このサイトについて

【評判良】星空が撮れる「Google Pixel 4」のAIカメラの実力をレビュー|Pixel 3との違いもチェック【ソフトバンク】

ソフトバンクから「Google Pixel 4」「Google Pixel 4 XL」が10月24日に発売となります。

「星空が撮れる」というAIカメラ、Soliレーダーによるジェスチャー操作など、Googleならではのソフトウェアの強みを盛り込んだスマホです。

カメラにこだわる人や、最先端を体験したい人はぜひ購入を検討したい一台です。

でもいざ購入となると、

「実際どれほどの写真が撮れるの?」
「新機能の詳細はどうなってる?」

などは気になるところだと思います。

そこで本記事では、

  • Pixel 4の新機能の詳細
  • Pixel 4で実際に撮影した写真

などを紹介していきます。Google Pixel 4は自分にとって買いのスマホなのかを見ていきましょう。

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、高性能カメラ(AI画像処理と望遠カメラ)が魅力で、最新CPU(最新ゲームも快適)も搭載していてオススメといった感じです。

このスマホの評価
価格
(3.5)
スペック
(4.5)
カメラ
(4.5)
個性
(4.0)
総合評価
(4.0)

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ちなみに…

 

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

 

ソフトバンクで契約するなら

  • 事務手数料(3,000円)なし
  • 頭金(3,000~10,000円)なし
  • オプション契約なし
  • 来店なし
  • 待ち時間なし

ソフトバンクオンラインショップがおすすめです!

 

オンライン限定キャンペーンあり!

 

カラーは3色。新色にオレンジを追加

カラーは、「Just Black」「Clearly White」「Oh So Orange」の3色です。

Pixel 3であった「Not Pink」がなくなり、新たにオレンジが追加されています。

サイズは以下の2種類。

  • Pixel 4:5.7インチディスプレイ
  • Pixel 4 XL:6.3インチディスプレイ

注目のカメラ性能をチェック

Pixcel 4では、GoogleならではのAIの画像処理によるカメラ機能に加え、カメラレンズ自体の進化も加わり、撮れる写真の質がPixcel 3から進化しています。

Pixcel 4のカメラはどこが進化したのか、詳しく見ていきましょう。

望遠レンズを追加。「デュアルカメラ」になった

Pixcel 4では、望遠カメラを追加し、デュアルレンズカメラとなっています。

Pixcel 3までは、AIによる画像処理により、メインレンズ一つで、超解像ズーム、夜景モード、HDR+などあらゆる撮影をまかなう、というのが特徴でした。

他社のスマホがレンズの数を2つ、3つと増やす中で、Google Pixcelは「カメラの賢さ」だけで勝負していた感じです。

Pixcel 4では、AIの強みに加え、新たに望遠カメラを追加して、他社のスマホと同様にレンズ自体も強化してきています。

これにより「ズーム」や「ポートレート」の質は大きく向上しています。

「一眼のレンズで」というコンセプトは弱くなりましたが、撮影能力は大幅な進化しています。

夜景モードは、星空まで撮れる

夜景モード(Night Sightモード)は、Pixcel 3から大きく進化しています。明暗のある夜景でも「黒つぶれ」や「白飛び」をおさえた撮影が可能です。

Pixcel 4の夜景モードでは、最大4分までの長時間露光に対応しています。4分露光すると、星空まで撮影できるとのこと。

4分となると手持ちは厳しく三脚が必須ですが、「旅先などで記念に1枚」などには良さそうですね。

こちらは、カメラ最強スマホこと「HUAWEI P30 Pro」との撮影比較です。同じくらい明るく撮れている感じです。

  • 左上:Pixel 4(ナイトモードオフ)、右上:Pixel 4(ナイトモードオン
  • 左下:P30 Pro(ナイトモードオフ)、右下:P30 Pro(ナイトモードオン

Pixel 4のオフ⇒オンの写真を比較して見ると、ナイトモードの威力も見て取れますね。

デュアルレンズで「ポートレート」も進化

デュアルカメラになったことでポートレートモードも進化しています。

ポートレートモードは背景をボカしつつ、被写体をクッキリと撮影するモードです。一眼レフで撮ったようなプロっぽい写真を撮ることができます。

Pixel 3では、AIと画像処理のみでポートレートを実現していました。

Pixel 4では、デュアルカメラで奥行きを認識できるようになり、ポートレートの精度がさらにアップしています。

より背景と被写体を切り分けた撮影が可能になっています。

Pixel 3の時点でかなりの完成度だったので、このポートレートの進化は期待大ですね。

望遠カメラで「ズーム」もクッキリ

望遠レンズを追加し、ズームの画質がアップしています。8倍までのズームが可能です。

下の写真はPixel 4の8倍ズームで撮ったものです。左が1倍、右が8倍ですね。8倍ズームでもかなりキレイに撮れています。

Pixel 3ではズームは全て「デジタルズーム」でした。

デジタルズームは元の画像の一部を切り出して引き伸ばすだけなので、高倍率になると画質の劣化が目立ちます。4~5倍になるとかなり荒れてきて厳しい感じです。

一方でPixel 4は、画質劣化のない光学ズームを組み合わせた「ハイブリッドズーム」です。画質の劣化をおさえて8倍までズームができるようになりました。

ズームでもけっこうクッキリ撮影できます。

モーションセンスを搭載:日本は2020年春まで非対応

Pixel 4では新たに、ディスプレイの前での手の動きでスマホを操作できる「モーションセンス」という機能を搭載しています。

手を払う動作などで、音楽の切り替え、ページのスクロール、電話の受信といった操作が可能です。

Pixel 4ではポケモンとコラボしたアプリを搭載し、「画面内のポケモンをなでる」といった機能も実現しています。

ただし、このモーションセンス、日本では2020年春まで対応しません。

モーションセンスでは「Soliレーダー」というものを使用しています。日本で非対応の理由は、このレーダーの周波数60GHzに日本の電波法の制度整備が追い付いていないという話のようです。

ちなみに海外版では、発売時よりモーションセンスが利用できます。

目玉機能の一つが使えないというのはかなり残念なところですね。来春の対応に期待という感じですね。

ボイスレコーダーから文字起こしができる

Pixel 4からは標準アプリとして、ボイスレコーダーが追加されます。

このボイスレコーダーでは、録音時にリアルタイムで音声を文字起こしをしてくれる機能を搭載しています。オフラインで利用できるというのも便利なところです。

文字起こし機能により、録音データを、あとから単語検索するといった頃も可能になっています。

会議や講義の録音で便利に利用していけそうですね。

ただし、この文字起こしの機能ですが、現状は英語のみ対応となっています。

いずれ多言語に対応するとのことですが、日本語に対応するかは今のところは不明です。

便利な機能なので、ぜひ日本語対応に期待したいところです。

ワイヤレス充電に対応

Pixcel 4はワイヤレス充電に対応しています。Qi規格のワイヤレス充電器があれば、ワイヤレスで充電ができます。

純正のワイヤレス充電器(Pixel Stand)はGoogleのオンラインストアから購入可能です。

価格は9,504円と高価ですが、デザインはすごく良いので気になる方は購入を検討してみると良いですね。

Pixel 3との比較

前モデルのPixel 3から、どのスペックが進化したのか気になっている方もいるかと思います。

Pixel 3とのスペックの比較を見ていきましょう。

 Pixel 4Pixel 4 XLPixel 3Pixel 3 XL
CPUSnapdragon 855Snapdragon 845
メモリ6GB4GB
ストレージ64GB/128GB
カメラ標準 1220万画素
+望遠 1600万画素
標準 1220万画素
イヤホンジャックなし
防水・防塵IP68
ディスプレイ5.7インチ
有機EL
1080×2280
6.3型
有機EL
1440×3040
5.5型
有機EL
1080×2160
6.3型
有機EL
1440×2960
SIMnanoSIM+eSIMnanoSIM
サイズ147.1mm
×68.8mm
×8.2mm
160.4mm
×75.1mm
×8.2mm
145.6mm
×68.2mm
×7.9mm
158mm
×76.7mm
×7.9mm
重量162g193g148g184g
生体認証顔認証指紋認証、顔認証

Pixcel 4の目玉となる進化は、「カメラ機能の向上」「モーションセンス」の2点ですが、そのほか、

  • CPUが最新のバージョンアップした
  • eSIMに対応した

なども進化したポイントです。

CPUは最新の「Snapdragon 855」を搭載し、RAMは4GBから6GBに増強されています。

最新ゲームも快適にプレイできます。

また、Pixcel 4では「eSIM」にも対応しています。

「eSIM」は、スマホ内蔵のSIMカードで通信事業者と契約して、外部からSIMカードを挿入することなく通信ができるというものです。

現在、eSIMが利用できる通信事業者としては、格安SIMのIIJmioぐらいですが、今後ほかでも対応していく可能性はあります。

サイズ感としては、並べてみるとこんな感じ。

Pixel 3 / 3 XLと大きく変わらない感じですね。

スペック全体としては、最新のハイエンド機として相応しいスペックとなるように、しっかりアップデートされています。

「9万円もするなら、最高スペックが良い!」という人も安心して購入できるでしょう。

販売キャリアはソフトバンクのみ。価格は87,840円~

Google Pixel 4の販売キャリアはソフトバンクのみです。

ドコモ、auでの発売はありません。ドコモ、auで使いたい場合にはGoogleストアで購入しましょう。

ソフトバンクでの販売価格は以下の通り。

▼ソフトバンクでのGoogle Pixel 4 / 4 XLの販売価格

 Pixel 4Pixel 4 XL
64GB87,840円114,240円
128GB101,760円126,720円

ちなみにソフトバンクでは半額サポート+を利用すると最大半額で機種の購入が可能です。

▼半額サポート+

  • 25カ月目での機種返却を条件に、48回払いの25カ月目以降の支払いが免除になるプログラム
  • プログラム利用料:月額390円(不課税)×24カ月

半額サポート+適用時の機種代金は以下の通り。

 Pixel 4Pixel 4 XL
64GB43,920円57,120円
128GB50,880円63,360円

半額サポート+は、2年後の機種返却が半額の条件となります。機種返却が気にならない人は、半額サポート+の利用も検討してみると良いでしょう。

まとめ:Googleならではのカメラ、新機能に魅力を感じたら「買い」

Google Pixel 4の機能・特徴を紹介しました。

Pixel 4はAIによる高性能カメラが魅力の一台です。デュアルレンズになり、Pixel 3からさらにパワーアップしています。

そのほか、2020年春に対応予定のジェスチャー操作の機能(モーションセンス)も注目です。

Googleならではのソフトウェアの強みを活かしたスマホが「かっこいい」「欲しい!」と感じる人はぜひ購入を検討してみると良いですね。

ちなみに:契約するならソフトバンクオンラインショップのがお得です

ソフトバンクで契約を検討しているのであれば、店舗で契約するよりも公式オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下5点です。

  1. 事務手数料がかからない(3,000円お得)
  2. 頭金がかからない(最大10,000円お得)
  3. オプションに加入する必要がない
  4. 待ち時間がない
  5. 店員から営業を受けなくて済む

精神的メリット(待ちなし、営業なし)だけでなく、金銭的メリット(10,000円以上お得になる)も大きいので普通にお得です。

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

これから契約する人はぜひ使ってみてください!

今なら手数料3,000円が無料

 

こんな記事もおすすめ

631