「顔認証と違いアプリの生体認証に使える」などメリットが多いです。

実用的には「物理の指紋センサーがいちばん便利と感じる」人もけっこう多いはず。

バッテリーアップで「電池持ち」は改善

Pixel 4で弱点だったバッテリー持ちは、Pixel 4aではかなり改善されている模様です。

Pixel 4は実はバッテリー持ちについては、あまり評判が良くありませんでした。そもそもバッテリー容量が少ないのが理由のようです。

Pixel 4aではバッテリー容量は「2,800mAh⇒3,140mAh」とアップしています。

さらにCPUもPixel 4ほどはハイエンドではないため省エネです。

電池の持ちについては、Pixel 4からかなり改善が期待できそうです。

CPU性能はふだん使いに十分

CPUは「Snapdragon 730G」を搭載。

コスパスマホとしては性能高めのミドルハイクラスのCPUです。

普段使いとしてはサクサクで、ゲームもそれなりにこなせます。コスパスマホとしては十分すぎるスペックと言えそうです。

Antutuベンチマークはコスパスマホで上位

Pixel 4aと競合するコスパスマホで、スマホの処理性能を示す「Antutuベンチマーク」を比較すると以下の通り。

▼コスパスマホのCPU比較

↓スマホは左右にスクロールできます!

 CPUAntutuスコア
Redmi note 9sSnapdragon 720G28万点
Pixel 4Snapdragon 730G25万点
OPPO RenoASnapdragon 71020万点
OPPO Reno3Snapdragon 66517万点

 

※Snapdragon 720GはSnapdragon 730Gより性能が上です

格安&高性能で話題の「Redmi note9s」と同等クラスの性能となっています。「ベンチマーク上のスコアもOK」という感じです。

Googleスマホならでは機能も注目

Googleスマホならでは機能も注目です。

Googleスマホならでは機能
  • Google Photosに「無制限保存」が可能
  • 3年間のセキュリティアップデート保証

ぞれぞれ見ていきましょう。

Google Photosに「無制限保存」が可能

Googleフォトへの無制限保存」が提供されています。

画質はオリジナルから画質を落とした「高画質」に変換されますが、写真を無制限に保存しておくことができます。

Googleのスマホならではのサービスです。写真をたくさん撮る人も安心ですね。

ちなみに、本体のストレージも128GBと大容量です。

コスパスマホとなると64GB版しかなかったり、128GBを選ぶと思ったより価格が上がったりするケースも多々あります。4万円台で128GBを積んでいる点は嬉しいところですね。

3年間のセキュリティアップデート保証

Pixel 4aはGoogle Storeでの販売開始から最低3年間は最新の OS とセキュリティのアップデートが保証されています。

このあたりもGoogle純正のAndroidスマホならではです。

コスパ重視の格安機種では、OSやセキュリティの更新が短い期間でストップすることがけっこうあります。

アップデートしないままに古い機種を使い続けると、セキュリティ面に不安が出てきます。

安心して長く使える点は、他のコスパスマホと比較して、一つ大きなメリットと言えるでしょう。

Pixel 4aの「デメリット・微妙な点」もチェック

Pixel 4aは穴が少ない点が魅力ですが、いくつかデメリットもあります。

Pixel 4aのデメリット・微妙な点
  • 防水は非対応
  • モーションセンス・Active Edgeは非搭載

それぞれ見ていきましょう。

防水は非対応

Pixel 4ではIP67の防水に対応していましたが、Pixel 4aは防水非対応です。

おサイフケータイと合わせて「防水」は購入のチェックポイントにしている人が多いところです。「防水なし」は人によっては残念なポイントになるかも。

ちなみにおサイフケータイにはしっかり対応しています。

モーションセンス・Active Edgeは非搭載

Pixel 4で搭載された「モーションセンス」「Active Edge」といったユニークな機能は、今回のPixel 4aでは非搭載となります。

モーションセンス

ディスプレイの前での手の動きでスマホを操作できる機能。手を払う動作で音楽の切り替え、ページスクロールなどが可能

 

Active Edge

スマホを握り込むと、圧力感知で「Googleアシスタント」を呼び出せる

いずれも尖った機能なので「試してみたい」というのはありつつも、実用面を考えるとなくても困らない機能です。

基本的なスペックをカットされるよりは、むしろありがたかったかもというのが正直なところです。

「iPhone SE(第2世代)」と比較

「コスパの良い4万円台のスマホ」「コンパクトで性能がそれなりに高いスマホ」としては、iPhone SE(第2世代)と迷う人も多いはず。

2機種を比較したときの、それぞれのメリットを挙げてみると以下の通り。

▼Pixel 4a

  • カメラ性能が高い
  • サイズは同じくらいでディスプレイが大きい
  • イヤホンジャックがある

▼iPhone SE(第2世代)

  • ゲームがバリバリこなせる
  • 顔認証・ワイヤレス充電・防水に対応
  • iOSが使える。アップル製品との連携

「Pixel 4a」のメリットとして大きいのがカメラ性能です。

Pixel 4aも、iPhone SE同様にシングルカメラですが、Google独自のAI処理によるプラスアルファを考えると、性能は上です。

コスパスマホでも写真もこだわりたいなら、Pixel 4aが最適な一台になりそうです。

一方で、「iPhone SE」のメリットとして大きいのがCPU性能です。

iPhone SEは4万円台ながら、iPhone 11と同じハイエンドのCPU(A13 Bionic)を積んでいます。最新ゲームもバリバリこなせます。

迷ったら

  • 「ゲームを快適にプレイするならiPhone SE」
  • 「カメラにこだわるならPixel 4a」

というのが、チェックポイントになりそうです。

Google Pixel 4aの価格は42,900 円

Pixel 4aは、Googleストア、ソフトバンクから2020年8月20日されます。

▼Google Pixel 4aの価格

 価格(税込)
Googleストア42,900 円
ソフトバンク通常の販売価格49,680円
トクするサポート+適用時24,840円

ソフトバンクではトクするサポート+を適用と、実質負担額は24,840円になります。

▼トクするサポート+

 

25カ月目以降の機種変更で、48回払いの残りの支払いが免除になるプログラム。

  • 古いスマホを返却することが条件
  • 25ヶ月目でスマホ返却するかしないか選べる

次の機種変更時にPixel 4aの返却が必要ですが、半額で購入できます。

Pixel 4aを安く使いたい人は検討してみると良いでしょう。

まとめ

Pixel 4aは4万円台でユーザーの欲しい機能を詰め込んだ一台です。

Googleならではの画像処理を活かしたカメラなどのスペックに加え、イヤホンジャック、指紋センサー、おサイフケータイと実用的な機能が魅力です。

コスパスマホが欲しい人はもちろん、コンパクトで画面が大きいスマホが欲しい人にも最適な選択肢の一つになりそうですね。

ちなみに:契約するならソフトバンクオンラインショップのがお得です

ソフトバンクで契約を検討しているのであれば、店舗で契約するよりも公式オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下5点です。

  1. 事務手数料がかからない(3,000円お得)
  2. 頭金がかからない(最大10,000円お得)
  3. オプションに加入する必要がない
  4. 待ち時間がない
  5. 店員から営業を受けなくて済む

精神的メリット(待ちなし、営業なし)だけでなく、金銭的メリット(10,000円以上お得になる)も大きいので普通にお得です。

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

これから契約する人はぜひ使ってみてください!

今なら手数料3,000円が無料

 

こんな記事もおすすめ

726